ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

米債券利回りが昨年1月来まで上昇、1ドル=110.44円までドル高・円安が進んだ、一方、日本はどうか。政府、役人含めて緊張感なし。ひねもすのたりのたりかなの日々が続く(学校で教えてくれない経済学)

2021-03-31 11:56:12 | 経済学
「米債券利回りが30日、NY市場で昨年1月来最高の1.1776%を記録した。30日、NY外為市場でドルが対円で一時、1ドル=110.42円まで値上がりした」と30日ロイター電子版が伝えた。「①バイデン2.25兆ドル追加経済対策には6,500億ドル分の道路、橋建設を含むインフラ投資予算が組まれている。一方、現金一人1,600ドル給付は前政権の1,400ドルと併せ計3,000ドル(33万円)は個人消費拡大、米経済を明らかに刺激する、②3月の米住宅価格指数ケースシラー指数は前年比11.2%増加した。米住宅需要増加に対して供給不足が背景だ、③スエズ運河座礁事故が解決、離礁した。待機していた143隻が動き始めた。しかし、完全復活には数ケ月を要すると見られる。」と30日、WSJ電子版が伝えた。

30日、WP(ワシントンポスト)電子版は「①ドイツ政府は、アストラエネカアクチン接種の対象を60歳以上の成人に限定すると発表した。若者に副反応が多くみられるためだ、②米共和党はワクチンパスポートを空港、劇場、バー、レストランに携行を義務付ける動きを始めた。一方、バイデン政権はパスポート傾向に消極的だ。感染拡大を防止する目的と個人の権利を守なければならないとの新たな文化論争に発展しつつある」と伝えた。

30日、NY市場でコンファレンスボード、米消費者信頼感指数が109.7(2月は90.4)と昨年3月来最高を記録した。これを受けてNY外為市場でドルが買われ、1ドル=110.33円で取引された。その他通貨では1ユーロ=129.30円、1英ポンド=151.43円で取引された。NY株式市場ではダウは33,066ドル、104ドル、0.3%安、S&P500,3,958,0.3%安、ナスダック、13,045、0.1%安で取引された。ダウではホームデポ、0.9%高、ダウを17ポイント押し上げ、ゴールドマンサックス、1.9%高、ダウを41押し上げた。ナスダックではヘッジファンド倒産余波でクレディスイス株が3.1%安と続落した。関連する金融機関への影響はこの先も出てくると見られるとロイター電は伝えた。

恐怖指数VIXは19.73,4.9%低下、米10年債利回りは1.719%へ上昇した。NY原油(WTI)はバレル60.35ドル、1.9%安、北海ブレント、同63.98ドル、1.5%安と共に売られた。NY金はオンス1,683.30ドル、1.8%安と長期金利上昇、債券利回りいで人気離散で売られた。一方、ビットコインは買われ5万8,765ドルへ2.0%続伸した。金余り現象の申し子のような存在になってきている。

31日朝放送のシンガポールCNAは香港選挙法改正が実施され香港民主派封じこめが今後加速する可能性が益々明らかになって来た。英ラード外相は中国政府の対応を批判した」と伝えた。日本はひねもすのたりのたりかなの日々が続いている。なにごともそうだが一度タガが緩むと落ちるところまで落ちるから怖い。(了)

親睦会・・・。 4月からは七星鍼法の記事が多くなります

2021-03-31 09:47:35 | 診断即治療と虹彩学
この「診断即治療」は、 FC2ブログ にも転載しています。




臨床実践塾後の親睦会



先に帰られた方もいましたが、話が面白くて笑いっぱなしでした。
講習会の後の親睦会となると、だいたいが講習内容の話が出て来るのですが、今回はぜ~~~~~んぜん出てきませんでした。

一人の先生が、最近当院に入ったスタッフに、

「彼氏はいるの?」とか

「結婚はしないの?」とか、

「ああ、そういう考えの人なんですね」とか、

初めて参加した鍼灸大学の学生さんにも、

「彼女はいるの?」とか、

「何で彼女を作らないの?」と、攻めるような質問が多かったです。(^_^;)


ということで、年度末のセミナーも楽しく終わることができました。

さて、明日4月1日からは、「人体惑星試論」(通称七星論)のお話が多くなると思います。
というのは、
それが私のミッションと考えているからです。

私の計画も、遅れ遅れではありますが、それなりに進んできていますので、これからも計画に従って進めていく予定です。
特に何かをするわけではありませんが、今まで書いていた臨床例が少なくなり、
「五行論との違いや、七星鍼法に関する解説が多くなる」と考えています。

先日の臨床実践塾も良かった ヽ(^。^)ノ

2021-03-30 18:10:50 | 診断即治療と虹彩学
この「診断即治療」は、 FC2ブログ にも転載しています。




せんかん鍼の実技披露



今回は「活性鍼」がテーマでしたが、活性鍼と同時に、「せんかん鍼」や「足関三穴」や「回旋鍼」もやりましたので、初めて参加される方々には、ちょっとわかり難かったかも知れません。

しかし、先日の実践塾に参加した方からLINEが届きました。
内容は、

「脳出血後の患者様に、回旋鍼とお灸をしましたら、歩幅が出てきて喜んでいます
 ありがとうごおざいます。
 あと、陰査穴と背面をして終わります」

~~~少し間が空いてから、再び、

「足関三穴で終わりました。
 背部兪穴はしませんでした」

とLINEが届きました。
私は、「それで良かったと思います」と返信しておきました。
理由は、背部兪穴をする必要がないと思われたからです。

上の写真は、せんかん鍼の実技をしているところですが、ほんとに、
・仙関鍼
・足関三穴
・回旋鍼
は、治療効果の高い鍼です。

「治療効果の高い方法を教えて欲しい」という意見まもありますので、「しちせい特殊鍼法研究会」の皆さんと相談してから決めたいと思います。

米長期金利上昇、成長期待で相場をリードして来たナスダックが冴えない、一方、ドイツ、フランスなど欧州大陸でコロナ感染拡大が止まらない。メルケル首相いらだち露わとドイツDF

2021-03-30 10:31:05 | 経済学
(学校で教えてくれない経緯在学).

米ヘッジファンド、アルケゴス債務不履行に関連する損失でクレディットスイスとノムラホールディングの株価が29日、NY市場でそれぞれ11.5%、14.1%値下がりした。他の金融機関への波及が懸念されると29日、WSJ紙電子版は伝えた。30日、朝放送のNHK/BS「ワールドニュース」で英BBCは「スエズ運河で座礁したコンテナ船が29日、離礁した。航行が完全に回復するまでにはなお数週間が見込まれると伝えた。ドイツZDFは10月前警官で9分間首を抑えられフロイドさんを死亡させたとして起訴された警察官の裁判が始まった。警官の弁護士はフロイドさんには持病があり警官の行為はフロイドさんの直接の死因ではないと無罪を主張している。12人の陪審員の判断にゆだねられると伝えた。フロイドさん支援人権団体は「米国には白人に対する裁判と黒人に対する裁判と2種類存在している。」と米国の裁判制度そのものを批判した」と伝えた。

週明けNY市場は、米債券が売られ長期金利指標の米10年債利回りが一時1.728%まで上昇、リスク回避のため安く始った。一部ヘッジファンドに伴う金融株値下がり金融株が売られた。一方、アクチン接種期待、ボーイングが新たに9機受注を好感、ボーイング株が250.52ドル、2.3%高、ダウを一銘柄で37ポイント押し上げ、ゴールドマン、0.5%安、JPモルガン、1.6%安などの値下がりを相殺、ダウは33,172ドル、98ドル、0.3%高、過去最高値を更新した。S&P500,3,971,0.1%安、ナスダック、13,039,0.1%安で取引を終えた。ナスダックではテスラが611.29ドル、1.2%安、ズームビデオ、308.39ドル、3.6%安、動画配信のスナップチャット、49.57ドル、3.9%安と、ワクチン接種増加、一方、米長期金利上昇により、成長期待からナスダック指数上昇を一貫して牽引して来た人気銘柄が冴えない。

恐怖指数VIXは20.74,3.4%上昇、米10年債利回りは1.717へ3.4%上昇した。NY外為市場ではユーロが対ドルで売られ1ユーロ=1.17ドル台まで値下がりした。欧州でコロナ感染拡大し外出禁止強化で経済への悪影響が懸念された。対円では1ドル=109.78円、1ユーロ=129.16円、1英ポンド=151.06円と先週末比変わらずだった。NY原油(WTI)はバレル61.61ドル、1.1%高、北海ブレント、同65.08ドル、0.1% 高で取引された。NY金はオンス1,712.76ドル、1.1%安、ビットコインは5万7,215ドル、2.6%高で取引された。

NHK/BS[キャッチ!世界のトップニュース]でフランスF2は「感染拡大が止まらない。外出制限実施の16県で子供に陽性反応の学校での1週間のクラス閉鎖が決まった。」と伝え人影がほとんど見られないパリ市内の夜の様子をテレビ映像で紹介していた。ドイツZDFは「ドイツ国内の感染拡大でメルケル首相は「州政府が緩和を期待しているがとんでもないことだ。」と語った。個別対応は州に委ねられているが首相判断で「感染予防法」を発動出来る。」と伝えた。中国上海衛視は「UAE訪問中の王毅外相は中国コロナ製ワクチン製造工場開始を宣言した。中国のワクチン外交の成果だ」と伝えた。日本と言う国はどこまで行っても内向き姿勢が変えられない。ワクチン一つ自力で作れない情けない国になった。(了)

昨日の臨床実践塾は活性鍼(かっせいしん)をやりました

2021-03-29 12:24:28 | 診断即治療と虹彩学
この「診断即治療」は、 FC2ブログ にも転載しています。



活性鍼をしているところ



やっぱりコロナ感染は増えてしまいましたねー。
今回の臨床実践塾もこっそりやりましたが、それで良かったと考えています。
治療院も、患者さんが出入りする場所ですので、極力感染リスクを抑えたいからです。

さて、「活性鍼」は開発途中のテクニックですが、4月からは「はじめてでもわかる七星鍼法技術講習」をする予定ですので、ちょっと無理して活性鍼の講習を行ないました。

活性鍼は、近年開発した「せんかん鍼」「頭足鍼」「回旋鍼」「足骨鍼」などの理論も含まれるので、それらの理論を凝縮した内容になりましたが、何とか参加者の皆さんにも実技までやってもらうことが出来ました。
ただ、この「活性鍼」は、即効的に効果を確認するのは難しいので、筋骨系のようにはいきません。

というのは、これまでのテクニックが「直接的なテクニック」でしたが、この活性鍼は「間接的なテクニック」のような気がするからです。
間接的とは、「体のシステム」が動いている気がするのです。

たとえば、ウイルス感染のように「免疫系」が関与する病気なら、免疫システムが作動している必要があり、システムが正常に作動してない場合には発病に至ると考えます。
鍼灸師の分際で免疫系を語るのはおこがましいので、「元気になる」(自然に回復する力が強くなる)としておきます。

「元気になる」とは、特定の臓器や器官の代謝が良くなるのではなく、システムとしてつながっている「臓腑器官の代謝が全体的に良くなってくる」ということです。
「活性鍼」には、どうもそのような働きがあるのではないかと思われるのです。

たとえば、先日来られた患者さんですが、

「腰が痛い」と言っていましたが、活性鍼をして、しばらくすると、

「治りました。ぜーんぜん痛くないです」と言っておりました。

※ こんなに早く結果が出る事は少ないです。

腰痛の治し方にはいろいろな方法があるのですが、その時の治療は、頭と足に活性鍼をしただけだったのです。

きのうの実践塾でも、
「左の肩甲骨内側が痛い」と言う方がいたのですが、その方も頭と足に施術をしただけなのに、
「肩甲骨の内側が痛みが取れました」と言っておりました。

もっと別の症例で、「システムが正常に動きだしたのかな?」と思われるのがあります。
しかし、一度に「あれも、これも治ります」と言うと、疑われそうですので、今回は止めておきますが、多分近日中に「体のシステムが正常に働いてきた」と思われる症例が出てくると思いますので、その時にまとめて紹介したいと思います。

5周年かなざわ薬房THANKSイベント講演会風景(スケッチ&コメント)

2021-03-29 11:41:05 | スケッチ


かなざわ薬房


かなざわ薬房、5周年THANKSイベントが,講師に石川久美子、兵庫大學教授、腹話術師、やないあつこさんを迎えて、3月28日、西明石のホテルキャッスルプラザ3Fで開かれ楽しみにして出かけた。当会の開催は筆者が住む同じマンションの柳井篤子さんから「出演するので時間あればいかがですか」と案内チラシに添えられた手紙で知った。

申し込みは「こちら」とチラシにあった主催のかなざわ薬房(078-920-9005)に「柳井篤子さんからご紹介です。1名予約願います」と電話した 。電話に出られた方は当会主催者のかなざわ薬房の経営者、金沢久美子さん。なんとやないあつこ腹話術教室の生徒さんのお一人だと分った。

会場のホテルキャッスルプラザはJR西明石駅下車徒歩5分。最寄り駅住吉を午前9時前に乗車、三宮駅で新快速に乗り換え、会場に開演15分前に着いた。会場入り口でマスク確認、検温、会場内も一人分開ける。ソーシャルディスタンス励行でコロナ対策もぬかりなかった。

前置きが長くなった。「簡単にできる人生笑のススメ」のタイトルの石川久美子先生の自己紹介もそこそこに、話は「笑うと免疫力が上がる」との言葉から始まった。「漫才を聞いたあと123あった血糖値が77に減ったという記録が公表されている。」と紹介「人間には誰でも一日3,000から5,000個のがん細胞が発生しています。一方、人間の体には50億個のナチュラルキラー(NK)細胞がある。笑いによってNKが躍動し、免疫力を高めるのです」と一気に本論に入った。

「作り笑いでも効果があります。表情筋の動きに脳が反応、脳は笑っていると錯覚し、脳の中のドーパミン系の神経を活発化し、「快」の感情が引き起こされるのです。」と石川先生はいかに笑いが大事だということを強調された。

石川先生は「ストレス解消に効果があるのは「笑い」ですか。「泣く」ことですか。」と会場に声をかけた。それぞれに手を挙げた。石川先生は「どちらも正解です。泣きたいときは思い切り泣くことです。つられ笑い。もらい泣き。いずれも結構です。」と話を進めた。

石川先生は会場を笑いに包みいながら1時間以上よどみなく話された。とてもすべてを書き切れない。印象に残ったのは「言葉の力は大きい。ちょっとした言葉遣いが大切です。」というくだりだった。「緊張しないように」と言わないで「リラックスしましょう」。「遅刻しないうに」には「間に合うように」。「壊さないように」に代えて「しっかり持って」。「忘れないように」に代えて「全部持って」と言い代えてみてくださいという話に大いに納得した。

「限界を決めているのは自分」。「考え方、アイデアは無限。思い込みを手放しましょう。自分は何が出来るかを考えましょう。自分は何が好きなのか。感動のスイッチが入ると人は1秒で変わります。」と言う言葉が特に印象に残った。

石川先生の講演のあとやないあつこさんの腹話術を堪能した。白いドレスに身をつつみ歌いながら舞台に姿を現したあと、石川さゆりさんの紅白歌合戦よろしく大きく羽を広げたとき会場がどっと沸いた。

最初の演技は、78歳のキャサリーンと言う名の老婦人相手だった。この日のテーマ、「フランス語で何というの?」というユニークなやりとりが新鮮だった。おでんはフランス語でなんというの?ナントカ-カントカと答える。生徒と先生とのやり取りが見せ場だ。会場の参加者が復唱する。会場を笑いに包んだ。柳井篤子さんが大学でフランス語科を専攻されていたことをこの日初めて知った。脳ある鷹は爪を隠す。それを地で行く姿を改めて実感した。次にキャサリーンから相手をピンキーに代え話題をがらりと変え、笑いを取りながらの当意即妙のやり取りも良かった。

やないあつこさんのあと、主催者の金沢久美子さんの腹話術、主催者御礼ご挨拶を兼ねての出演で会場を大いに盛り上げた。事前申し込み出席者には食事券が会場入り口で渡されていた。ランチをホテルレストランでおいしくいただきルンルンで帰路に着いた。素晴らしいひと時をご用意いただいた主催者の金沢久美子さんにひたすら感謝である。(了)

国家試験合格おめでとうございます m(__)m

2021-03-28 07:53:45 | 情報や案内及び雑談
この「診断即治療」は、 FC2ブログ にも転載しています。




国試合格のお祝い



国試に合格したことは、未来への一歩を踏み出したこと。
金曜日に鍼灸の国家試験合格発表があり、知り合いの全ての方がが合格していました。

良かったー。

ほんとに良かった。

ということで、きょうは臨床実践塾、
内容は「活性鍼」というものです。
活性鍼は現在も研究中ですが、ほぼ出来上がっています。

「せんかん鍼」を開発したときは、
「こういう新しいテクニックは、私の頭からはもう出てこないだろう」
と考えていましたが、その後も「回旋鍼」「頭足鍼」「巻肩鍼」「足骨鍼」「足関三穴」と次々とアイデアが出てきて開発してきました。

この「活性鍼」も、その流れから来たものです。
最初は「活鍼」(かっしん)と呼んでいたのですが、「活性鍼」(かっせいしん)のほうがわかりやすいと思い、「活性鍼」と呼ぶことにしました。
この鍼の効果は、ジワーッと脳や体のシステムを変化させているようで、考えられないことも起こっています。

今後は多分、「しちせい特殊鍼法研究会」で教えることになると思います。

今年もチューリップが元気に咲きました(スケッチ&コメント)

2021-03-27 14:24:30 | スケッチ


画・江嵜 健一郎



今年もチユーリップが元気に咲きました。例年より気持ち数日早いような気がする。

先日スケッチをしていたらフエンスの外から男の子二人が熱心に中の様子を覗いていた。
男の子二人で一人は小学校へ上がったばかりだろうか。もう一人は5歳くらいかもしれない。

「中に入りますか」と男の子に声をかけた。「入る!!」と一声上げて飛び込んで来た。お母さんも
宜しければどうぞと入ってもらった。小さい子の方がチユーリップの頭を押さえようと
したので「チユーリップさんがびっくりするから見ててあげてね」と話した。

帰りに実がまだついている南天の枝を切って二人の子供に渡した。何か大変なお土産を
もらったような顔をしてスキップしながらその場を離れた。

後日、偶然だが更地に着いて草取りをしていたら先の子供二人が「アッ、また、入りたい」と
声をかけてきた。「急いでるからきょうはダメよ」と母親。子供二人は恨めしそうにその場を
離れた。

筆者はせいぜい週1ていどしか更地に行かない。彼らは毎日花のそばを通り過ぎているに
違いない。子供の時のちょっとした出来事でも鮮明によく覚えている。見知らぬ人との出会いとはいえ
かれらが大きくなったときにチユーリップが咲く季節になると思い出すに違いない。(了)

ワクチン供給倍増のバイデン演説の流れでリスク・オン、ダウ、S&P500,ナスダック共に上げる、一方、スエズ運河座礁は当面の話題、ウイグル人権問題は長期的話題(学校で教えてくれない経済学)

2021-03-27 10:46:02 | 経済学
ドイツ、フランス、ポーランドで新型コロナウイルスによる感染拡大し死亡率が増加し改めてワクチン供給遅れが指摘される。米国では4,900万人がワクチン接種を終えた。一方、インド国内で感染者が増え、インド政府はワクチン輸出の一時的停止を決めたためインドワクチンに依存する開発途上国に危機感が出て来たと26日、FT(フィナンシアルタイムズ)電子版がトップで伝えた。26日、WSJ紙電子版は①スエズ運河座礁事故のあと、世界のサプライチエーンに影響が出始めている。原油高、食料品供給不足、製造業では原材料の値上りが懸念される②新疆ウイグル人権問題が世界的批判に晒される中、世界の綿花の供給基地の新疆綿花を使う製品ボイコットにとどまらず、全米バスケット、韓国ロッテ製品、ホテルマリオットに至るまで幅広く影響して来ている。中国政府は徹底した報道管制を継続している。」と伝えた。

26日、週末のNY市場はバイデン米大統領のワクチン倍増演説の流れで、ダウは33,072ドル、453ドル、1.4% 高と高値を更新した。S&P500、1.7%高、ナスダック、13,138,1.2%高と3指標とも値上がりした。ダウではホームデポ、303.81ドル、2.2%高、ダウを43ポイント押し上げ、ビザカード、213.53ドル、2.7%高、ダウを36押し上げた。ナスダックでは全般上昇する中、テスラ、618.71ドル、3.4%安、アマゾン、3,052.03、0.2%高とひところの爆発的勢いは見られない。ナイキは132.99ドル、3.4%高と戻した。

恐怖指数VIXは18.86と4.8%下落、米10年債利回りは1.174%へ0.9%上昇した。NY外為市場では利回り上昇でドルが買われた。1ドル=109.66円、0.5%高、1ユーロ=129.34円、0.7%高、1英ポンド=151.24円、0.9%高でと取引された。NY原油(WTI)はバレル60.73ドル、3.7%高、北海ブレント、64.38ドル、3.5%高と反発した。スエズ運河事故で離礁作業が遅れていることが材料視された。解決には数週間かかるとFTは書いたが、ロイター電では1週間程度で離礁できるとの見方もある。NY金はオンス1,731.30ドル、0.4%高も当面上はないと見ている。ビットコインは5万4,349ドル、5.9%値上りした。

先日「閑話休題」と書いて原油・金利・為替を離れたテーマを書いたが、愛読者のひとりが老婆心ながらと前置きして「閑話休題」という言葉は話題が横道にそれた時、本題に戻す時に使うそうですとアドバイスいただいた。NY市場が休みのときなどつい話題を逸らしてしまう。なせ日本人が相場嫌いなのか。日本人の多くに相場ということばをただ聞いただけでいかさまの世界との気持ちが起こるのかもしれない。筆者の独断と偏見では腸が悲鳴を上げているが目には見えない。しっかりと蕁麻疹の形で目に見えるようにしてくれるお知らせだと思っている。肝臓や小腸など内臓を整えてやらないと蕁麻疹は収まらない。為替も金利も原油も経済のファンダメンタルズ(基礎的条件)の一つの兆候である。昨今、米国の長期金利が1.6%を超えて2.0%を目指している。説明抜きで上がりたがっていることが分かる。米FRBは2023年までゼロ金利持続と公約した。これが今の相場の全てである。(了)

不整脈と肝臓の腫れ:3/28の臨床実践塾の準備

2021-03-27 07:01:15 | 診断即治療と虹彩学
この「診断即治療」は、 FC2ブログ にも転載しています。




右の背中(肝臓の裏)が腫れています



「先日、不整脈が出てくるしかったー」と訴える方が来られました。

不整脈が発生する主な原因は、以下によるものが多いようです。

① 冠動脈疾患

② 心臓弁障害

③ 心不全

④ 先天性心疾患等の心臓

⑤ 甲状腺異常や肺に病気がある人

⑥ 加齢や体質的なもの

⑦ ストレスや睡眠不足、疲労等

⑧ 処方薬や市販薬の中に入った成分によるもの

そして、不整脈は誰にでも起こり得る可能性があるということです。

その方の脊椎診をしますと、写真のように、肝臓の裏が腫れていました。
肝臓の横や裏が、目で見てもわかるように腫れるのは、過剰なビタミン剤投与、副食過剰(お米と比べておかずが多い)、新薬によるもの、漢方薬によるもの等々が挙げられます。

この方は、大食をするタイプではないので、「副食過剰」は考えられません。
サプリとしてのビタミン剤も摂ってないようです。
しかし、血圧の薬と(何かの)漢方薬は飲んでいるようです。
「何かの」と言うのは、ご本人も漢方薬店の勧めるままに飲んでいて、名前も知らない様子だったからです。

このように、肝臓の裏が腫れた症状には巨鍼が抜群の効果を現わすので、巨鍼を使いましたが、

「ふらつきに効く鍼があるので、やってみましょうか」と聞くと、

「やってください。一時フラフラした感じがあったんです」と言うので、「活性鍼」をしました。

ただ、活性鍼は、即座に効果がわかるものではなく、ジワーッと効いてくる鍼ですので、その場では効果はわかりませんでしたが、2~3日すると、何か感じて来ると思います。

と言うのも、私もテストで3月1日から毎日「活性鍼」をしているのですが、体にエネルギーがみなぎってきた感じがするのです。
正直言って、「風前の灯?」と思うほどです。
きょうも、朝の3時に目が覚めて、それからずっと起きているのです。

自分でも、「何で?」と考えるのですが、「活性鍼」しか思いつきません。

明日の臨床実践塾は、そんなお話をしてみたいと思います。