ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

英ポンド売り加速、1ユーロ=1ドルのうわさが絶えない(学校で教えてくれない経済学)

2010-02-28 22:56:26 | 経済学
2010年は為替の動きに特に注目しなければならない年になりそうだ。こんなことを話しても、ご存知、近くの喫茶店では,蚊帳の外である。ただ、喫茶店は世相の鏡である。店にもよるが、日本人の関心が、なへんにあるかを知る上で大変参考になると常々思っている。

27日のWSJ紙を読んでいたら、英ポンドがこのところ急落していると出ていた。英国では5月6日に総選挙が行われると言われていたが、ブラウン首相が、前倒しで総選挙を断行するとのうわさが流れて、英国政局不安人気から、英国ポンドが、対ドル、対ユーロ共に売られた。28日付けの読売朝刊には、英2大政党制崩壊かという記事が出ていた。

英ポンドは26日までの1週間だけで対ドルで1.4% ,2月に入ってからでも4.5%値下がりした。英ポンドはギリシャ問題で売られたユーロに対しても2.3%値下がりしている。対円では、ドルが、1ドル=88円まで値下がりしたため、英ポンドは、対円では1英ポンド=136円まで値下がりした。つい1週間前には146円だった。正に様変わりである。

英ポンドは第一次世界大戦後、世界の基軸通貨の座を米ドルに譲った。それでも1971年のニクソンショックで、1ドル=360円が308円へ円高に移行したあとも、しばらくは、1英ポンド=900~1000円のゾーンで取引されていた。

英ポンドの凋落が始まったのは、1992年9月のポンド危機以降である。1990年ベルリンの壁が崩壊した。英ポンドは、実力以上に比較的高く買われていた。そこに目を付けたのがヘッジファンドのジョージ・ソロスである。英ポンドに集中的に売りを浴びせた。

英中央銀行は、ポンド防衛のため、公定歩合を、年10%から一気に15%まで引き上げたが英ポンドは下げとまらず、英国は、欧州為替メカニズム(ERM)からの脱退を余儀なくされ、英ポンドは変動相場制に移行した。

1999年、共通通貨ユーロが誕生した。英国はERMからの脱退の経緯もあり、その後さまざまな議論が今もって戦わされているが、英ポンドはユーロ通貨圏に入っていない。ポンドは1995年4月に、史上最安値の1ポンド=118円を付けている。ユーロ相場やドル相場の成り行き如何にもよるが、最近の英ポンドの急落を見ていると有り得るかもしれない。

話題のユーロはどうか。ドイツがギリシャ国債購入を検討しているとのうわさからユーロに買い戻しが入り、26日、1ユーロ=1.3618ドル、1ユーロ=121円まで買われた。ただ、大手ヘッジファンドが、1ユーロ=1ドルに標的を絞っているとのうわさが絶えない。

ドルもユーロも買えない。ポンドはなお買えない。消去法だけで円が買われている。(了)

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

右股関節が痛くて眠れない

2010-02-28 17:23:09 | 診断即治療と虹彩学
右股関節が痛くて、寝れないし、横向きだととてもじゃないけど寝られない、と急患でやってきた方がいた。
話しによると、だいぶ前に病院で「臼蓋骨形成不全」と診断されたことがあるとのことだった。

脈状は牢脈でしたので肝腎の虚となる。
仰臥になってもらうと、右足の先が倒れていた。
「なんとタイムリーな方だ」と思いながら、
「ちょうど今、そのように股関節がおかしい治療を研究していたところなんです」と言い、治療にかかった。

最初に、右大肝木穴と中国鍼で右凛導穴に刺鍼したら、右足先が立ってきた。途中で凛導穴の中国鍼を抜いたのだが、抜く途中で、プッツンと筋肉のズレが整う手ごたえがあり、股関節が整った感じを本人も感じ、「何て言ったらいいんだろう。とっても気持ちいいです」と表現していた。

治療の途中で、「あんなにズレテいたら、シンドイですよねー。鍼を抜くときのプッツンという感触からして、多分、筋肉が5㎜ぐらいズレテいたと思います」と言うと、「そうですね。プッツンと聞こえましたよね」と言うので、「えっ?聞こえました?」と聞くと、「ええ、聞こえましたよ」と返事をしていた。

治療の途中にも、治療後にも、「ああ、ほんとに何ともなくなったわー」と、隣のベッドにいる方にも聞こえるぐらい大きな声で話していた。

ちょうどその日は、治療の手伝いに来てくれた方もいたので、彼にとっては貴重な体験となっただろう。

このブログを書いてから、ご本人にブログ掲載の承諾をメールでお願いしたら、下記のようなメールで快諾してくださいました。
ありがとうございました。♪♪

=================================

おかげさまで、変な違和感がすっかりなくなり、よく眠れました。
散歩も快適です。

ブログ等、お役に立てれば幸いです。
どうぞお使いください。
今後とも、よろしくお願いします。

=================================

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「15万、直葬はいかが」:喫茶談義(学校で教えてくれない経済学)

2010-02-28 13:45:43 | 経済学
近くの喫茶店に出入りしている。その店は職人さんタイプの人が多い。今朝は白鶴美術館の広場での体操帰りの二人のご婦人が、いかなごの釘煮を昨日作って知り合いに送った話をしていた。

傍でその話を聞いていた店の馴染みのいなせな職人さんの男性客のKさんが、釘煮を卵とじにして食べると、まとまっていて、食べやすい。なかなか乙な味がしてうまいと、話しに割り込んできた。神戸長田の食堂で、先日、ぶっかけうどんを食べたがまずくて、食べられるような代物でなかったと店の子に話した、と話しを続けた。

先日、その子が住吉の自宅に遊びにきた。ぶっかけうどんを作ってやったら、「おじさん、これは、オイシイ」、と言った後、「なんで?」、と聞いてきた。出汁の差や。灰汁(あく)と出汁(だし)は大違いや、と答えてやったと、得意そうに話していた。

職人のKさんは、いつもなかなか味な話を聞かせくれる。先の食堂での話だが、と前置きして、さる女店員に、包み紙に入れて持って帰って、家で食べてみたい、と言ったら、店でえらく受けた、とこれまた得意満面で話していた。

くだんの女性は40過ぎと言っていた。いまどきの女性で、この手の話をしたら、睨みつけられて、挙句の果てには、訴えられる。場所柄わきまえずに、相手たがわず、慣れないご仁が、柳の下にドジョウとばかり、うっかり口を出すと、大火傷するに違いない。

「15万で出来る「直葬」が神戸でも流行っている」、と先の二人のご婦人の一人が話題を変えた。なくなったらすぐにというわけにはいかない難点はある。しばらく霊安室で預かってもらう時間さえ辛抱すればあとは、仏さんをそのまま火葬場に運んでくれるから安心や、と話していた。

そう言えば神戸市バスの車のお尻に、「15万円、直葬」の看板をつけて走っている姿を、気のせいか、よく見かける。これは神戸独特の光景なのか、全国的にはどうなのか。

89年にバブルが崩壊して、20年にもなると、無駄な経費は努めて節約しょうとする気持ちにどうしてなってしまうのか。それとも、基本的に、葬儀代が日本ほど高い国はないとよく言われるから、何か日本はおかしいと素直に庶民レベルで感じ始めたのかもしれない。

直葬が流行ってきた背景の一つに、俗に言う「ひとりもん」が増えたせいもあると、ご自身がひとりもんのご婦人の一人が解説していた。こういう話も下手に口を出すと手ひどい反撃を受ける。喫茶店でのたわいない話にも暗黙の了解が要る。学ぶところが多い。(了)

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

20ほどあったポリープが消えた話

2010-02-28 10:50:10 | 診断即治療と虹彩学
若くて容姿端麗な女性で、IT関係の社長をしている方の話です。
出張も多い方なので、ポリープの一つや二つあっても不思議ではなかったのですが、「ポリープが20個もある」となると話が違う。
きょうは、そんな話です。

去年の7月から毎月2回ぐらいのペースで治療に来られている方で、最初はいろいろな症状がありましたが、 炭酸泉 を自宅で使うようになってから、「調子いいです。調子いいです」の繰り返しになった。

先日、「20ほどあったポリープが全部消えたのです。ほんとにありがとうございました」と電話が入ったという。
「えっ?何で?何で治ったの?」と思ったのですが、今度治療に来たときに聞くことにした。

治療の当日、スタッフが問診したカルテを見ると、
【6年ぐらい前から、同じ人間ドックに通っていて、3年間、2~3㎜のポリープが胸部から胃にかけて20粒ぐらいあったのですが、今回はゼロでした。検査技師の方が何回も、色々な角度から撮影していましたが、ポリープはなかった。すごいです。3年前から良性のポリープがあったのに、急にゼロになったので、不思議】
と書かれている。

カルテを見ながら、
「ポリープが消えたそうですねー」と言うと、
「そうなんです。消えたんです」と言うので、私は、
「炭酸泉が効いたのか水素水が効いたのか、それとも鍼が効いたのかわからないので、下手なことは言えませんが、すごいですねー。だいたいポリープというのは、数が少ないと、病院では“取っておきましょう”と取るようですが、数が多すぎると、“良性ですから様子をみましょう”と何もしないらしいんです」と話したら、彼女は、
「えっ?そうなんですか?あはは」とあいづちを打った。
「だけど、ほんとに何が効いたんでしょうねー。でも、ポリープで悩んでいる人は大勢いると思いますので、これ、ブログに書いてもいいですか?」と聞いたら、
「どうぞどうぞ。どうぞどうぞ」と許可してくれた。

初診から先日までの8ヶ月間の治療の流れは、炭酸泉より少し遅れて水素水を飲み始めました。
水素水を飲みだしてから、いろいろな症状がググーッと良くなってきたような気がします。

最初は鍼を怖がっていたので細い鍼で、経絡治療を中心にしていたのですが、細い鍼では骨盤の歪みを完全に矯正することができなかったので、4回ほど前から 巨針 を使わせてもらった。
だから、巨針でポリープが消えたとは考え難い。

しかし、巨針が強烈に効いたので、今はご本人から「巨針でお願いします」と言うようになった。

そうなると、炭酸泉か水素水になる。
どちらも効果があると考えられるので、どっちとは言えないが、 油ジミ が消えることを考えると、炭酸泉のほうが効いたのではないかと思う。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

痒い皮膚炎が止まった症例

2010-02-27 10:20:16 | 診断即治療と虹彩学
先日の患者さんで皮膚炎の人がいた。

彼が言うには、
「最初は臍の左側が痒くなり、次に胃の辺りが痒くなり、次いで胸や背中の上辺りが痒くなって、赤くなってきた。鼻水も出っ放しで止まらない」とのことだった。
見るとみぞおちの辺りと背中の上部に炎症があり、
「まだ痒いの?」と聞くと、
「痒くて掻きたいぐらいです」と言う。

脈診をしたら、主には「脾虚」が出ていたが、腎虚もあった。
息苦しそうだったので、頭部の基本鍼と肺査穴で鼻水を止めた。
「どう?鼻水は?」
「はい、止まりました。楽に息ができます」と言うが、感激はなかった。
実はこの方、何度も来られているので、即効的な治療が当たり前と思っているので感激がないのだ。

その後、痒みを止めるために、太谿と脾査穴に2壮ずつ、京骨に3壮灸したら痒みは止まった。(本当は京骨ではなく「金門」にするつもりだったが、忙し過ぎて間違えて印をしてしまい、お灸はスタッフに任せたのです。(゜゜)(。。)ペコッ)

「どう?痒いのは止まった?」
「えっ?あ、あ、止まってます。すごいですね」と笑顔を見せた。

その後、経絡治療と巨針をして治療を終了した。

全てがこのように短時間で痒みが止まるというわけではないが、理屈がわかれば結構止められる痒みもある。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ドル売られ1ドル=88円、原油79.74ドル(学校で教えてくれない経済学)

2010-02-27 09:02:11 | 経済学
「うわべの景気回復に油断は禁物」というタイトルで、近着の二ユーズウイーク日本版に、ルチル・シャルマ(モルガンスタンレー・インベストメント責任者)が寄稿していた。本号は、「リストラが会社をダメにする」、「ギリシャ発世界へ悲劇の幕開け」、「ハイチ地震の「行動経済学」的教訓」など興味ある記事が多かった。

地震ということでは、2月27日、午前5時31分に沖縄南部でマグニチュード6.9のかなり強い地震が発生したとテレビのテロップに流れていた。地震のニュースが出ると、15年以上前の阪神・淡路大震災の経験者の一人として、無事であってほしいと祈る思いだ。

27日のNY外国為替市場で、ドルが売られ、1ユーロ=1.3617ドル、1ドル=88.90円で取引された。投機資金が商品市場に流れて、NY原油(WTI)がバレル1.57ドル高、79.74ドルと昨日の下げを早くも回復した。金、銀、プラチナも反発した。ドル売り、商品相場反発には、バ―ナンキ米FRB議長による超低金利政策を当面継続するとの一昨日の米議会での証言が影響したと思われる。

「うわべだけの景気回復」の記事の中で、ルチル・シャルマ氏は、「商品価格の不可解な急上昇は、世界的に金利が非常に低く抑えられているからだ」と断定し、「中国の需要は根強いが、世界的需要は低迷したままだ。投資家は世界金融危機後の低金利に勢いづき、有形資産獲得に熱心になっている。」と書いている。

シャルマ氏は、「世界経済と株式市場は、低金利を背景に、一旦は回復を見せる。しかし、各国の中央銀行がインフレを恐れるあまり、再び金融引き締めに向かえば、ひ弱な回復軌道から外れてしまう。」と警告していた。

「米国で『信用収縮』は既に始まっている」と二ユーズウイークは別ページで、「米銀行の貸付総額は、1週間だけで300億ドル減少し今年に入って1000億ドル、前年比16%減った。米の金融機関が貸し付けを増やさないと景気回復など夢のまた夢だ」と書いていた。

一方、「ギリシャ発世界へ悲劇の幕開け」(ロバート・サミュエルソン氏・コラムニスト)は、「高齢化が進む中、先進国の大半が巨額債務と社会福祉の板挟みに苦しむ時代にはいった」と書き、「ギリシャがデフオルト(債務不履行)に陥れば、スペイン、ポルトガル、アイルランドと次に危ない国にも波及して、世界経済の回復を脅かす」と書いていた。

「ハイチ地震の教訓」の記事には、①誰も災害はまさか自分の身に降り懸かると思っていない、②人は他人の災害から何も学ばない、③人は災害データの意味を十分理解できない」と書いていた。「備えあれば憂いなし。」「災害は忘れた頃にやってくる。」は真理である。(了)

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

体が凛とする鍼なので「凛導鍼」と名付けてみた

2010-02-26 17:42:09 | 診断即治療と虹彩学
解剖学の本を見ていたら、
「もしかして!」と思うことがあり、自分の足にテストをしてみたら、予想通りの結果が出たので、患者さんにも試させてもらったのが凛導穴。

きょうも興味深い光景があった。

右腕の三角筋が筋肉痛のように痛いという。
仰臥になったとき、足を見たら右足が外転して完全に布団に付くように倒れていた。
右凛導穴と右大肝木を使ったら、完全に外転して倒れていた右足が、ググーッと起き上がってきた。
凛導穴は、手ごたえを感じるまで刺鍼するので、3回ぐらい刺し直した。

倒れていた起き上がってきたので、私もビックリしたが、本人が、
「あ、足が、足が起き上がってきてますよね」と私の顔を見ながら言った。

仰臥から伏臥になってもらう途中で、
「右の背中もスーッと伸びた感じがしますわ」と言葉を漏らした。

上腕の三角筋の痛みも取れていた。
鍼治療が済んでから、ベッドに腰かけて、
「あの足にはビックリしましたわー」と話していた。

もう一人の患者さんは、仰臥になったら右足が短い。
いつもなら、骨格矯正鍼で骨盤の歪みを取ってしまい、それでOKなのだが、凛導鍼の追試をしたかったので、
「よし!」
と凛導穴を使った。
足先が軽くプルプルっと震え(本人の自覚はない)、足の長さが揃った。

もう一人、腰痛で二回目の治療でしたが、凛導鍼が使えるかどうかをテストしたら、ピッタリのタイプでしたので、使わせてもらったのですが、
「ああ、そこ、そこです」と言う。

この、「ああ、そこ、そこです」と言うのは、標示法で痛いところに鍼を刺すときに患者さんが出す声で、殆ど標示法を使わない私にとっては、久しぶりの言葉だった。

治療が済んでから、スタッフに、
「腰もほんとに楽になりましたが、肝臓辺りの重苦しいのもとれました」
と話していたらしい。

ほんとに興味深い出来事だった。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

カルセオミダス(スケッチ&コメント)

2010-02-26 08:49:40 | スケッチ


カルセオミダス

江嵜企画代表・Ken



 神戸三宮へ出るとフラワーショップ「潤」に立ち寄ることが日課になった。この店は木曜日が「お買い得」の日である。ただ、なかなか曜日が合わない。この日は火曜日だった。それでも、店のまわりは人でいっぱいだった。春が近いことがよく分かる。いろいろな花が競うように店頭に並べてあった。

 菜の花なのか、と一瞬思った。黄色のぼんぼりをつけたような身の丈30センチほどの花を見つけた。ラベルを見るとカルセオミダスと出ていた。「秋まで楽しめます」と書いてあった。

 勘定場でカルセオミダスを18鉢まとめ買いしているご婦人がいた。「一鉢180円や。花一本でも、きょうび150円は、するで。安いわ。」と神戸弁丸出しでしゃべっていた。風情からして一般の人ではない。恐らく買って帰って、小売りするのかもしれない。

 昨年春、クレマチスの花をひと鉢980円で買った。元町のさる花店で「潤」で買ったのかどうか知らないが、ほとんど同じクレマチスが3,800円に化けていた。

 180円のカルセオミダスはいくらに化けるのだろうかと、ふと思った。

 2鉢買って、自宅でいつものようにスケッチした。(了)

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

珍しい症状を2穴で治療。たった1分なのに、驚くような変化があった。

2010-02-25 16:54:40 | 診断即治療と虹彩学
「何もしてないのに、胃の辺りに出血した跡があり、触ると痛いんです」
という患者さんが来た。

見ると、確かに上脘の右外側「腹通谷」辺りに、鉛筆の頭ほどの内出血があり、少し触ると痛がるし、周囲も腫れていた。




「胆嚢か。この様子だと右腕に痺れがくるな」
と思いながら、脈を診ると「肝実」が出ていた。

腹診では胆嚢と思ったのに、「肝実?」と不思議に思いながら、肝査穴を瀉して、すぐ腹部を診に行き、先ほどのところを触ってみた。
(経絡治療をするときは、補法から始めるのが基本ですが、実が強い場合は瀉法から行うときもある)

「腫れが消えている。どういうことだ?1分も経ってないのに!」
と思いながらも、ご本人に確認してもらったら、
「あ、はい。痛みはありません」と言う。

今まで査穴の即効性には何度も驚いてきたが、きょうのような経験は初めてだった。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

バ―ナンキ証言発言好感、NYダウ91ドル高、原油WTIバレル80ドル(学校で教えてくれない経済学)

2010-02-25 10:54:55 | 経済学
24日付けのWSJ紙は、低金利継続をコミットしたバ―ナンキ議会証言が、米商務省が発表した1月の米新築住宅販売前月比11%減の悪材料を飲み込み、NYダウは、2日間で下げた120ドルの内91ドル取り戻し、10,374ドルで取引を終了したと伝えた。原油相場反発を受けてエクソン、シエブロン株が上げ、ダウ平均押し上げを助けたと書いていた。

今朝のCNBCテレビを見ていると、バ―ナンキ証言後、Easy Money(金余り)ということばが飛び交っていた。豊田社長の議会証言については、Apologise,Apologize,Apologize (謝罪、謝罪、謝罪)一点張りだったと皮肉をこめてコメンテーターが繰り返し口にしていた。

NY原油(WTI)先物相場も「イ―ジ―・マネー」に素直に反応した。前日比バレル1.14ドル、1.5%高、80ドルへ押し上げた。原油供給は増加したが、ガソリン在庫は減ったと悪材料は無視したとWSJ紙は説明していた。

NY外国為替市場では、バ―ナンキ発言を受けて、ドルが対ユーロ、対円ともに売られた。1ユーロ=1.36ドル、1ドル=89円台へ値下りした。バ―ナンキ米FRB議長は金利を低位に維持する一方で、低金利は債券相場を下げるリスクがあると指摘したが、マーケットは素直にドル売りで応じた。

今回のトヨタ問題はApologise(アポロジャイズ)すれば済む問題でないと思うが、24日のトヨタ株は2.78ドル、2.9%高、74.33ドルで取引された。ただ、肉食のアメリカ人に一端、傷口を見せると彼らはしつこく傷を攻め立ててくる。トヨタをピラニアに食わせておいてその間に川を渡ろうとするGMはじめその他の自動車メーカーが控えており油断できまい。

原油は上げたが、24日のNY金先物相場は、「イージー・マネー」に反応せずオンス6.20下げ1,096.50ドルで取引された。需要の50%が自動車用のプラチナも金相場安に引きずられて下げオンス1,507ドルで取引された。

金相場のこの日の値下がりは、IMFが191トンの金塊をオープンマーケットで売却すると発表したことが影響したと今朝のWSJ紙は解説していた。本来、ドルが下がれば金は買いだが、IMFの金売却はどうしても相場の重しとなるのであろう。

1月の米新築住宅販売が予測の3.8%増に対して前月比11.2%の大幅減は、調査データの母数が少ないからぶれ易い。昨年対比6%減にとどまったと建設業者は楽観しているとWSJ紙は書いていた。バ―ナンキは「低金利継続」の薬の効き目を熟知しているのであろう。

薬には必ず副作用が伴う。ゼロ金利は特に劇薬だ。目先の弥縫策で墓穴を掘るだろう。(了)

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする