ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

厚労相の抗議受け訂正 年金問題報道でTBS

2007-09-19 06:42:51 | Webニュースより
厚労相の抗議受け訂正 年金問題報道でTBS(朝日新聞) - goo ニュース

2007年09月18日21時23分

 舛添厚生労働相は18日、TBSが17日に放送した情報番組「ピンポン!」で、民主党の「次の内閣」年金担当相の長妻昭衆院議員だけが出演して年金問題について舛添氏を批判したのは「政治的な公平」を定めた放送法に違反するとして、TBSに文書で抗議し、謝罪を求めた。

 TBSや舛添氏によると、番組では同氏の写真と発言を示したうえで長妻氏が年金保険料の流用問題などの政府の対応を批判。キャスターは「舛添厚労相に出演を断られた」と話したという。

 この放送について舛添氏は抗議文で「一政党の意見のみを放送し、反論の機会を与えない番組構成は一方的で政治的な公平性に欠け、放送法に照らして問題だ」と指摘。「しかるべき措置」を求めている。

 舛添氏の抗議を受け、TBSが放送に至る経緯を調べたところ、舛添氏に出演依頼をしていなかったことが分かり、18日の「ピンポン!」の中で「昨日の放送については出演の依頼をしていなかった」と事実関係を訂正。放送法違反との抗議に対して同社広報部は「真摯(しんし)に受け止めて対応したい」としている。

 舛添氏は、TBSが十分な対応をとらなければ、NHKと民放で作る第三者機関「放送倫理・番組向上機構(BPO)」に訴えるという。


****************************


一政党の肩は持ちませんが、これは舛添氏の性格からすると、TBSの失態のように思えるので、今後のTBSの対応を見たいと思う。
これが本当なら、TBSも時期も悪いし、相手も間違えたのではないかな?

年金問題を番組で扱うなら、厚生労働相をお招きするのが常識というものだし、「いない相手を批判した」とされる長妻さんも長妻さんだ。
「男らしくない!」・・・、??いいや、これはTBSが横紙を裂く策略?

テレビ局は時々傲慢な態度を取るように思えるところがあるので、これが事実なら、個人的には「いいお灸」になるのではないかと考える。
また、国民の一人として言わせてもらうと、このような片方だけの意見を述べさせる番組制作だと、ある意味「情報操作で国民を騙すこと」になると思うので、金輪際このようなことは止めて欲しい。┌(* ̄0 ̄)┐

コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ご当地話、軍配は? 総裁選... | トップ | 鳥越俊太郎氏のがん、肺に転... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
桝添は馬鹿 (terry)
2007-09-19 10:14:40
放送については出演の依頼をしていなかったのに依頼したと報道したTBSは悪い。
しかし報道を欠席裁判であるとし、抗議した桝添はもっと悪い、もともと報道は裁判ではない。意見をいうのは自由である。それに対し権力者である大臣が放送事業者にいちゃもんをつけるというのは報道の自由を侵害する重大犯罪である。軽犯罪と重大犯罪をごったににしてはならない。
かさねて言うが、報道は裁判ではない。もし裁判であるなら何も報道できないし、報道そのものが成り立たない。報道というのは意見、情報の報道なのである。
terryさん (hallick)
2007-09-19 10:42:13
勿論報道は裁判ではないのですが、事の流れを見ないとなんにも言えないですねー。

Webニュースより」カテゴリの最新記事