ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

七星鍼法の魅力(Part6) 患者さんを診るには

2021-04-06 11:28:28 | 診断即治療と虹彩学
この「診断即治療」は、 FC2ブログ にも転載しています。



病気治し入門・復刻版



治療は診断から始まりますが、診断ができれば家庭療法でも多くの病気を治せます。
七星鍼法は診断にこだわり続けて臨床研究を進めてきた治療テクニックです。
ですから、症状を聞けば80%ぐらいは原因がわかり、治療方針も決める事ができます。
それが「即効的な治療」につながるわけです。

今年、国家試験に合格して鍼灸師になった方もたくさんいますが、鍼灸院でアルバイトなどをしていた人は別として、すぐに独立を考えている人が不安になることはたくさんあると思います。

① 患者さんの問診は上手くできるだろうか
② どんな患者さんが来るのだろうか
③ 診断はどのようにすればいいのだろうか
等々に始まり、

④ 運営はどのようにすればいいのだろうか
⑤ 広告を出す必要があるのだろうか
⑥ 運営が上手くいかなかったらどうしたらいいのだろうか

悩みは尽きないと思います。
もちろん私もそうでしたが、私の場合は鍼灸学校に行く前から、食事療法の講師や整体の講師をしていましたので、あまり心配はしていませんでした。

そして、

鍼灸師になって初めて書いた本が、『病気治し入門』でした。
この本は、30年ほど前に書いた本ですが、非常に熱を入れて書いた本で、自分でもこの本は好きです。
何が書かれているかと言いますと、

① 自分が病気になる方法
② 自然の法則が人体がに及ぼす影響や原理原則
③ 原理原則を人体や食物、病気に照らし合わせて、病因を見つけ、病気の治し方を考える
④ 微量元素のミネラルには人体の恒常性を保つための作用がある
⑤ ミネラルの作用や人体との関係
等々です。

でも、オンデマンドで出版したので、単価が高くなっています。
ですから、当院へ来て頂けば、ただで読む事ができます。(^_^;)
時間のある方は、どうぞ当院へ来て読まれてください。

この本を書く前から「病気の原因を探る」ことに興味があったので、自分でビョウキを作った話などは読者に印象深いようで、皆さんも楽しく読んでくれているようです。
自ら進んで病気になりたがる人はあまりいませんが、中には「ビョウキを作ってみたい」という方もいますので、そのような方々には参考になると思います。

病因がわかれば病気を作ることも治すこともできるというわけです。
それは、「腕のいい大工は壊すのも上手い」と言われることからヒントを得てテストしてみたわけです。
但し、心や体の弱い方は真似しないでください。
死ぬことはないかも知れませんが、ひどい目に遭うと思われるからです。

週明け5日、NY市場で、良好な経済指数を受けてダウは新高値更新、一方、インドで1日当たり新型コロナ感染者数が10万人突破、日本はワクチン接種のメドさえ国民に知らされていない

2021-04-06 10:22:56 | 経済学
(学校で教えてくれない経済学)


米ISM非製造業(サービス産業)指数が3月度、63.7(2月:55.3)と統計開始以来最高を記録した。米経済の3分の2を占めるサービス業の景況感改善を受けて週明け5日、NYダウは33,527ドル、373ドル、1.1%高、過去最高値を更新したと5日、ロイター電は伝えた。S&P500,4,077,1.4%高、ナスダック、13,705,1.7%高と3指標揃って値上りした。バイデン政権は5日、米国でのワクチン接種件数が1日当たり400万に達したと発表した。CDO(米疾病予防センター)は全米で1億6,000万件突破した.65歳以上の75%が接種を終えたと発表した。マスク着用条件でコロナ検査不要、移動制限なしを一部の州が開始した。

恐怖指数VIXは17.91,3.4%増、米10年物債券利回りは1.711%へ0.5%低下した。NY外為市場では米長期債利回り低下からドルが売られた。1ドル=110.21円、0.4%安、1ユーロ=130.16円、1英ポンド=153.24円、0.2%高で取引された。NY原油(WTI)は58.76ドル、4.4%安、北海ブレント、同62.23ドル、4.1%安と利益確定売りでともに値下りした。NY金はオンス1,729.00ドルと先週横ばい。ビットコインは5万8,972ドル、1.3%高で取引された。個別銘柄ではマイクロソフト、249.07ドル、2.8% 高、ダウを44ポイント押し上げ、ボーイング、259.36ドル、2.5%高、ダウを42押し上げ、ホームデポ、315.40ドル、2.5%高、ダウを60ポイント押し上げた。ナスダックではテスラ、691.05ドル、4.4%高、フエイスブック、368.91ドル、3.4%高、アマゾン、3,226.73ドル、2.1%高が相場をリードした。米長期金利上昇の落ち付いたと見てバリュー株(割安株)から再びこのところ売られていたグロース(成長期待)株を再び見直す傾向が強まったことがナスダック株高をリードした可能性があるとロイター電は指摘している。イースター休暇で欧州株式市場は休場した。

6日朝放送のNHK/BS「ワールドニュース」で米ABCは「米大リーグテキサスレンジャーズ開幕試合が入場制限なしで開催され、4万人を超える観衆が集まった。一方、カリフオルニア州で変異ウイルスによる感染拡大が再び進み、CDC(米疾病予防センター)は警戒するようを呼び掛けた。若者の感染者が増えた。」と伝えた。シンガポールCNAは「インドで1日当たり新規のコロナ感染者数が10万3,558人を記録した。ムンバイのあるマハラシュトラ州に集中している。感染拡大が止まないと死者数で米国、ブラジルを抜く可能性が出て来た。」と伝えた。

フランス2は「フランス国内で再び感染拡大が勢いを増してきた。バカンス帰りの人への県境での検問が強まった。一方、ポルトガルでは新規コロナ感染者数、死者数ともに減少したことからレストラン、バー、劇場を4月5日から再開した。学校での対面授業を再開する。ただ、観光客は2週間待機を強いられる。イギリスは5月17日から外出制限を緩和するとジョンソン首相は記者会見で話した。」と伝えた。問題は日本である。ワクチンも現段階ではいつ接種を受けられるかさえ定かでない。おとなしすぎるのにも限度がある。(了)