ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

EU理事会で難民・移民問題合意もあくまで表向きとフランスF2,NYダウ、55ドル高も貿易摩擦問題が上値を抑えるとブルームバーグ(学校で教えてくれない経済学)

2018-06-30 09:46:53 | 経済学
月末、四半期末決済売りが取引終了15分前に出てNYダウは下げ55ドル高、24,271ドルで29日の取引を終えた。米国による保護貿易的動きが上値を抑えたとブルームバーグが伝えた。NY外為市場ではEU理事会で難民・移民政策で解決に向けた第一歩となる合意を歓迎、イタリア国債が買われ利回りが上昇、ユーロが対ドルで買い戻された。対円では1ドル=110.66円、1ユーロ=129.30円で取引された。NY原油(WTI)は続伸、バレル74.15ドルで取引を終えた。NY金はオンス1,254.50ドルへ5日ぶりに上げた。

30日朝放送のNHK/BS「ワールドニュース」で英BBC,フランスF2は「EU理事会で難民・移民問題で明け方5時まで協議され、難民申請施設を設けることで合意したが、加盟国の「任意」とする。具体的内容、設置場所は決まらなかった。北アフリカのモロッコ、リビア、アルジエリアには移民・難民施設費用を30億ドルEUが負担することで合意した。トルコ、ギリシャが同様の支援を希望している。」と伝えた。フランスF2は「表向き合意したが多くの疑問を残した。移民・難民問題は各国での政治的争点となる。」と総括した。英BBCは「英国のEU離脱を来年3月末に控えて英国から具体的解決策の提案はなかった。トスクEU大統領は「英国とEU間には大きな隔たりがある」と語った。米国の関税引き上げ問題では、EUは報復関税を設けることで一致した。」と伝えた。

30日朝放送の中国CCTVは「陸報道官は「米国の一国主義、保護貿易主義に賛成できない。二大国である中米が協力することが両国のみならず世界貿易にプラスとなる」と語った。30日朝放送のロシアテレビは「米国による鉄鋼、アルミニウムへの関税引き上げにEU,中国がWTOに提訴することで合意した。インド政府は米国から輸入のアーモンド関税を倍に引き上げる。ヘイリー米米国大使はインドを説得したが合意が得られなかった」と伝えた。

30日朝放送の韓国KBSは「在韓米軍施設がソウルから60キロ南のビヨンテク(平沢)に移転、式典が29日行われた。米国の軍事基地として世界最大規模となる。12兆ウオン(約1兆2,000億円)の移転に伴う費用の90%は韓国が負担した。」と伝えた。韓国KBSは「サッカーワールドカップでドイツを破った韓国チームが29日帰国した。1勝2敗で一部リーグに進めなかったがドイツに勝ったと空港で大歓迎を受けた。韓国の監督は「恥ずかしい結果に終わった。覚悟を新たにして頑張る」と語った。」と伝えた。

30日放送のシンガポールCNAは「インドネシア、アグン山噴火で閉鎖中のバリ島空港が再開した。」と伝えたあと「ミヤンマー、ラカイン州で人身売買が増加、ドヒンギャ保護が十分実行されていないことが国連調査で分かった」と伝えた。中国CCTVは「ミヤンマー、バングラデシ、中国3国でラカイン州住民支援で協議した。中国は引き支援を続けると李克強首相は語った。」と伝えた。アルジャジーラは「国連イエーメン大使は「ホディダ地区治安対策でいて一定の合意が成立した」と語った」と伝えた。(了)

膝痛の治し方:こんな簡単な方法もある

2018-06-29 16:51:44 | 診断即治療と虹彩学
この「診断即治療」は、 FC2ブログ にも転載しています。



写真① 右の前傾した腸骨を戻しているところ





写真② 膝裏の腱の硬さを調べているところ



上の写真①を見てください。
これだけで治せる膝痛もあるのです。
「嘘でしょ!」と言われそうですが、ほんとなのです。

何故それだけで膝痛が治るかと言いますと、膝痛が起こるときは、左右どちらかの腸骨が前傾している場合が多いのです。
そんなときは、前傾した腸骨を戻してあげれば膝痛が取れるわけです。

膝痛がどこに起こっているのかを調べるには、写真②のように膝裏を探ればわかります。
膝裏を探って、腱の硬いところが痛みの出ているところです。
普通は、長くなった足のほうが痛いのですが、そうでないときもあるということです。
(ここでは長くなった方の膝が痛いことについて説明します)

腸骨の前傾を具体的に説明しますと、たとえば肝臓に異変が起こり、経筋腱収縮牽引を起こしたとします。
経筋腱収縮牽引とは、経絡や筋肉や腱が何らかの原因で引き吊ることです。
そして引きつりが起こると、筋肉の付着部が引っ張られてしまいます。
そして、仮に、右の腸骨が引っ張られたとしますと、右の腸骨が前傾してしまうわけです。

片方の腸骨が前傾すると、前傾した腸骨に付いている大腿骨が下方に伸びてしまいます。
ですから、足の長さを見ても腸骨の前傾はわかるわけです。
となると、腸骨を戻すことができれば、下肢の異常を整えることができることになります。
ですから、うつ伏せになってもらい、前傾した腸骨を後ろに倒すように持ち上げれば腸骨は元に戻りますので、それだけでも膝痛は楽になるわけです。

腸骨の戻し方は、いろいろなテクニックがあるのですが、原理を話せばこういうことなのです。
ですから、上の写真①は、前傾した腸骨を元に戻す操作をしているので、それだけで治る膝痛もあるわけです。

あまりにも簡単な治療法なので、患者さんは必ずと言っていいほど笑います。
その時は、一緒に笑ってあげてください。(^o^)

米ロ首脳会談が7月16日ヘルシンキで開催が決まる、EU理事会で難民・移民問題結論出ず。一方、南北合同会議で北朝鮮の道路事情調査開始が決まると韓国KBS(学校で教えてくれない経済学)

2018-06-29 10:30:05 | 経済学
NY原油(WTI)が一時バレル74ドルを突破した。米金融機関がストレステストをクリアした。米GDP1~3月期データがエコノミストの予想を下回った。米中貿易戦争は様子見の中、28日のNYダウは98ドル高、24,216ドルで取引を終えた。NY外為市場はドル買戻しで1ドル=110.51円、EU理事会で難民・移民協議進展なくユーロが売られ、対円で1ユーロ=127.74円で取引された。NY原油(WTI)はバレル73.45ドルと高値を維持した。NY金はオンス1,251.00ドルと続落した。

29日朝放送のNHK/BS「ワールドニュース」で米ABCはメリーランド洲、アナポリスで銃乱射事件が発生、少なくとも5人死亡多数のケガ人が出ている。容疑者は拘束された。銃撃の動機、容疑者の性別、名前など具体的内容について一切明らかにされていない。」と伝えた。29日朝放送の英BBCは「アメリカでまた発砲事件が起こった。通報後60秒以内に警察が現場に駆け付けた。容疑者は拘束された。5人が死亡した。」と伝えた。

29日朝放送のロシアテレビは「プーチン大統領とトランプ大統領との首脳会議が7月16日、スエーデン、ヘルシンキで開かれることが決まった。両者の会談は昨年7月以来となる。1対1の会談の後、ビズネスランチ、共同記者会見を予定している。シリア、ウクライナ、
軍縮、テロ対策北朝鮮問題など2国間の共通問題が協議される。世界全体にとっても重要な会談になると見られている。」と伝えた。NHK/BS「キャッチ!世界のトップニュース」のキャスターは「今回の米ロ会談はトランプ大統領のNATO会議の日程に合わされた。プーチン大統領は7月15日、サッカー、ワールドカップ閉会式に出席の翌日となる。米国のメディア及び民主党は今回の会談がロシア疑惑捜査中であり反対の立場である。トランプ大関係改善を模索してきた。欧米諸国の対ロシア制裁でロシア経済は調査機関の発表では1.9%減。プーチン大統領はロシア経済回復させたい。一方、EUは欧米間にロシアが割って入ることに米ロ首脳会談に警戒感を強めている。」と伝えた。

29日朝放送のドイツZDFは「26日開かれたEU首脳会議は難民・移民政策をめぐり各国の立場の違いから結論が出なかった。メルケル首相はEU難民・移民政策で何ら化の方向付けをつけたい。マクロン仏大統領と連携を強めている。一方、ハンガリーはじめ東欧諸国は難民受け入れに基本的に反対する立場を変えていない。メルケル首相は自らの連立政権の足元でCDU/CSU同盟が難民政策で亀裂問題を抱えている。」と伝えた。29日朝放送の英BBCは「EU首脳会議でメイ英首相は英国のEU離脱後の保証確保を目指し各国首脳との会談を行った。多くの国の反応は英国の閣内の不一致を解消することが先だとの立場で一致している。英国国内では北アイルランドとアイルランドの国境問題は未解決のままだ。EU理事会は難民・移民問題で協議が難航している。」と伝えた。一方、29日放送の韓国KBSは「南北会議で北朝鮮国内の道路状況の調査を開始することで一致した。北朝鮮の道路舗装率は20%。ロシア、中国の北朝鮮のインフラ整備投資への関心は高い。」と伝えた。(了)

米中貿易摩擦懸念消えずNYダウ165ドル安、一方、米ソ首脳会談でプーチン大統領、ボルトン米補佐官との会談で決まる(学校で教えてくれない経済学)

2018-06-28 10:16:52 | 経済学
「ケネディ米最高裁判事が27日引退を表明した。トランプ大統領は後任人事に早急に取り組むと見られる。トランプ大統領は当然保守派の判事を選ぶと見られる。米国の将来を決める重大な決定になる可能性が高い」と28日朝放送のNHK/BS「ワールドニュース」で米ABCが伝えた。28日朝放送の英BBCは「ケネディ米最高裁判事(82)が引退表明した。ケネディ判事は保守派でありながら人工妊娠中絶や同性愛婚を認める判決の際も重要な役割を果たしたことでもよく知られている。後任人事では保守派の判事が選ばれる見込みからアメリカはより保守的に向かうだろう。」と伝えた。

27日、NY市場ではトランプ米大統領が中国を特定した規制は見送るとの声明を出したあとNYダウは一時300ドル近く急騰した。しかし、ホワイトハウス、LarryKudlow補佐官から対中制裁で米国の政策に変更はないと発言後、下げに転じ、165ドル安、24,117ドルで取引を終えた。ドルが買はれ1ドル=110.21円、1ユーロ=127.40円で取引された。NY原油(WTI)は、米政府のイラン原油停止で同盟国に引き続き圧力をかけているが、米国国内の原油在庫減少を材料に買われ、バレル72.76ドルで取引を終えた。一時73ドドルを3年7ケ月ぶりの高値を付けた。NY金はオンス1,56.10ドルへ続落した。為替市場では米中貿易摩擦が中国経済に悪影響を与えるとして上海株価指数が安値を継続している。人民元のオフシヨア相場が続落と28日付ブルームバーグ電子版が警戒記事を書いた。

28日朝放送のロシアテレビは「ボルトン補佐官が26日、プーチンロシア大統領、あとラブロフ外相と相次ぎ会談した。ボルトン補佐官はトランプ大統領からの親書をプーチン大統領に手渡した。トランプ大統領がプーチン大統領との会談を希望している旨を伝えた。会談の日時、場所は28日に発表される。ボルトン補佐官は落ち着きのないそぶりを見せた。」と伝え、ロシアテレビは「プーチン大統領が「ロシアは一度もアメリカに敵対的態度で臨んだことは一度もありません」と語る様子をテレビ画面に映していた。一方、28日朝放送の中国CCTVは「マティス米国防長官が習近平主席と27日会談した。習主席は「両国関係には一部意見の相違が見られる。中国は祖先から受け継いだ領土は一切他国に譲ることはできない。なかでも両岸関係は重要だ。中米両国が協力してリスク回避に全力を尽くす」と語った。マティス長官は「米中間の協力が重要であることは共通の認識であると語り、会談に同席した魏中国国防相にアメリカ訪問を要請した。」と伝えた。

28日朝放送の韓国KBSは「サッカーワールドカップで27日、信じがたい出来事が起こりました」と口火を切り、ドイツを2-0で下した様子を時間をかけて報道した。韓国KBSは文韓国大統領は27日、予定していた改革会議を延期した。イ首相から会議を開いても成果が見られないとの報告を受けて決められた。文大統領の健康状態がよくない。相次ぐ重要案件で疲労の蓄積が見られ、体調を整えたいとの意向もあると見られる」と伝えた。(了)

癒着の治し方

2018-06-28 07:52:13 | 診断即治療と虹彩学
この「診断即治療」は、 FC2ブログ にも転載しています。



巨鍼で癒着を剥がしているところ



ケガや手術によって受けた傷は、時々「癒着」を起こして不具合を起こします。
上の写真は、前腕内側に受けた切り傷による癒着を剥がしているところです。

この方は、「前腕内側が硬く感じられ、手首の曲げ伸ばしがしにくい」と言っておりました。
この方の場合はケガですが、子宮筋腫や卵巣嚢腫の術後にも同じような引き攣りが起こることがあります。

婦人科の場合は、手術のやり方にもよると思いますが、患者さんが言うには、
「下腹がずっと引っ張られている感じで、いつもお腹が気持ち悪い」と言う人もいれば、
「いつでも尿が溜まっているような感じがする」と言う人もいます。
そのような場合は、癒着を剥がしてあげるのが一番いいと思います。
癒着を剥がせば、そのような症状は取れます。

それでは何故癒着が起こるのかということですが、 こちらのサイト にわかりやすく書かれています。
そのサイトの記事を読みますと、「癒着は好ましくないことですが、癒着の完全な予防策がないのが現状」と書かれています。

ですから、癒着が起こったら、癒着を治す必要があるわけです。
癒着は、治しにくい症状の一つですが、治らないわけではありません。
それは、巨鍼を使ったりお灸を使ったりするのですが、これまで癒着の治療をしてきた患者さんで、巨鍼を怖がったり、お灸を嫌がったりする人はいませんでした。

上の写真の方は、臨床実践塾に参加した方で、実践塾が終わって、荷物を治療院へ運んで来てから治療をしたのです。
この治療の後、彼は、
「手がよく動きます。ツッパリがなくなりました」と喜んでいました。

こちら に動画を張り付けてあるのですが、Facebookですので、すぐに下のほうに流されてしまうと思います。

中堅輸送機器メーカーS社株主総会風景(スケッチ&コメント)

2018-06-28 00:29:09 | スケッチ


S社株主総会風景

江嵜企画代表・Ken



兵庫県宝塚市に本社を置く中堅輸送機器メーカーS社の株主総会が6月26日(火)午前10時から本社大会議室で開かれ楽しみにして出かけた。当社は地元では救難飛行艇の会社で通っている。最近ではダンプトラックやパーキングシステム、環境システムの会社として安定経営を続ける、年間売り上げ2,000億円、同営業利益110億円、純利益70億円の借金ゼロの優良企業として知られている。

余談ながら、神戸市東灘区の当社甲南工場が、母校本庄小学校と道1つ隔てて太平洋戦争当時ゼロ戦「紫電改」生産工場だったため米軍の標的にされ、母校は手ひどい被害を受けた。敗戦の年の昭和20年、縁故疎開から小学1年2学期に自宅に戻ったが、講堂の屋根は小学3年時にようやく修復、それ迄雨の日に傘をさして授業を受けた。

一言でいえば当社は堅実だが地味な会社であった。典型的な例として、安定志向をモットーに一株当たり配当を長年14円を頑なに維持してきた。その同じ会社が期末配当を前期並みなら7円を16円へ増やし、年間23円とした。連結配当性向(%)を昨年度までの15%を31%に一気に引き上げた。

26日の株主総会で昨年就任し今年2年目に入る社長さんは「配当性向重視に転換、株主の皆様への還元を積極的に行い、同時に、資本効率を重視し、M&Aや設備投資を積極的に進め、2020年売り上げ2,300億円、営業利益140億円、ROE8%を目標とする」と明言した。

型どおり事業報告が終わり株主と社長さんはじめ役員さんへの質問時間がやってきた。5~6人の株主が質問した。最初に手を上げた株主は「最近、インドとの飛行艇の話が出ない。どうなったのか。」と聞いた。社長さんは「インドに限らず特に開発途上国からの飛行艇を買いたい意向は衰えていない。期待してほしい。」と答えた。

2番目の質問に立った男性は「広報活動が手薄ではないか。インターネットなど幅広く媒体を活用してほしい。」と尋ねた。社長さんは「当社のHPを是非見てほしい。今後も広報活動を活発に進める。」と答えた。

3番目に筆者が「事業報告にI oTやAI組み入れにより市場の優位性をさらに高めるとある。AIの実践状況を具体的に聞きたい」と質問した。社長さんは「当社グループの事業の大半は社会インフラに関係するものだ。AI(人口知能)はダンプトラック、昇降式荷役装置、ごみ処理関連設備、航空旅客搭乗橋などでカメラを装着、大きな成果を上げている。AIの活用は、当社のシェア拡大に欠かせない」と答えた。

社長さんは「企業を取り巻く環境は決して甘くない」と繰り返した。その一方で「新興国市場向け輸出が好調だ。想像を超える速さで変化を遂げる社会において生き残っていかなければならないと決意を新たにしている。株主の皆さんに対する適切な利益還元として連結配当性向を40~50%をと基本とし、さらなる成長を志向する」と強調した。

会場の様子をいつものようにスケッチした。ご婦人の姿も散見された。今回から手土産はなし。お土産がないと株主総会への出席者数が激減する会社もあるそうだ。株主として企業が安定収益を上げ、配当金が増え、株価が上がれば文句は言えまい。玄関先に会社が用意した最寄り駅までの乗り合いバスに乗り、静かに家路に向かった。(了)

首が左に曲がりません

2018-06-27 11:16:25 | 診断即治療と虹彩学
この「診断即治療」は、 FC2ブログ にも転載しています。



頭蓋JAAでの治療



「首が左に曲がりません」と訴える方がいました。
脈診や脊椎診をすると、「肝」に異変がありました。
しかし、先に首が動くようにしてあげたほうがいいと考えたので、
「とりあえず、首が曲がるようにしてから根本的なところの治療をしましょうか」と言い、頭蓋JAAで頭部に鍼をしました。

そして、
「はい。動かしてみて。痛みは楽になっているはずです」と言うと、首を動かし、
「あ、はい。楽になりました」と言ってくれました。
「そうでしよう!」と言いながら、臓腑の治療に入ることにしました。

こういう症状で患者さんが来られたら、臓腑の治療でも治るのですが、先に痛みのあるところを治療しておいたほうが、パフォーマンスとしていいと考えるからです。
しかし、それだけで治療を終わると、再発させてしまいます。
根本的な治療がなされていないからです。

では、「根本的な治療とは何か?」と言いますと、私は「症状を起こしている原因となる器官」と考えています。
つまり、この方の場合は、最初の診断で「肝」と診ましたので、根本的な原因は「肝」と考えるわけです。

症状の現れた筋肉や骨格などは、対症療法的な治療に使う場合に考えます。
たとえば、胸鎖乳突筋、斜角筋、棘上筋、僧帽筋、脊柱起立筋、大胸筋、等々などを原因と考えて鍼灸治療をするとなると、「凝りのあるところに鍼をする」という、鍼灸学校1年生のような治療しかできません。
ですから、そのような治療をすると、すぐに再発してしまうわけです。

それは何故かというと、症状の現れた部位が原因ではないからです。
たとえば、「首が何年も痛い!」と訴えてくる患者さんの多くは、首に原因があるのではなく、上部胸椎や腎に原因があります。
「何年もむち打ちが治らない」と訴えて来る患者さんの多くに、そのような徴候があります。
つまり、根本的な原因の治療がなされてないということです。

頭蓋JAAは、即効的な治療ができるので、よく使いますが、それだけで終わると再発させてしまうので、経絡治療等を加えていくわけです。
常に「奥にある原因」を追いかけているわけです。
おそらく今後は、さらにそのような治療法が大切になってくるはずです。

何故かというと、今は「脳治療の時代」に入っていると考えるからです。
脳は、全ての中枢ですので、脳を整えることが抹消を整えることになるからです。
しかし、脳を整えるためには、臓腑から整えたほうが整えやすいようです。

たとえば「脳疲労」の問題では、脳血管に軽い炎症が起こっていると考えられますので、その脳の炎症を治めるには、腸から整えたほうが早いからです。
いわゆる、脳(頭部)に熱があるということは、「気が上に昇っている」という考え方をしますので、その昇った気を下げる治療をするわけです。

米国務省、イラン原油輸入停止圧力でNY原油バレル70ドル突破、一方、ワールドカップ、ロシア大会の経済効果1.7兆円とロシアテレビ(学校で教えてくれない経済学)

2018-06-27 10:28:36 | 経済学
イラン原油輸入を11月4日までに停止するよう米国務省高官が同盟国に呼び掛けたあと26日のNY原油(WTI)がバレル70ドルを突破した。一方、米最高裁は26日、5-4でトランプ大統領による不法移民規制の大統領権限支持を決めた。マティス米国防長官が27日、中国を訪問、朝鮮半島および南シナ海問題で協議すると発表した。上記一連のニュースをワシントンポスト紙、NYタイムズ紙、WSJ紙、ブルームバーグ電子版が26日それぞれトップで伝えた。ブルームバーグ電子版は米中貿易摩擦懸念して中国上海株価が年初来20%値下がり人民元相場も4年来の安値を更新していると伝えた。

26日付のNYタイムズ電子版は米オートバイメーカー、HarleyDavidosonは26日、EUが31%の報復関税発表を受けて米国生産の一部を海外に移転すると発表した。トランプ大統領はツィターに「ハーリーダビドソンは白旗を掲げた。懲罰関税を検討する」と非難したと伝えた。26日NYダウはエネルギー株高がリ-ドしたが貿易摩擦懸念から上値が抑えられ30ドル高、24,283ドルで取引を終えた。NY外為はドル買戻しから1ドル=110.06円、1ユーロ=128.22ドルで取引された。NY原油は、米国政府のイラン原油輸入停止要請に米原油在庫減の報道が重なりバレル70.53ドルへ急騰した。NY金はオンス1,259.90ドルへ続落した。

27日朝放送のNHK/BS「ワールドニュース」でシンガポールCNAは「マティス米国防長官が27日中国訪問、朝鮮半島の非核化、南シナ海問題で中国と意見交換すると見られる。米国の国防長官の中国訪問は2年ぶりである。」と伝え、マティス国防長官は「中国側の話を聞く良い機会になる」と語る様子を紹介していた。27日放送の中国CCTVは「マティス米国分長官が中国を訪問する。陸外務省報道官は米中国交回復40周年に当たる年の訪問は意味がある。世界のナンバーワンとナンバーツー両国が対話を通じて相互の理解を深めることは極めて重要なことだ」と述べた。」と伝えた。中国CCTVは「李克強首相は仏フリップ首相と会談、自由貿易の重要性を確認した。」と伝えた。

27日放送の豪ABCは「米トムソン財団は26日、インドが世界のなかで女性にとって一番危険な国であると発表した。アメリカは10位だった。」と伝えた。27日朝放送のインドNDTVは「インドが世界の中で一番危険な国になりました。レイプ、女性差別、人権侵害など複数の項目を上げ、548人の内193人がインドをワースト・ワンに選んだ。こうして紹介している間に今日一日で5件の性暴力が報告されています。」と伝えた。27日朝放送のロシアテレビは「ワールカップロシア大会とお金関係のニュースです。」と前置きして「ATMによるルーブルへの両替では米ドルから73%、ユーロから26%。ヤミレートが横行している。外国人150万人がロシアを訪れた。ロシア人は70万人。チケットのロシアでの販売は1/3だった。一人当たり4,000ドル使った。前回のブラジル大会では2,500~3,000ドルと見られている。8,670億ルーブル(1.7兆円)の経済効果が見込まれている。」と伝えた。(了)

先日の臨床実践塾:頭蓋JAA-2018での診断と治療

2018-06-26 11:35:32 | 診断即治療と虹彩学
この「診断即治療」は、 FC2ブログ にも転載しています。



爪擦診と頭蓋JAAの実技練習



6月24日の臨床実践塾では、第二部を私が担当しました。
タイトルは、「頭蓋JAA(頭皮鍼)と検査法」にしました。
「頭皮鍼での診断法」というは、YNSAの首鍼とか腹診というのもありますが、その診断法ができる域に達するには、相当な才覚がなければできないと思われたからです。

しかし、鍼灸師は、脈診や腹診などで指の感覚は鍛えられていますので、その感覚を利用できる診断法であれば、頭皮鍼に使える診断法が組み立てられるはずだ、と何か月か研究してきました。
その中で、爪による擦診(造語・爪擦診:そうさつしん)です。
爪擦診は、YNSAにもありますが、YNSAでは首診を主に行いますので、あまり使われてないようなのです。

私は、その爪擦診を治療日には毎日使ってきました。
その結果、「物忘れ」や「手足の異変」を爪擦診で感じ取ることができるようになったのです。
ですから、「爪擦診を発見した」のではなく、「訓練」したわけです。
そして、爪擦診と「七星論による腹診」を併用することで、新たな診断法ができたのです。

先日の臨床実践塾では、その方法を具体的に解説し、実技でやってもらったのですが、参加者の皆さんからは満足したような感想を聞くことができました。
「こういうことができるんですね」
「これは使えますね」
……等々。

そして実技に入ったのですが、実技はさらに面白かった。
最初に、七星論による腹部七星を押圧し、関連する頭蓋JAAでの頭皮反射区を爪で押圧すると、腹部にあった反応が軽くなるのです。
爪だけでこうですから、鍼を使うともっとはっきりと効果がわかるわけです。

もちろん鍼も使いましたが、参加者の皆さんが、爪擦診にまだ慣れてないこともあって、今一つ効果を実感できてない方もいました。
そこで、私が皆さんの実技を見て回りながら、爪擦診の仕方や、鍼の角度などを教えていったわけです。

すると、その効果を感じた人は、口を丸く尖らせて、「おおー!」というような表情を見せていました。

それはそうなるはずです。
私が何か月もかけて爪擦診と、自分の頭へ刺鍼をしながら頭皮鍼の研究をしてきたのですから、私から言わせると、「そうなって当然」なのです。
でなければ、この何か月かは無駄なことをしたことになるからです。
その中で見つけたのが、「物忘れ」の診断と治療だったわけです。

実践塾でもモデルになってくれる方に出てもらい、実技をしたのですが、爪擦診をしながら、
「この方は左脳型のようですので、理系ですね、とか、計算力や分析能力が優れているようです。しかし、芸術的分野は弱いようです」などと説明をしたら、モデルになった方も納得した顔をしていました。

こんな実技は初めて行いますので、参加者の皆さんも多少「ドキッ!」とした様子でした。
その「ドキッ!」としたのが良かったと思います。
その後、2人一組になって、実技の練習をしてもらったのですが、皆さん一生懸命に練習をしていました。

「物忘れ」の診断は、これまで「虹彩分析」で行っていましたが、これからは、この爪擦診で行うことができます。
何が違うかと言うと、虹彩分析はカメラが必要です。
現在はスマホのカメラがだいぶ良くなりましたので、スマホのカメラでも、ある程度分析できるようになったのですが、自分の体の一部を触られて出て反応のほうが、やはりインパクトがあるようです。

しかし、「画像診断」というのは、目に訴えますので、長期記憶に残ります。
さらに「虹彩分析」は、爪擦診で得た結果を確認するのにも必要な技術になると思います。
ですから、7月の臨床実践塾は、「虹彩分析」を行う予定です。
ただ、虹彩カメラを会場まで運ぶのは大変なので、7月は新城治療院で実践塾行ないます。

爪擦診で調べて、虹彩分析で裏付けをする。
おもしろそうですよね~ぇ!
ただ、7月も、「講義ビデオ撮影」が目的になり、基本的にはスタッフ講習になりますので、「案内ハガキ」も限られた方だけにしか出しません。
ですから、講習に参加したい方は、早めにお申し込みください。

ムニューシン米財務長官、米ハイテク企業への投資規制を発表のあとNYダウ、一時500ドル近く下落、一方、EU,中国ハイレベル協議で自由貿易確認(学校で教えてくれない経済学)

2018-06-26 09:17:32 | 経済学
米中貿易摩擦を懸念して週開け25日のNY市場では、欧州株安の流れを受けてNYダウは一時500ドル近く下げたがあと割安株買戻しから328ドル安、24,252ドルで取引を終えた。米国が中国のハイテク企業投資規制強化に乗り出したことを懸念してハイテク銘柄の下げが目立ったと25日付ブルームバーグ電子版は伝えた。NY外為では小動き。ドル、円共に買われる流れで、ドルの対円相場の値動きは少ない。 1ドル=109.73円、1ユーロ=128.42円で取引された。このところのユーロ安、欧州株安の背景にはEU議会が難民政策で混乱さらにドイツ政局がCDU/CSU同盟内部で難民政策をめぐり亀裂が鮮明となっている。米国によるEU製品への関税引き上げが重なり欧州株が25日、2%以上下げた。盤石だったメルケル政権の足元が今年に入り激しく揺らいでいる。一方、NY原油(WTI)はバレル68.08ドル、NY金はオンス1,268.90ドルと共に小幅に下げた。OPEC合意の中身が依然あいまいなことがこの日の原油売りを誘ったと26日ブルームバーグ電子版で伝えた。

26日朝放送のNHK/BS「ワールドニュース」で韓国KBSは「ムニューシン米財務長官が25日、米ハイテク企業への投資規制を今週中に発表する。対象国は中国に限らないと語った。米中貿易摩擦が世界規模に広がる懸念が出てきた」と伝えた。一方、26日朝放送のシンガポールCNAは「25日、EUと中国のハイレベル協議がブリュセルで開かれ、米国の保護主義に反対、中国とEUは国際貿易ルールで意見を共有することを確認した。」と伝えた。
26日朝放送の中国CCTVは「第20回EU中国ハイレベル協議を開催し、国際ルール順守 でWTOに協力していくことを確認した」と伝えた。26日朝放送のフランスF2は「フリップ仏首相が北京で習主席と会談、フランスと中国との貿易拡大を推進することを確認した。中国政府は禁止していた仏産牛肉輸入を再開する。中国の牛肉需要は年間800万トンへ急増している。昨年12%増加した。今回3万トン仏産牛肉輸入が成約された。」と伝えた。

26日放送のドイツZDFは「ドイツCDU/CSU同盟の亀裂が難民問題の扱いをめぐり真っ向対立している。CSUのバイエルン州首相は寛大なドイツの難民移民政策を激しく非難した。メルケル連立内閣での内相CSU党首への大きな圧力となる」と伝えたあと「トルコ大統領、議会選挙でエルドアン氏が52%の支持を得て大統領に選ばれた。与党も過半数の議席をを確保した。エルドアン大統領の権力は司法始め全てに及ぶ。エルドアンの検量集中が5年間保証された。今回、クルド系政党が10%以上の議席を確保したことは明るいニュースかもしれない。」と伝えた。フランスF2は「エルドアン氏が24日に大統領に選ばれた。トルコはNATO加盟国であるが最近ロシアからF400戦闘機を購入した。ロシアとトルコ領内での天然ガスパイプライン敷設に同意した。イランとの独自の政策も展開している。」と伝えた。香港TVBはエルドアン大統領当選について「8,100万人口のトルコをエルドアンが独裁する。有権者の52.5%に支持された。エルドアン与党校正発展党支持率は42.5%だった。今後司法への影響力が注目される。下げていたトルコの株価は反発した」と伝えた。
一方、韓国KBSは「南北の軍同士の通信が早期復帰に向けて動き始めた。」と伝えた。(了)