prisoner's BLOG

見た映画のメモと、ツイッターのスクラップで出来ています。

「Bigger Stronger Faster」

2009年10月15日 | 映画
Bigger Stronger Faster [DVD] [Import]

Magnolia

このアイテムの詳細を見る

アメリカのスポーツ選手のステロイド漬けに始まり、「男らしさ」を示すのになんでああ筋肉モリモリでなくては気がすまないのか、というアメリカ人の意識構造の分析に至る。
要するに題名通りより大きく、より強く、より早くという資本主義の成功神話、成長神話の産物というわけで、このあたりは近年の日本も同じことが言える。それであれほどステロイドが流行ってるわけではないのは、まあ日本人の体格ではそれほど効果が目に見えないから、というだけだろう。

この映画で取り上げられている妻子を殺して自殺するというショッキングな事件を起こしたクリス・ベノワ以外にも、ずいぶんプロレスラーで心筋梗塞で40代、50代で亡くなった人は多い。心臓も筋肉だからステロイドで不必要に厚くなると酸素が行き渡らなくなるらしい。
シュワルツェネッガーも心臓の壁を削る手術というのを受けたはずだし。それでステロイド禍を見てみぬふりっていうのはね。

男性モデルを使った広告写真を撮っているカメラマンが、筋肉をつけるマシンの「使用前」「使用後」を一日で撮れるといって実際にやってみせる。ポーズや表情それから画像修整ソフトでいくらでも細工できるわけ。まったく「バカみたいだ」。

ここでは取り上げられなかったけれど、女性モデルがやたらガリガリだったり、むやみと巨乳がもてはやされたり、というのも似た病理からだろう(日本に巨乳が流行るようになったのはアメリカからの輸入という説あり)。

先日見た「レクイエム・フォー・ドリーム」ではいわゆる麻薬ではなく医者が処方したやせ薬の中毒でボロボロになる初老の女性が出てきたけれど、過ぎた薬の濫用は薬の種類に関わらず大きな害毒になる。
あと「医者が処方した」から安全ってものじゃないね。マイケル・ジャクソンにせよ、ヒース・レジャーにせよ、医者が出した薬で亡くなったはず。


本ホームページ
コメント