prisoner's BLOG

見た映画のメモと、ツイッターのスクラップで出来ています。

「ジャスティス・リーグ」

2017年12月08日 | 映画
有名無名含めてこれだけ大勢のキャラクターを集めて描き分け(しかも知らないキャラクターが二人も加わった)、それぞれの「格」に合わせてバランスをとって見せ場を配分してまとめてみせた。
一番有名なスーパーマンがほとんど欠席状態なのをむしろ生かしてその分描きこんだ感。
いまどきCGにはいちいち感心しないけれど、大衆芝居的な作り方の腕には感心。

「スーパーマンvsバットマン」がおそろしく長くて往生したのとはがらり変わってきびきびした運びで実質二時間足らずに交通整理してみせた。
並んでみると、バットマンには超能力がないのが目立つ。

この手のCGだらけの映画としては意外なことに、撮影は35mmフィルムで行われた(映画『ジャスティス・リーグ』の自然派のルック、及びVFXやCG制作を支えたコダックの35mmフィルム)。
またやはり意外だったのは、大勢の人物が出ている大作にも関わらず、シネマスコープサイズ(縦横比1:2.35)ではなくアメリカン・ビスタ(1:1.85)だったこと。
(☆☆☆★★)

ジャスティス・リーグ 公式ホームページ

ジャスティス・リーグ|映画情報のぴあ映画生活

映画『ジャスティス・リーグ』 - シネマトゥデイ



本ホームページ

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 12月7日(木)のつぶやき その2 | トップ | 12月8日(金)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
フィルム (kossy)
2017-12-08 17:45:29
コダックのサイトを覗いてみました。
すごいこだわりがあったのですね。
ちょっと見方が変わりました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事