prisoner's BLOG

見た映画のメモと、ツイッターのスクラップで出来ています。

「バトルシップ」

2012年04月30日 | 映画
戦艦ミズーリが出てくるのにびっくり。ここの甲板で日本が連合国に降伏した調印式が行われたわけで、その67年後日本の海上自衛隊と米海軍が協力してエイリアンと戦うのですからね。
これだけアメリカは日本を手なづけたと見るべきか、かつての敵がエイリアンに対しては一心同体の味方になったと見るべきか。本音と建前。

浅野忠信がかなりいい役をもらっていて、出だしの動きから英語のセリフから(日本映画で見るように)いともすらすらやっているように見える。
四分の一はアメリカ人というのも買われたのかな。
しかしジェリー・ルイスの出演作をよく見ているという設定は、ありえなくはないまでも考えにくい。ルイスは1950年代から60年代前半にかけてが全盛期の人ですよ。生まれるずっと前の映画に詳しい軍人(あ、自衛官か)というのは、日本では相当にレアでしょう。
原作は知らないけれど、アメリカ人という設定を日本人にまわしたのかと想像する。

敵艦船の巨大感の出し方はお見事。周囲の波や水滴との対照と、動きと音響効果と、こういうバカでかいものの表現はアメリカ映画は好きだし巧い。
切り裂きボールも迫力あり。

だけど、エイリアンが必ず人間型というのはどうしても想像力不足に思える。宇宙のかなたに知的生命体がいるとして人間と同じとはどうも思えなくて、ソラリスの海みたいにぜんぜん別のものではないかと思うし、あるいはそうあってほしい。

いや、敵をばんばんやっつける快感が映画の実質的な眼目なわけで、そうなると人間型の方が都合がいいのはわかりますよ。
これはゲームが原作なのだけれど、今アメリカで憎まれている宗教や国や人種に属する人たちを悪役にする危ないゲームって本当にあるのではないかな。

偉いさんが集まっているところで指揮しているのはSecretary of Defense。防衛大臣にあたり、大統領が指揮するところはなかったのではなかったのかしらん。
ちらっとオバマがニュース・フィルムで出てきます。なぜ架空の大統領を設定しなかったのだろう。
(☆☆☆★)

人気ブログランキングへ


本ホームページ


バトルシップ - goo 映画

【Amazon.co.jp限定】バトルシップ Blu-ray & DVD スチールブック仕様(デジタルコピー付)(完全数量限定)
クリエーター情報なし
ジェネオン・ユニバーサル
コメント   トラックバック (2)

4月29日(日)のつぶやき

2012年04月30日 | 映画
09:21 from ブクログ(booklog.jp)
【本棚登録】『変な給食』幕内 秀夫 booklog.jp/item/1/4893087…

09:28 from gooBlog production
「ジャーロ」 goo.gl/ztYNh

10:11 RT from web  [ 8769 RT ]
フォロワーのみなさん、お願いがあります。できれば、みなさんのフォロワーにリツートしていただければ幸いです。大阪市は、学童保育所へ補助金が2013年度より廃止される案を提案しています。補助金が廃止されると、大阪市にある106ヶ所の学童保育所は運営できません。
ぽんさんのツイート

10:39 from livedoor Blog
コピペ日記 : 第一容疑者 第2話「連鎖 後編」 blog.livedoor.jp/katikujin/arch…

16:30 from Twitter for iPhone
昼には咲いていた花が… pic.twitter.com/4pgcahW7

16:58 from Twitter for iPhone
4時間後にはみんな散ってました。桜そこのけ。 pic.twitter.com/IZbm5PN4

20:50 RT from Twitter for iPhone  [ 2876 RT ]
地震で慌てるとこうなる twitpic.com/9f5bod
ブレンディ@ツイ減頑張るさんのツイート

by yapoono6 on Twitter
コメント

「ジャーロ」

2012年04月29日 | 映画
ダリオ・アルジェント監督・脚本といったらどれだけトンデモなのかを期待することになる。で、やはり相当ムチャクチャでした。エンドタイトルが出たとき、なんだこりゃと思いましたぞ。
美女をいたぶって殺す変態趣味がもちろん眼目で、今回は注射を多用します。
もっとも「ゾンゲリア」みたいに目玉そのものに注射するまでいかないのはむしろ不思議。

連続殺人に変人刑事エイドリアン・ブロディの過去の記憶が絡んでくるのだけれど、その過去の事件に居合わせた先輩警官が知っていて見逃すのだが、あれを見逃す警官はいないだろう。

「映画作ってなかったら人を殺している」とか殺人鬼の手の演技は自身がやっているのを「私が一番うまいからだ」とかアルジェント先生うそぶいておりますが、その割に今回の殺人鬼そのものはショボいですな。
むさいオヤジなもので黄疸(ジャーロ=黄色)起しているのは飲みすぎじゃないかとからかいたくなる。(実は仕掛けがあるのだが、凝りすぎてわかりにくい)

冒頭しばらくの会話がずっと日本語なので、吹き替え版かとしばらく戸惑った。
日本で先生人気あるから(文句言いながらこうして見ているものね)サービスしているのかな。
(☆☆★★)

人気ブログランキングへ


本ホームページ


言霊大戦

ジャーロ - goo 映画

ジャーロ [DVD]
監督・脚本ダリオ・アルジェント
Happinet
コメント

4月28日(土)のつぶやき

2012年04月29日 | 映画
00:26 from Twitter for iPhone
あしたのジョーをCMに使うのはコーラとか生命保険とか、ふさわしくないのばっか。

09:10 from gooBlog production
名探偵モンク シーズン7 #3「モンクは宇宙人?」 goo.gl/z6xps

09:27 from livedoor Blog
コピペ日記 : 「GANTZ」 blog.livedoor.jp/katikujin/arch…

09:30 from livedoor Blog
コピペ日記 : 「GANTZ:PERFECT ANSWER」 blog.livedoor.jp/katikujin/arch…

11:18 from ブクログ(booklog.jp)
【本棚登録】『ジャズ来るべきもの(+2)』 booklog.jp/item/1/B0010OH…

11:26 from web
オーネット・コールマンなう。どこが難しいんだろう。

15:06 from Twitter for iPhone
プリンターのヘッドが壊れたのでスキャナとして使おうとしたら、インクがありませんとスキャナまで動かない。そんなにインクを買わせたいか。

15:10 from Twitter for iPhone
左右対称の新築の分譲住宅が近くにできたので冷やかしてきたが、ほとんど同じ作りでも場所の違いで100万違うそうな。

by yapoono6 on Twitter
コメント

名探偵モンク シーズン7 #3「モンクは宇宙人?」

2012年04月28日 | 海外ドラマ
#3「モンクは宇宙人?」
Mr. Monk and the UFO
脚本 マイケル・アンジェリ Michael Angeli
演出 ケヴィン・フックス Kevin Hooks

※ ナタリーの里帰りに同行したモンクは、帰り道で車が故障してしまいネバダ州の小さな田舎町に足止めされる。そこでモンクは夜空にUFOを発見。翌日には、ナタリーやホテルの従業員も一緒にUFOに遭遇し、撮影した映像をインターネットで公開したため、町にはUFOマニアたちが殺到してしまう。

モンクの変人ぶりが宇宙人扱いされる話。UFOマニアたちの方がよっぽど変だと思うのだが。
ただ、本物のUFOマニアの変さ加減はもっとすごいぞ(多田文明による「UFOのつどい」レポート)。

自動車修理工を頭脳労働者ではない(つまりバカと言ったとも受け取れる)と言って怒らせあくまで正確に言っただけと通すあたり、ちょっとモリエールの「人間ぎらい」のアンセルトみたい。

IMDb Mr. Monk and the UFO
コメント

4月27日(金)のつぶやき

2012年04月28日 | 映画
09:11 from ブクログ(booklog.jp) 【本棚登録】『その「正義」があぶない。』小田嶋隆 booklog.jp/item/1/4822248…09:12 from ブクログ(booklog.jp) 【本棚登録】『地雷を踏む勇気 ~人生のとるにたらない警句 (生きる技術!叢書)』小田嶋 隆 booklog.jp/item/1/4774148…09:24 from gooBlog production 「ガリバー旅行記」 goo.gl/ZXfx410:20 from web ほぼ人力、だそうです。 pic.twitter.com/u6tX6eCR11:00 from livedoor Blog コピペ日記 : CSI 9 #2~#6 lb.to/IVtZz122:56 from Twitter for iPhone 不謹慎承知でいうけど、児童を集団で登下校させるから車が突っ込んだ時に被害が大きくなるってことないかな。23:19 from Twitter for iPhone  [ 2 RT ]#dig954 法というのは国家に悪い奴を取り締まってもらうためにあるというより、国家が勝手に取り締まれないように枠をはめるものでもあるわけでしょう。23:24 from Twitter for iPhone #dig954 仁義なき戦いで、ヤクザが取り締まりがうるさくなったから政治結社に衣替えするってセリフありましたね。事実でしょ。by yapoono6 on Twitter

註・#dig954はTBSラジオのdigで、暴力団対策法の問題点を取り上げたのに応じてツイートしたもの。
コメント

「ガリバー旅行記」

2012年04月27日 | 映画
おなじみといっていいガリバー旅行記ですが、主演にいささか柄の悪いジャック・ブラックを据えて現代化してのが新機軸。

竜巻に巻かれて異次元みたいなところにとんでしまうのは「オズの魔法使い」かな。

タイトルバック、焦点深度を極端に浅くしてコマ落としにするティルト・シフト撮影でニューヨークの街をミニチュアのように見せているのがおもしろいけれど、リリパット(小人国)に来ると、ふつうの合成になってしまいます。

あれだけ体の大きさが違うと声の高低などずいぶん違うと思うのですけれど、そのあたりも無視しています。
「シラノ・ド・ベルジュラック」ばりにガリバーが人の恋路の黒子役をつとめるシーンがあるけれど、ああ体がでかくて黒子になるのかな。

リリパットだとガリバーが相対的に無敵の巨人になるのを、悪役がパワー・ローダーを操ってガリバーをこてんぱんにのしてしまい、巨人国に追放されてまた戻ってくるのだけれど、巨人国の住人でも連れてきて(つまりリリパットの住人にとっては大巨人になる)パワー・ローダーを踏み潰すのかと思ったらそういうわけでもありません。

設定が微妙にオタクとか出世できない男に対する差別感があるのがひっかかる。
原作が俗世に対する批判精神で書かれたのは、いくら現代風に変えたようでも残るものです。
(☆☆☆)

人気ブログランキングへ


本ホームページ


言霊大戦

ガリバー旅行記 - goo 映画

ガリバー旅行記 [DVD]
クリエーター情報なし
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
コメント

4月26日(木)のつぶやき

2012年04月27日 | 映画
05:21 from ブクログ(booklog.jp)
【本棚登録】『別冊映画秘宝 衝撃の世界映画事件史 (洋泉社MOOK)』洋泉社 booklog.jp/item/1/4862488…

05:33 from livedoor Blog
コピペ日記 : パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 lb.to/ISl9C8

06:48 from Tweet Button
伝説の政見放送 東郷健氏が死去 nikkansports.com/general/news/f… @nikkansportscomさんから ラジオで三大ケンさんというのを聞いていて、高倉健、松平健ときて、渡辺謙かなと思ったら東郷健だときてびっくりした。

06:58 from gooBlog production
「パーフェクト・ゲッタウェイ」 goo.gl/pnD1N

09:25 from Tweet Button
CCCの「オンデマンドDVD」が好調に推移 - goo 映画 movie.goo.ne.jp/contents/news/… @gooeigaさんから 人気のタイトルは「いちご白書」「暁の七人」「激走!5000キロ」など、とのこと。へー。

10:00 from web
小沢裁判、なんとなく有罪になりそうな気が。

10:04 from web
無罪だそうです。まあ、証拠とか手続きがああ手落ちだらけではね。順当なところだと思うけれど、裁判所と検察は司法権力という点では大きく見ればお仲間ですから、とにかく味方するんじゃないかとひやひやしてた。

10:06 from web
だからっていって、別に小沢が無罪になったのを喜ぶ気にはならない。検察のメンツ丸潰れだなとは思うけれど、ちゃんと体質改善に結び付けられるのかどうか。

10:17 from web
読売なんか小沢を叩きに叩いていたけれど、これからどうするつもりでしょ。週刊朝日は、よっしゃあ状態かな。

10:25 from web
しかし検察側が控訴して、またごたごたが続くなんてことになるんじゃないだろうな。

16:11 from web
ビヨンセ出産、だけどイーストウッド監督の「スター誕生」が仕切り直しってことになりますかね。

by yapoono6 on Twitter
コメント

「パーフェクト・ゲッタウェイ」

2012年04月26日 | 映画
ミラ・ジョボヴィッチらのカップル二組が新婚旅行中思いがけない危機に遭遇して、というスリラーなのだけれど、途中からのひねりは相当思い切ったものにせよ、どの程度フェアに成立するのかな、とも思った。
謎解きを緻密にじっくりわからせるより「CSI」式のフラッシュバックの勢いで見せてしまうようなところがあるのです。

ハワイのカウアイ島は原生林が生い茂って「LOST」のロケ地にもなっていたけれど、海や洞窟などを生かして明るい陽光の下のサスペンスを出している。
(☆☆☆★)

人気ブログランキングへ


本ホームページ


言霊大戦

パーフェクト・ゲッタウェイ - goo 映画

パーフェクト・ゲッタウェイ [DVD]
主演 ミラ・ジョヴォヴィッチ
東宝
コメント

4月25日(水)のつぶやき

2012年04月26日 | 映画
05:33 from livedoor Blog コピペ日記 : プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂 lb.to/ICRQUH09:19 from web 「橋本政権」なんて表現をツイッター上で見かけて、橋本龍太郎政権のことかと思ったら現大阪市長が政権をとったとしたらという仮定の話でした(下と書くべきなのを本にしたわけね)。しかし、橋本首相とか小渕首相を今になって評価する声も聞くのだが、どんなものなのでしょう。あんまり悪口ばかり聞かされるので、かえって本当にそんなにひどい一方なのか疑いたくなる。09:22 from web 森首相が就任してすぐガン告知を受けてどうするか悩んだ話なんて、今聞くとかなりイメージが変ります。11:56 from Twit Delay 「栄光への5000キロ」耐久レースと浅丘ルリ子とエマニュエル・リヴァのレーサーの愛人二人の危険を顧みない男たちへの愚痴大会の長々しさ比べ。日本がカーレースに参加できるようになる前の話を撤退した現在見る、祭の前を祭のあとに見るような妙な感じ。14:38 from ブクログ(booklog.jp) 【本棚登録】『風狂に生きる』三國 連太郎 booklog.jp/item/1/4000028…22:30 RT from web  [ 1483 RT ]若松孝二監督よりの提言:文化庁は映画製作に助成金を出す必要はない、製作に金を出してもろくな映画はできやしない。それより苦労しているミニシアターに助成金を出すべきだ。映画をいくら作ったってかける劇場がなければ始まらない! 拡散希望!!(若松プロダクションさんのツイート22:31 RT from web (Re: @curibow [ 25 RT ]@curibow @bug_6 自主映画や若い監督のデビュー作など興行的に成功が保障されない映画は、シネコンなどの大手の映画館さんで上映されることはほとんどありません。ミニシアターがなくなるとそういった映画が日の目を見ることもなくなってしまいます。それを監督は心配しています。(若松プロダクションさんのツイートby yapoono6 on Twitter
コメント

「エクスペリメント」

2012年04月25日 | 映画
ドイツ映画「esエス」のアメリカ版リメーク、というか「es」の元になったのは米スタンフォード大学で行われたいわゆる”「スタンフォード監獄実験」なので、先祖返りみたいなところもある。

囚人役と看守役に振り分けられた被験者たちが驚くべき早さでそれぞれの役割に適応し、実際の刑務所さながらの虐待や威圧、暴行などが現出したという悪名高い実験なのだが、ここでは実験者の姿がほとんど完全にカットされているので、実験した研究者の方でもうろたえる人間性の闇(なんて言葉はどうも安いが)が現れる感じは薄い。

エイドリアン・ブロディ扮する男がそれまでどんな境遇にいたか描きこんでいる序盤はいささか冗長。いきなり実験に入るのが「つかみ」というものだろうし、他のキャラクターが描きこんでいない分、かえってキャラクター描写がとってつけたようになる。

初めから実験者が計算づくで行ったにしては、そういうデータをとっている形跡もないし、エイドリアン・ブロディやフォレスト・ウィテカー出演者が有名な分、お芝居っぽく見える。
監督は「プリズン・ブレイク」のポール・シェアリング。閉じ込められる話が好きなのですかね。余談だけれど、「プリズン・ブレイク」は元は映画用の企画だったのが通らなくてテレビで成功したのだという。
(☆☆☆)

人気ブログランキングへ


本ホームページ


エクスペリメント - goo 映画
コメント

4月24日(火)のつぶやき

2012年04月25日 | 映画
07:05 from ブクログ(booklog.jp)
【本棚登録】『ユリイカ2009年5月号 特集=クリント・イーストウッド』蓮實 重彦 booklog.jp/item/1/4791701…

08:45 from gooBlog production
「ジョン・カーター」 blog.goo.ne.jp/macgoohan/e/d6…

10:31 from ブクログ(booklog.jp)
とは関係ないが、映画「裁かるるジャンヌ」を見に行くシーンがあるけれど、多分作者はこの映画見ていないでしょ...『縮図 改版 (岩波文庫 緑 22-2)』徳田 秋声 ☆4 bit.ly/HXvBbb

13:36 from Twitter for iPhone
気が早い。 pic.twitter.com/aL3M1fwz

16:15 from livedoor Blog
コピペ日記 : 酔いがさめたら、うちに帰ろう。 blog.livedoor.jp/katikujin/arch…

21:05 from Twitter for iPhone
プリンターが壊れた。二年半。短い。

by yapoono6 on Twitter
コメント

「ジョン・カーター」

2012年04月24日 | 映画
今では火星を舞台にするというのはかなりムリがあるけれど、元の時代設定が南北戦争当時なので、昔のイメージとしての火星と受け取ればいいのだろう。

ノースター映画に近いけれど、3億ドル以上とかいうとんでもない製作費がかけられていて大赤字になりそうとか。幸い、そういう余計なこと知らないで見ていた。

何らかの乗り物で地球を飛び出すのではなく。地球にいたまま火星に幽体離脱で移動して活躍する。スウェーデンボルグをヒントにしたらしいけれど、リアルな突っ込みを巧みにかわす設定。
故郷が地球ではなく火星になってしまうのが、続編作り向け。これでできなかったらちょっと
悪役が滅びないで終わるあたりも「スター・ウォーズ」第一作風。

コスチュームから役者の体格からフランク・フラゼッタ調。筋肉のつき方もCGで作ったという噂。シュワルツェネッガー主演の「コナン・ザ・グレート」からフラゼッタ調はひとつの定番なのですが。
(☆☆☆★)

人気ブログランキングへ


本ホームページ


言霊大戦

ジョン・カーター - goo 映画

ジョン・カーター DVD+ブルーレイセット [Blu-ray]
クリエーター情報なし
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
コメント   トラックバック (1)

4月23日(月)のつぶやき

2012年04月24日 | 映画
05:21 from livedoor Blog
コピペ日記 : 「卒業白書」 lb.to/I6VY27

09:11 from gooBlog production
「アーティスト」犬が大活躍します。 goo.gl/gk9pi

09:38 from ブクログ(booklog.jp)
【本棚登録】『またまたインドへ馬鹿がやって来た』山松 ゆうきち booklog.jp/item/1/4537258…

19:14 from Twitter for iPhone
孵化に成功したトキって、中国から連れてきたトキの子孫じゃないの?

19:17 from Twitter for iPhone
ストーカー殺人で警察が慰安旅行していたのがけしからんという伝え方だけれど、旅行している間も受け付けられるようにするのが筋じゃないかなあ。今の叩き方だと休んじゃいけないみたいだ。

by yapoono6 on Twitter
コメント

「アーティスト」

2012年04月23日 | 映画
サイレント映画のスタイル、正確にいうと後から音をつけたサウンド版をあえて現在で祖述した作りだが、サイレントからトーキーに移る頃、声や発音が悪くて人気を失ったスターを描くのにはトーキーでないと声や発音のよしあしがわかららず、なんだか中途半端に思えた。
セリフはない代わり、ところどころ微妙に効果音がついてくる。どういう狙いなのか。
悲劇として描くなら「サンセット大通り」、喜劇として描くなら「雨に歌えば」になる。

何度となく映画化されている「スター誕生」(イーストウッドも撮りかけたが主演のビヨンセが妊娠したので延期=中止?になった)のパターンを踏襲しているけれど、これは基本的に悲劇なのだけれどなあ。

どういうわけか山場でヒッチコックの「めまい」のバーナード・ハーマン作曲による音楽が流れる。エンドタイトルではちゃんとコピーライトを示すべくLOVE SCENEと曲名も出てくる。だけど、なんでこの曲使ったのだろう。好きだから?

拳銃のアップで銃口がカメラの方を向いたり(「白い恐怖」)、人々がせせら笑っている(ように見える)口元のアップなど微妙にヒッチコック調が入ってきます。

スタンダード・サイズ(縦横比が1:1.33)なのだが、映画館が対応できないで横ががら空き。ワイドテレビで昔の映画を見ているようで落ち着かない。

床にフィルム缶をぶちまけてマッチで火をつけるのは気になった。それだと放火つまり犯罪になるし(あとで責任問われないのか?)、映画愛がモチーフであろう映画でいかにやけになったとはいえ自分でフィルムに火をつけるのはひっかかる。床にぶちまけた映写機の熱で火がつく(つまり事故)というのがふつうの展開だろう。
(☆☆☆★)

人気ブログランキングへ


本ホームページ


アーティスト - goo 映画

アーティスト コレクターズ・エディション [Blu-ray]
クリエーター情報なし
ポニーキャニオン
コメント   トラックバック (2)