ざっくばらんなさんぽみち

お茶農家としての生活、プライベート、趣味(?)のバイクやカメラをおりまぜた、とってもざっくばらんなブログであります。

炭づくりをしました。

2017年12月26日 06時46分43秒 | 野良(畑)しごと
こんにちは!
なるべく近くにあるもので利用できるものは利用して、継続可能な農業を目指していますkeemonです。
今回は、梅の木の剪定クズをモキ製作所の無煙炭化器を用いて、炭にしていきます。
このブログ読者ならご存じのJAFの御厄介になりながら運んだ梅の木の剪定クズです。2本の梅の木を強剪定しただけでかなりの量あります。
従来、農家さんは剪定クズとかは自分の山にうっちゃってきたり、最近では焼却施設に持ち込んだりします。

いかにして健康な土が出来るか?そう考えた時、参考にしたのが日本の焼き畑農業です。教科書で昔読んだアフリカなどで砂漠化を助長する使い捨て焼き畑農地ではなく、日本の山間地で伝統的に行われている焼き畑。
確か、焼き畑をして1年目は蕎麦、2年目はカブなどと数年だけ作り、また木々生い茂る森へと20年以上かけて戻すようです。そしてまた焼くという、無理のないサイクルをつないで行くというものです。

焼き畑をすると。雑草の種が焼ける。病害虫が死滅する。草木の炭や灰が養分となる。などが考えられると思います。
やっぱり炭とか灰は良いのかなと思います。

そんなことから、なるべく剪定クズなどを炭や灰にして茶畑にと肥料に混ぜて撒いてみようと思い、少しずつやっています。


↑旺盛に燃えます。無煙炭化器(なんのことはないステンレスの輪っか)がなければ穴を掘って焼かないといけないので大変です。



↑燃えては、足しての繰り返しで炭がたまります。水をしっかりかけて消火します。今回は無煙炭化器2杯分。


↑炭は腐らないらしい。燃料にはむかない炭ですが、土壌改良の用途などには良いと思います。微生物の住みかになったり。通気性のある土にしたり。砕土機で砕いて、堆積してあるボカシ肥料に混ぜます。


やれることは微々たることですし。効果が約束されているわけではありませんが、続けていこうと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さながら要塞・・・今ごろ敵を知る。

2017年12月16日 23時50分00秒 | 野良(畑)しごと
こんにちは!
ここのところ寒さを一段階低く感じますね!
少し前に、ミカン畑でアシナガバチに刺されたと書きましたがアシナガバチに似たスズメバチでした。
暖かくハチがいつまでもいましたが、ようやく巣を確認出来ました。


↑さながら要塞のようです。彼らには敵わないですね。ただ、注意する以外。
こういうことがあるので、寒くなるまで不用意に知らないところを刈り拓くのは危険ですな!

【蛇足】


↑先日のブリ。ブリうまかったです。トロはたまらない。赤身の部分にブリ虫というミミズみたいな寄生虫がいました。ので、注意しながら。日本海のブリはブリ虫もいないのでしょうか?氷見ブリなら10キロ以上で8万以上かな?太平洋側のブリだと安いだろうけど。まだ、カマとか頭とか残ってます。一番旨いところ。
魚の捌きの際、ヒレを切るのに無理せずハサミなども使いながらキレイに丁寧にできるようになりたいと思います。頭、内臓、ヒレをとってこれからは寝かせようと思います。
釣るにも、魚を上手くいなして獲りたいと思います。
正月はサワラにヒラメが家にあれば最高ですね(^^)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アウトオヤジ 続編(゜ロ゜; アシナガバチに襲われる!!

2017年11月10日 21時31分30秒 | 野良(畑)しごと
こんにちは!
ついにやってしまった。
やつらを怒らせてしまった!刺されました(*_*)なんて物騒なんでしょう。
本当にアホな自分に笑えます。

ミカン畑の草をかき分けて刈っているとイヤな音がアシナガバチのみなさん。とっさに後ろに寝転び、耳に毒針がかすった程度でかわすことができた。
そこで止めればいいものの、とりあえず巣の在りかを調べようと鎌をかけた瞬間、またアシナガバチのみなさん。
マンガに描いたような状態。
正直、何発も刺されるだろうと感じた。
無我夢中で逃げ、ハチを追っ払おうと帽子やら手ぬぐいやらで、払いつづけた。パニックでした。
見てる人がいたとしたら楽しい光景でしょう。
刺された部位は、モモとコメカミ。よく聞くアナフィラキシーショックは心配ですが。
落ち着いた時に、ハチに刺されたところより痛い部分あることに気づきました。左手の小指付近を持っていた鎌で切ってしまいました。
少し傷が深いので病院にいこうかと思いましたが、縫うほどてもないですし、消毒して様子を見ることにします。
幸いに、アナフィラキシーショックは大丈夫そうです。



明日11日はJAハイナン榛原本店にて農協祭です。今年は1日のみの開催。僕たち青壮年部は焼き芋とお茶の販売を行います。お近くのかたは新聞の折り込み広告の農協祭福引き券を持参して、是非おいでください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミカンは美味しいなぁ!

2017年11月08日 12時15分00秒 | 野良(畑)しごと
こんにちは!
最近は、お茶の作業は刈りならしという作業を終えました。バリカンのハサミをかけると。キレイに整い、一段落です。

そして、思いつきでありますが、ミカンの栽培を始めさせてもらおうかと思っています。とはいっても、ウチにはミカン畑はありませんので・・・近所の方のミカン畑をお借りしてとなります。耕作放棄地という言葉があまり好きではありませんが、いわゆるそれになります。
それまで手塩にかけた畑を後継者や自分の体の都合で諦めたくなくても手を入れられない畑であることもあります。
放棄って言葉がほっぽりなげたようで嫌いです。
そこまで大きい畑ではないですが、今は3メーター以上にもなるくっつく草などが茂ってますが、実をつけている木もありますが、枯れている木もあります。とりあえず、今生きている木を生かして、枯れたところはのちのち、植え替えたりしたいと思います。
このハイナン地域はミカンも美味しくできます。
甘味と酸がバランスよく、食べた感があり、もうひとつ食べたくなる美味しさを持ったミカンです。お茶の行商の際にシーズンは持って行きますが、とても喜ばれます。
自分の手で作ったミカンを持っていけたら良いなぁと思います。


↑草が茂り枯れている木もあります。


↑そんな中でも実をつけている木もあります。


↑なにもしなくても美味しい実がなっています。味はよいので販売しようかな?
作ってきた方曰く、『地が合うから、美味しいミカンがなるよ!』とのこと。
ミカンは気候、土や水はけなどで味が決まるようです。


↑ハンマーナイフや草刈り機を使うかもしれませんが、まずは鎌を使って切り開いていきます(^-^)/

今後とも応援をよろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ご報告&深耕するべぇ(^_^;)

2017年08月31日 13時15分00秒 | 野良(畑)しごと
どうも。2日前にようやく産まれました(^^)というか産みました。予定日より少し早いかな(・・;)・・・結婚もしとらんのにコイツなに言うてんの(-_-)と思われてしまいますね(汗)このブログ読者諸君はお分かりいただけると思いますが。ニワトリが卵を産みはじめました。
4月5日だったと思いますが、生まれて2日ほどのヒヨコを飼い始めたところからはじまります。ホシノブラックというニワトリを7羽飼っています。
久しぶりにヒヨコを飼いはじめました。


↑ちょうど食べても美味しい頃合いですかね。体もしっかりしてきました。どの子も似てて見分けがつかない。鶏屋さんの努力で品種としてムラが少なく無くなったのだろうか?


↑初めの小ぶりの1個。一昨日、土の上に転がっていました。昨日食べました。


↑ちょっとご飯が多かったかな。美味しい。


↑幼なじみのY君のお土産。こりぁ、どんな卵でも美味しくいただける卵かけ用の醤油ですね。
自家養鶏の卵はなにもかけなくても美味しいはずですが、たまには使いたい。

まだ、次に産まれる卵はいつになるかな?安定的に産まれるようになると最大1日7個の卵が採れる予定です。




『深耕するべぇ!』

↑深耕機。このての機械は軽いタイプと重い機械があります。
うちのは軽いタイプですが、充分重い。


↑フォーク状の鍬で30センチほどの深さを耕します。



↑後進して作業します。


↑茶畑で茶の木と茶の木の間の畝間は唯一、人が手を入れられる土の部分です。そこには茶の木の手のような養分を求める細かい根も張ります。
深耕の狙いは、畝間の土を耕し刈り落としや敷き草などの有機物をすきこんだり、根を切ることで茶樹に刺激を与えたり、etc・・・土作りです。
鉢物などでみると土がくたびれたり、根がパンパンになったりすると思いますが、たまに土を換えたりすると思いますが、そんなイメージです。



↓最近のテーマソングです。おらが畑に手ぇ出したらコロスって過激だ(・・;)






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

身体中がいと痛し(>.<)

2017年07月20日 21時08分02秒 | 野良(畑)しごと
こんにちは!
最近、数日、合間合間に土手の梅の木を剪定しました。実付きが悪いうえに採れない木なので低くしようかと(*_*)茶畑の防霜ファンの電線にも枝がかかって来てるので。


↑山ぎわの茶畑の上に木の枝がかかると、生育不良などなりますので、コサ切りには使えそうなハヤウチを手に入れました。高枝切りばさみなどはテレビショッピングのイメージでどうなんだろう?と思っていたんですが、ロングセラーのメーカーの品は違いますね。


↑6.3メートルは頼りになります。全部伸ばすとさすがにツラいです。


↑ザクザク切れます。目立てもできるらしい。



↑高回転2スト最高!気分はジェイソン?今まであまり使ってないんですが、そろそろ使いたいお年頃(^_^;)チェーンソーも使ってみました。古い機械です。

その他、ノコギリなどで枝を切りましたが。
すごい量の剪定した枝が・・・それらを鉈で刻みました。
のちに無煙炭化器で炭にして、土作りに役立てる予定です。
鉈で衝撃を受けながら刻んだため、身体は疲弊しました。上半身の節々が痛いっ。
少しタフになれたかなと思います(笑)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

裾刈りという作業

2017年06月10日 08時06分00秒 | 野良(畑)しごと
こんにちは!
少し前の作業は裾刈りです。
一番茶の後は、茶の木の列の間が茂ります。それを刈り落として行きます。
本当にお茶が良かった時代は、畝間を刈り落とす幅すらもったいないと思ったり。広くしすぎると土の乾燥を気にしたりしました。
今は、作業しやすく歩きやすいようにやや広めにしています。
近所の方に譲っていただいた裾刈り機はかなり刈り落としの幅が利きますので助かります。


↑どこが畝間(茶の木の列の間)かわからない状態。


↑裾刈り機を用いて。


↑こう立てて使いやす。


↑これで歩きやすいようになりました。



【蛇足】


↑今年は家の裏の紫陽花がキレイに咲いています。


↑夏は体力勝負。イノシシのようなラブライバーの正直さんにいただいたジャガイモ(小さいのは皮付きのままで)とイノシシ肉のカレー。おかげで元気いっぱい\(^-^)/


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日・明後日はお茶の行商に。&タマネギを植えてみました。

2016年11月14日 10時47分29秒 | 野良(畑)しごと
こんにちは。明日(15日)明後日(16日)はお茶の行商に東京埼玉方面に出掛けます。月1ペースで、お得意様のお宅を車で回り、お茶をお届けします。よろしくお願いします。


さて、秋も深まる(暦の上では冬?)の今日この頃。タマネギやニンニクなどは植え時ですね。
タマネギは貯蔵でき、よく使う野菜ですし。ニンニクも貯蔵でき、買えば高いですし。植えて育てれば、かなり良いですね。

今植えて採れるのは、6月前後と、栽培期間が長いので春先には草に埋もれるなどの心配があります。草とりを絶えずすればいいのですが、春先はお茶農家の仕事が忙しくなってきますので、ほったらかしにしてしまうこともしばしば。今回は、黒マルチという防草、保温、保湿をできる資材を使い栽培してみます。


↑牧之原市内海側の砂地で栽培されてのかな。苗も新鮮なものがいいですね。ネオアースという品種で6月に収穫すると翌年3月まで吊るして貯蔵できるようです。ただ最後の追肥時期と、このネオアースに関しては収穫のタイミングが貯蔵性を短くする特徴があるようです。タマネギは、収穫時期になると葉が倒れてくるのですが、ネオアースはその前後数日くらいのタイミングに収穫しないと、本来の貯蔵性は発揮できないので注意が必要みたいです。気をつけないといけんですね。


↑タマネギをマルチを張って定植しました。萎びていますが、水をあげると起きてきます。
タマネギなどを植える間隔は15cm間隔で近いですが、タマネギはタマネギ同士助け合うようです。かといって近すぎると、ペコロスなどのように小さなタマネギになるので難しいですがマルチにはすでに15cm間隔で穴が開いていますので楽ちんです。
300本植えましたので、美味しいタマネギがたくさん採れるといいのですけど。

では、また。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やじろべえ

2015年06月27日 23時23分43秒 | 野良(畑)しごと
こんにちは。
しばらく前の作業ですが・・・茶畑においては3年に1度、人間の作業のしやすさと茶の木の樹勢のために“台切り”という作業があります。深さ的には“中切り”というのが正しいと思うのですが・・・。枝葉をザックリと刈り落とし、新しい葉をつけさせるというもので、春の一番茶後に行います。2人で持つバリカンを用いた中切り機は重く、枝を刈る振動と相まって作業者にハードな仕事となります。茶農家にとって1番目か2番目に大変な作業かもしれません。

『台切りしんどいっす。』と泣き言ばかりいって、大変なほうをオヤジにやらせている僕を見かねて、先輩農家の加藤さんが『やじろべえ貸してやるわ!』と申し出てくれました。
ドランゴンボール世代には懐かしいせんずをくれる“やじろべえ”。と・・・、それではなく茶刈り機の補助具のことだそうです。


↑やじろべえ 『オッス!オラ、悟空。』のそれではなく、(株)ナガノという牧之原市の会社製造のアルミ製の中切り機の補助器具です。アルミというのはめちゃ軽くていいですね。


↑こんなかんじに取り付けます。


↑エンジンの重さは車輪にかかり、振動も軽減するので・・・とても助かります。楽なほうをもちろんやるのは僕です(笑)。なんだかコツがいるようでやじろべえの側はラクなのにオヤジはやりたがりません。こんなラクなのに。


↑茶農家にとってもっとも頑丈なバリカン。作業中、誤って触れれば・・・指がポロリもあります。危ないですね。農作業だけでなく世間の工場など怪我することはあってはなりませんので、休憩などをしながら作業しましょう。


↑これくらいまで刈り落として終了です。

こういったエンジンなどの動力に頼らず、作業がラクになるのってすごく素敵だと思います。試行錯誤があってのことだと思います。ほんとに小規模茶農家の救世主です。
もっと早く知ってれば、よかったです。
お茶農家のみなさんいかがでしょうか?

【オマケ】 ガーベラの長持ちのさせ方
農家仲間の大塚農園さんよりガーベラの長持ちのさせ方を教えていただきましたので載せたいと思います。
大事なのは毎日の手入れだそうです。


↑水は水道水で良いけど、切り口が浸かる程度でよい。写真では少し多すぎるくらいかもしれません。吸うのは切り口からですから多く入れる必要もないんですね。1日か2日に1度、水に浸かった部分くらいを切ってやると腐りにくいそうです。それをこまめにしてあげると、時期によってはひと月は持つようです。夏ではなにもしなければ数日で腐りますが、これをやると2週間以上は持ちますよ。


↑ガーベラ、かわいらしくていいですね。



【お知らせ】
6月29日(月)、30日(火)は東京埼玉方面にお茶の行商に出掛けます。
ので、どうぞよろしくお願いします(^^)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

草刈です。

2014年12月23日 15時09分25秒 | 野良(畑)しごと
どうも、草刈です。と、いいたいぐらい父は、草刈りをしています。
僕も、そんな草刈りが結構好きでしてね。草刈りは、クセになります。
茶草場農法という農法がありまして。茶園に隣接する草刈り場の草を茶園に敷くことでいろんなメリットがあります。本来ススキ等が茂ることによって生えづらい、背丈のない草や様々な生き物が生きる豊かな生態系がある草刈り場となり、敷き草をし土づくりをした茶園より採れるお茶は美味しいという農法です。リンスインのメリットみたいなものですね。茶草場農法は昨年、世界農業遺産に認定されましたのでより頑張りたいと思っています。
とはいっても、茶畑に隣接する草刈り場は当園にはあまりないですので、川の土手の草刈りをすることが多く、草刈りをした川の土手はきれいになります。

最近は、父が、『○○ちゃんち、茶畑のとこのススキいらんていうで、おまえ刈れや!』ということで、喜んで刈りに行きました。1人で刈り、束ねることを考えると、やはり草刈りは手刈りに限ります。



↑ここの草を刈ります。


↑僕は、硬い草は叩いて切るので、両刃の中厚鎌が好みです。使ってからは研いで、また使います。


↑草刈りをしていると、あっというまに木のように育つ木があります。そういうのは、この登り鎌で。


↑この鉈も頼れる1本。普通の鉈よりも刈り払い作業しやすい形状。薪作りなどにも使えるので一生モノ。


草刈りは達成感があります。そして、やっぱり体動かすのは気持ちいいですね!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加