ざっくばらんなさんぽみち

お茶農家としての生活、プライベート、趣味(?)のバイクやカメラをおりまぜた、とってもざっくばらんなブログであります。

雨の夜道でスッポンポン遭遇・・・不審者(;゚Д゚)??

2018年06月18日 11時47分50秒 | いきもの
どうも。
今朝、大阪で大きな地震がありました。大きな被害がないと良いといいのですが。



さて、先日深夜1時にお茶師のバイトを終え、車に乗り、家路をたどりました。

うむ・・・アスファルトで舗装された濡れた道に苦手なシルエット発見。バスの効いた声で鳴くウシガエルらしきシルエットがヘッドライトに映し出されました。苦手といっても触れないわけではないですが・・・あんまり好きでない。カエルは、お店では食べたことはありますが、自分で食べようとはまだ思いませんで。ドライブスルーしました。

さらに、家に近づき、僕の地域の商店が並ぶ勝間田銀座(?)を抜けて進むと、またしてもある生きもののシルエットが映し出されました。

絶対美味しいヤツ!

たまに、道でひかれて死んでいるのを見てはいましたが、道でうずくまっているの見つけたのは初めてでした。
そういえば、小学生の時にこの辺りの溝でも捕まえましたっけ。


急いで、車に積んだクーラーボックスに入れて、持ち帰りました。

すこし小さいですね。




↑噛まれたら雷がなるまで離さないといわれますが、一度噛まれてみたい気もしますが、やめておいた方がいいでしょうね(>_<)


↑首も長いんで持つとこも気をつけないと噛まれますよね。


↑フェイスブックの記事で、翻訳するとスタローンがカメを飼っているらしいことを知りました。下ネタかと思いましたが。2匹の44才のカメを飼っている?意外ですよね。※追記:ロッキーに出演した亀なんですね。
亀って長生きしますね。記事自体は開いてないんで記事は知りませんが、僕もカメ(すっぽん)を飼おうかと思いましたが(あくまで大きくなかったら食べる(^o^;))、毎日ミミズを掘ったりエサの確保が大変ですしね(>_<)
なので、川へ逃がしました。

あのまま道にうずくまっていたら、車にひかれて、死んでいましたね。・・・すっぽんの恩返し希望です(^^)

ところで玉手箱ってなんでくれたんでしょうね?

梅雨らしい天気が続きそうですね(~_~)
コメント

かわいそうだけれど。

2017年09月23日 07時24分00秒 | いきもの
こんにちは!

先日のことです。

父『こんぼー3つ掛かったもんで・・・』

どうやら、猟師さんから父が見回りを任されている畑近くのハコワナに、イノシシの子供が掛かったみたい。
それを猟師さんに知らせると、猟師さんが仕留めてくれる。というわけです。

ちょろっと様子を見に行きました。


↑子供のイノシシだけ。なかなかメス親は掛からないようです。メス親は子供が掛かるのを見て、ワナだと分かるイノシシになるようです。

実は、掛かったイノシシを見るのは初めて(・・;)

帰ろうとするとちょうど猟師さんがやってきました。

猟犬の教育というのか、イノシシと向かわせて興味を持たせたりしたあと、散弾銃で仕留めていきます。
パンっという音と共に一瞬にして、それまで動いていたものがパタリと動かなくなります。
猟銃を撃つところも初めて見ました。

ワナから引きずり出して、市役所の職員さんがやってくるのを現場で待ちます。

普段は父が猟師さんとやりとりしているのでじっくり話したことはなかったんですが、いろいろと聞きました。

ワナを仕掛けると毎日見て回る必要があり、この地域を対応するのは自分たち猟師と協力者数人では厳しいということです。猟師さんも農業の傍らのイノシシ駆除です。

イノシシが人の住む里山に来たのには原因があると思うのですが、畑などは自分たちで守らないと、茶畑もイモ畑も田んぼなども荒らされしまいます。
イノシシ新興地は、こういった数を減らす努力をしないと、ものすごく増えます。

ワナを当番で見回る地域もあるみたいで、そういうものも考えなきゃいけないですね。任せきりにはできません。

今回は埋めて土に還すということでしたが、イノシシは時期や個体によってすごく美味しいのもいいですね。

とりあえず、ワナの狩猟免許取ろうと思いました。と書けば今度こそ有言実行できるかな(^_^;)
コメント

ホタルの光

2017年06月19日 16時18分55秒 | いきもの
こんばんは!
昨日は久しぶりの雨でした。雨量としてはなかったですね。梅雨らしい天気が欲しいです。
ホタルも泣いております。


↑ホーホーホタル コイッ♪コッチノミズハウ-マイゾ♪
ホタルをようやく見に行きました。
昔はある程度、川や田んぼに見られましたが、今は一部の限られたところにしかいません。きれいな沢や、里山の人が管理する田んぼの周りの水路が棲みかなのですが作業効率などか悪いため生産管理がなされなくなりました。
雨がないのもホタルには辛いですね。
なんかしみじみ命を繋ぐため(?)地球や自然に負荷をかけてるのは人間だけなんだなぁ・・・どの生き物も地球が壊れるでもしないかき"りどれだけでも地球に暮らせるけど、人間はあれもこれも使いまくりますね。
便利さなどが先走る現代ですが、なるべく、地球に迷惑かけないようしたい。と思います。次世代に残したいですね。


"EVISBEATS feat. Itto【MV】蛍 (ほたる)" を YouTube で見る
コメント

モテキ来ました(^_^;)

2017年05月27日 06時55分00秒 | いきもの
どうも。
このところ天気が悪くて少し憂鬱したが今日は晴れました(^^)



前の記事でハートマークのカメムシが
飛んできた話をしましたか、やはりモテキの到来を知らせるものでした❗


↑ニワトリガールズが群がります。これってモテキ(^_^;)?


↑膝に乗ってみたり・・・


↑腕に乗ってみたり・・・

頭にまで乗ってきます(~_~)

ヒヨコから育てると、よくなつきますね・・・というより、やはり・・・エサを欲しいからでしょうね(~_~;)

鳩より大きいかなというより位のニワトリガールズ。育ち盛りなのだ。

ニワトリは草などもよく食べる。


↑ひよこ草とも呼んでるハコベとかクセがなさそうで人間も豆苗感覚でいけそうな気がします。


↑最近裏で大きめなハコベが増殖中。手に持ったのが通常のハコベ。在来の種類かな??


↑何ごともバランスは大事。サラダも食べてね!

ニワトリガールズを見つめる目が


↑吠えない、噛まない黒柴のコハルさんだ(^_^;)大人しいですが、そのものを食べ物と認識したら追っかけます。ニワトリ小屋からてたらニワトリガールズは獲物です。本能ですね!


↑普段はのんびりした犬なんですが、ニワトリの匂いがたまらないでしょうね(..)

そしてもう1人ではなくもう1羽、落ち着かない方が、近くのニワトリ小屋に若いガールズが入ったもんで気が気じゃない雄鶏。

↑島田地鶏♂。10年以上生きてるかも。おじいさんニワトリかな。赤がキレイで、テラテラしています(^^)

ニワトリガールズはヒヨコから5ヶ月くらいで卵を産みはじめ、途中羽根の生え替わりで産まない期間をはさんで3年くらいで産卵が落ちてきます。そのあたりで肉としていただくことをしないと、継続的にニワトリは飼えません。
通常、採卵鶏は日光の当たらない小屋でゲージに入り、卵を産むだけの生活ですが。僕のニワトリガールズにはのびのびと暮らして欲しいと思います。


では、また!
コメント

アウトドア派ニワトリ

2017年04月28日 01時03分59秒 | いきもの
どうも。いよいよ明日から始まりますが、お茶がね>゜)))彡ドキドキします。
数日前に頭をボウズにして気合いを入れてみましたが、さほど意味はありませんでした(~_~;)まぁ、髪の毛を乾かす時間すら寝る時間にしたい季節です。


↑スルガワセという品種。

話は変わり・・・
数日前、 室内飼いのヒヨコたちは外に出しました。
4月の5日に来て3週間ほど。羽も生え変わり寒さに耐えられるかなといった具合。
狭いプラの育鄒箱がわりの衣装ケースから網のなか言えど、広い外の世界。日の光を浴び、はしゃぎまわっています。
誰が教えるわけもなく、土を体に浴びたり、虫を食べたりしています。



↑水を飲む図。




↑日本に、日を浴びるニワトリなんて、何%いるかな?

ヒヨコの今からあれですが、数年後、卵を産まなくなったらニワトリを食べなければ鶏飼いはできない。

とりあえずは9月が産卵予定です。



おっさん料理編


↑少し前、 暇な時にてきとうに作った固めのドーナツ。持論ですが、こういうドーナツは揚げたてより二日目が美味しいです。
コメント

ホシノブラック 黒いヒヨコ

2017年04月19日 07時18分35秒 | いきもの
どうも。
僕は、ニワトリが好きでして・・・朝、時を刻み、卵を産んでくれる。それがいいんです。

ヒヨコをはじめました。ということで久方ぶりの時を経て、ヒヨコを飼い始めました。今回は、雄鶏のヒヨコはいません。ホシノブラックの雄鶏は非常に気が強く、強烈なキックをしてきますので…今回は雌鶏のヒヨコのみです。7羽です。



↑ヒヨコはかわいい。モフモフした毛は保温などに意味をなさないようで、育雛箱の温度管理をしないと死んでしまいます。



↑ピヨピヨと鳴いていますが、成長するととある日から「コーコーッコ」と鳴くようになります。



↑餌を凄まじい勢いで食べます。


↑成長著しく、だんだんに毛が生え変わります。


↑ヒヨコを分けていただいた、とりっこクラブホシノさんの卵たち。いろんな鶏の卵があり美味しい、


↑卵はいいよな。これだけで美味しい卵かけご飯になるし。いろんな料理に使えますしね。

早く産まないかな・・・卵から産まれてから150日くらいで卵を産むようになる予定。9月ごろかな。

産み始めたら、毎日、卵かけご飯を2個割って食べてもいいなあ。

成長が楽しみです。








コメント

春は忙しく。

2016年03月07日 00時38分32秒 | いきもの
こんにちは!
最近の暖かさは人間にとってはすごしやすいですが、お茶農家的には今後心配ですね。
なにかと忙しい春の始まり。最近はカメラを持つのも少ないのですが、数年前にメジロを撮ったのものを再利用します(^^)
ピコピコと鳴きながら花から花へと飛び回っています。

今年は河津桜の開花も少し早く、今は新葉が吹いて花と葉を付けています。良い季節は足早ですね。沈丁花やハクモクレンと続きます。香りが良い花もまた良いですね。










コメント

ニワトリ特集

2014年03月28日 07時25分56秒 | いきもの
こんにちは。
僕の飼っているニワトリは三つの小屋に、♂3羽、♀1羽です。キツネにたくさん食べられてしまいました。今では老鶏となり、たまに卵を産むのですが、自家養鶏の平飼いのニワトリの産む卵はとても美味しいです。
そろそろ、ヒヨコでも飼って・・・庭先養鶏を再開させたい気持ちがあります。5羽も飼えば、卵は買わずに済みますし、なにより美味しい卵が食べられます。食べ切れなければお裾分けすればいいですし。
コケコッコーと、オスは鳴きますね。ご近所さんに迷惑だなとは思いますが・・・すみません。農村には、ニワトリのトキをつくるという鳴き声は僕が飼わずとも、鳴り響いてもらいたいと思います。
面白いことに、雄鶏の中には、とことん人間に攻撃的なものもいますし、人には攻撃せず雌鶏を躾けるくらいの雄鶏もいます。それが個体によるものなのか、ニワトリの品種種類の性格なのかはわかりません。ニワトリによっては雄鶏は攻撃的なものもいるので注意が必要です。とはいっても、学校や家庭でもニワトリ飼う方少ないですよね。

たまにホームセンターの広告に“ニワトリのエサ20kg”が載っていることがありますが、そんな売れ筋なのか・・・案外ニワトリ飼っている人いるんですかね。

今回は、ニワトリの写真です。大抵の人は、これでしばらくニワトリは見なくても済むと思います。


↑島田地鶏という島田の鶏屋さんが作ったニワトリ♀♂。普通は♀も白ではなく茶色。放し飼いにむく品種のようです。














↑それにしてもテラテラとしてて鮮やかで綺麗です。

ニワトリ特集でした。
次回は記事は、農業青年クラブ 男の料理教室の予定です。

見てくださりありがとうございました。

コメント

キジを仲間に・・・鬼退治に行くんで!

2013年07月18日 07時55分21秒 | いきもの
最近、犬を拾っただの・・・キジを拾っただの・・・言っておりますが、鬼退治に行くことになるんですかね・・・ということは、僕は桃太郎?でも、サルはさすがに落ちてないよね??だもんで、僕はサル兼桃太郎でいきます。キビ団子を使わずして仲間を得る♪キジ、犬、サルを引き連れて~♪

川の向こうに鬼がいますからね・・・いい人そうに見えて極悪人です。

まあ、冗談はさて置いて・・・

ヒヨコとミジンコが似ている。と昔から思っています僕です。

畑で草を取っていたら、ピヨピヨと鳴き声が・・・

あたりを見ると、小さな鳥のヒナ。どうも、親とはぐれたようです。猫がたくさんいるところですので、保護しました。


↑かわいらしいキジ(たぶん)の赤ちゃん・・・お尻を向けて、お知り合い。イノシシの子供みたいな模様がありますね。


↑ニワトリのヒヨコに比べると少し小さいかな。
ニワトリのエサを細かくしたものを与えてみましたら、食べるようになったので、日に日に大きくなってくるのではと思います。大きくなったら、野に帰そうと思います。




コメント

犬を拾った話。

2013年07月10日 06時56分07秒 | いきもの
おはようございます。
先日というより少し前・・・犬を拾いました。子犬ではないので、拾うというような感じではなく、中年のポッチャリ犬でした。黒い、たぶん柴犬だと思います。


↑家に来て、ずいぶん元気&まともな体つきになってきました。
目安としては、お腹を手で触ると肋骨がわかるくらいにだんだんにダイエットさせたいと思っています。
そういう僕自身はどうなのかというと・・・丹念に手で探すと肋骨が確認できます(苦笑)
散歩は運動を兼ねて、もっぱら父の仕事です・・・毎日がんばってください(笑)


↑このタイプの犬が僕んちが拾った場所で、もう1匹いて、つかまそうとしたんですがが追いつけませんでした・・・さらに同じ時期に近くで同タイプの別の柴犬が保護されたみたいです。少なくとも近隣で3匹の柴犬。悪質なブリーダーかなにかが捨てたのでしょうか?
おすわり、お手も出来そうにありませんが・・・鳴くこともしないおとなしい犬です。小さい春と書いて“こはる”と名づけようと思います。


↑うちの猫、クッキーも捨て猫でした。子猫で拾いました。今は、もう中年ですけどね。

推測するに・・・箱入り娘のような生活をしていたので、なかなか野良犬のようにはなれない犬だと思います。自然界では、食べるものはそうないと思います。連れきたとき、エサをあげても「お腹が空いても、飼い主以外のエサは食べません!」くらいの忠実さでした。
犬としたら、捨てられたら悲しいですね。








コメント (2)