今日のひとネタ

日常ふと浮かんだことを思いのままに。更新は基本的に毎日。笑っていただければ幸いです。

今日もなかなかの選曲でした>NHKFM「歌謡スクランブル」

2021年09月15日 21時46分50秒 | ラジオ
 昨日までムード歌謡だったのが、今日は「歌謡ポップス集(1)」でした。歌謡ポップスという言葉が一般的なのかどうかは知りませんが、演歌に対するムード歌謡のような位置づけでしょうか。普通の歌謡曲よりはちょっとおしゃれな曲調ということで。とりあえず選曲の路線はわかりました。

 その本日のオンエア曲は以下の通り。

「さよならをもう一度」尾崎紀世彦
「五月のバラ」塚田三喜夫
「誰も知らない」伊東ゆかり
「愛の挽歌」つなき&みどり
「合鍵」しばたはつみ
「北国行きで」朱里エイコ
「運がよければいいことあるさ」堺正章
「美しき狼たち」おぼたけし
「みんな夢の中」高田恭子
「くれないホテル」西田佐知子
「恋をあげよう」永田英二
「気ままなジーナ」松尾ジーナ
「ノックは無用」大信田礼子
「フレンズ」平山三紀
「バラ色の月」布施明
「さすらいの天使」いしだあゆみ
「片想い」中尾ミエ


 物凄く久しぶりに聞いたのがマチャアキの「運がよければいいことあるさ」と、松尾ジーナ「気ままなジーナ」、大信田礼子「ノックは無用」など。

 マチャアキの曲は、当時「ハッチャキ・マチャアキ」というバラエティをやってて、毎週その最後に歌ってたので知ってました。1972年秋からの放送ですが、調べてみたら金曜夜7時半だったのでカックラキンな時間帯だったのですね。うちの田舎は日テレ系がなかったのですが、なぜか水曜と金曜の夜はTBS系の局で日テレの番組をやってました。

 これがどれくらいヒットしたかはわからないのですが、この番組は同級生みんな見てたので、当時の子供にはかなり知られてたと思います。が、ラジオでこれを聞くのは私は初めてかも。もう30年以上平日の運転中にはラジオ聞いてるのですが。そういう意味で珍しい曲です。

 あとは松尾ジーナの曲ってどんなんだっけ?と思ったら、聞いてみてびっくり。知ってました。出だしが「気ままな姿でごめんなさい 窓か~ら~突然ごっめんなっさい」という歌です。何かのCMソングだったでしょうか。1971年の曲らしいですが、この人についてはWikipediaにも項目がないので、シルバー仮面に出てたというくらいしかわからないです。歌声はねっちょり系で、林寛子をちょっと下手にしたような感じ。売れたのかなあ。アレンジはホーンのパンチが効いてて面白いです。生の歌番組ではどうだったのでしょう。

 この番組はホームページに曲名がってそのCD番号も表示されてるので、一体この人の曲はどういうCDに入ってるのかと思ったら、これが「阿久悠を歌った100人~わたしの青い鳥~」というもの。う~む、このCDは知らなかったなあ。

 あとは大信田礼子の「ノックは無用」もラジオで聞いたのは数十年ぶりというか、少なくとも21世紀になってからは初。この人はお色気系の人だったのでしょうか。「実はクレヨンしんちゃんの声優が歌ってる」と言えば、結構騙される人もいるかも。そんな感じの声です。(意見には個人差があります。)

 もちろんその他の歌手の方々も「え、今回はこれ?」というのが多いので、かなり拘りの選曲だと思います。らじるらじるの聴き逃しにありますので、興味を持った方は是非どうぞ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする