ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

七星鍼法は論理的(20): 七星鍼法での歯の治療は凄いです

2021-07-07 10:20:26 | 診断即治療と虹彩学
この「診断即治療」は、 FC2ブログ にも転載しています。



歯への七星配置



最近は「歯痛」で来院する人は少なくなったのですが、以前は結構来られました。
その時は、上のイラストに従って「一穴」で痛みを取って、患者さんが驚く顔を見て喜んでいました。(^_^;)
ただ、虫歯の痛みは、軽くはなっても、虫歯を治さなければ完治はできないのですが、応急処置としては大いに役立つものです。

つい先ごろ、私も上の奥歯が痛み、歯科医へ通っているのですが、歯科医師から状況を聞いて、
「ずいぶん前からおかしかったんだだろうな」と思いました。
というのは、「神経を通る穴が塞がっている」と言われたからです。(^_^;)

そして、よくよく考えてみると、何か月もの間「活性鍼」というのを開発していたからだと考えました。
その理由は、活性鍼の実験では「鎮痛穴」も含めて実験していたからです。

この歯への七星配置は、歯科医も驚くほどの効果があるので、一時期は、歯科医師に頼んで「歯科医師会」で論文を発表してもらおうか、と考えたこともあります。
しかし、歯科学は、アメリカから来ていて、「科学的なエビデンス」がないと認められない、ということがわかり断念しました。
ですから、論文発表をするなら「東洋医学学会」になってしまいます。

まあ、私は鍼灸の臨床家ですので、学術的なことはいいとして、この図を鍼灸斯会でも使ってほしいと考えています。
鍼灸界で一般的に言われる「歯痛の治療」では、真っ先に「合谷」が出てきますが、合谷は効くときと効かない時があります。
それは何故かというと、合谷は「手の陽経大腸経」になっているからです。

つまり、六腑になる大腸の治療点になり、その経絡は、「陽経」なので、表在的に口の周りを纏っていて、どちらかというと表在的な治療に適していると考えたのです。
つまり、表在的な部位への刺激になるので、深部の異変を調整するのは難しいと思われるのです。
ですから、深部へも影響を与える「七星配置」を使ったわけです。

それは、「人体惑星試論の基礎理論」を学んでもらうといいのですが、忙しい人は、とりあえず上のイラストに当て嵌めて、七星鍼法でのツボ「査穴」を使って治療してみてください。
おもしろいように痛みが治まります。

きっと笑ってしまいます。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

NY市場様子見でダウ208ドル安、一方、ナスダック、14,663ポイント最高値保つ、一方、中国配車企業最大手、DiDi社、中国当局の締め付け強化で株価一時25%急落(学校で教えてくれない経済学)

2021-07-07 09:50:45 | 経済学
米独立記念日振替休日明けの6日、NY市場は薄商いの中、S&P500は7連騰のあと4,343,0.20%安、ダウは34,577ドル、208ドル、0.60%安もナスダックは14,663、0.17%高と最高値を維持したと7日、WSJ紙電子版が総括した。一方、中国配車最大手、DiDi急落の余波を受けてアリババが211.60ドル、2.82%値下がりした。WSJ電子版は「中国当局の締め付け強化が直撃して滴滴(DiDi)が急落、一時、25%値下がりした」と伝えた。7日、FT(フイナンシアルタイムズ)電子版はトップで「NY市場に上場したばかりのDiDi株が25%急落、他の中国株への影響が懸念される」と伝えた。6日、ロイター電は「6月米ISMサービス指数が5月の64から60.1へ低下した。特に雇用指数が5月の55.3が49.3へ低下した。経済活動は18業種中16で活発化に伴い人手確保が問題化している」と伝えた。

恐怖指数VIXは16.40、8.83%上昇、米10年債利回りは1.357%へ5.27%低下した。NY外為市場ではドルが売られた。1ドル=110.65円、0.27%安、1ユーロ=130.79円、0.63%安、1英ポンド=152.68円、0.59%安で取引された。NY原油(WTI)はバレル76.98ドルを付けたと反落、73.73ドル、1.90%安、北海ブレント、同74.86ドル、2.98%安と揃って値下がりした。NY金はオンス1,796.90ドル、0.76%高、ビットコインは3万3,911ドルと0.60%値上りした。

7日、ブルームバーグ電子版は中国配車最大手DiDi(滴滴)株急落の背景を詳細報じた。「NY市場に7月2日、公開価格14ドルで上場したDiDi(滴滴)株は7月6日、11.58ドルへ25%急落、時価増額220億ドル(約2兆4,400億円)が吹っ飛んだ。」と伝えた。同紙によれば「中国国家インターネット情報弁公室(CAC)は7月2日、国家安全保障上の理由で同社の調査に着手。同社は中国市場のほぼすべてを支配している。中国国内を中心に5億人規模のユーザーからの機密データを保有している。7月4日、同社のアプリストア運営会社に対して提供アプリのリストから「滴滴」を除外するよう命じた。その結果同社は新規ユーザーが得られなくなる。中国での売り上げに甚大な影響が出てくるがそれ以上に米国の投資家が株価急落で痛手を被る。習主席含め指導部は過去1年間にわたりユーザー保護と共産党の権威に挑戦することになりかねない億万長者を見つけ出すためデータを捜索して来た。党に潜在的脅威になる存在は排除することが狙いと見られる。」と伝えた。

7日朝放送のNHK/BS「ワールドニュース」で豪ABCは「パプアニューギニア島民に豪政府が中国ワクチンを排除していると中国政府が反発している。豪政府は否定しているが、豪中対立がワクチン接種にまで発展してきた。」と伝えた。カタール、アルジャジーラは「ナイル川上流でエチオピアがダム貯水で下流のエジプトが国連提訴した。」と伝えた。ベトナムVTVは「ベトナムで第四波のコロナ感染拡大で22企業、2,000人規模の日本企業で売り上げがコロナ前の30%減少した。宅配に活路を見出そうとしている」と伝えた。(了)

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする