ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

病は上から下、中から外に向かって治っていく。骨格の構造、エネルギーの流れ、活性鍼

2021-07-27 12:01:22 | 診断即治療と虹彩学
この「診断即治療」は、 FC2ブログ にも転載しています。




頭蓋骨、脊椎骨、椎骨の側面と断面



この言葉は、欧米の医師が言った言葉ですが(名前は忘れました)、それは何故かというと、私はエネルギーの流れが関係していると考えています。
理解しやすいように逆のことを考えてみます。

たとえば、脳に炎症や病があったら、体幹や四肢にも症状が出ます。
熱中症などで「力が抜けて動けなくなる」というのもそうです。
いわゆる「脳トラブル」の一種になるわけです。

それは何故かと言うと、昨日のブログで説明したように、頭から入って来た「陽性なエネルギー」は、下降していくので、頭にトラブルがあれば、そのエネルギーもスムーズに流れなくなるからです。

上の左側のイラストを見てください。
骨格は、頭からピューッと下に伸びています。
そして末端(手指足の趾)では、矢印のように尖っています。
矢印のように尖るのは、そこからさらにエネルギーが放出されているのを表わしていると考えます。

神経も骨に沿って走行しますので、頭から末端に向かって走行していて、それを「中枢神経」と呼んでいます。
中枢神経は脳と脊髄からなり、全身から集まって来る情報を処理して指令を発します。
一方、手足や内臓などを中枢神経と結ぶ神経を「抹消神経」と呼んでいて、情報を中枢神経に伝え、体の異変を調整しています。

ですから、頭(脳)に異変が起こると、神経伝導が上手くいかず、手足にも異変が起こるわけです。
そして椎骨を見ますと、後ろに飛び出たのを「棘突起」と言いますが、その棘突起は下に向いています。
つまり、エネルギーが下降したことを現わしているわけです。

そして、横に伸びたのを「横突起」と言うのですが、それは横から少し下側に向いて伸びています。
ですから、これも「陽性のエネルギー」が働いたことを現わしているわけです。

陰陽は常に相対応しているので、陽性な(仮に動物神経)に対しては、「植物神経」という陰性な神経が存在します。
血管についても、陽性な動脈と陰性な静脈があり、手足の末端では、「動静脈吻合」と言われる「動脈と静脈の混合」が見られます。

鍼灸で云う「経絡」についても同じです。
陽経を流れてきた「陽経の経絡」の流れは、末端付近で「陰経の経絡」に変わります。

ですから、プラスアルファ活性鍼でいろいろな症状が整うのは、神経とも考えられるし、経絡とも考えられるのです。
活性鍼は「脳科学」で仮設を立てていく必要があると思いますが、それにはかなり時間がかかると思います。
というのは、経絡だけなら、瞬時に変化が出るはずですが、活性鍼で本質的な部位を治療するときは、ジワーッとしか変化しません。

これは多分、抹消神経で臓腑や経絡が変化して、その情報が中枢に伝えられ、さらにそこから中枢に変化を起させ、それから四肢末端に変化を起こすのに時間がかかっていると考えられます。
そこには、側坐核やドーパミンなどの問題も出てきますので、一朝一夕では仮説すら立てられませんので、とりあえずここでは、骨格の形成エネルギーの問題だけに止めておきます。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

26日、NY市場、ダウ小幅高も過去最高値更新、一方、26日、米国の新規コロナ感染者数は5万1,9399人、死者数、769人と感染拡大の勢い止まらずとNYタイムズ電子版(学校で教えてくれない経済学)

2021-07-27 09:42:44 | 経済学
週明け26日のNY市場はダウ、35,144ドル、82ドル、0.24%高と小幅ながら新高値を更新した。S&P500は4,422、0.24%高、ナスダックは14,840、3ポイント高と先週比横ばいでと引きを終えた。26日、ブルームバーグ電子版は「中国政府による取り締まり強化(Crackdown)は学校の教科過程、学習支援サービス企業に非営業団体への転換を求める発表まで発展した。米国上場中国企業98社構成の株価指数が26日、6.9%下げた。2営業日続落、下げ幅は10年来最大を記録、7,400億ドル(81.4兆円)が吹っ飛んだ」と伝えた。26日ロイター電は「中国関連企業のアリババ、191.76ドル、7.15%安、同最大手のテンセント、490ドル、7.72%安で取引を終えた。」と伝えた。

全般、27,28日開催の米FOMC控え様子見した。26日、FT(フィナンシアルタイムズ)電子版は「ハト派とタカ派が二分している。いつから、どれくらいの幅でテイパリング(徐々な金融引き締め)を始めるのかが現時点では見えていない。」と伝えた。恐怖指数VIXは17.55と2.03%上げた。米10年債利回りは1.295%と0.75%小幅上げた。FOMC待ちのNY外為市場ではドルは小幅に売られた。1ドル=110.37円、1ユーロ=130.29円、1英ポンド=152.54円とまちまち。NY原油はWTIがバレル72.19ドル、北海ブレントが同73.95ドルと小幅高。一方、「ビットコインはアマゾンが仮想通貨ビットコイン参入と伝えられて一時4万519ドルまで上げた。あと参入報道を否定、3万8,322ドルと先週末比18.31%高で取り引きを終えた」と26日、ロイター電は伝えた。

東京オリンピック期間中はNHK/BS「ワールドニュース」は放送は一時停止。26日、WSJ紙電子版は「米国では中古車ブームで供給不足が起こり、値段が急騰している。」と伝えた。
26日、ロイター電子版は「6月の米新規住宅販売件数が67.6万戸と5月の72.4万戸から6.6%減少した。昨年6月の83.9万戸から19.4%減少したと米商務省は26日、発表した。建材費、人件費高騰と家電値がりで業者も価格の高い物件にシフトしている。建築費高騰で建設が始まっていない件数が過去最大規模に増加した。需要急増で針葉樹製材価格は300%値上りしている。」と伝えた。

26日、NYタイムズ電子版は「26日、14日移動平均の米国の1日当たり新型コロナ感染者数は5万1,939件、170%増加、死者数は269件、20%増加。世界の感染者数は5億3,494万件、22%増加、死者数は9,844件、23%増加した。」と伝えた。26日、WP(ワシントンポスト)電子版は「FDA(米連邦疾病予防センター)はフアイザー、モデルナ2社に5~11歳向けのワクチン供給を拡大するよう要請した。」と伝えた。26日、NYタイムズ電子版は「東京オリンピックメダル数は中国計18(金:6,銀:5、銅:7)、米国計14(金:7,銀:3,銅:4)、日本計13(金:8,銀:2,銅:3)と伝えた。26日夜行われた東京五輪、卓球混合ダブルス、対中国戦での水谷・伊藤ペアによる最初の2セット連取されてからの逆転劇に元気をもらった。27日女子ソフトボールの米国戦での日本チームの活躍が期待される。(了)

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする