ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

非常にビックリした皮膚炎:笑うしかなかった(^o^)

2021-07-30 09:57:21 | 診断即治療と虹彩学
この「診断即治療」は、 FC2ブログ にも転載しています。



な、なんだ、これは!



この写真は、患者さんのスマホを、私のスマホで撮影したものです。
そのまま、転送してもらえばよかったのですが、お願いするのも気が引けたからです

この写真を持ってきた方の問診を見ますと、

① 両腕がだるい

② 上腕、前腕も痺れがあるが、右腕が特に痺れている

③ 右前腕の外側に湿疹のようなものができたが痒みはなかった
  ネットで調べてみたが、同じような皮膚炎はなかった

④ 腰椎がシンドイ

⑤ 近所の人が大量の除草剤を撒くので、それから体調が悪い

⑥ 目もかゆいし、鼻も調子悪い

だいたいこんな感じのお話でした。
この写真と問診表を見て、一瞬怯んでしまった。
長い臨床生活の中で、見たことのない皮膚炎だったからです。

そこで、「腰椎がシンドイ」と言うのを目安に、脈を診たら、確かに腎虚の脈は出ていた。
なので、腎虚をメインに治療しました。
昨日、この方の奥さんが来られたので、

「旦那さんの皮膚炎ですが、本やネットで調べても、似たようなのは探せませんでしたねー」と言うと、

「うふっ! 実はあれ、これが原因じゃないの? と毛布の模様を見てもらったら、パッと枕を持って来て、これだな、あははは、と笑うんです。ですから、先生に電話して話したほうがいいんじゃない、と言うと、大丈夫じゃないかな、って言うんです」
と話していました。

それにしても、こんな皮膚炎の方が来たら「どう対処すればいいのか」

大丈夫です。

七星鍼法には、いろんな診断法がありますので、それらを使えば、必ず病因は見つかります。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

米4~6月期GDP,前期比6.5%増を受けてNY株反発、新規コロナ感染者数、米国で6万6,924件と拡大とNYタイムズ、一方、過去20年間で日本の個人収入は増えていない(OECD)と

2021-07-30 09:42:52 | 経済学
佐々木融氏氏(学校で教えてくれない経済学)

4~6月期米GDPが前期比6.5%増加したとの発表に反応、29日、NY市場はダウ、35,084ドル、153ドル、0.44%高、S&P500、4,419,0.42%高、ナスダック、14,778,0.11%高で取引を終えた。29日、WSJ紙電子版は「GDP増加にプラスしてテーパリング(段階的債券購入縮小)懸念が後退したことも相場を支援した」と総括した。パウエル米FRB議長の「米国経済は成長している。」との発言が裏付けられたと投資家は受け止めた。中でも個人消費が11.8%増加した。予想は8.4%増だった。一方、コロナ救済策はなくなる。米貯蓄率は1~3月期20.8%が4~6月期10.9%へ低下した。デルタ株感染が急ピッチで拡大している。直近の米新規失業保険申請件数は減ったが予想より多かった。パウエルFRB議長は「雇用のコロナ以前水準までの回復にはなお時間を要する」と28日、FOMC会合後の記者会見で発言した。個別では慎重な先行き見通しを発表したフェイスブック358.32ドル、4.01%安、決算待ちのアマゾンが3,599.92ドル、0.84%安と先の企業業績を見極めたい空気は強い。

恐怖指数VIXは17.70と3.33%低下した。米10年債利回りは1.260%と0.23%小幅上昇した。NY外為市場ではドルが売られた。1ドル=109.45円、1ユーロ=130.12円、1英ポンド=152.76円で取引された。ユーロ、英ポンドが対ドルで値上りした。NY原油市場でWTIはバレル73.41ドル、1.41%増、北海ブレント、同74.88ドル、横ばいで取引された。金利のつかないNY金は利回り低下で反発、オンス1,827.80ドル、1.54%高で取引を終えた。ビットコインは4万175ドル、0.44%高で取引を終えたと29日、ロイター電子版は伝えた。

29日、NYタイムズは29日、14日移動平均での米新規コロナ感染者数は6万6,924件、146%増、死者数、316件、11%増、世界では感染者数は5億6,847件、20%増、死者数、8,656件、7%増と伝えた。29日、WSJ紙電子版によれば「バイデン米大統領は連邦政府職員全員にいワクチン接種を要請、100ドル支給する」と発表した。デルタ株感染拡大が急激に進んでいる。イスラエル政府はアクチン接種2回でもデルタ株に感染、陽性反応が出た」と伝えた。

NYタイムズは「東京オリンピックのメダル数として1位:米(計:38:金14,銀14、銅10)、2位:中国(計:31、金15,銀15、銅9)、3位:露:計:28(金8,銀11,銅9)、4位:日本;計;25、金15,銀4、銅6」と伝えた。東京オリンピック関連では29日、TBSテレビ放送で「現在東京オリンピックで7万人がボランタリーで参加している。PCR検査を義務付けているが入り口に要請する張り紙、容器は置かれている。窓口に係員は誰もいない。覆面条件でのインタビユーに「取り立てて注意はありません」と答えていた。政府は安心、安全を呼びかける。現場では守られていない。」と指摘していた。日本関連では29日、ロイター電で佐々木融氏、JPモルガン市場調査本部長が「コロナでも外国の物価は上がる。日本は上がらない。OECDデータによると過去20年で主要国の年収は1.5~2倍。日本だけが上昇していない。これは異常だ。これでは日本人の購買力が増えるはずがない。」と書いておられた。(了)

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする