ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

NY市場は様子見、ダウ、104ドル高、ナスダック、横ばい、一方、インドネシアで新規感染者数1日当たり3万4,000人、死者数1,040 人、デルタ株感染でと豪ABC(学校で教えてくれない経済学)

2021-07-08 11:13:35 | 経済学
米FOMC議事録が7日発表された。NY市場では株は様子見。ダウは34,681ドル、104ドル、0.30%高、S&P500、4,358、0.34%高、ハイテク指標のナスダックは1ポイント高、前日比ほぼ横ばいの14,665ポイントとまちまちで取引を終えた。一方、米債券が買われた。米10年債利回りが一時、1.29%まで低下した。「先に発表された6月米雇用統計は全体としては85万増加したがコロナ前復帰には程遠い。失業率は白人、非白人で3%ポイント以上の差がある。米経済全体として見れば回復に時間がかかることを示唆した。さらに変異ウイルスデルタ株による感染者の爆発的増加、特に死者数が多い。それが債券買い、利回り低下の背景と見られる」と7日、WSJ紙電子版は総括した。

恐怖指数VIXは16.20,低下した。米10年債利回りは1.323%へ下落した。NY外為ではドルが売られた。1ドル=110.62円、1ユーロ=130.50円、1英ポンド=152.69円で取引された。ユーロが対ドルで売られた。つれて対円でも下落した。「ドイツ景況感が予想以下に低下、債券が買われ、利回り低下がユーロを下げた」と7日、ロイタ―電子版は書いた。NY原油(WTI)は前日の大幅下げを小幅戻してバレル72.25ドル、北海ブレントは同73.38ドルで取引された。7日、WSJ紙電子版は「OPECプラスの会合でサウジ減産継続とUAE生産増とスタンスが分かれた。目先原油需要増加し価格堅調は持続する。しかし、世界的なグリーンエネルギ―への流れは止められない。今のうちに石油を増産しUAEのシエアを拡大しておきたい。協調減産「カルテル」の「出口」戦略がある」と書いた。NY金はオンス1,805.30ドルと小幅反発。ビットコインは3万4,129ドルと小幅に下げた。

8日朝放送のNHK/BS「ワールドニュース」で豪ABCは「インドネシアで7日、デルタ株による感染が爆発的に増え、新規の感染者数が3万4,000人を突破した。死者数は1,040人と発表した。酸素不足、ベッド不足で完全に医療崩壊の状態にある。病院が直接メーカーから酸素ボンベを買い始めたため一般は酸素ボンベ不足で酸素を求め長蛇の列ができた。酸素ボンベの値段が一部で3倍で取引されている。デルタ株の感染力は従来型と比べ感染力が5倍高い。子供含め若者の死者が多い。一方、シドニーでの感染者数が増加に転じた。ロックダウン解除の8月中迄延期を決めた。」と伝えた。シンガポールCNAは「インドネシアでデルタ株感染が拡大している。バリ島、ジャワ島が中心に変わりはないが他の十数の島に感染が拡大して来た。一方、韓国で新型コロナ感染拡大がソウル周辺の都市部で急拡大して来た。7日の新規感染者数が1,200人を超えた。20代、30代で感染が拡大している」と伝えた。ロシアテレビは「7日、ロシアでの新規のコロナ感染者数が2万2,962人、死者数725人に達した。悪化に歯止めがかかっていない。PCR検査証明がないと公の建物に出入りできない。検査費用が一件、6,000ルーブル(約1万円)が8,000ルーブル(1万4,000円)に値上がりした。」と伝えた。英BBCは「英国の新規感染者数は3万2,528人、死者数は332人に達した。ジョンソン英首相は「ワクチン2回接種者は3,400万件、国民の65%、7月19日のロックダウン解除予定を変える考えはない」と語った」と伝えた。(了)

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする