ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

七星論の発想は電子の構図から始まりました。

2021-07-13 12:29:59 | 診断即治療と虹彩学
この「診断即治療」は、 FC2ブログ にも転載しています。



電子のイメージイラスト



治療と起業について、

このところ「起業塾」ばかりに参加しています。
きょうも午後1時から夕方5時までのセミナーに参加します。
それは企業塾の集客力を「東洋医学」に活かすことはできないかと考えているからです。

まるで結びつかないように思うかも知れませんが、「芹沢栄一」は『論語と算盤』という名著で、「道徳は大事だが、企業は利益を追求しなければならない」というような内容を語っていました。
つまり、道徳があるから営利もあるのだと説いたのです。

※ 芹沢栄一 実業家・子爵。埼玉県生。幼名は栄二郎、のち栄一、号を青淵。一橋家に仕え、のち幕臣となる。新政府においては大蔵大丞を務める。欧州を巡遊後、実業界の指導的役割を果たし、第一国立銀行をはじめ、我国初の私鉄日本鉄道会社、王子製紙等五百余の会社を設立。昭和6年(1931)歿、92才。

これは頭の固い人には理解しかねるかも知れません。
私も『論語と算盤』という本のタイトルを見た時、「誰や! こいつ!」と思ったものです。(^_^;)
しかし、SBI大学院で起業の勉強をしていたら、「経営って、人間学なんや」と思うようになりました。
そして、大学の講義でも『論語と算盤』の科目も必死になって学びました。

繋がらないように考えていたのが、繋がる。

きょうのタイトルもそうです。
「電子の構図から七星論が始まった」というタイトルに違和感を持った方も多いのではないでしょうか。
でも、このブログで何回も書いてきましたように、電子や分子から考えないと「抽象論」になってしまうと考えたのです。

私は、「古典鍼灸」も好きですが、科学的な理論でのエビデンスも好きなのです。

つまり、「易で理論付け、科学で説明していく」というスタンスです。
「科学は科学、易は易」ではなく、両立なのだと考えているのです。
たとえば、東洋医学の基礎が「易」になるのですが、多くの鍼灸師が話しているのは「現代医学での解剖生理」で、現代医学がなければ証拠そ示すことが出来ません。

ですから私は現代医学も好きだし、大切にします。
「都合のいいところだけ取り入れる」ということは、基本的にしたくないのです。
つまり、
「易で理論立て、科学で解説・立証する」
ことを考えているのです。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

NY市場、米企業決算シーズン入りで好調な業績期待から続伸、新高値更新、一方、「イングランドで7月19日から規制解除、ワクチンの成果」とジョンソン英首相、

2021-07-13 11:36:40 | 経済学
「医療従事者にワクチン義務化を」とマクロン仏大統領(学校で教えてくれない経済学)


週明け12日、NY市場はダウは34,996ドル、126ドル、0.36%高、S&P500、4,384、0.35%高、ナスダック、14,733,0.21%高、3指標揃って小幅続伸、過去最高値を更新した。「4~6月期企業決算発表がシーズンイン、火曜日から始まる業績好調が予想される銀行株が株高をリードした。S&P500種11業種のうち9業種が上昇した。」と12日、WSJ紙電子版が総括した。個別ではゴールドマンサックス、380.50ドル、2.35%高、ダウを57ポイント押し上げた。配信事業好業績が伝えられたウオルトディズニー、184.38ドル、4.15%高、ダウを48押し上げた。ナスダックではテスラ、685.70ドル、4.38%高、ドイツでの電気自動車事業への助成金制度延長が材料視されたと12日、ロイター電子版が伝えた。

恐怖指数VIXは16.17、0.21%上昇、米10年債利回り、1.368%、0.06%下落、NY外為市場ではドルが買い戻された。1ドル=110.31円、1ユーロ=130.88円、1英ポンド=153.20円で取引された。NY商品先物市場ではNY原油(WTI)がバレル74.13ドル、北海ブレント、同75.19ドル、先週末比小幅安で取引を終えた。NY金はオンス1,807.10ドルと動きなし。一方、ビットコインは3万3,017ドルと3.57%値下がりした。

13日朝放送のNHK/BS「ワールドニュース」で英BBCは「12日、記者会見でジョンソン英首相は7月19日からイングランドでのコロナ規制の予定どうりほぼ全て解除すると語った。一方、感染者数は12日、一日当たり3万4,000人を超えた。パンデミック(大流行)は終わっていないと述べ、屋内の混みあった場所でマスク着用を呼び掛けた。今回の規制解除の最大の根拠はワクチン接種が進み、死亡者数が1日当たり10人を割る日が多くなったことが上げられる。」と伝えた。フランスF2は「マクロン仏大統領は12日、テレビ演説で「全ての医療従事者にワクチン接種を義務付ける」と発表した。国民の3分の1はワクチン接種を受けていない。今後高齢者はじめ義務化の対象を拡大していく。協力願いたい。」と述べた。国民の間では接種を受けるか受けないかを決めるのは国民の一人一人の権利であるという根強い考えがフランス国民にある。接種を拒否した場合の罰則をどうするかの問題もある。義務化の対象をどう決めるかも難しい問題だ。強制はノーなら法律で決めていく以外ない。マクロン大統領の演説は自分ではなかなか決められない人の背中を押す効果はあるかもしれない。」と伝えた。

米ABCは「米食品医薬局(FDA)はJ&Jワクチン接種者のうち約100人に免疫系が神経を攻撃するギランバレー症候群が発生する。95人が入院している。そのうち1名が死亡した。FDAは「J&Jワクチンを全米で1,280万人接種した。J&Jワクチン接種とギランバレー症候群発症との因果関係を確認するにはデータ不足である」と述べた。」と伝えた。

豪ABCは「中国がフィピン漁船の操業を妨害している。5年前国際仲裁裁判所は南シナ海占拠は違法と認めたと抗議デモがマニラで行われた。中国は認めていない。」と伝えた。(了)

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする