ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

腰痛(脊柱管狭窄症の前兆)・動悸・耳鳴り:「腎」「心」の関係

2021-07-20 13:04:35 | 診断即治療と虹彩学
この「診断即治療」は、 FC2ブログ にも転載しています。




七星論での相生相剋



西中島に26年ほど住んでいました。
もちろん治療院も西中島でした。
ですから、西中島にはずいぶんお世話になった方々がいます。

先日来られた方も、お世話になった方で、この方には特にお世話になりました。
治療院が手狭になったので、広い所に移転する予定で、銀行に相談したら、
「新しく移転するところの契約書を添付してください」と言う。

「えっ? お金が足りないので契約できないのですが‥‥」と言ったのですが、聞き入れてくれません。
そこで、近所にビルを持っていたこの方に相談しました。

「ちょっと困っているので、ビルを私に貸すということで契約書を書いてくれませんか。しかし、ビルは借りませんよ(^o^)」

事情を聴いた彼は、

「いいですよ」と簡単に返事をしてくれた。

「ほんまにいいのかいな」と思いながら、契約書を書いてもらった。
そのおかげで、64坪のビルに入居することができました。

そんな関係のある方が、先日腰痛で来られたのです。
「どんなん?」と聞くと、

「普段歩くのは何ともないんですが、荷物を持つと腰が痛いんです」と言う。

診ると「腎虚」が出ていましたので、毫鍼、巨鍼、せんかん鍼などを使って治療をしてから、家庭療法や食事療法も指導しておいた。
すると3日ほどしてから、朝の6時ごろ電話が入った。

「まだ痛いねん。なんでやろなー。前までは一発で治っていたのに‥‥」

「ま、老化も考えないといけない歳になって来たということですね。ちょっと脊柱管狭窄症の可能性もあるので、とりあえずMRIでも撮ってきたらどうですか」と言った。
というのは、この方はどちらかと言うと「病院嫌い」なのです。

それでも、病院でMRIを撮ってもらったらしいのですが、
「軟骨が出てきている(脊柱管狭窄症やヘルニアの前兆)」と言われたらしい。
ということでしたので、再度来院してもらった。
症状からしても、「脊柱管狭窄症」の前兆(大腿部の痛みや痺れ)があったので、脊柱管強瀬苦笑の治療法を教えておいた。

それから一週間ほど経っただろうか、再び電話が入った。
「もうほとんど良くなったのですが、先生、腰と耳鳴りも関係あるのですか?」と言う。

「ありますよ。東洋医学では、腎は耳に開竅する、と言うんです」と説明しておいた。
それが上のイラストで、水(腎・膀胱)と火(心・小腸)は対応関係になっていて、腎がおかしくなれば心もおかしくなるし、心がおかしくなれば腎もおかしくなるのです。

「で、何で耳のことを聞くんですか?」と聞いたら、

「実は言ってなかったのですが、3ヶ月ほど前から耳鳴りがしていたんですが、それがほとんど治ったんです」と言う。
遠慮深い人なので、「あっちもこっちも」と言い辛かったのでしょう。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

NYダウ、一時、900ドル以上値下がり、デルタ株感染拡大懸念から株安、米債券利回り低下、NY原油急落、一方、アジアでの感染拡大で中国製ワクチンから欧米製へのシフト始まるとWSJ紙

2021-07-20 11:30:53 | 経済学
(学校で教えてくれない経済学)

コロナウイルス感染再拡大懸念から週明け19日、NY市場では株安、債券利回り低下、原油が急落したと19日、WSJ紙電子版が伝えた。WSJ紙は「アジアでの感染拡大で中国製ワクチンに対する圏拡大で欧米製ワクチンへのシフトが始まった」と伝えた。米CDC(疾病予防センター)は米国の7日移動平均コロナ感染者数が一日当たり3万人台に達したと発表した。欧州株価指数、2.66%安、ロンドン、2.34%安、フランクフルト、2.62%安だった。19日、ダウは33,962ドル、725ドル、2.09%安、S&P500、4,253、1.59%安、ナスダック、14,274,1.06%安で取引を終えた。ダウは一時、940ドル以上値下がりした。原油急落でロシア株が2.7%値下がりした。

恐怖指数VIXは22.50、21.95%増加、米10年債利回りは1.199%へ低下した。NY外為市場ではドルが売られた。1ドル=109.46円、1ユーロ=129.16円、1英ポンド=149.68円と円安が進んだ。NY原油ではWTIはデルタ株感染拡大に伴う需要減懸念から米ガソリン価格が6.28%安と急落、連れてWTIはバレル66.58ドル、6.96%安、一方、 北海ブレントは同69.10ドルと値を保った。NY金はオンス1,813.30ドルと小幅高、ビットコインは3万744ドルと3.25%値下がりした。

NY市場で個別に見れば、ボーイング、206.99ドル、4.94%安、ダウを70ポイント押し下げ、ビザカード、240.41ドル、4.66%安、ダウを50押し下げ、アメリカンエクスプレス、162.81ドル、ダウを41押し下げた。ナスダックではバンカメ、36.93ドル、2.61%安、マスターカード、365.43ドル、5.6%安で取引を終えたと19日、ロイター電子版が伝えた。世界的なコロナ感染拡大でカード会社、航空、旅行関連銘柄に特に値下がりが目立った。

20日朝放送のNHK/BS「ワールドニュース」でフランス2は「フランス政府はワクチン接種デジタル証明書義務化法案を議会に提出した。遅くとも23,24日までの成立を目指す。一方、ルール違反者に対する罰金4万5,000ユーロ(540万円)を1,000ユーロ(12万円)に引き下げた。20~29歳台のワクチン接種が進んでいない。若者のワクチン接種が進まないと感染再拡大が懸念されている。一方、デジタル証明の確認方法で様々な異論が出ている。対応する人間が間に合わないからだ」と伝えた。フランスF2は「世界で最も寒いシベリアで19日、32℃が観測された。山火事が多発している。イルクーツクでは大気汚染でほぼ歯科医ゼロの状態だ」と伝えた。ドイツZDFは「ドイツ西南部を襲った洪水被害で19日、死者数が157名、行方不明者が156名と発表した。アール川氾濫による被害が目だっている」と伝えた。英BBCは「19日からイングランドではコロナ規制がほぼ全面解除された。レストランでは1年4ケ月振りの規制解除を歓迎、マスクなしで大騒ぎとなった。ジョンソン首相は「マスク義務付けはひつようだ」と記者会見で強調した」と伝えた。

中国CCTVは「北京冬季オリンピック200日でカウントダウンが始まった」と伝えた。(了)

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする