田舎住まい

吸血鬼テーマーの怪奇伝記小説を書いています。

水槽の中には/超能力シスターズ美香&香世 麻屋与志夫

2011-02-28 03:08:48 | Weblog
25

美香は喉に痛み。
肺が酸素をほしがっている。
心臓が酸欠の息苦しさと呼吸が出来なくなる恐怖で。
高鳴る。胸がはりさけそうだ。
大きく息をすった。
だが、だが空気は希薄だ。
扉が闇の彼方に――ある……はずだ。
もう声が出せない。
タレかが倒れた。
……もうだめ。

部屋の外から思念が流れてきた。
みんなが助けにきてくれた。
助かるかもしれない。
希望が見えてきた。
かすかな希望。
闇の中に明りが差す思い。
百子たちがきている。
翔子と純がきている。

床にふせて……床にふせて。

思念が指示してくる。
思念が命令している。

また……ダレカ倒れた。

香世。
アンデイ。
シャリーみんなふせて。床にふせて。


「ダメ。開かないよ」

ノブを回した百子が叫ぶ。

「わたしが念力をかける。翔子と純、百チャンはあの椅子で」

みなまできかず、鳥打の計画はわかった。
鳥打が両手をまえにつきだす。
木製の長椅子を三人がかまえた。

せいの。

四人の力がひとつとなった。
扉が内側に開く。

「なんだよ。こんなヤツと戦っていたのか」

純が状況も省みず、キツイことをいう。
いや美香&香世のげんなりとした姿態を鼓舞したのだ。
白色粘土ででもつくったのか。
吸血鬼の塑像の腕は斬り落とされていた。
そして輪切りの一片。

「ちゃんと口もきいたシ」
香世が咳き込みながら弁解する。

「わたしの錯覚よ。恥ずかしい」
「いや、真っ暗だった。ドアが閉まって……真っ暗になってしまったから」
アンデイが美香をかばう。

「この悪臭は、ナニ? どこで臭っているの」
ようやく百子が気づいた。

翔子が換気口をみあげる。
「あそこではない。機能してない」
鳥打が塑像を気の力で破壊する。

「すごい」
百子がうれしそうに驚嘆する。
塑像には芯としてパイプが内蔵されていた。
そしてマイクも。パイプは床から生えていた。
「まだこのしたに地下があるのよ」
「そこに、エイドリアンがいる」

地下三階には巨大な水槽があった。
魚の生き作りが売り物の居酒屋のあとだ。
水槽に大漁旗の絵が描かれてある。
悪臭はそこから発生していた。
エイドリアンの姿はない。
「やだぁ、見たくない。怖いシ」
「香世は、見なくていいシ。
ひとのパーツでも浮かんでいるとイメージしてるんでしょう」
「いわないで。オネエのいじわる」
香世がスネテ、水槽から距離を置く。
恐怖と臭いから逃げたのだ。
「ほら……」鳥打。
「やだぁ」と香世。
怖いもの見たさで鳥打の手元わみる。
「まだ生きていた」
 鯉だった。
鯉の生き血は精力がつく。
伊賀のオバァ達がいっていた。
そんなことを思い出した。
吸血鬼が鯉の生き血を吸っている光景を想像した。
水槽の中のほかの魚は死んでいた。



 今日も遊びに来てくれてありがとうございます。
 お帰りに下のバナーを押してくださると…活力になります。
 皆さんの応援でがんばっています。

にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へにほんブログ村
コメント

ヤバイ。息をつめて/超能力シスターズ美香&香世 麻屋与志夫

2011-02-27 11:51:07 | Weblog
24

歌声がぱたりとやんだ。
「翔子が音源を探しあてた」
ペンタゴン・Vセクション日本支部長村上勝利は群衆をみていた。
翔子の父だ。
動きが停止した。
陰気な歌声に煽られていた暴徒が静止した。

「百子がいない」
自衛隊異能部隊長百地。
視線を群衆の隙間におよがせる。
「音源をきったのが百子さんかもしれません」

ついさきほどまで一緒だった。
鳥打二尉がこころを澄ます。
そしてたぐりよせる。
あの姉妹の思念を探り当てた。

スバルビルの方角だ。

たいへんなことになっている。

「隊長。緊急事態です。
百子さんもいます。翔子さんと純君も但馬姉妹も」
あいては、てごわい。
吸血鬼マスター、VMのエイドリアンだ。

「いきます」

隊長の救助命令を背後に聞いた。
鳥打は姉妹の思念をたどりながら走っている。

念の力で、飛ぶ鳥を落とすことが出来る。
それでこそ、鳥打、という異能。
鳥打は百子のことを想っていた。
伊賀の里での修行がすむと、父を慕って上京した。
隊長は多忙。
一緒に住むこともできなかった。
百子は妹、兆子と仲間を呼び寄せ「クノイチ48」を結成した。
異能部隊や警察では手の届かない末端での活動。
いままさに起ころうとする吸血鬼による犯罪。
――を防ぐために、正義のために戦っている。
その百子の力になってやりたい。
鳥打は走った。

あれだ。
スバルビル。
あそこに百子がいる。
但馬姉妹の念も流れてくる。

「百ちゃん。ぶじでしたか」
「美香たちがいないのよ」
「まちがいなくこのビルから念が流出している」
「なら、地下ね」
百子はRFを部屋の隅に集めてカクホしていた。

「ふふふ。ゴーレム(粘土塑像体)を斬ってどうなる」
エイドリアンの嘲笑がする。
どこからしているのかわからない。
声のする方角が見当もつかない。
目の前のVMはゴーレムなのか。
なにか腕を斬りおとしたときの感触がちがった。
ゴーレムをリアルにみせるために部屋をくらくしたのだ。
悪臭がますます強くなる。
ゴーレムに思念を投影して重ねた。
いくら暗闇でも、そうでもしなければ実像とは見えないはずだ。
なら、エイドリアンはまだここにいる。
この部屋にいないとしても。
その距離はさほどはなれていない。
頭が美香はくらくらしてきた。
「ヤバ。息をつめて」


 今日も遊びに来てくれてありがとうございます。
 お帰りに下のバナーを押してくださると…活力になります。
 皆さんの応援でがんばっています。

にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へにほんブログ村

コメント

接着できるかしら/超能力シスターズ美香&香世 麻屋与志夫

2011-02-26 18:32:51 | Weblog
23

ふいに、部屋に闇が充ちた。

「アンデイ。マスターよ。VMよ」

闇の中だ。
シャリーのささやきに応えた。
美香と香世は背中合わせにかまえた。
魚の腐ったような臭いがする。
肌にへばりついてくるような腐臭だ。
臭い。
ねばつく手で。
体をなで回されるようだ。
肌が恐怖でふるえている。

「近寄ってくるシ。オネエ。見える」
「見えるシ。シンパイしないで」

トオァ。タタタ。
美香の裂帛の気合が部屋にひびいた。
指剣が青白く炎をあげた。
光っている。
その光の先。
その炎に照らし出された。
黒いマントの影。
何時にもまして陰惨な存在。
エイドリアンだ。

「アンデイ。いまさら日本まできて戦ってどうなる」
「アメリカの夜の世界の支配に失敗したから、
こんどは極東の日本を選ぶ。
日本を制覇するなんてワンパタンだな。エイドリアン」
「なんとでもほざけ」

アンデイは日本の大学に留学するためにきたのではなかった。
だから東都大学に籍がなかったのだ。
わたしに心配かけたくなかったのだ。
よかった。
でも、打ち明けてくれないなんて水臭い。
いくらでも、協力できたのに。
でも……これからはいつも……アンデイと共闘できる。
美香の指剣が。
マスターのコートからアンダーウエアまで。
切り裂いた。

薄ぼんやりとした明かりの中だ。
ほとんど美香の指剣がはなつ光だけだ。

それでも見えた。

こんなことがあっていいのか。
VMの肌は、重なり合う鱗におおわれている。
わざとらしく、まだ腕にのこっているコートの袖をひろげる。
巨大なコウモリに見える。

歌劇のように大袈裟なしぐさだ。
過激すぎる。

「エイドリアンは劇場型のvampireなのだよ」

いえてる。と美香はおもった。
そうなんだ。と香世はおもった。

「だから、ヤルことがハデなんだ」

ふたりが同じ言葉を声に出す。

「なにいってるんだ」

エイドリアンがききかえす。
しめた。
あいつには、わたしたちの思念は伝わらない。
読まれない。

「わたしうしろにまわるね」

香世が美香のあたまに話す。
マスターの鉤爪がアンデイにのびる。
アンデイ横に跳んでかわす。
そのとき、香世がVMの背後から気をたたきっけた。
よろけるVMの肩口に美香が指剣で斬りつけた。

憤怒の声。
怒声。
絶叫。
エイドリアンのあげた悲鳴に反応して明かりがついた。
まばゆすぎる明かりに眼がくらんだ。
エイドリアンの腕にさらに浮船で斬った。
輪切りのようにエイドリアンの肉がとんだ。

これでも接着できるかしら?



 今日も遊びに来てくれてありがとうございます。
 お帰りに下のバナーを押してくださると…活力になります。
 皆さんの応援でがんばっています。

にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へにほんブログ村

コメント

水温む。鴨。クリロー/麻屋与志夫

2011-02-26 10:11:50 | Weblog
2月26日 土曜日

●きのうは、春一番が吹いた。
春風に誘われてカミサンといつもの河川敷に散策にでた。
浚渫工事も上流のほうでは済んでいた。
川幅が広くなったので、ながれが緩やかになった。
「川の水が上流にながれているように見える」
たしかに小波が上へ上へと逆巻いている。
どうもうまく表現できない。
上流にむかって小波が波紋を広げている。
……平凡な風景でも描写できないことがある。
情けない。

     

     

●静かな流れに鴨がおよいでいた。
数日前には見当たらなかったのに。
6羽ほど川面に浮かび向かう岸に沿って動いてく。
およいでいるのだろうが――。
流れに逆らうでも、身をまかせるでもなく――。
かすかに動いているのがわかるような風情だ。
水温む鴨の泳ぎもゆるゆると。
こりやだめだな。
俳句にもならない。

●「土手がけずられたので、鴨が遠くなったわ。近寄れない」
カミサンが愚痴っている。
でも少女のように澄んだ声なので愚痴にはきこえない。
いや、愚痴っているわけではないのだろう。
ビンボーしている。
一眼レフを買ってあげられないので、そう思ってしまうのだ。
わたしには僻み根性がある。
カミサンになんにもしてあげられない。
もうしわけない。

●今年もあまり塾生は増えていない。
一眼レフはまたまた来年に持ち越しだろう。

●府中橋の上から鹿沼市の市章が見えた。
このロゴは五芒星のようだ。
わたしはこれを、この風景を小説の中でいかそうとおもっていた。

     

●家に戻る。
濡れ縁でクリスマスローズが咲いている。
「おれのブログにもシヤシンたのむ」
デジカメをかまえているカミサンにおそるおそる頼んだ。
もちろん、イイ返事がもどってきた。
わたしはカミサンの手に一眼レフがあることを想像していた。
そんな日が来るといいな。

     

     

     

     

●男体山はまだ雪がのこっていた。




 今日も遊びに来てくれてありがとうございます。
 お帰りに下のバナーを押してくださると…活力になります。
 皆さんの応援でがんばっています。

にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へにほんブログ村

コメント (3)

恐怖の大魔王エイドリアン/超能力シスターズ美香&香世 麻屋与志夫

2011-02-25 06:56:26 | Weblog
22

シャカシャカシャカ。
ナイフの音を立てながら迫ってくる。
刺殺男。

「あんたらとは、アソンデいられないの」
百子がひょいとナイフを指先で捕らえる。
「ナイフはこう使うものよ」
さっと一振り。男の上半身から衣服がはげ落ちた。

「こっちよ」
翔子と通りを渡る。
スバルビルの地下。
貸店舗の張り紙がしてある。
バンと扉を開ける。
部屋にいた者たちが。
一斉にふり返る。
RF(レンフイルド)だ。
吸血鬼の従者だ。
 
モニターで騒乱の西口広場を監視している。
「モニターをプレイバック」
百子の命令にRFは従う。
胸にナイフが突きつけられている。
中継車が爆発するまえで止める。
爆発の寸前、美香の視線ではとらえられなかった。
反対側のドアが開いた。
エイドリアンが従者とひとりの女を引いて飛びたした。

「アッ!!ママだ」
エイドリアンはスバルビルにむかって走ってくる。
「ここにいる。ママがここにとらわれている」
「あわてないで。アンデイ。他の部屋も探しましょう」
「ハァイ!! みなさん。先ず、マイクの電源をきって。
部屋の隅にあっまってください」
百子のタノモシイ指令。
その声をあとにする。
美香と香世。アンデイはさらに地下二階に下りる。
空き部屋ばかりが目立つ。
アンデイが敏速に動く。
ノブをまわす間も惜しい。焦っている。
最初に開いたドアの奥に、アンデイのママがいた。
シャリーは、ガムテープで猿ぐつわをされている。
椅子にくくりつけられててる。
アンデイをみて必死に首を横に振っている。

「アンデイ。マスターがひそんでいるよ」
シャリーのこころを読んだ。
美香&香世が同時に警告の声をあげた。
悲鳴に近い声。
多少の恐怖も。
含まれている。
いや、震えている。
それほどの、敵だ。
吸血鬼マスター。
恐怖の大魔王ともいうべき。

エイドリアン。

注 文中のスバルビルはイメージです。

 今日も遊びに来てくれてありがとうございます。
 お帰りに下のバナーを押してくださると…活力になります。
 皆さんの応援でがんばっています。

にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へにほんブログ村
コメント

Vの大量発生を阻止せよ/超能力シスターズ美香&香世 麻屋与志夫

2011-02-24 10:18:32 | Weblog
21
 
「やったね、美香」
と百子がうれしそうだ。

「香世さんも、すごかった。ふたりともすごい能力だ。
わたしはじめて合体したホースの念力みたよ」
と姉妹をアンデイが賞賛する。

「さあ、いくわよ。美香の能力完全復活キャンペーンの戦いよ」

エイドリアンの地獄の底からひびいてくるような歌声。
ひとのこころを狂わすような声。
ひとのこころを衰滅させるような声。
どこから流れてきているのかわからない。
音源もさだかでない。
ひとを狂わせ。
衰滅させるような。
地獄の歌声は鳴りやまない。

狂乱する群衆。
周囲で起きていることを理解できない。
なにが起きているかわからない。
平然とおどりくるっているグループ。
そして――いた。

ナイフを煌めかせてひとを刺して回っている。
ひとに切りつけている。
ジャンパーのフードを深々とかぶっている。
顔は見えないが。
歌声に操られている。
ことはたしかだ。
切られ刺されたひとたちに、吸血鬼が群れている。

「Vに噛まれただけでは、Vにはなりません。
喉の渇きにたえられず、ひとをおそい、
血を吸って――だからそのまえにとめるのです。ナイフ男はこうして……」

アンデイの空手チョップで男たちは倒れていく。
血を吸ってしまったものは消去。
哀れだが。
それしかない。

そして群衆の中に在ってクノイチ48がその本領を発揮している。
「Vバスターズ」
――の掛け声も勇ましい。
唇から血を滴らせているVを抹殺する。
倒されたVは粘塊となる。
蒸気あげてきえていく。
なにが起きているのか、だれも気づかない。
だからこそ、怖い。
放置すれば吸血鬼の大量発生となる。

美香&香世も百子たちに倣った。
念波をあてるとナイフマンたちはあっけなく失神する。

警察車のスピーカはひとびとに解散するように勧告している。
エイドリアンの大音量の歌声に邪魔されている。
翔子と純が走ってきた。
たくみにひとびとを避けて来る。
百子に近寄り「音源の場所見つけたわよ」



 今日も遊びに来てくれてありがとうございます。
 お帰りに下のバナーを押してくださると…活力になります。
 皆さんの応援でがんばっています。

にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へにほんブログ村
コメント

オネエ。いまこそホースの放射よ!!/超能力シスターズ美香&香世 麻屋与志夫

2011-02-23 08:49:07 | Weblog
20

報道陣が狂乱する群衆にカメラの砲列を向けている。
シャッターが切られている。
ピカピカ光っている。
暗黒の歌声ははまだつづいている。
どこから流れてくるのかわからない。

「あんたら、どいて。プレスのひと。あぶないわよ」

ふたりの声はとどかない。
脚立にのったカメラマンの下のケースが怪しい。
音はあそこからしている。

「香世どうしょう」
「警察には携帯いれた。
でも爆発物処理班が来るの待ってられないよ。
いますぐにも爆発するかも!!」
「香世――」
「オネエ。
ホースだ。
能力使おう!!」
「わたしまだ指剣を使うのさえ、やっとなのよ」
「ダイジョウブ。わたしもやる。
オネエ。ひとのために、ひとを助けるためなのよ。
命がけでやれば」
「ホースの発動あり!!」

ケースが右端のカメラマンの足もとからさらに右に動いていく。
でもユックリトダ。
いまにも爆発するのではないかと不安だ。
恐怖だ。
美香の力の方が弱い。
思念が途切れがちだ。
美香はあらためて両腕を交差させた。
こぶしを握った。
気を腕先にためた。
掌を開き一気にケースにむけた。
ズズっとカメラマンから遠のく。
カメラマンがそれに気づいた。

「爆弾よ!!」

カメラマンはとっさにシャッターをきっている。

「そんな場合でナイシ」

美香がカメラマンにホースをむけた。
カメラマンは左側の仲間に激突した。
それでもケースからは離れた。
彼が仲間になにか叫んでいる。
一斉に、ケースから距離を置くために彼らは走りだす。
このとき、爆発が起きた。
轟音。
光。
なぎたおされるひとびと。
脚立が中空にまいあがった。
爆発の瞬間にケースが横に吹っ飛ぶのが見えた。

「よかった。間にあった」

男がいた。
香世の脇に男がいた。
百子の父のひきいる異能部隊の制服だ。

「あなたもホースがつかえるのね」
「美香&香世さんのようにはいきませんが」
「よかったわ」

百子が駈けつけてきた。

「間にあったのね。鳥打さん」

鳥打が彼女たちに敬礼した。
騒然とした群衆の中に戻っていく。

陰気なエイドリアンの歌声は――。
まだひびいている。


 今日も遊びに来てくれてありがとうございます。
 お帰りに下のバナーを押してくださると…活力になります。
 皆さんの応援でがんばっています。

にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へにほんブログ村
コメント

美香にキスコール/超能力シスターズ美香&香世 麻屋与志夫

2011-02-22 10:15:18 | Weblog
19

「いくら吸血鬼だって爆破されたら、助からない。
ハリウッド映画のように肉片が集まってヒト型に再生するなんてことは……」
「それって、アリ?」
「ありません。それにマミーを人質にとられていた。
携帯もとりあげられて連絡とれなかった。
……どうしてぼくがわかったの、美香」
「忘れたの。わたしは思念がよめるの。でも弱いアンデイも好きよ」
「心細かったもの。どうなるかと心配だった」
 
 マジデ不安だった。
 動きがとれなかったのだろう。

「アンデイ。みんなが見てる」

 舞台の上でだきあったままの美香とアンデイ。
 香世が「キス。キス。キス」と声を跳ね上げる。

「キス。キス。キス」
 キスコールが一瞬騒乱の群衆から湧き上がる。
 かれらはじぶんたちを救助するために戦っているものを声援している。
 ふたりはそうした。
 キスした。
 そして手をつないで舞台から飛び降りた。
 BVと戦うために。
 群衆をかきわけて中継車をめざした。
 ブレスレットの爆薬で破壊されている。
 アンデイのマミーはぶじだった。

「エイドリアンも無傷よ。逃げたわ」
「これだけの仕掛けをして、その成果も見ずに
――アッサリ退散した。
おかしいわよ」
 なにか音がする。
 美香のあたまに直接ながれこんでくる時を刻むような音。
 美香がハッと気づいた。
 ドラムケースがあちこちに散在している。
 数が多すぎる。

「みんな。ケースから離れて。爆発物よ!!」


 今日も遊びに来てくれてありがとうございます。
 お帰りに下のバナーを押してくださると…活力になります。
 皆さんの応援でがんばっています。

にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へにほんブログ村
コメント

窓辺をつるバラで飾りたいわ/麻屋与志夫

2011-02-21 07:22:01 | Weblog
2月21日 月曜日

●昨日はわが家の塀について書いた。
深岩石で圧縮強度が強く水にぬれると青緑色にかわるところが大谷石とはちがう。
優雅なモノだ。
その色変わりする特性がこのまれ、敷石などにも使われる。

●そんなことを、細かく教えてくれたのはパソコンだ。
ありがたいものだ。
そのごCTRLキーのあたりのゴミをふいていたら、アラタイヘン。

●画面が左に45度回転して、横になってしまった。
これでは頭を横にしなくては文字が読めない。
トホホホ。
どうやっても、もとにもどらない。
強制シャットダウンしておいた。
もう一つのパソコンで検索した。
CTRL+ALTを押しながら、↑キーで解決するとの指示通りにした。
助かった。
もとに復した。
同じようなトラブルの記事が載っていた。
義父はパソコンなんか捨てちまえ!!
と怒っている、という記事が生々しかった。
その気持ちよくわかります。
年寄はとかく気が短くなるものだ。

●短くなったものはもう一つある。寿命だ。
だから焦る。生きている間に、なにかして起きたい。
それがパソコンにしても、おもうようにならない。
だからはらを立てる。
いらいらするというより、恐怖を覚える。
じぶんの理解できない世界が、すぐ目前にある。
パソコンがモンスターにみえてくる。

●修復に三時間もかかった。
眼の芯が痛む。
涙がたらたらと垂れる。
あわててソフトサンテをつける。
ブルーベリーを五粒ほどたべる。

●カミサンは昨夜二時過ぎまで起きていた。
起こすには忍びない。
いつもの牛乳粥をつくって独りさびしく食卓につく。

●ツルバラを這わせるために立てたポールの先端に張り渡されたロープ。
ぐっしょりと濡れていた。
水滴が春らしくなってきた陽光を浴びてきらきら光っている。
しばらくぶりで、早朝庭に出た。
まだ寒いが、それでも大気には春の気配がある。

●カミサンの少女らしい夢。
窓辺をツルバラに飾られ、庭には色とりどりのバラが咲き乱れる。
そんな暮らしがしたい。
今年は、いよいよ窓辺にバラが咲くだろう。
たのしみだ。

●庭に佇んで、カミサンとの来し方を想い浮かべていたら目頭が熱くなった。
疾風怒濤の生活がつづいてきた。
ようやくこの歳になって人並みの生活ができそうだ。
よく一緒についてきてくれたものだ。
これで今朝から二度目の涙をこぼしたことになる。

●よる年波で、涙線がゆるみっぱなしだ。お恥ずかしい。


 今日も遊びに来てくれてありがとうございます。
 お帰りに下のバナーを押してくださると…活力になります。
 皆さんの応援でがんばっています。

にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へにほんブログ村
コメント

来週の「美の壺」は大谷石特集。あなたは鹿沼石を知っていますか? /麻屋与志夫

2011-02-20 21:55:52 | Weblog
2月20日 日曜日

●来週の「美の壺」は大谷石特集らしいですね。
ぜひみたいものだ。
谷啓が亡くなってから、いちどもみていない。
ジャズの名曲をBGに使ったあの番組が好きだった。
いまでも音楽はかわっていないのかな。
いまはどなたが解説をしているのかしらない。
みなくなった理由は、単純だ。
谷啓と、わたしがほぼ同じ世代だからだ。

●このところ同世代の物故者がつづく。
人は歳をとれば死ぬ。
しかたのないことだ。

●さて、わがやの石塀はきょうの午前のブログにものせたが。
大谷石と表現されている。
実は、深岩石だ。
これは地元鹿沼のひとでもなかなか区別がつかない。
大谷は鹿沼から東に12キロに位置している。
餃子で有名な宇都宮市の郊外だ。
深岩は鹿沼の西1キロのところにある。

●岩肌が深岩石のほうがキメもこまかい。
薄い青味をおびている。
キメがこまかいだけに硬い。
頑丈だ。
見た目にはほとんど区別がつかない。

●日光の太郎杉のある街道を300メートルほどいくと。
右側に日光教会の建物がある。
パンフレットの紹介に「鹿沼石で建造されている」とあった。
地元贔屓のわたしだから非常にうれしかった。
鹿沼石とはもちろん深岩石のことだろう。
だれがみても、大谷石にしか見えない。
だが深岩石、鹿沼石だ。
得意になって、帰京したわたしは友だちにこのことを吹聴したものだ。
「わが故郷鹿沼の石で、あの教会は建てられているのだよ」
それに間違いないと思う。どなたか地元のかた、検証してみてください。

●石は不滅だ。
この深岩石の塀だって何百年ももつだろう。

●人は死ぬ。
そう思うと恐怖。
戦慄を覚える。
常に死を思うこと。
死を忘れずに生きる。

●Memento mori. メメント・モリ。死を忘れるな。

●なんとも恐ろしくも寂しい限りだ。
昨年は野口恭一郎クンはじめ、おおくの友だちにのために弔意を記した。
悲しかった。
ことしは、鬼籍に入る友だちがいないといいな。

●深岩石の塀をたたきながら、人は死ぬ……だからこそ……「おれは不滅の小説をかくからな」と嘯いた。

●追記。午前中にアップしたプログを見てください。深岩石の塀がかすかに青味をおびています。ご鑑賞ください。

 今日も遊びに来てくれてありがとうございます。
 お帰りに下のバナーを押してくださると…活力になります。
 皆さんの応援でがんばっています。

にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へにほんブログ村

コメント