田舎住まい

吸血鬼テーマーの怪奇伝記小説を書いています。

乙女走りについて考えたこと。 麻屋与志夫

2018-11-15 05:16:56 | ブログ
11月15日 Thu.

●鮫島彩選手の乙女走りについて書いたあとでかんがえた。むかしは、と、ここでGGの得意技、昔がたりとなる。女性は下駄や草履をはいていたので、つま先を内側にむけて歩いたものだ。いまでは着物もすたれ、したがってゲタやゾウリは日常生活ではあまりはかない。だいいち下駄屋さんというお店はGGのすむ田舎町においてはとうのむかしに絶滅した。

●なぜ日本古来の履き物にこだわるのか。わが家の職業は野州麻の問屋だった。大麻の販売を(もちろん繊維)していた。そのなかに芯縄をつくるという仕事があった。麻を細くさいて綯いあわせる。鼻緒の芯にするためである。

●樋口一葉の「たけくらべ」だったかな、下駄の鼻緒が切れて女の子が男の子(しんによ、というお坊さんだったかな)にスゲテもらう場面があった。少年の頃どきどきしながら読んだ記憶がある。

●終戦直後のことで、ペラペラした粗末な紙だった。あの「たけくらべ」の本どこにいってしまったのだろう。いくら書棚をさがしてもみつからない。

●鼻緒は麻の芯縄だったので雨にはよわい。濡れたままにして置くと、よくきれた。

●いまでは、夏に浴衣を着る女の子がどうどうと男性的な歩きかたをする。スニーカーを履いている子もいる。隔世の感がある。

●鮫島選手の乙女走りに旅愁を感じるのはこうしたむかしの記憶があるからなのだろう。ノスタルジアと感じるのは、まさにいまの環境が異郷に地に住んでいるような感慨に浸るのことを余儀なくさせるからだ。


麻屋与志夫の小説は下記のカクヨムのサイトで読むことができます。どうぞご訪問ください。

カクヨムサイトはこちら


  今日も遊びに来てくれてありがとうございます。
 お帰りに下のバナーを押してくださると…活力になります。
 皆さんの応援でがんばっています。


にほんブログ村
コメント

鮫ちゃん百試合出場。わが町のノラ猫はまもなく0匹?

2018-11-13 03:33:14 | ブログ
11月13日 Tue.

●室温18°。あたたかなので夜半ベッドで起きあがりパソコンを開く。一昨日買い物に出た。

●買物の行き帰りにカミサンとよく話す。

●「めっきり野良ネコがいなくなった」
「そうね。「ベニマル」がヨーカ堂だったころはこの駐車場に数十匹はいましたものね」
「行政書士の本田さんが、よくカガンデ猫に餌をやっていたのを思いだすよ」
「あのときのこと『妻の故郷』という小説に書いたわよね」
「なつかしいな」
「猫がいないのって、さびしいわ」
「野良ネコ排除の先進町なのかもしれない。これではあと数年で街から野良ネコが消えるからな」

●野良ネコはいまやこの街では絶滅危惧種。飼い猫もすくないのではないだろうか。カンセキやVIVAのペット売り場のショーケースにも猫はほとんどいない。

●ところが猫の餌はところせましと並んでいる。買っている人はほとんど見かけない。わが街の七不思議のひとつだ。

●べつにわたしたちの視野から猫が消えたからといって、街のひとには関係ない。むしろ、そのことを、野良ネコ族の滅亡した後でも、野良ネコをなつかしく思いだす人は稀だろう。

●いまいるノラチャンたちはわたしたちが近寄るとパッと逃げてしまう。イジメラレテいるのだ。こんな環境で生きていくのはかわいそうだ。やはりノラ猫はいなくなったほうがいいのかもしれない。

●「そうよね、この街からは野良ネコはいなくなったほうがいいのかも。岩合さんの「世界ネコ歩き」で見ていると猫が街のひとに、とてもかわいがられていますもの」

●わが家では20年生きていたブラッキ―にこの春亡くなられた。三年前にはリリが 早世した。カクヨムに「愛猫リリに捧げる哀歌」としてそのときのペットロスのありさまをルポとして載せた。

●ネコ好きにとってはあまり楽しい『田舎町』ではなくなってきている。生きのびるためには、わたしたちはネコ無関心派に進化するか、撤退するしか選択肢はどうやらないような気がする。

●初冬の街、野分がふきぬけていった。カナシイ話題なので歩みも遅く帰ったら「ナデシコジャパン」の試合はおわっていた。4-1で勝ったらしいですね。

●鮫島彩選手、熊谷紗希選手の国際Aマッチ100試合出場記念セレモニーもあったのですね。鮫ちゃんはわが栃木県出身の乙女走りの美女だ。これからも活躍してくれることを夕食の話題として、ノラ猫ちゃんの暗い話題をいちじ棚上げした。



麻屋与志夫の小説は下記のカクヨムのサイトで読むことができます。どうぞご訪問ください。

カクヨムサイトはこちら


  今日も遊びに来てくれてありがとうございます。
 お帰りに下のバナーを押してくださると…活力になります。
 皆さんの応援でがんばっています。


にほんブログ村
コメント

立冬。寂しさが身にしみる。 麻屋与志夫

2018-11-09 08:15:53 | ブログ
11月9日 Fri.

●暦の上では立冬がすぎた。裏庭のアイスバーグが寂しく咲いている。この薔薇はわたしがはじめてワイフに教えてもらって覚えた名前だけに印象深い。白い透きとおった花弁で、花言葉は初恋。

●この薔薇をテーマに、場所は神代植物園での出来事として小説を書いた。カクヨムの短編小説の部屋「第2話 初恋の白いバラ」がそれです。ぜひ読んでみてください。

●薔薇のかげから白猫があらわれた。いまのところ、裏庭のデッキにある猫カフェには二匹の白猫だけがお客だ。いつのまにか、シルバーは来なくなった。雌猫なので高いところが好きで、よく園芸用の道具を置く棚の一番上にふいに現れることがあった。待てど暮らせどこぬシルバー。亡くなったのだろう。野良ネコの寿命は四、五年だという。あわれなものだ。

●肌寒くなった先週の某日、同級生だった画家の村上犀君の訃報がとどいた。これで現役で活動している同級生はわたしひとりになってしまった。寂しいものだ。わが身辺がにわかに寂寞とした。


麻屋与志夫の小説は下記のカクヨムのサイトで読むことができます。どうぞご訪問ください。

カクヨムサイトはこちら


  今日も遊びに来てくれてありがとうございます。
 お帰りに下のバナーを押してくださると…活力になります。
 皆さんの応援でがんばっています。


にほんブログ村
コメント

「異変が起きる街」――ぜひ読んでください。 麻屋与志夫

2018-10-31 16:52:28 | ブログ
10月31日 Wed.

●カミサンが裏庭に面したデッキに防腐剤をぬった。夜、「餌皿」に固形餌をてんこもりにして置いた。

●朝、見てみたら一粒も残さず食べてあった。

●そして、かわいらしい肉球の足痕が残されていた。このゲソコンから判断すると、猫は一匹だったようだ。白ちやんだ……。

●いよいよ寒くなってきた。今朝は、室温が10°だった。寒さが身に沁みる。

●ヤフーの検索を見ていたら、校長の犯罪が報じられていた。最近ではもっとも犯罪を犯さないような職種の人たちが――カナシイことだ。すっかり、心まで冷え込んでしまった。

●GGが「角川のカクヨム」に書いた「異変が起きる街」ぜひ読んでみてください。上記の事件を先取りしたような内容です。こんなことが起きるとは――カナシイことですね。


麻屋与志夫の小説は下記のカクヨムのサイトで読むことができます。どうぞご訪問ください。

カクヨムサイトはこちら


  今日も遊びに来てくれてありがとうございます。
 お帰りに下のバナーを押してくださると…活力になります。
 皆さんの応援でがんばっています。


にほんブログ村

下記の作品は角川ブックウォーカー惑惑星文庫に載っています。

コメント

二都物語、やはり東京に住みたい。 麻屋与志夫

2018-10-28 08:00:56 | ブログ
10月28日 Sun.

●金曜日には上京した。長女のSと孫娘のMに会えてうれしかった。東京と田舎町の間を行ったり来たりするのが、膝関節症を患ったために億劫になって来た。ぼくとしては、東京を終の棲家としたいのだが、故郷では「塾」をやっているので、中断するわけにもいかない。故郷のこの街が、これからどうなっていくのか見届けたい気持ちもある。

●地下鉄を利用する。どうしてこうも、もちろん地下に降りていくのだからあたりまえなのだが、階段がおおいのだろう。ひややかなアルミパイプの手すりに両手ですがりながら上がり下りする。ガクッと痛みが膝に来る。でも、心の痛みのほうが、痛切だ。あと30年は生き続けると豪語している手前、こんなことでへこたれる訳にはいかない。ヒザの痛みは治る。必ず治る。そう信じている。まだ杖をつくには早過ぎる。早過ぎる。と、じぶんでじぶんを励まし歩きつづけた。

●スマホでゲームをしているひと。文章を読んでいる人もいた。ぼくのカクヨムに載せている小説をああして電車のなかで読んでくれる人もいるのだろうな。しげしげと眺めているうちに、うとうとしてしまった。電車の中でまぶたが重くなるようなことは若いときにはなかった。情けない。

●忙しい合間にブログや小説を読んでくださるひとのためにも、面白いものを書きたい。それがなかなかムズカシイ。世代のちがいもあるし、田舎町にいる時間のほうが多い。泣きごとをいわずに出来るだけ東京にいることにしょうと思った。



麻屋与志夫の小説は下記のカクヨムのサイトで読むことができます。どうぞご訪問ください。

カクヨムサイトはこちら


  今日も遊びに来てくれてありがとうございます。
 お帰りに下のバナーを押してくださると…活力になります。
 皆さんの応援でがんばっています。


にほんブログ村

下記の作品は角川ブックウォーカー惑惑星文庫に載っています。

コメント

青島から猫がいなくなる。 麻屋与志夫

2018-10-24 13:50:08 | ブログ
10月24日 Wed.

●数日前のニュース。愛媛県・大洲市の青島で200匹以上に増えた猫すべてに不妊手術をしたというのだ。ここにも高齢化と過疎化の問題があった。島民は減少するいっぽうで、現在9人で猫の世話をしてきたが、さらに島をでていく老人がいるという。いたしかたない決断だと思う。でも、猫好きにとっては、なにかすごく寂しいニュースだった。

●GGの住む街でも野良ネコチャンはほとんどその姿が見られなくなった。わが家でも、この春20年も共棲してきたブラッキ―に死なれて、猫のいない生活をしている。なにかものたりない。ああ、いまこの瞬間そばに猫がいたら、もっとくつろいだ時間が流れるだろうなと、思うことがある。猫の可愛さは、飼ってみないとわからない。ほんとうにかわいいですよ。

●ペットとしての猫は増えるばかりで、空前の猫ブームだという。野良ネコがいなくなるのが理想なのかもしれない。でも、寂しいな。そうツブヤクことしか、GGにはできない。カナシイ。



●私事ですが、GGのカミサンが、やはりブログ「猫と亭主とわたし」を開設しています。
GGのこの欄の「ブックマーク」をクリックしてもらえば読めます。カミサンのブログは写真が沢山のっているので楽しいですよ。それにGGの生活の様子がよくわかると思いますのでどうぞご訪問ください。



麻屋与志夫の小説は下記のカクヨムのサイトで読むことができます。どうぞご訪問ください。

カクヨムサイトはこちら


  今日も遊びに来てくれてありがとうございます。
 お帰りに下のバナーを押してくださると…活力になります。
 皆さんの応援でがんばっています。


にほんブログ村

下記の作品は角川ブックウォーカー惑惑星文庫に載っています。

コメント

秋の夜長にGGが想ったこと。 麻屋与志夫

2018-10-23 03:52:37 | ブログ
10月23日 Tue.

●老後の生活、暮らしかたはこれでいいのか? はなはだ疑問だ。年金暮らしを楽しんで、現実とのかかわりあいからは、遠ざかりじぶんたちだけの生活の中に埋没してしまう。

●まあ、考えかたはひとさまざまだから、はたでとやかくいうことではないのだろう。でも、せっかく歳を重ね、世の荒波をのりこえ、いろいろな経験をしてきた。それを次の世代に残したい、あるいは継承してもらいたいと思っている。でも、テレビのお笑い芸人の話しのようには、子どもたちを笑わせながら、「昔はね」などという話題をうまく展開することができない。カナシイ。

●そういう場合は、こんなふうにしてみるとベターだよ。そういいたいことがたくさんある。

●具体的なことは書きだしたらきりがない。ともかく「親孝行」などという言葉はとっくのむかしに死語となっている。小説の世界でも、テーマ―として書いている作家をみかけない。ぼくなどは、親の病気の看病をするために大学も中退した。老人医療が無かった時代なので、経済的にも破綻して、いまだにその後遺症で苦しんでいる。でも、これでよかったのだと思っている。

●いま、現在、小説を書いていられる。恋女房とふたりだけの暮らし、朝から晩までパソコンに向かい小説を書くことができる。ああ、幸せだな。と何処かの歌の文句ではないが、幸福感にひたっている。毎晩、教壇にたって声をからして英語を大学受験生から小学生までに教えている。のんびりとした時間はまったくない。これでいいのだ。

●それにこうして書いたものが最初から、活字? になるのだから爽快だ。

●むかし小説を書きだした頃は、万年筆で一字一字書きつづけたものだ。原稿が活字になることを夢見て死んでいった友だちもおおぜいる。「一将功成りて万骨枯る」ひとりの仲間が作家としてデビューしたあとには、ものにならなかった友だちが、ごまんといたものだ。 

●いまは電脳時代。作家になりたかったら、ひとりでキーボードを叩き、カクヨムにでも投稿すればいい。ともただちとつきあう、こともないのでしょうね。でもそれでは、人間くさいトラブルのアヤを書く筆が、鈍るというものではないだろうか。そこで考え出したのが、ファンタジーという、現実からは遊離した世界だ。現実の体験や悩みなどがまったくベースにナイ世界。

●幻想小説。うまいことを考えたものだ。なんだが、こちらも、初めに書こうとおもったことから、どんどんかけ離れていく。このへんでやめておきます。

●物カキに成りたくて、なれなかった友だちの慟哭の声が聞こえてくるような、秋の夜だ。こうして生き残れたのだから、その友だちの分までガンバラナクテハ――。



●私事ですが、GGのカミサンが、やはりブログ「猫と亭主とわたし」を開設しています。
GGのこの欄の「ブックマーク」をクリックしてもらえば読めます。カミサンのブログは写真が沢山のっているので楽しいですよ。それにGGの生活の様子がよくわかると思いますのでどうぞご訪問ください。



麻屋与志夫の小説は下記のカクヨムのサイトで読むことができます。どうぞご訪問ください。

カクヨムサイトはこちら


  今日も遊びに来てくれてありがとうございます。
 お帰りに下のバナーを押してくださると…活力になります。
 皆さんの応援でがんばっています。


にほんブログ村

下記の作品は角川ブックウォーカー惑惑星文庫に載っています。

コメント

室温15℃、猫ちゃん湯たんぽの恋しいGG  麻屋与志夫

2018-10-22 01:31:32 | ブログ
10月22日 Mon.

●「白ちゃんがね」
わが家の猫カフェをときどき訪れる外猫白の話題になった。
「一部屋ひとへや、のっそりのっそりあるいていたの」とカミサンがつづける。
「どうしたのかしら」
「それは、ブラッキ―をさがしていたのだろう」
ブラッキ―のいた匂いは白ならばまだ嗅ぎとるこができるだろう。ともかく猫の嗅覚は人間のそれとはくらべものにならないほど敏感らしい。
「ここにかわいい黒の雌猫がいたはずなのに……」
 固形餌をもらっているてまえ、たまにはここの黒ちゃんにも謝意を……などと猫がかんがえることは、ナイカ。

●テレビで「漱石悶々(もんもん)」を観た。漱石先生のかかえていたのは黒猫だった。文豪ならぬ、文二くらいの作家であるGGは、いままでに飼ってきた猫ちゃんに「文豪の猫にしてやるからな」などとウソブイテきたが、いまだにコノていたらくだ。

●ああ、ブラッキ―がなつかしいな。室温が15°以下になると、どこからともなくブラッキ―はあらわれた。ニャ、ニャオと鳴きながらわたしの寝どこにもぐりこんできたものだ。

●今年も寒くなってきた。いままさに15°――どこかでブラッキ―の鳴き声がする。いや、猫のような嗅覚はないが、GGの記憶の庭ではいまでもブラッキ―は駆けまわっている。だって、20年もともに同棲したのだ。忘れるわけがない。

●ああ、ブラッキ―が恋しいな。


●私事ですが、GGのカミサンが、やはりブログ「猫と亭主とわたし」を開設しています。
GGのこの欄の「ブックマーク」をクリックしてもらえば読めます。カミサンのブログは写真が沢山のっているので楽しいですよ。それにGGの生活の様子がよくわかると思いますのでどうぞご訪問ください。



麻屋与志夫の小説は下記のカクヨムのサイトで読むことができます。どうぞご訪問ください。

カクヨムサイトはこちら


  今日も遊びに来てくれてありがとうございます。
 お帰りに下のバナーを押してくださると…活力になります。
 皆さんの応援でがんばっています。


にほんブログ村

下記の作品は角川ブックウォーカー惑惑星文庫に載っています。

コメント

カナダで大麻解禁   麻屋与志夫

2018-10-21 09:51:13 | ブログ
10月21日 Sun.
カナダで大麻解禁

●驚くべきニュースが飛び込んできた。カナダで大麻が解禁になったというのだ。G7主要七カ国では初めてのことだ。南米ウルグアイに続き2国目。詳細はGGには知るすべもないが、解禁になったというだけでもビッグニュースなのにいまのところあまりテレビでさわいでいない。大麻を吸ったというだけで、有名人をスサマジイバッシングにあわせてきているだけに、どういった切り口でこのニュースをとらえたらいいのか検討中なのでしょうかね。目下、田舎住まい。マスコミとも縁が切れている。これから日本でも騒ぎだすだろうが、どういった情報が流れてくるか、楽しみだ。

●敗者復活戦ではないが、バッシングにあっている吸飲者はどうこのニュースを受けとっただろうか。

●GGの麻屋与志夫というのはペンネームです。もともとが「大麻商」を家業とする家に生まれ、大麻を――もちろん繊維ですが、商いしてきました。

●大麻の生産が禁止されそうになった戦後、栃木県の農務課に呼ばれた。アームストロングという女性がGHQからきていて通訳も伴っていたが、当時はまだ中学生だったが会話の勉強をしていたGGにはかなりの部分が理解できた思い出がある。

●その当時のことは拙作「宇都宮餃子VS関西タコ焼」として書いている。関西山川組が死可沼の大麻畑を襲うというテーマだ。第一稿は出来あがっいるので、急遽、カクヨムに掲載することにした。

●まだまだ整合性にアヤフヤなところがある。ホットなテーマなので第一稿を発表しょうという決断をくだした。オカシナところがあります。あるはずです。――ご指摘くださしい。




●私事ですが、GGのカミサンが、やはりブログ「猫と亭主とわたし」を開設しています。
GGのこの欄の「ブックマーク」をクリックしてもらえば読めます。カミサンのブログは写真が沢山のっているので楽しいですよ。それにGGの生活の様子がよくわかると思いますのでどうぞご訪問ください。



麻屋与志夫の小説は下記のカクヨムのサイトで読むことができます。どうぞご訪問ください。

カクヨムサイトはこちら


  今日も遊びに来てくれてありがとうございます。
 お帰りに下のバナーを押してくださると…活力になります。
 皆さんの応援でがんばっています。


にほんブログ村

下記の作品は角川ブックウォーカー惑惑星文庫に載っています。

コメント

田舎暮らしのよさがなくなっていく。 麻屋与志夫

2018-10-21 02:18:07 | ブログ
10月21日 Sun.

●すっかり秋らしくなった。ベニマルにいくときにとおる大通り。花ミズキが紅葉してきた。これで霜でもおりれば、見事に色づく。それがすめば初冬の季節、日本の自然の移り変わりのあわただしさを感じさせる今日この頃だ。

●妻が留守なので、ひとり寂しく散歩に出た。街もこのところ空家が整理されている。取り壊したままになっていたり、はやくも駐車場になっていたりする。少し見ぬ間に様変わりしている。この町に住んでいるGGですら、このところの変化にはついていけない。

●街を歩いていて寂しく思うのは、昔からのお店がほとんど消えてしまっていることだ。鹿沼銀座通りなど見事にシャッターどおりになっている。時代の変遷についてこられなくなったのも確かだが、ひとびとの生活形態がかわったことにもよるのだろう。

●GGの家の裏も、ごたぶんにもれず、大変革の波におそわれた。まるでツナミのようだ。何軒もあった空家や廃屋がいっきにこわされて広い駐車場になってしまった。終戦後なんら風景に変化がなかったのに、数々のおもいでのあった場所が、いまはGGの記憶の底によどんでいるだけとなった。

●これでは田舎町に住んでいるよさがなくなってしまった。お店にしても、全国どこに行っても同じ看板ということになりつつある。街から個性が消えていく。寂しいものだ。散歩のかえり駐車場を横切りわが家の全景が見られるようになっているのにおどろきながら、あらためて、これからの老後の生活に思いをはせた。田舎町としてのよさがなくなった。これではここにすみつづける理由がない。どうしょうかな。

●私事ですが、GGのカミサンが、やはりブログ「猫と亭主とわたし」を開設しています。
GGのこの欄の「ブックマーク」をクリックしてもらえば読めます。カミサンのブログは写真が沢山のっているので楽しいですよ。それにGGの生活の様子がよくわかると思いますのでどうぞご訪問ください。



麻屋与志夫の小説は下記のカクヨムのサイトで読むことができます。どうぞご訪問ください。

カクヨムサイトはこちら


  今日も遊びに来てくれてありがとうございます。
 お帰りに下のバナーを押してくださると…活力になります。
 皆さんの応援でがんばっています。


にほんブログ村

下記の作品は角川ブックウォーカー惑惑星文庫に載っています。

コメント