田舎住まい

吸血鬼テーマーの怪奇伝記小説を書いています。

夕日の中の理沙子 17 麻屋与志夫

2008-11-30 19:04:06 | Weblog
曇り空からぼた雪と雨がおちてくる。
こういう降りかたになると春がくる。  

春がくるのはうれしい。
春すき、大スキィー。 

でも、TSエリオット……春は残酷な季節……なのだから、インウツ。ヒサンだ。
芽吹きの季節だが、わかれの季節でもあるのよね。

コウジの秘密。
part one
建具屋の家が倒産して、たとえ受験に成功しても、親からの仕送りはかぎりなくOにちかい。
それに進学は反対されている。
受験にかかる費用だって、新聞配達でバイトした金をためたんだもの。
あんなに、リッチだったのに、かわいそうだ。      
運命の変転。
急転直下の激変。     
それなのに、デートの費用はワリカンにしよう。
て、わたしがいうのに。
もう見栄はって、さっとレシートもってレジに急ぐんだから。
かわいそうなコウジ。
大学にいかせてあげたい。
進学できないで、就職することかんがえているんだわ。
ヤッパ、家業継ぐのはいやなんだ。
だからわたしともわれたいんだわ。
三年たてば、ひとはかわるさ。
三年たてば、わたしも大学生。
東京にでられるわ。
それに、なん年たってもわたしのちきもちかわらないのに。
遠距離恋愛って、ステキだとおもわない。
まいにち、わたしメイルするからさ。
さびしがらずに、元気でいこうよ、コウジ。
どうしてトウキョウで待ってるっていえないの。
トウキョウで待っているから、はやく三年が過ぎるといいな。
くらいのこと、ネエ、いってくださいな。
ウソでもいいからいって。
おねがい、コウジ。  
コウジが就職してもわたしのきもちはかわらないのに……。
なにがあっても、なにがおきても。
いつになってもわたしはコウジへのきもちは、かわらないからね。
もうこれでおわりだなんて……いや、絶対、金輪際いや……いやですからねー。
でも、コウジ、わたしがなにもしらないとおもっている。 

コウジの秘密。
part two
コウジ。 
男の恋人とはどうなってるの?
ほんとなの。つきあっている男友達がいるなんて。
信じられない。

やっぱり気になるんだな。




one bite,please. ひと噛みして!! おねがい。
         ↓
    にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説

ああ、快感。

コメント

夕日の中の理沙子 16  麻屋与志夫

2008-11-30 16:47:09 | Weblog
知っていてしらないふりしてたの……。  

そんなのって、すゥごく、つらいよのね。

わたしは、悪女なのネ。    

コウジをおこらせる気はなかったのに。

コウジのこと、よく理解してる。

でも、さいごのさいごになって、からんじゃった。

ボッコシ屋。  

ヤッパ、わたしって、デストロイヤーなんだわ。

悪女。                 
なんだ、わたし。

コウジのこと好きで好きでたまらないのに。
すぐ感情的になってしまう。
いつも冷静に。
皮肉なこといわないこと。

いってしまってから、しまったぁ、とおもう。
反省もする。
でも、そのときはもうおそい。

あいてをおこらせている。    
それなのに、すぐにはあやまれない。
イヤァナ性格だ。

2月24日   
朝から雪まじりの雨。
きのうは、スゥゴイ大夕焼けを見ながら帰ったのに。
ウッソみたい。

お天気まで理沙子を責めているみたい。

神沼にはまだ春はこない。 

すごく寒い。 

陰鬱。

ヒサン。    

ミジメ。                                

コウジをまたまた、おこらせてしまった。
どうして、♡♡♡♡♡♡ラブにみちた会話をできないのかしら……わたしたち……。

まだ、おこっているだろうな。

会うたびに、感情が交差してしまう。

感情の座標軸がてんでおたがいにちがう。
ところにあるみたいで、さびしい。

なんだか不吉な朝だ。        




one bite,please. ひと噛みして!! おねがい。
         ↓
    にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説

ああ、快感。

コメント

夕日の中の理沙子 15 麻屋与志夫

2008-11-30 06:54:18 | Weblog
いってしまうと。
なにかこの恋が軽薄なものになってしまう。
ようで、こわい。
でも、いいたいものよ、ね。

オンリーユー。

アナタダケヨ。

コウジ。

スキ。

スキ。

だぁいすきです。

……。

コウジ「みんなかわっていくんだ。理沙子もかわるさ」

理沙子「コウジとおなじ街に住んで……たのしかった。
でもこれからは、住む街がかわるからって、
……そんなこと別れる理由にならないヨ」

コウジ「かわれるって表現がわるければ〈出発〉〈巣立〉。
ぼくらがおとなになったとき、
未来の思いでのなかで、
あれでよかったんだ……
あのとき別れていて……
よかったんだって思うさ」

なんて古典的なの。

未来のことなんか、どうでもいい。

理沙子「きらいになったんでしょう。
そうよ。
キョウミなくなったから、わたしと別れたいんでしよう。
そうなら、そうと、はっきりいって。
……あきらめる」
コウジ「そんな。そんなことあるもんか」
あああ、やっぱ、コウジをおこらせてしまった。
いつも、いつもかれをおこらせてばかりいるのだ。

いじっぱりの理沙子。
ダメじゃないのよ。

ゴメンネ。
コウジぃ。           
わたしみんなしっているのよ。

コウジが進学できないこと。

家のあと継ぐように強制されてることを。

給料が払えない。
ながいこと勤めていた建具職人さんが、みんな辞めてしまった。
だから、家族だけで、零細企業と笑われようとも、建具屋をつづけていく。
長男のコヴシはとうぜん家業をつぐ。
それがごくあたりまえの町。        

因循姑息だあ!!
古くさくて、急場しのぎの判断しかできない町の雰囲気。
きらい。

コウジに男の思い人がいた?  
いる? 
過去形か現在完了形かわからないけど。
るいは、現在完了進行形?



one bite,please. ひと噛みして!! おねがい。
         ↓
    にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説

ああ、快感。
コメント

夕日の中の理沙子 14 麻屋与志夫

2008-11-29 21:11:02 | Weblog
それを、おとなぶって距離をおいて。
わたしとコウジのこと。
まとめてつきはなす。

こういうのって、ほら、衒い、むずかしい漢字だわ。
でも、わたしは東芝のルポのおじさんをつかって日記つけている。
ひらがなで打ちこんで、変換キーをおすだけ。
テライナノヨネ。 

客観的に哲学的に自己認識をしょうなんて衒学きどりだ。

そんなのイヤァ。 

勇気だして書いておこう、ね。

わたしの初恋。       

アデュー、いとしのきみ。

そうは、いかないわよ。
わたしは、サヨナラなんて、いわせないから。
いわない……からね。
コウジのこと愛してる。
別れてなんか、やらないから。

女のよさをもっと、もっと教えてあげるんだから。
どんなことが起きても、わたしはコウジについていく。
おとこのヒトのところになんか、かえしてやらないから。 
コウジがつきあっている同性のともだちって、だれなのよ。
わたし、嫉妬してるんだからね。
ヤイてる。
ヤイテマス。 
くろこげよ。頭から黒煙ふきだしている。

噂がほんとうだとしても。
わたしのコウジへの気もちには微動のゆらぎもないぞ。

WOWOWで時代劇特集ばかりみてるから。
わたしの語感までおかしくなってしまった。

男子校なんだから、それはいろいろあるだろうさ。
アッテも、なにがあってもわたしはおどろかないからね。
かまわないから……。 
気にしないから……。 
なにも、わたしに教えないで。
いわないで。
ぼくははじめて女のこすきになった。
…… それがどういう意味かしったのはあとになってからだ。
その、ことばに、どんなことが、どんな感情がふくまれていたのかわかってあげる。
それまでコウジには男の思い人がいたのがほんとうだとしても、いまもそういうヒトがいてもかまわないよ。
死ぬまで、はれないゾ。

いつまでも、いつまでも、永久にいっしょよ。
ふたりのまわりでは、時間なんかとまっちゃうんだから。

マジデ、万葉の相聞歌を引用しちゃう。 

うちひさす宮道(みやぢ )を人は満ち行けど我が思ふ君はただひとりのみ

我が思ふ君はただひとりのみ……いいんだな、こういうとこが、万葉の女人のきもちなのよね。

わが思ふ君はただひとりのみ。

ただひとりのみ、なんて……すなおに、あからさまに、スパッと、いってみたい。

でも、そういういちばん大切なことってなかなかいえないものよ。




one bite,please. ひと噛みして!! おねがい。
         ↓
    にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説

ああ、快感。
コメント

夕日の中の理沙子 13 麻屋与志夫

2008-11-29 04:41:35 | Weblog
ついに、コウジをおこらせてしまった。

そのことは……あまりおもいだしたくない。

かなしい。 

さびしい。

泣けてくる。

もう一週間にもなるのに。

まだおこっている。

わたしだって、女の子。

かよわい女の子なんだから。

オトメチックに泣きたいときだって、Rんだからね。

シクシクシクシクシクシクシク。

こらあ、さいげんなくおもしろがって。

カタカナをうちこむなって。

ルポのおじさんがおこっている。????……。

あまりおこるとPCにのりかえるからね。

こんな、記号うって、ぜんぜんこりていないわたし。         

おこらないで。   

おこらないで、コウジ。

ゴメン。

コウジとの会話。    

どうしょう。

書こうか。

書くまいか。

かんがえた。  

それでも結論がでない。    

どうするの、理沙子。 

彼とのことは心のなかに秘めておけばいいじゃないの。             
秘すれば華。        

ああしたとか。  

こうしたとか。  

アレヤッチャッター。

脱ぐわ。

脱ぐわ。 

脱ぎますわよ。

なんて……。

タレントの暴露本じゃあるまいし。

でも、こころのストリップしちゃおうかなぁ。

どうするぅ。

ヤダな、別ればなし日記に書くなんて。

そんなことになったら……。

困るもん。

別れ話、なんてことになったらどうしょう。

そんなのシュミじゃないよ。  

でもさ、でも……いつまでも覚えていて。

わすれちゃいけないことなんだから……。

ワタシガ、この理沙子がおばあちゃんになっても。

わすれちゃいけないことなんだ。

わたしがいま中学3年生で、お受験を目の前にして。

そんなことほったらかして会いたい……声をききたい!    

コウジ! こんな気もちになるんだから。

この恋ほんもの。

だ‼ ――とおもう。



one bite,please. ひと噛みして!! おねがい。
         ↓
    にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説

ああ、快感。


コメント

夕日の中の理沙子 12 麻屋与志夫

2008-11-28 16:03:42 | Weblog
「あたら、せんぱいづらして、理沙子いびるんなら、あったしがあいてするわよ」
すさまじい気迫だった。    

それで、こわいお姉たちもだまってしまった。
ほんとは、わたしが美しすぎるからだ。
わたしは美しいなんておもったこともなかった。

ところがコウジがきれいだ。
なんていってくれたから、その気になってしまったのだ。
ぼくははじめて女の子をすきになった。 
わたしが、その言葉のシンジツをしったのはずっとあとになってからだ。
はじめて、女の子を……すきになった。
なんて、ニクイニクイコトいった。
女に嫉妬されるほどきれいらしいんだ。 わたしは。
でも綺麗、美しいなどということは、主観のなかのことだ。
愛するひとにそういわれれば、それでもう十分なのだ。
それにしても、こわいんだから、ブス女のシット。
キットだれだって美しく生まれたいのだ。
でも、じぶんの容貌をオダーして、生まれてくるわけじゃない。

ブスに生まれたら、天をウラメ。

あああ……かわいそうなクリーチャなのだ。

女という生きものは。 

そこで、わたしテキには、あまりいじめられるので。

(不良グループには先生もなにもいわない……)のに気づいた。

先生たちは半マジメくらいの生徒をいびるのだ。

ああ、校長先生の理想と現実はどうしてこうもちがうのだ。

青春小説のなかのお事件とわしたちのまわりの現実は。

なぜなぜこうもへだたりがあるのかしら。   

でも、それがオモシロイの。

ネネネ。

ツツパリ生徒にはなんにもいわない。

キレそうなこにはなんにもいわない。

閉じこもりオタクには声もかけない。

けっきょく、こわいんだろう。
けっきょく、わたしたちはわたしたちで、生きていかなければならないのだ。

自衛権を発動しなければ中学生活なんて真っ暗闇。
みんなぁ、がんばっていきていこうぜょ。

キヨミたちと仲良くよくするようになってからは。
たしかに先生やセンパイたちからの批判とイジメの風あたりは弱まった。
いまでは、「花の清美組」アリガトウ。

感謝感謝。




one bite,please. ひと噛みして!! おねがい。
         ↓
    にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説

ああ、快感。

コメント

夕日の中の理沙子 11  麻屋与志夫

2008-11-28 08:51:10 | Weblog
2月23日 
寒い。
……。
寒い。
……。
寒かった。

そんなバカなことあるかよ……。

コウジをおこらせてしまった。

あたしがわるいの。

AK。後が気まずい。

そうわかっていたのに。

……あのときすぐあやまればよかった。

あたしってネはシャイナ。 

それでいて、イジッパリ。 

目立ちたがり屋。

周りのひととうまくいかない。

KY。

空気読めない。

環境破壊人間なんだ。 

デストロイヤーなのだ。

ヤーな性格しているんだ。

キヨミたちのグループと組んでいるんだって。

はじめはセルフデェフェンスだった。

わたしは、ほんとは西中にはいるべきだったのだ。
だって、西中の学区だったのだから。 

それを。
父が。
東中のほうが。
宇女高への。
進学率が高い。
非行問題が頻発していない。
という。
おとなの論理で。
母の実家の千渡に。
わたしが住んでいることにして。
……ああもういや。
……東中にもぐりこませたのだ。

それが裏目にでた。

なまいきだ。

よその学区内なのに……理由はなんとでもつけられる。
1年入学のときから先輩や体操教師担任のミス大田に。
いじめぬかれてきた。

ぜんぜん……校長の理想とはほどとおいカンジ。
それが東中学校の現実だった。

べんざ、風邪薬のベンザじゃねえぞ。
便座に顔をおしつけられーー。
リンチくってたあたしをヘルプしてくれたのは。
同級生の男の子じゃなかった。 

キヨミだった。

いまどきの、同級生のオトコの子なんか。
軟弱。
てんでたよりがいがないんだから。

ゴキブリも殺せない。 
教室をはいまわるゴキブリに。
「いやぁん、おかあさん……こわいよぅ」
といって机のうえに逃げてしまう。
ソンナノッテあり?    
かなしいよ。
ああ、いやだ。いやだ。





one bite,please. ひと噛みして!! おねがい。
         ↓
    にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説

ああ、快感。
コメント

夕日の中の理沙子 10 麻屋与志夫

2008-11-27 23:17:48 | Weblog
2月22日 

「将来の希望は……上京して……、hookerになりまーす」
キヨミがショウゲキ的な、カゲキな発言をした。
ところが、英語のオバンの香川先生。
おかわいそうにフッカーがわかナインデヤンノ。
 
モチ、プリテイウーマン、みてないのね。
なん年遅れの流行か、わかんないけど。
この土地では、チョウ人気の映画なんだ。
今、宇都宮の名画座でやってんのにネ。
WOWOWでもやったヨ。

それに、おジョウヒンなミッション系のS女子大出身の先生としては、hookerなんて、涜神的ワードはおぼえなかったのよね。

キヨミの、お水系の、しもネタなんか理解できないで、イライライラ。
キョウミないってかんじでシカトしちゃつて、またイライラ。

そんな態度つづけていると、生活習慣病で、蜘蛛膜下出血するからね。
わたし、心配してあげてるのョ。 
なんたって、ジュリア・ロバーツは「エリン・ブロコビッチ」では、出演料が女優初の2000万ドル!  
日本円になおしたらいくつ0がつくのよ。
大女優なのにねー。
休み時間になってからがたいへんだった。

キヨミがもう、みんなともお別れだからさ……ということで、処女を中年のオジンにたかくうりつけていらい、ミニツケタセイギ、ミニったって、ミニスカートのことでないぞ、せいぎ、正義ではないぞ、このう……もう、凄い技をおひろめした。
きいているだけで、ぞくぞくものだった。
そんでもって……ね。
なんだね、このハイテックをくっしして。
トウキョウの男をナデ切りしてやる。
おれ、わりーい女かな……という言葉。

みんながぷっとふきだした。 

スーゴイい言葉のハイテックもみにつけてる。

尊敬しゃうんだナ。ン。 

どこまてが、ブラフで,どこまでがほんとか。

ワカンナイ。

キヨミちゃん。身長175㎝。
まだ成長している。
体重55㎏。BWHは90・59・91ダゾ。       
超絶美女のキヨミならトウキョウの男の子を征服できるかも。
スーパーモデルにだってなれる。

身長だってまだまだのびてるってカンジ。
ほんとよ。
キヨミのBEAUTYはそれほどのものだ。
美はすべてを超越する。
シテイ・ボーイよ。
田舎娘のパワーを甘くみたらあかんでぇよ……。

ウヒヒヒヒッ。





one bite,please. ひと噛みして!! おねがい。
         ↓
    にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説

ああ、快感。



コメント

夕日の中の理沙子 9  麻屋与志夫

2008-11-27 14:33:07 | Weblog
2月19日

霜柱を踏むのが好き。  

朝、遠回りをして西武子川の土手を歩く。

さくさくと霜の柱をリーガルの靴底が踏み砕く。 

白く氷結した細い垂直の柱。 

幾千億のこまかな光りの微粒子がきらめいている。

日が照れば、解けて大地の露となる霜柱。

さくさくさくと、なにか貴重なものを、壊しているようでぇ、快感。

朝の霞みのなかにわたし漂っている感じ。      

リーガルの靴。

宇都宮の青柳靴店までいって買ってきた、わたしの愛用の靴。

灰色の中学生活へのささやかなレジスタンス。

リーガルの靴。

もちろん、先生にみつかれば、職員室によばれる。
ねっちりと、しぼられることうけあい。
校門くぐるまでには、スニカーにはきかえる。        

「あんた、ケバイことするじゃん。コウジ先輩と歩いているのミタヨ。まだつきあっていたの」
と中村清美。長身。超絶美女。

「ゴメン、ごめん。彼とは……なが、ビーちゃってるのよね……」

「てきとうに、きれたら。だめよ、ひとりの男にいれあげちゃ」

「ご忠告……いたみいります」

午後。三者懇談。
最終的な進路決定のためだ。

担任のミス大田がまたイヤミ。
母とわたしをまえにして、お母さんがおいでだから、本人にはいえなかったことを、このさいだから……いっきに……いわしてもらいますわ……。

そういう、いやーな女なのだ。
体操教師のひがみよね。  

この時期になると、高校進学の五教科に関係ない先生がたは、おきのどくなんだから、もう。

だーあれにも、まともに、あいてにされない。 
それを……意識しスギて、

「川村さん体育の時間には必ず校庭にでて参加してくださいね。いくら五教科の成績がよくても、内申書がありますからね。私の意地でもあなた宇女高おとしてあげますよ」

もう。
まったく。
いいかげんにしてよ。
いいスギてることがワカンナイの。
ハラスメントだわ。
人権侵害よ。
教育の自由を束縛する発言だわ。

オバケババアの学校だぁ。

砂カケテやるぞ。
ノロッテヤルゾ。
校長の理想と周囲の現実って、どうしてこうもちがうの。
ニッポンイチの神沼東中のニッポンイチの校長先生がオカワイソウ。

まじで、オケラ部なんか、全国大会でNHK杯をもらっているんだから。
ほんとにほんとに桃太郎。
にっぽんいちがあるチュウガクダちゅうのは、ほんとなんだから。



one bite,please. ひと噛みして!! おねがい。
         ↓
    にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説

ああ、快感。



コメント

夕日の中の理沙子 8   麻屋与志夫

2008-11-27 07:38:07 | Weblog
いまワァ、たとえ、彼に男の親密な友だちがいても。
こだわらない。
男の恋仇がいたとしても。
あまりそのことは。
かんがえない。
これでいいのだ。 

ひとの噂に動揺しないこと。
忠告。ラブラブingのあなたへ!!
街の噂。ひとの噂なんか気にしないでね。

コウジは建具屋の家が倒産しちゃったのも。
かくしている。
いま、神沼の街はたいへんらしい。
バブルがはじけた。
わたしたちの世代はもうそれを生まれたときからあじわっているのだ。
不況に耐えてきた、地元の零細企業が。
ばたばた、(こいうのって将棋だおしっていうのだったよね)倒産しちゃっている。
負け組の街。
神沼なんていわれている。
くやしい。

悲劇のチホウ(地方)経済。不景気なのだ。
地元の商店、すべての職業が、トウキョウの大資本の攻勢をうけている。
父が大企業のサラリーマンでよかった。
ふいの転勤に不安がある。
あとはなにも心配することはない。   

せまい街だもの、ウワサすぐにひろまる。
コウジの家の倒産なんてその日のうちに街中に知れわたっているわ。
借金の取り立てと地上げ屋にせめたてられていると、評判だ。

ああ落日の街。    
ぜんぜん天国にいちばんちかい街なんかじゃないのになぁー。
神沼。
神サマがすむ沼のあった街だなんて、だれがいうのよ。
イヤ。
モウ、わたしもいろんなこと、こうるさい街のひとに噂されてるんだろーな。
噂なんか入れる余地はわたしのこころにはありませんからネー。
噂なんかぜんぜん気にしてないよー。

わたしだって、できることならはやくこの街をでたいのだ。




one bite,please. ひと噛みして!! おねがい。
         ↓
    にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説

ああ、快感。


コメント