田舎住まい

吸血鬼テーマーの怪奇伝記小説を書いています。

負のスパイラルからぬけだせ。小説をかけ。  麻屋与志夫

2017-10-16 22:54:29 | ブログ
10月16日 Mon.

●PCをonする。
しばらく、黒い画面が続く。
その間にじぶんの顔が映っているのを見る。
老いぼれたものだ。
なにかなさけなくなる。
精神は老いないのだが、からだはぼろぼろだ。

●向かいあった顔にイヤ気がさした頃、液晶画面は青くなる。
「ようこそ」と歓迎してくれる。

●このところ膝が痛むので、デスペレートなかんがえばかり脳裏にうかぶ。なさけない。

●具体的なことはかかないが、まさに絶望的な環境の中で、さしごの力をふりしぼって創作にはげんでいる。

●でも読んで下さるかたは、GGの泣きごとをききたいわけではない。
わたしも人を楽しませるために小説をかいているつもりだ。

●明日からは、負のスパイラルからぬけだして、いよいよ小説のほうをかきだします。



二年前にはリリとの別れがありました。そのときの悲しみをカミサンとまとめた作品があります。ぜひ読んでください。角川の「カクヨム」に載っています。下記の題名で検索してください。すぐ読めます。


「愛猫リリに捧げる哀歌」

猫愛/
猫のスリスリ/
むくむくの毛並み/
猫とのサッカ―/
リリの病/
闘病/
看病/
ペットロス/

猫を愛するみなさんへ。ペットロスに悲しむあなたへ。
麻屋与志夫  木村美智子


この作品は、先住猫ブラッキーとリリ、わたしたち夫婦の楽しい思い出。リリは一年と八カ月で他界。その間の様子を記録したブログを編集したものです。わたしたちはペットロスにおちいり、とくに、妻は涙、涙の日々をおくっています。なんとか、この悲しみからぬけだそうと、もがけばもがくほど、悲しみは深まるばかりです。猫、大好きなみなさん。ペットロスで苦しんでいるみなさん。猫との生活の楽しさ、死なれた時の悲しさ。わたしたちと共有してください。
ブログ「猫と亭主とわたし」木村美智子+「田舎暮らし」麻屋与志夫より編集。


  今日も遊びに来てくれてありがとうございます。
 お帰りに下のバナーを押してくださると…活力になります。
 皆さんの応援でがんばっています。


にほんブログ村

コメント

「メハマラ」と老いてくる。負けてたまるかボーイズチンアップ。 麻屋与志夫

2017-10-15 05:43:41 | ブログ
10月15日 Sun.

●よく男が老いていく順番を「めはまら」という。「目」「歯」と表記すればすぐわかる。三番目は女性の読者もいることだから、省略しておく。

●わたしは目のほうは既に白内障の手術をうけている。「オナラマン」と同室になってえらい目にあった。たまたまリアルタイム解析をみていたら2016,12,23のブログにそのことを載せていた。

●再録しますね。

12月23日 Fri.
●「メガネがない。メガネがみつからない」
朝からカミサンがさわいでいる。今日は祝日。塾の授業はお休み。かねて番組表に赤まるをつけておいた「白鯨との闘い」をみるつもりなのだろう。
●「メガネがない。メガネがない」
部屋から部屋へと探しあるいていたが、離れのほうで笑い声がする。
「メガネかけていた」
カミサンは無邪気に笑っている。わたしは、心配になった。
これは……たぶん白内障だ。数年前、わたしがメガネをかけているのに、視野がぼやけたことがあった。あのときの、わたしの症状に似ている。
●手術後、わたしは大事を取って病院に一日入院をした。二人部屋だった。不運にもオナラマンと同室になってしまった。ブウブウとオナラをする。まさにミゴトナ連続技。とどまることのないオナラが、チェーンスモーカ―かが吐きだす煙のようにお尻からたてつづけに吐きだされた。
●タバコの煙はきらいではない。お尻から吐きだされる悪臭には辟易した。
●「部屋をかえてもらえばよかったのに」
カミサンにオナラマンのことをこぼしたところ、叱られた。
わたしの衣類にまで異臭がしみこんでいた。
●いつも元気なカミサンだったが、どうやら白内障のようだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●二人部屋に入院するのはもうこりごりだ。もっとも、病気で入院するようになったら困る。健康年齢をすこしでも伸ばして生きつづけたい。

●話がそれたが、白内障の手術をしてレンズが入っているので目のほうは心配ない。

●歯はもう全滅に近い。じぶんの歯は三本くらいしかのこっていない。この「くらい」というところがいかにもわたしらしいと思う。

●じぶんのことに関する限りすべて無頓着。髪はうしろになでつけただけ。もっともいまでは、なでつけるだけの頭髪はさびしくなっているが――。

●石鹸で顔を洗ったことはない。風呂にはいっても石鹸を使うのは年に数回だろうか?

●服装にも無頓着なのだが、カミサンがなにかと気配りしてくれるので、これは平均値。それに娘たちがブランド品のポロシャツなどを買ってくれる。ポロシャツにかんするかぎり、オシャレ。

●ユニクロのジャンパーの下にポールスチャート、ブルクスブラザース、サンローラン、ラルフローレン、ラコステ。そのた、ほとんどのブランドがそろっている。娘たちへの感謝をこめて、ぜんぶ着るのにはあと三十年くらい長生きしなければ――と覚悟をきめている。

●ネクタイは買ったことがない。背広はいままでに三着くらい。

●まあ、いちいちあげていったらきりがない。わたしは、かなりの偏向偏屈、無精、イイカゲンな男だ。

●それを支えてくれているのが、神オシャレ心の持ち主であるカミサンだ。

●似た者夫婦でなくて、よかったなぁ――。

●なにかオカシナブログになってしまった。ゴメンナサイ



二年前にはリリとの別れがありました。そのときの悲しみをカミサンとまとめた作品があります。ぜひ読んでください。角川の「カクヨム」に載っています。下記の題名で検索してください。すぐ読めます。


「愛猫リリに捧げる哀歌」

猫愛/
猫のスリスリ/
むくむくの毛並み/
猫とのサッカ―/
リリの病/
闘病/
看病/
ペットロス/

猫を愛するみなさんへ。ペットロスに悲しむあなたへ。
麻屋与志夫  木村美智子


この作品は、先住猫ブラッキーとリリ、わたしたち夫婦の楽しい思い出。リリは一年と八カ月で他界。その間の様子を記録したブログを編集したものです。わたしたちはペットロスにおちいり、とくに、妻は涙、涙の日々をおくっています。なんとか、この悲しみからぬけだそうと、もがけばもがくほど、悲しみは深まるばかりです。猫、大好きなみなさん。ペットロスで苦しんでいるみなさん。猫との生活の楽しさ、死なれた時の悲しさ。わたしたちと共有してください。
ブログ「猫と亭主とわたし」木村美智子+「田舎暮らし」麻屋与志夫より編集。


  今日も遊びに来てくれてありがとうございます。
 お帰りに下のバナーを押してくださると…活力になります。
 皆さんの応援でがんばっています。


にほんブログ村

コメント

まだ、ボケるな!  自伝をかいてからボケろ!! 麻屋与志夫

2017-10-13 09:49:45 | ブログ
10月13日 Fri.

●昨日のブログ。おもわず実名を明記してしまった。
ともかく、72年も前の竹馬の友だ。
あのころのことが、むしょうになつかしい。
あれからあとの、戦後の荒波をどのようにすごしたのだろうか。
あるいは、わたしもこのとおり元気なのだから、どのようにすごしているだろうか。
とかんがえるとさらに、なつかしさがこみあげてくる。

●カミサンは渋谷の幡が谷小学校から縁故疎開してきた。
その当時の、友だちとはひとりも連絡がとれない。
せめて、母が乾物屋をしていた場所だけはわかるからというので、ちかいうちに訪ねてみたい。

●やはりこの歳になってみると、むかしのことがなつかしいものだ。

●わたしは本名は「木村正一」ペンネームでいまの友だちとは交際している。

●これほどむかしのことがなつかしいのだから、自伝をかきだしても不思議ではない。

●自伝をかくとなったら、かくことはありすぎる。

●まだまだ、ボケる、わけにはいかない。

●ボケるは差別用語ですよね。でも、自虐ですからゆるされますよね。



二年前にはリリとの別れがありました。そのときの悲しみをカミサンとまとめた作品があります。ぜひ読んでください。角川の「カクヨム」に載っています。下記の題名で検索してください。すぐ読めます。


「愛猫リリに捧げる哀歌」

猫愛/
猫のスリスリ/
むくむくの毛並み/
猫とのサッカ―/
リリの病/
闘病/
看病/
ペットロス/

猫を愛するみなさんへ。ペットロスに悲しむあなたへ。
麻屋与志夫  木村美智子


この作品は、先住猫ブラッキーとリリ、わたしたち夫婦の楽しい思い出。リリは一年と八カ月で他界。その間の様子を記録したブログを編集したものです。わたしたちはペットロスにおちいり、とくに、妻は涙、涙の日々をおくっています。なんとか、この悲しみからぬけだそうと、もがけばもがくほど、悲しみは深まるばかりです。猫、大好きなみなさん。ペットロスで苦しんでいるみなさん。猫との生活の楽しさ、死なれた時の悲しさ。わたしたちと共有してください。
ブログ「猫と亭主とわたし」木村美智子+「田舎暮らし」麻屋与志夫より編集。


  今日も遊びに来てくれてありがとうございます。
 お帰りに下のバナーを押してくださると…活力になります。
 皆さんの応援でがんばっています。


にほんブログ村

コメント

膝を痛めているのできゅうにオイボレタ。 麻屋与志夫

2017-10-12 10:59:16 | ブログ
10月12日 Thu.

●裏の空き地ではセイタカアワダチソウが3メートルほどに伸びている。
黄色い花の上を秋風が吹き過ぎていく。
その向こうに戦時中のままの長屋がのこっている。
立川から新井隆君が姉妹と共に疎開してきていた。
中里介山「大菩薩峠」が隆くんのところにあった。
「お父さんの本だから」というのをむりにたのんで読ませてもらった。

●戦時中のことで本屋さんに本は売っていなかった。
田舎町だったからなのだろう。
宝蔵時に疎開してきていた牛込区津久戸小学校の太田君や奥村君から本を借りた。
そのかわりサツマイモを提供した。
東京からの疎開の同級生がいなかったら、わたしの読書遍歴は非常に貧しいモノになっていたろう。

●宝蔵時の屋根を眺め、アワダチソウを眺め、回想にふける。

●膝をいためているので、急にオイボレたようだ。



二年前にはリリとの別れがありました。そのときの悲しみをカミサンとまとめた作品があります。ぜひ読んでください。角川の「カクヨム」に載っています。下記の題名で検索してください。すぐ読めます。


「愛猫リリに捧げる哀歌」

猫愛/
猫のスリスリ/
むくむくの毛並み/
猫とのサッカ―/
リリの病/
闘病/
看病/
ペットロス/

猫を愛するみなさんへ。ペットロスに悲しむあなたへ。
麻屋与志夫  木村美智子


この作品は、先住猫ブラッキーとリリ、わたしたち夫婦の楽しい思い出。リリは一年と八カ月で他界。その間の様子を記録したブログを編集したものです。わたしたちはペットロスにおちいり、とくに、妻は涙、涙の日々をおくっています。なんとか、この悲しみからぬけだそうと、もがけばもがくほど、悲しみは深まるばかりです。猫、大好きなみなさん。ペットロスで苦しんでいるみなさん。猫との生活の楽しさ、死なれた時の悲しさ。わたしたちと共有してください。
ブログ「猫と亭主とわたし」木村美智子+「田舎暮らし」麻屋与志夫より編集。


  今日も遊びに来てくれてありがとうございます。
 お帰りに下のバナーを押してくださると…活力になります。
 皆さんの応援でがんばっています。


にほんブログ村

コメント

ラノベはよした。ヌーボーロマン風の自伝でいこう。 麻屋与志夫

2017-10-11 10:52:44 | ブログ
10月11日 Wed.

●二階の書斎の室温が28°もあった。
おどろいた。
肌寒い季節になりようやくブラッキ―と同衾できたのに、この温度では彼女は知らぬ顔。
わたしのベッドなどには近寄らない。
GGはあんたの湯たんぽ代わりなのかよ!

●「10月にはめずらしい、夏日がつづくでしょう」とお天気お姉さんがいっていた。

●あまりの暑さに、小説をかくことができない。
本棚の前にたたずむ。
うんざりするほど本がある。
この本を全部、もういちど読みかえすことは不可能だ。
蔵書は2万冊を下るまい。
いままでに約5万冊の本を読んでいる。
これは、わたしがこのところホトンド売れない作家だからだ。
売れるあてのない原稿をかいている。
こんなさびしいことはない。
だから読書にはしる。
読んで読んで読みまくっている。
読書量はふえるが、出費ばかり嵩んで、台所は火の車。
よくカミサンが、「やりくってくれているな」と頭が上がらない。

●売れない理由はわかっている。
ラノベの世界はいまやファンタジー一色。
ファンタジーでなければだめ。
ここに生きていく市民権が無きに等しい。
それなのに吸血鬼小説、それも恐怖、残酷、反社会的、性描写有りではだめですよね。
ロマンチックなファンタジーがかければいいのですが、その才能を期待されることは、この歳では――。

●ラノベをかくのはあと一作。
それでだめなら、売れない小説――原点にもどってヌ―ボロマンの手法で自伝でもかきだそうかな。

●この正月からかきだした「尾長鳥」をそういう作風にしていきたい。
とりあえず、この小説を自伝に似せてかきすすめることにした。



二年前にはリリとの別れがありました。そのときの悲しみをカミサンとまとめた作品があります。ぜひ読んでください。角川の「カクヨム」に載っています。下記の題名で検索してください。すぐ読めます。


「愛猫リリに捧げる哀歌」

猫愛/
猫のスリスリ/
むくむくの毛並み/
猫とのサッカ―/
リリの病/
闘病/
看病/
ペットロス/

猫を愛するみなさんへ。ペットロスに悲しむあなたへ。
麻屋与志夫  木村美智子


この作品は、先住猫ブラッキーとリリ、わたしたち夫婦の楽しい思い出。リリは一年と八カ月で他界。その間の様子を記録したブログを編集したものです。わたしたちはペットロスにおちいり、とくに、妻は涙、涙の日々をおくっています。なんとか、この悲しみからぬけだそうと、もがけばもがくほど、悲しみは深まるばかりです。猫、大好きなみなさん。ペットロスで苦しんでいるみなさん。猫との生活の楽しさ、死なれた時の悲しさ。わたしたちと共有してください。
ブログ「猫と亭主とわたし」木村美智子+「田舎暮らし」麻屋与志夫より編集。


  今日も遊びに来てくれてありがとうございます。
 お帰りに下のバナーを押してくださると…活力になります。
 皆さんの応援でがんばっています。


にほんブログ村

コメント

祭囃子もとだえ、秋がふかまる。 麻屋与志夫

2017-10-09 08:38:42 | ブログ
10月9日 Mon.

●祭囃子の音も遠のいた。
屋台のご巡幸が石橋町の集合場所のほうに下っていったのだろう。

●遠い太鼓の音もとだえた。
祭りがおわった。
にわかに庭の虫のすだきがよみがえってくる。
いや、虫はたえまなく鳴いていたはずだ。
街のざわめきが消えたので虫の音がきこえてきたのだ。

●祭りがおわると、鹿沼はいっきに秋の趣が濃くなってくる。
せせらぎ公園の川沿いの小道にドングリの実がころがり花ミズキ通りは紅葉の季節をむかえる。

●ブラッキ―は室温が15°になったのでわたしの寝床にもぐりこんでくる。
ネコちゃんがいちばんかわいい季節になった。

●ことしは霧降の紅葉を観に行きたいのだがまだすこしはやいだろうな。

●原稿に向かう。




二年前にはリリとの別れがありました。そのときの悲しみをカミサンとまとめた作品があります。ぜひ読んでください。角川の「カクヨム」に載っています。下記の題名で検索してください。すぐ読めます。


「愛猫リリに捧げる哀歌」

猫愛/
猫のスリスリ/
むくむくの毛並み/
猫とのサッカ―/
リリの病/
闘病/
看病/
ペットロス/

猫を愛するみなさんへ。ペットロスに悲しむあなたへ。
麻屋与志夫  木村美智子


この作品は、先住猫ブラッキーとリリ、わたしたち夫婦の楽しい思い出。リリは一年と八カ月で他界。その間の様子を記録したブログを編集したものです。わたしたちはペットロスにおちいり、とくに、妻は涙、涙の日々をおくっています。なんとか、この悲しみからぬけだそうと、もがけばもがくほど、悲しみは深まるばかりです。猫、大好きなみなさん。ペットロスで苦しんでいるみなさん。猫との生活の楽しさ、死なれた時の悲しさ。わたしたちと共有してください。
ブログ「猫と亭主とわたし」木村美智子+「田舎暮らし」麻屋与志夫より編集。


  今日も遊びに来てくれてありがとうございます。
 お帰りに下のバナーを押してくださると…活力になります。
 皆さんの応援でがんばっています。


にほんブログ村

コメント

わがこころに落ち葉ふる。  麻屋与志夫

2017-10-08 05:37:03 | ブログ
10月8日 Sun.

●きゅうに寒くなった。
季節のうつりかわりが、あわただしい。
ホリゴタツにふとんをかけるようにカミサンにたのむ。

●ブラッキ―と日溜まりの縁側に腰をかけて庭の花々が凋落していくのを眺めていた。
「今年は暑かったせいかしら。バラが貝がら病にやられて、散々だったわ」とカミサンが嘆いている。

●ブラッキ―がのどを鳴らしながらわたしのひざにのぼってきた。
光をあびて、毛色が金茶色に見える。
むかし「黒猫といえども白髪二三んボン」と俳句をひねったことがあった。
ところが、20年、文字どおり寝食をともにしているわが最後の肉食系の彼女は毛並みが退色してきていた。
耳の内側などは真白な毛になってしまった。
老いがひたひたとせまってくる。

●わたしも、この三週間ほど、ひざの痛みに悩まされている。
このまま歩けなくなってしまったらどうしたらいいのだ。

●いよいよ、これからだからな。これからが長生きラリーのはじまりだからな。
とブラッキ―に声をかけて背中をナデテやる。
ブラッキ―が「ンギャ」と応える。
鳴きかたまで、彼女はかわってきた。
声をかけると、「ウン」とか「オス」というようになってきた。
だんだん人語に近づいてきている?

●この一月。
「侵略された街」の推敲でブログをアップてきなかった。
だらしないな。
反省しながら庭仕事に励むカミサンの背を見つめる。
ひらひらと落ち葉が彼女の背にふりかかっている。




  今日も遊びに来てくれてありがとうございます。
 お帰りに下のバナーを押してくださると…活力になります。
 皆さんの応援でがんばっています。


にほんブログ村

コメント