田舎住まい

吸血鬼テーマーの怪奇伝記小説を書いています。

雨はあがったが、寂しさはつのるばかりだった。  麻屋与志夫

2015-11-26 18:28:36 | ブログ
11月26日 木曜日

●病院をでるとさいわい雨は止んでいた。
故郷鹿沼の街を少し散策した。
あまりに、街の様子がかわってしまったので、
寂しくなった。

●この夏亡くなったR君の家の前を通った。
彼は、すばらしい俳句作品を遺してくれた。
まだ50代だった。
彼の父親が友だちだった。
生まれた時からだからR君のことは知っていた。
なんとも悲しい、寂しくなった。
まだまだこれから、すばらしい句作をつづけてもらいたかった。
いつも彼が乗っていた自転車がポッンと玄関のわきに置いてあった。
それがいかにも冬の日らしかった。

●街に古い家が少なくなった。
建売住宅が多くなった。
一軒一軒デザインのちがった古民家を見るのが楽しみだったのになぁ。
住んでいる知り合いも、代替わりしてしまった。
同年輩で元気に生きている人がいなくなった。
これでは寂しくならない方がおかしいというものだ。
生きていても、健康な生活ができないのでは意味がない。

●若い時から知的なことに興味をもち、
趣味としていた人は、
結構毎日忙しく充実した生活を送っている。
そういう意味でも、R君の早過ぎる死は残念で仕方がない。
これから鹿沼において、イイ指導者になっていったはずだ。
残念だ。

●わたしもいままで、ずいぶんと読書会とか、文学サロンなどを催してきた。
でも、結局散文を書こうとする、後継者を育てることができなった。

●文学的な意味では、わたしの故郷鹿沼への想いは、ずっと片思いだ。



 今日も遊びに来てくれてありがとうございます。
 お帰りに下のバナーを押してくださると…活力になります。
 皆さんの応援でがんばっています。


にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へにほんブログ村


コメント

冷たい雨の中でかんがえたこと。 麻屋与志夫

2015-11-26 13:45:28 | ブログ
11月26日 木曜日

●朝から冷たい雨がふっている。

この冬初めての寒さ。

群馬県の草津では雪が降っているとテレビで報じている。

なるほど雪で白くなった屋根屋根が映っている。

太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪降り積む

――三好達治の詩を口ずさみながら外出した。

ブラッキがダニにとりつかれた。

それがいつも一緒に寝ているわたしにもうつり、

病院にかかってから早一月。

もういちど、念のためにクスリをもらいに出かけた。

●それにしても、いよいよ寒くなってきたものだ。

北国の長い冬の始まりだ。

●今年こそ、多作するぞ。

●掘りごたつで頑張りぬいてやる。



 今日も遊びに来てくれてありがとうございます。
 お帰りに下のバナーを押してくださると…活力になります。
 皆さんの応援でがんばっています。


にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へにほんブログ村




夏の日の水神の森
著者麻屋与志夫
150円(+税)  (税込 162円) 

超伝記の世界に生きる男の、朱色への恐怖がかもしだす心理サスペンス。あなたは、その裏に隠れていた恐怖に耐えられますか!

人狼よ。わたしはお前の早贄(はやにえ)なのか。保存食なのか。朱色の恐怖に慄く男は敵である人狼に怒りをたたきつける。その誕生のときより、悪霊のような人狼に狙われた男。三度の襲撃から辛うじて生き延びてきた。画家を志しながら成れなかった男。父に疎んじられ、学校の先生からも、クラスメイトからも、周囲のすべての人から迫害された男がたどり着いた出生の秘密。 朱色――あるいは鮮血の赤への恐怖は、生きながら血をながし人狼の生贄となるはずだった男の恐怖だった。餌とされ、生肉を咀嚼されたかもしれない記憶の底にわだかまる恐怖。超伝記ホラー作家を責め苛む恐怖の世界。そして、生涯優しい日本的な朱色を自然との調和を目指した三村節子画伯との思い出。美と醜。優しさと残酷さがいりみだれる世界。ラストに驚愕の事実が明らかになる。

カドカワ book walkerでぜひご購読ください。

コメント

世の中かわればかわるものだ。落ち葉掃きなんて死語だぁ。 麻屋与志夫

2015-11-24 21:01:31 | ブログ
11月24日 火曜日

●いつものせせらぎ公園の散歩道をカミさんと歩いていたら、
ブァと足元で轟音がした。
枯れ葉のつもった道を初冬の抒情にひたりながら逍遥していた。
足元の落ち葉がいっせいに同じ方角にすいよせられていく。
おどろいて、見ると肩に大きなタンクのようなものを担いで、
バッキュームクリーナー仕様の機械で落ち葉を集めている。
いや、吹き飛ばして一か所に集めている。

●落ち葉掃除機とでもいうのだろうか。

●落ち葉掃きなどという言葉が死語となるだろう。
いや、とうになっているのかもしれない。
竹ぼうきと熊手で落ち葉を集める。
やはりあのほうが、
かえって能率が上がるような気がするよに思うのだがな――。

●足元からたちのぼるホコリにむせながら早々に散歩をきりあげた。

   

   


 今日も遊びに来てくれてありがとうございます。
 お帰りに下のバナーを押してくださると…活力になります。
 皆さんの応援でがんばっています。


にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へにほんブログ村




夏の日の水神の森
著者麻屋与志夫
150円(+税)  (税込 162円) 

超伝記の世界に生きる男の、朱色への恐怖がかもしだす心理サスペンス。あなたは、その裏に隠れていた恐怖に耐えられますか!

人狼よ。わたしはお前の早贄(はやにえ)なのか。保存食なのか。朱色の恐怖に慄く男は敵である人狼に怒りをたたきつける。その誕生のときより、悪霊のような人狼に狙われた男。三度の襲撃から辛うじて生き延びてきた。画家を志しながら成れなかった男。父に疎んじられ、学校の先生からも、クラスメイトからも、周囲のすべての人から迫害された男がたどり着いた出生の秘密。 朱色――あるいは鮮血の赤への恐怖は、生きながら血をながし人狼の生贄となるはずだった男の恐怖だった。餌とされ、生肉を咀嚼されたかもしれない記憶の底にわだかまる恐怖。超伝記ホラー作家を責め苛む恐怖の世界。そして、生涯優しい日本的な朱色を自然との調和を目指した三村節子画伯との思い出。美と醜。優しさと残酷さがいりみだれる世界。ラストに驚愕の事実が明らかになる。

カドカワ book walkerでぜひご購読ください。

コメント

五郎丸のルーテンじゃないが、五郎八を飲んでから小説をかきだす。 麻屋与志夫

2015-11-22 10:46:12 | ブログ
11月22日 日曜日

●つくづく幸せだと思う。
子どもの頃、やりたかったことを、いま全精力を傾けてやっている。
もっとも、この歳だから、体のほうまで傾いてはこまるので、
規則正しい食生活を試みている。

●すきなこと、読書と小説をかくことに集中できるのだから、
こんなうれしいことはない。
ようやく、やりたかったことが、やれるようになった。82歳。
これからがわたしの本当の人生のはじまりだ。

●あさ、4時起床。
まず、寝床でメモしたことをパソコンに打ち込んでおく。
それから小説をかきだす。
いくらかいても、納得できるようにはかけない。
そこがおもしろいのだ。

●疲れると、五郎丸のプレ・パフォーマンス・ルーティンではないが、
菊水の「五郎八」を猪口で一杯だけのむ。
ほんとは、もっと飲みたいのだが、
小説をかく時間が減少するのはしのびないので、
健康も考慮して、がまんしている。

●猪口一杯。
アルコール度21%だからそれでもかなり効く。
元気をとりもどして、また小説をかきつぐ。

●生きることが、まいにちが、おもしろくて、たのしくて――これでは精神的には、
いつまでも子供でいるのがあたりまえですよね。

●でもここまでくる81年は波乱万丈。

●ようやく訪れた、フルタイムの作家としての生活。
たのしく長続きさせていきたいものだ。

●GGの小説は『角川B00K WALKER 惑惑星文庫』でお読みください。

●さてこれから、吸血鬼とご対面。
ということは、吸血鬼の登場する小説をかくということですが。
吸血鬼が夢にまででてきます。
昨夜など、夢で吸血鬼と戦っているつもりで、
寝ぼけて、となりで寝ていたブラッキの首を絞めてしまいました。

●ブラッキが鉤爪でわたしの腕をひっかいたので、ことなきを得ましたが――。
危うく愛猫を絞めてしまうところでしだ。




●いい歳をして、バカですよね。


 今日も遊びに来てくれてありがとうございます。
 お帰りに下のバナーを押してくださると…活力になります。
 皆さんの応援でがんばっています。


にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へにほんブログ村




夏の日の水神の森
著者麻屋与志夫
150円(+税)  (税込 162円) 

超伝記の世界に生きる男の、朱色への恐怖がかもしだす心理サスペンス。あなたは、その裏に隠れていた恐怖に耐えられますか!

人狼よ。わたしはお前の早贄(はやにえ)なのか。保存食なのか。朱色の恐怖に慄く男は敵である人狼に怒りをたたきつける。その誕生のときより、悪霊のような人狼に狙われた男。三度の襲撃から辛うじて生き延びてきた。画家を志しながら成れなかった男。父に疎んじられ、学校の先生からも、クラスメイトからも、周囲のすべての人から迫害された男がたどり着いた出生の秘密。 朱色――あるいは鮮血の赤への恐怖は、生きながら血をながし人狼の生贄となるはずだった男の恐怖だった。餌とされ、生肉を咀嚼されたかもしれない記憶の底にわだかまる恐怖。超伝記ホラー作家を責め苛む恐怖の世界。そして、生涯優しい日本的な朱色を自然との調和を目指した三村節子画伯との思い出。美と醜。優しさと残酷さがいりみだれる世界。ラストに驚愕の事実が明らかになる。

カドカワ book walkerでぜひご購読ください。

コメント

木枯らしの街をあるく。 麻屋与志夫

2015-11-08 11:59:18 | ブログ
11月8日 日曜日

●雨の日曜日。
初冬の雨が静かに降っている。
晩秋から初冬にかけて降る雨はいつも閑静なきぶんにしてくれる。
木々は葉をおとす。
渇水期にはいるので、川の流れも細々となってくる。
川床がみえるようになる。
豪雨のときの、洪水の爪痕はそのままだ。
河川敷を散歩する楽しみはとうぶんお預けだろう。

●「せせらぎ公園」を流れる「木島掘り」は枯山水のようになっている。
水は流れていない。
川床が干上がっている。
あまり見慣れない土砂が底にたまっていた。
茶色っぽいさらさらした砂だ。
上流の山腹から流れ落ちてきたので茶色味をおびているのだ。

●木枯らしの中、買い物にでかけた。
安喜亭の前を老婆があるいていた。
腰が曲がり足もO脚に曲がってしまい、
あるくのがとても難儀の様子だった。
カミさんがその老婆を追い越すときに驚いたように「あら――」と声をかけた。
同級生だった。
病気をしたので、と声だけは元気に老婆が応えている。
「あるくことをすすめられているの」

●すたすたあるいて、
老婆から遠ざかることがはばかられた。
ゆっくりとあるき、
曲がらなくてもいいところで右折した。
遠回りすることになるが、
あまりにも落差がはげしすぎる歩調を、
元気なわたしたちをみせるのには忍びなかった。

●この歳になると、病におかされた友人が多くなる。
健康でいることのありがたみを、
カミさんとしみじみとあじわいながら、
木枯らしの街をあるきつづけた。

 今日も遊びに来てくれてありがとうございます。
 お帰りに下のバナーを押してくださると…活力になります。
 皆さんの応援でがんばっています。


にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へにほんブログ村

コメント

ブラッキは痒くて掻く。GGは小説を書く。麻屋与志夫

2015-11-06 03:23:53 | ブログ
11月6日 金曜日

●昨日はブラッキをS動物病院に連れて行った。
やはりダニだろうということで、飲み薬をもらってきた。

●このところ毎日「方舟の街」をかいている。
今夜は、一行と一行との間に1200字ほど加筆した。
塾のほうの授業を減らしたので、
細かくかきこむ余裕がきたのは、
うれしい。

●昼と夜とが逆転してしまったようだ。
いま明け方の三時。
これから寝床にもぐりこむ。
ブラッキがすでに軽快な寝息をたてている。
いくぶん痒みが緩和されたのだろうか。
気のせいかもしれないが、
体を掻く動作が少なくなったようだ。

●かいて、かいて、かきまくってやるぞ。

●ブラッキが痒がってからだを掻いていたように、
GGは小説を四六時中かきまくってやる。



●かねてご紹介しました香取俊介著「渋沢栄一の経営教室Sクラス」がラジオドラマになたったという連絡がありました。ぜひ、聴いてみてください。



「渋沢栄一の経営教室Sクラス」がNHKFMのラジオドラマ

「青春アドベンチャー」枠でドラマになります。

11月2日より月~金、毎日、連続10回。

22時45分から23時までの15分です。

タイトルは「シブちゃん」

NHKのホームページに概要がのっています。

オーディオドラマの項目。




 今日も遊びに来てくれてありがとうございます。
 お帰りに下のバナーを押してくださると…活力になります。
 皆さんの応援でがんばっています。


にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へにほんブログ村

コメント

猫ちゃんの風邪はひとにうつるのでしょうかね。 麻屋与志夫

2015-11-04 07:24:58 | ブログ
11月4日 水曜日
●ブラッキがわたしの腕の中でクシャミをした。
寒くなって来たので夜は寝床にもぐりこんでくる。
ぴったりとよりそってひとりと一匹はこれからの寒い北国の冬を過ごすことになる。
それにしても、猫の風邪はひとにうつるのだろうか。
明け方、こんどはわたし自身のおおきなクシャミで目が覚めた。
右の鼻孔がむずむずしたのでクシャミをしたのだとはじめは思った。
無意識に鼻をホジッテしまう悪習がある。
ホジリスギテ、鼻血をだしてしまうこともある。
マスクをして手袋で完全防備で、寝床にもぐりこむしかないだろう。
室温八度。
すこし冬のくるのが早過ぎるような気がるのだが、みなさんはどう感じていますか。
若いときは、あまり感じなかったのですが、季節の変わり目が辛いです。

●猫クレイジィだ。
ブラッキはあいかわらずダニがまだついている。
色々売薬で手当てもした。
獣医さんでクスリをもらってきてつけた。
それでもいまのところ薬石効なく……といったところだ。
わたしも上半身赤いポツポツができてすこぶるカユイ。
それでもブラッキが甘え声で寝床にもぐりこんでくるのを拒めない。

●世界拷問史で読んだ記憶がある。
痛みよりも痒みにひとは耐えられない。
この痒み。
わかるような気がする。
やっぱりそれでも猫が好き。
つくづく猫クレイジィだと思う。
冬の夜長。
いままで生活をともにした猫ちゃんのことをおもい、涙ぐんだ。


●かねてご紹介しました香取俊介著「渋沢栄一の経営教室Sクラス」がラジオドラマになたったという連絡がありました。ぜひ、聴いてみてください。



「渋沢栄一の経営教室Sクラス」がNHKFMのラジオドラマ

「青春アドベンチャー」枠でドラマになります。

11月2日より月~金、毎日、連続10回。

22時45分から23時までの15分です。

タイトルは「シブちゃん」

NHKのホームページに概要がのっています。

オーディオドラマの項目。




 今日も遊びに来てくれてありがとうございます。
 お帰りに下のバナーを押してくださると…活力になります。
 皆さんの応援でがんばっています。


にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へにほんブログ村

コメント

掘りごたつで原稿の書ける季節がやってきた。 麻屋与志夫

2015-11-03 00:18:59 | ブログ
11月3日 火曜日
●寒くなって来た。
いよいよホリゴタツに陣どって原稿がかける。
わたしは、コタツで原稿をかくのがいちばん合っている。
疲れれば、そのままゴロリと横になって居眠りする。
ベッドまで行かなくて済むのが、いい。
一日平均して8時間くらいは原稿をかいている。
この歳になるまで、かきつづけられたのは、友だちの励ましがあるからだ。
みんなが頑張っているのに、わたしだけ怠惰をむさぼるわけにはいかない。

●このところブログが更新できない。
なさけない。
いまかいている、「方舟の街」で、手いっぱいで、ほかの文章をかけなくなっている。
まったくなさけない。
むかしは、何本でも同時進行でかけたのになあ。

●きのうは、一日冷たい雨が降っていた。
おかげで、原稿をかく時間がありすぎた。
10時間くらいかいたかな。
少し、さすがに、疲れた。

●かねてご紹介しました香取俊介著「渋沢栄一の経営教室Sクラス」がラジオドラマになたったという連絡がありました。ぜひ、聴いてみてください。



「渋沢栄一の経営教室Sクラス」がNHKFMのラジオドラマ

「青春アドベンチャー」枠でドラマになります。

11月2日より月~金、毎日、連続10回。

22時45分から23時までの15分です。

タイトルは「シブちゃん」

NHKのホームページに概要がのっています。

オーディオドラマの項目。




 今日も遊びに来てくれてありがとうございます。
 お帰りに下のバナーを押してくださると…活力になります。
 皆さんの応援でがんばっています。


にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へにほんブログ村

コメント