田舎住まい

吸血鬼テーマーの怪奇伝記小説を書いています。

リリとブラッキの脱出  麻屋与志夫

2015-10-17 10:40:49 | ブログ
10月17日 土曜日







●またしてもカミサンの絹を裂くような悲鳴。
このカミサンの甲高い悲鳴をどのように修飾したらよいのか。
いまだに迷っている。
適当な表現ができない。
猛禽類の鳴き声と表現して叱られたことがある。

●「庭にでたスキに、ブラッキが網戸をあけて、リリもふたりで脱走されたの」
二階から問いかけたわたしに、カミサンが声をはりあげて応える。

●一年ほど前、リリが迷い込んで来た。
わが家の一員となったときには、あれほど嫌っていたのに――。
それはそうだろう。
ブラッキもやはりよちよちと迷いこんで来た。
裏庭に放置してあったミユの餌の空き缶をなめていた。
哀れなので、家に入れて、蝶よ花よと育てて早十七年経っている。
ちゃほゃ(蝶や花や)育ててきた。
あるとき不意に子猫のリリが身近に存在することになったので、
おどろいたのだろう。
「ひりと娘だからブラッキはわがままなのよ」
「性格だ。インコやウサギ、犬となかよく住んでいる猫もいる」
「人見知りするたちなのね」
人でも動物でも個の存在のときは、あまり性格が目立たない。
ひかくするものができると際だって来る。

●そのブラッキがうれしいことに、ようやくリリになれてきた。
鼻をつきあわせて挨拶する。
水を同じ器からのむ。
ふたりで並んで二階のわたしの書斎から外を眺めていたりする。

●網戸などブラッキが率先して開ける。
リリがその後をおう。
そこで冒頭のカミサンの悲鳴とあいなるわけだ。

●これからGG作家の苦吟がはじまる。
すべて世は事もなし。
いつものルーテン。


 今日も遊びに来てくれてありがとうございます。
 お帰りに下のバナーを押してくださると…活力になります。
 皆さんの応援でがんばっています。


にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へにほんブログ村




夏の日の水神の森
著者麻屋与志夫
150円(+税)  (税込 162円) 

超伝記の世界に生きる男の、朱色への恐怖がかもしだす心理サスペンス。あなたは、その裏に隠れていた恐怖に耐えられますか!

人狼よ。わたしはお前の早贄(はやにえ)なのか。保存食なのか。朱色の恐怖に慄く男は敵である人狼に怒りをたたきつける。その誕生のときより、悪霊のような人狼に狙われた男。三度の襲撃から辛うじて生き延びてきた。画家を志しながら成れなかった男。父に疎んじられ、学校の先生からも、クラスメイトからも、周囲のすべての人から迫害された男がたどり着いた出生の秘密。 朱色――あるいは鮮血の赤への恐怖は、生きながら血をながし人狼の生贄となるはずだった男の恐怖だった。餌とされ、生肉を咀嚼されたかもしれない記憶の底にわだかまる恐怖。超伝記ホラー作家を責め苛む恐怖の世界。そして、生涯優しい日本的な朱色を自然との調和を目指した三村節子画伯との思い出。美と醜。優しさと残酷さがいりみだれる世界。ラストに驚愕の事実が明らかになる。

カドカワ book walkerでぜひご購読ください。

コメント

口裂け女に噛まれた。 麻屋与志夫

2015-10-15 10:14:28 | 夢見るGGの夢占い

10月15日 木曜日

雪が降っていた。
雪に触れたところが凍ってしまう。
雪の荒野に立っていた。
人里の明かりは見えない。
見渡す限りの銀世界。
わたしはどこかに行こうとしているのだが、
その場所がわからない。
どこに行こうとしているのだ。
もうこれいじょうは、歩けない。
雪が赤く染まった。
血らしい。
雪のなかからアギトが、このとき、不意にあらわれた。
ガブッと右腕に噛みつかれた。
身体を裂かれる激痛。
悲鳴をあげていた。
夢だった。
夢の中の悲鳴で目覚めた。
夢には色はない。
ソンナノウソダ。
あれは蘇芳色のわたしの血だった。
流血はとまらなかった。
夢から覚めても、噛まれたところが、まだ痛む。
左腕をのばして右腕をたしかめた。
腕はガッポリと食いちぎられていた。
わたしは泣きだした。
痛みと、片腕を失った悲しみで――。
泣いた。
身体がふるえだした。
凍えるように、寒い。
じぶんのすすり泣く声でこんどこそ目覚めた。
夢のつづきをみていたのだ。
未明。
冷え込んでいた。
室温十二度。
この秋初めての寒さだ。
掻巻(かいまき)を一枚かけただけで寝ていたから、
こんな夢をみたのだ。
しかし恐かった。
キシツ。キシツ、と雪を踏みしめて追いかけてきた者は――。
噛みついてきた者は、口裂け女だった。
吸血鬼ではなかった。
ユリの花のように口が裂け広がり、白く光る歯。
アゴがせり出した。
夢のつづきをみているようで恐い。
牙鳴りの音がまだ耳もとに迫ってくる。
口裂け女に牙はあったろうか。
あれはすると乱杭歯の吸血鬼だったのか。




 今日も遊びに来てくれてありがとうございます。
 お帰りに下のバナーを押してくださると…活力になります。
 皆さんの応援でがんばっています。


にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へにほんブログ村



コメント

烏瓜をみながら露縁でくつろぐ。 麻屋与志夫

2015-10-14 15:17:20 | ブログ
10月14日 水曜日

●露縁の日溜まりに座ってぼんやりと庭を見ている。
若い時はついぞこのようなことはしたことがなかった。

●今年は、カラス瓜が沢山なっている。
しだいに赤味をおびていく。
周りの木の葉が落ちると、
いままで陰になっていた赤い実が、
ふいに見えるようになったりする。
それがたのしい。
「おい、おい、いつまで、かくれんぼしている気だ」
そう声をかけたくなる。

●園芸好きのカミサンはこの赤い実があまり好きではない。
ふえすぎて、そのうち手がつけられなくなりますよ。すこし切ったら。それだけは妥協できない。

●ひとのこのみは、さまざまだ。

●秋で音がキレイに響く。
jazzの「枯葉」でも聴きたくなった。
この曲を聴いていたら、「ウルサイ」といわれたことがある。
jazzに興味のないひとには騒音なのだ。

●この歳になるから――。
いろいろひどいことをいわれるのには馴れている。

●そういえば、ある家の前を流れている小川の音がうるさい、
とコボシテいるオバサンがいたな。
夜もねむれないよ。
まだそんな歳ではないだろうに。
このあいだの豪雨でそのささやかな流れが氾濫した。
「こんな川なければいいのに」
とわめいているだろう。
家の前を川が流れていて、
川音がきけるなんて優雅なものだ、とおもうのですがね。

●空は青く澄んでいる。
空気も爽やかだ。
朝のうちは室温十五度。
いよいよ勉強にうちこめるいい季節になった。

●フルタイムで小説書きに精を出せる。
これも、ありがたい。
どこまでこの健康が続くか、頑張るぞ。
と、じぶんで、じぶんに気合いをかけて、
ドッコイショと立ち上がり、
露縁を離れた。




 今日も遊びに来てくれてありがとうございます。
 お帰りに下のバナーを押してくださると…活力になります。
 皆さんの応援でがんばっています。


にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へにほんブログ村




  




怪談書きませんか/栃木芙蓉高校文芸部
著者麻屋与志夫
250円(+税)  (税込 270円) 

古い怪談のある栃木。いま新しい怪談誕生。恐怖、戦慄保証付き
栃木には大中寺の七不思議の伝説がある。特に『馬首の井戸』が有名だ。
上田秋成の日本吸血鬼物語の嚆矢(こうし)ともいわれている『青(あお)頭巾(ずきん)』も広く知られている。この物語も栃木が舞台だ。
―― その土地は、いま外来種ル―マニヤ吸血鬼の侵攻(しんこう)を受けている。
吸血鬼監察官の文子と龍之介は敢然(かんぜん)とその敵に立ち向かう。
龍之介のジイチャン翔太も愛する九(きゅう)尾(び)玉(たま)藻(も)と、命がけの抵抗をする。二組の恋人同士が最後にたどりついた境地(きょうち)。
1000年の時空(じくう)を超えた愛の不滅(ふめつ)の物語。
あなたは恐怖し、そして純愛に涙する。

角川ブックウォーカーで検索してください。
ジャンル文芸レーベル惑惑星文庫出版社名惑惑星







コメント

わが家も床下浸水の被害があった。  麻屋与志夫

2015-10-12 01:13:46 | ブログ
10月12日 月曜日

●パパとカミサンが呼んでいる。
かなりのハイテンション。
甲高い声。
パソコンをそのままにして、ホリゴタツのある部屋にかけつける。
「浸水していたの。コードも電気コタツもまだびしょ濡れよ」
だいぶ寒くなってきた。
そろそろコタツの準備をはじめようとして。
気づいたのだ。

●なるほど一月も前の豪雨でわが家も床下までは浸水していたのだ。
知らないということは、困ったものだ。
そのとき、気づいていれば――。
ともかく電気器具は、どうなのだろう。
もう使えないのではないだろうか。

●街は「鹿沼ぶつっけ」秋祭りだ。
まだ街の道路には土砂のツチだけがうっすらと積もっている。
非常に細かいツチなので屋台をひいたり、
ひとの動きが煩雑なので、
ホコリがまいあがって恐いようだ。
わたしは喉が敏感なのでホコリに弱い。
せっかくの祭りなのに喉をいためるのがいやなので、外出禁止。
自己規制だ。

●毎日小説をかいている。
この夏は冷房の効きすぎで、喉を痛め一月も患った。
ホコリを吸ってまた喉の痛みが再発したらたいへんだ。

●それにしても、小説をかくとは、因果な仕事だ。
スポーツは一目瞭然。
物をかく仕事はその動きが人には見えない。
心のなかの苦悶、小説をかく苦労はカミサンには話したくない。
このばあいはわたしが故意にカミサンに知らせないのだ。

●知らないこと。
知らせない方がいいこともある。
でも床下浸水は早く知りたかった。
この不況のおり、電気コタツをかうのは大変だ。
早く知っていれば、器具を外すとか、なにか手がうてたはずだ。


 今日も遊びに来てくれてありがとうございます。
 お帰りに下のバナーを押してくださると…活力になります。
 皆さんの応援でがんばっています。


にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へにほんブログ村




  




怪談書きませんか/栃木芙蓉高校文芸部
著者麻屋与志夫
250円(+税)  (税込 270円) 

古い怪談のある栃木。いま新しい怪談誕生。恐怖、戦慄保証付き
栃木には大中寺の七不思議の伝説がある。特に『馬首の井戸』が有名だ。
上田秋成の日本吸血鬼物語の嚆矢(こうし)ともいわれている『青(あお)頭巾(ずきん)』も広く知られている。この物語も栃木が舞台だ。
―― その土地は、いま外来種ル―マニヤ吸血鬼の侵攻(しんこう)を受けている。
吸血鬼監察官の文子と龍之介は敢然(かんぜん)とその敵に立ち向かう。
龍之介のジイチャン翔太も愛する九(きゅう)尾(び)玉(たま)藻(も)と、命がけの抵抗をする。二組の恋人同士が最後にたどりついた境地(きょうち)。
1000年の時空(じくう)を超えた愛の不滅(ふめつ)の物語。
あなたは恐怖し、そして純愛に涙する。

角川ブックウォーカーで検索してください。
ジャンル文芸レーベル惑惑星文庫出版社名惑惑星







コメント (2)

痒い。猫愛。「あれ六区」を飲んだ。  麻屋与志夫

2015-10-03 21:45:38 | ブログ
10月3日

猫愛
●皮膚科にかかった。
やはりダニとのことだった。
猫のダニなのだろう。
カミサンはせっせとフトンを干したり、部屋を整頓してくれている。
過日古沢良太の「デート」をみていてふきだしてしまった。
高等遊民の彼が理系女の彼女に本を置く場所を制限されて切れる場面。
おもしろかった。
GGなど幾ら書いても売れない原稿を長年書いているから、
仕事場には本の置き場もない。
もう限界だ。
原稿料が入ったら本棚を作る予定なのだが――。
じぶんの本が一冊もないのは悲しい。
雑誌にはかなり書いているのだが、単行本はない。
ほかの作家の累積した本をみて、
カミサンは毎日わめきだしたいのを必死でこらえているようだ。

●痒い。
かゆい。
カユイ。
KAYUI。
赤い小さな湿疹ができている。
もうどうなってもいいからと、ぼりぼり掻きまくっている。
それでも、ブラッキーのことは抱っこして寝ている。
ダニ供給元の猫と寝ている。
もうこうなると病気。
いっときも猫を離せない。
ブラッキ―とふたりで身体をかきまくっている。
辛い。
痛みよりもかゆい方が辛い。
それでもブラッキ―を離せない。

●パソコンの傍らにすわってブラッキ―は、
わたしが小説を書くのをジッとみつめている。
ハゲマサレテいるように感じる。

●さすがはお医者さん。
初めて飲んだ「アレロック」が効いた。
いまのところ痒みをあまりかんじなくなった。

●パソコン――「あれ六区」とはじめにはでた。
ああ六区がなつかしい。
ことしは六区を舞台とした「人間座」の公演みにいけなかった。
皆さん元気にやっているのだろうな。


 今日も遊びに来てくれてありがとうございます。
 お帰りに下のバナーを押してくださると…活力になります。
 皆さんの応援でがんばっています。


にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へにほんブログ村




  




怪談書きませんか/栃木芙蓉高校文芸部
著者麻屋与志夫
250円(+税)  (税込 270円) 

古い怪談のある栃木。いま新しい怪談誕生。恐怖、戦慄保証付き
栃木には大中寺の七不思議の伝説がある。特に『馬首の井戸』が有名だ。
上田秋成の日本吸血鬼物語の嚆矢(こうし)ともいわれている『青(あお)頭巾(ずきん)』も広く知られている。この物語も栃木が舞台だ。
―― その土地は、いま外来種ル―マニヤ吸血鬼の侵攻(しんこう)を受けている。
吸血鬼監察官の文子と龍之介は敢然(かんぜん)とその敵に立ち向かう。
龍之介のジイチャン翔太も愛する九(きゅう)尾(び)玉(たま)藻(も)と、命がけの抵抗をする。二組の恋人同士が最後にたどりついた境地(きょうち)。
1000年の時空(じくう)を超えた愛の不滅(ふめつ)の物語。
あなたは恐怖し、そして純愛に涙する。

角川ブックウォーカーで検索してください。
ジャンル文芸レーベル惑惑星文庫出版社名惑惑星





コメント