田舎住まい

吸血鬼テーマーの怪奇伝記小説を書いています。

リルケのバラ

2007-05-31 23:13:09 | Weblog
5月31日
家のカミサンが初めて買ったバラがある。名札もなくなってしまった。名前がわからない。真紅の大輪の花が咲いている。わたしたちは仮にリルケのバラと呼んでいる。寡聞にして、リルケのバラという品種があるかどうかはしらない。先日足利フラワーパークに行った。この我が家のリルケのバラと同じ品種と思しい花が真っ盛りだった。匂いも甘くまったく同じだ。ところがほかのバラには品種を示す小さな標識が立っているのに、なんとしたことかそれがない。だから今でもリルケのバラのままだ。カミサンは携帯でとつた写真をPCに取り込む手続きの勉強をしている。ブログに掲載してみなさんの知恵で教えていただこうというのだ。わたしはこのままでいいと思っている。リルケのバラはリルケのバラのままでいいような気がしている。カミサンが初めて買ったバラ。30年も前に我が家の庭に地植えにされたリルケのバラ。そのほうがロマンチックではないか。
今朝は2時に起きた。相変わらず売れる当てのない原稿を5枚書いた。窓を開けるとバラのいい匂いが風に乗ってくる。なんという贅沢。至福の時。これも田舎住まいだからなのだろう。風に香りがある。それもなん種類ものバラの香りだ。芳香を文章にするのはむずかしいなとわたしは思った。じぶんの感性を文章にして人に伝えるのは拙い物書きであるわたしにはむずかしい。PCを打つ手を休めてしばしバラの香りに身をゆだねた。
コメント

庭のバラ

2007-05-30 11:43:26 | Weblog
5月30日
ブログデビュー。
我が家の庭でバラが真っ盛りである。ささやかな庭だがうちのカミサンが丹精込めて作り上げている庭だ。写真を載せることが出来ないので残念。今は、アイスバーグ、グリーンスリーブス,つるバラのアンジェラが見事に咲き誇っている。田舎住まいのいいところだが、ささやかな庭がある。カミサンは生来朝寝坊なのだが、この季節になると早起きになる。水をやったり、害虫を駆除したりおおわらわである。庭のバラや草木には水と光そして何よりも丹精込めた世話。
わたしはいつものように、小説を書いている。田舎住まいなので編集者との縁も切れ、大方は年金暮らしをしているらしいが、こちらはそうはいかない。カミサンの笑顔を励ましとして三度目のカムバックを狙っている。かなり特異な生活の日々をご愛読のほど。


7月11日
●カミサンが写真を添えてくれた。わたしの書きあげたブログにこれからおくればせながら写真をのせてくれるらしい。夫婦の合作だ。
●写真はアイスバ゜ークです。
コメント