中小企業診断士 竹内幸次 経営ブログ

中小企業診断士 東京銀座 経営コンサルタント 中小企業経営者向け経営ヒント型ビジネス企業ブログ 中小企業経営者ブログ

解説/フリーランスとフリーターの明確な違い

2020年03月20日 05時47分09秒 | 中小企業の人事・組織

おはようございます。中小企業診断士の竹内幸次です。今日は解説/フリーランスとフリーターの明確な違いについてです。

国はフリーランスで働く人(個人事業主)への新型コロナ休業補償を1日4,100円と決めました。まったくの補償なしではなく、4,100円であっても補償されることは一定の評価がされるべきことです。

しかしながら、1日4,100円は、会社に勤務している従業員の8,330円と比較すると、約半分であり、その算定根拠に疑問があります。

【解説/フリーランスとフリーターの明確な違い】
・フリーランスは個人事業主のこと。
・フリーターはアルバイト等で働く労働者のこと。
・何らかの報酬を得た場合、フリーランスは売上に計上するが、フリーターは給与として処理される。
・フリーランスが得る5,000円(例)は売上なので、外注費や移動費用、販促費用等の費用をひくと、営業利益(所得)はざっと2,000円~3,000円になるのが普通。
・フリーターが得る5,000円(例)は自分の給与所得になる。
・上記のような違いを理解していれば、フリーランスが1日4,100円でいい訳がない。

スプラムでは中小企業に即した現実的な経営助言を行っております。講演、コンサルティング等の問合せからご連絡ください。

関連講演:
2020年5月20日に講演「商談実績が“ぐぐっと上がる”商談力アップセミナー」を浜松商工会議所で行います。

関連記事:中小企業診断士竹内幸次の「フリーランス」テーマにした企業ブログ記事一覧


スプラム感染予防ポリシー
新型コロナウイルス感染症が社会的に広がらないように、株式会社スプラムは感染予防ポシリーを制定しました。
・講演前とコンサル前には体温を測り、37.5度以上である場合には業務を控えます。
・業務提供の際には、人と一定の距離を保つよう配慮します。
詳細はスプラム感染予防ポリシーをご覧ください。
経営コンサルティングを希望される企業様へ
早朝から深夜まで年中無休で何でも経営相談できる顧問契約をお勧めしますが、公的機関の無料経営相談としてコンサルを受けられる場合があります。お気軽にお尋ねください。メールコンサルティングも可能です。 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次https://ssl.spram.co.jp/
Certified Small and Medium Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2020 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士FBで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします。

この記事についてブログを書く
« テレワーク助言/テレワーク... | トップ | 新規事業助言/技術だけでは... »
最新の画像もっと見る

中小企業の人事・組織」カテゴリの最新記事