中小企業診断士 竹内幸次 経営ブログ

中小企業診断士 東京銀座 経営コンサルタント 中小企業経営者向け経営メッセージ型ビジネス企業ブログ 中小企業経営者ブログ

企業ブログ記事のカテゴリ【累積6517記事の経営ヒント集です】

起業・創業のノウハウ Webマーケティング 経営革新ノウハウ SEOテクニック
すぐに役立つ経営ヒント まちづくり・お店の運営 消費者心理を知る 環境・エコ経営
中小企業向けの講演 地域資源の活用方法 売るテクニック ブランド戦略
財務・資金調達 人事・組織の運営 経営に関する法律 竹内幸次の夢と目標
中小企業経営の仕組み 商売の仕組み 賢い買い物のコツ 消費者へのメッセージ
経営者の健康方法 横浜の魅力 竹内幸次プライベート (株)スプラム会社案内
記事一覧古い記事から見る新しい記事から見る

【メディア出演・講演予定/中小企業診断士竹内幸次】

・11月13日 金沢 ビジネスブログセミナー新規顧客や人材確保にむけたブログとは 本日!
・11月19日 瑞穂 生産性向上のためのWeb活用術【基礎編】
・11月20日 東京 IT基礎とWEB活用術
中小企業診断士 講演予定
全講演予定
講演満足度はこちらメディア出演実績講演レジュメ表紙

消費税率10%と8%混在による混乱を回避したい

2018年11月11日 05時54分51秒 | 中小企業の財務・資金

おはようございます。中小企業診断士の竹内幸次です。今日は東京都台東区の専門サービス業のコンサルティングをします。

今日は消費税率10%と8%混在による混乱を回避したいについてです。飲食料品と新聞は2019年10月の消費税率10%環境下でも8%に税率が軽減されます。イートインができることが業態になっているコンビニやファストフード店等では、価格表示は以下のようにすることとしています。

・110円(108円)

100円の商品の場合、店内飲食(つまり食品購入ではなく飲食サービスを消費者は消費した)の場合は10%消費税込みの表示で110円。購入時に持ち帰りと店員に伝えた場合には8%消費税込みの108円。

軽減税率の趣旨も理解していますがそれでも店頭での「店内ですか?持ち帰りですか?」の確認に時間が取られることと、言い間違い、聞き違いによるトラブル、持ち帰りとして購入したものを実際は店内で食べることによる、お店と消費者間のトラブル、消費者間のトラブル等が予想されます。

「飲食禁止」と店内掲示すれば、消費者への確認は不要になりますが、「禁止」という表現自体が少々強い表現のように感じます。

小規模商店・中小商店等は以下の中小企業庁が提示した価格表示のサンプルを見て、自店のPOPやチラシ等の表現を考えましょう。

2019年10月に店頭が混乱することは容易に予想できます。なるべく混乱しないように準備を進めていきましょう。


▲消費税率10%と8%が混在する業態の場合の価格表示(中小企業庁)

消費税の軽減税率制度の実施に伴う価格表示について(中小企業庁)
http://www.chusho.meti.go.jp/zaimu/zeisei/2018/180518zeirituGuideGaiyo.pdf

【関連講演】
2018年12月15日に講演「会計の基本と売価設定、資金調達」を寒川町商工会創業支援セミナーで行います。

【関連記事】中小企業診断士竹内幸次の「消費税」をテーマにした企業ブログ記事一覧


経営コンサルティングを希望される企業様へ
早朝から深夜まで年中無休で何でも経営相談できる顧問契約をお勧めしますが、公的機関の無料経営相談としてコンサルを受けられる場合があります。お気軽にお尋ねください。メールコンサルティングも可能です。 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次https://ssl.spram.co.jp/
Certified Small and Medium Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2018 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士Facebookで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします

キャッシュレスでポイント還元の経済的意義を考える

2018年10月29日 06時45分54秒 | 中小企業の財務・資金

おはようございます。中小企業診断士の竹内幸次です。今日は東京都大田区の中小企業のコンサルティング、東京都墨田区の中小企業のコンサルティング、東京吉祥寺の開店予定者のコンサルティングをします。

今日はキャッシュレスでポイント還元の経済的意義を考えるについてです。未確定要素が多いものの、2019年10月からの消費税率10%に伴う景気対策の1つとして中小小売店等でのキャッシュレス購買の際に価格の2%を購入者にポイント還元する仕組みが検討されています。現在のところ、消費税率アップ後の1年間の時限措置です。

このキャッシュレスによるポイント還元を経済的に考えてみました。

・ポイント還元の経営的な価値は顧客情報を収集したり、そのポイントが使えるお店等への顧客の囲い込みが進むことにある。つまりポイント費用は顧客管理コストである。
・顧客管理に使えない単なるポイント還元は「値下げの先送り」に過ぎず、必ずしも経済活性化にはならない。
・国からの2%還元(付与)+お店のカード使用手数料約3%=約5%が新たに必要となる販売コストになる。このコストに見合う経済的な恩恵が日本経済としてあるのか。
・一連の措置のための情報システム改修費用、事務負担はソフトウエア開発業界等には特需になるものの、本来の消費税率アップの趣旨に合った措置なのか。
・未確定要素が多いものの、消費税率アップとポイント還元、そしてキャッシュレスの経営的な意味、経済的な価値、商売のあり方について考える機会としては最適なテーマである。

【関連講演】
2018年12月15日に講演「会計の基本と売価設定、資金調達」を寒川町商工会創業支援セミナーで行います。

【関連記事】中小企業診断士竹内幸次の「キャッシュレス」をテーマにした企業ブログ記事一覧


経営コンサルティングを希望される企業様へ
早朝から深夜まで年中無休で何でも経営相談できる顧問契約をお勧めしますが、公的機関の無料経営相談としてコンサルを受けられる場合があります。お気軽にお尋ねください。メールコンサルティングも可能です。 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次
https://ssl.spram.co.jp/

Certified Small and Medium Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2018 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士Facebookで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします

消費税率10%後の2%還元を理解する

2018年10月17日 06時35分39秒 | 中小企業の財務・資金

おはようございます。中小企業診断士の竹内幸次です。今日は横浜市の中小企業のコンサルティング、東京都練馬区のサービス業のコンサルティング、東京都国分寺市のサービス業のコンサルティングをします。

今日は消費税率10%後の2%還元を理解するについてです。

消費増税時、2%分ポイント還元~政府検討、中小店のキャッシュレス客対象
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO35935000Q8A930C1MM8000/


1.通常
・基本は10%
・飲食料品と新聞は8%
※参考:「消費税軽減税率対策に関するパンフレット」
http://www.chusho.meti.go.jp/zaimu/zeisei/2017/170307zeiseikaisei.htm


2.中小小売店でクレジットカード等のキャッシュレス決済の場合
・基本は実質8%(2%還元されるため)
・飲食料品等は実質6%(2%還元されるため)

心配なのは以下です。

・飲食店の場合、店内提供は10%で、持ち帰りの場合には8%になる。この場合、本当に同じ客に価格差を付けて販売できるかどうか?
・ポイント還元処理に関する事務処理がどの程度中小小売店にあるのか
・2%還元ができるようにキャッシュレスレジに換える費用は補助金が用意されているものの、その後のクレジット会社等に支払う%を考慮した場合、本当にキャッシュレス対応レジにするべきかどうか
・仮にキャッシュレス対応もせず、軽減税率対応レジにもしなかった場合、顧客も減り、事務作業も増えることにはならないかを考える
・一連の煩雑さから事業意欲を失い、廃業する高齢経営者が増えるのではないか

【関連講演】
2018年11月7日に講演「ITツールを活用した魅力発信」を千葉県中小企業団体中央会平成30年度ふさの国商い未来塾で行います。

【関連記事】中小企業診断士竹内幸次の「消費税」をテーマにした企業ブログ記事一覧


経営コンサルティングを希望される企業様へ
早朝から深夜まで年中無休で何でも経営相談できる顧問契約をお勧めしますが、公的機関の無料経営相談としてコンサルを受けられる場合があります。お気軽にお尋ねください。メールコンサルティングも可能です。 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次
https://ssl.spram.co.jp/

Certified Small and Medium Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2018 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士Facebookで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします

中央会ブログに原稿「中小企業が消費税率アップまで行うべき事項」掲載!

2018年09月22日 06時06分45秒 | 中小企業の財務・資金

おはようございます。中小企業診断士の竹内幸次です。今日は横浜市の中小企業のコンサルティング、東京都豊島区の中小企業のコンサルティングをします。

今日は神奈川中央会ブログに原稿「中小企業が消費税率アップまで1年間で行うべき事項」掲載!についてです。定期的に原稿提供している神奈川県中小企業団体中央会のビジネスブログに竹内幸次原稿が掲載されました!ぜひお読みください。

***
2019年10月から消費税率は10%に

延期が続いた消費税率アップですが、いよいよ1年後の2019年10月から10%になる予定です。2014年4月から5%→8%に3ポイントアップしたのですが、今回は2ポイントアップですから、ポイント数で見ると2014年の影響より小さいとも言えます。

とはいえ、初の2桁消費税ですから、高額品や耐久消費財は消費税率アップ前の購入が増え、10%になった直後は購入が減ることが容易に予想できます。

消費税の社会的な意義は理解していても、顧客からすれば値上げであり、正常な経済状況であれば需要数は減少します。この「通常は減少する需要」に対応する方法を考えてみます。

中小企業が消費税率アップまでの1年間で行うべき事項
>>続きを読む

中小企業診断士 執筆
▲神奈川県中小企業団体中央会ビジネスブログ掲載の消費税率アップ原稿

経営革新で未来を拓こう!~中小企業が消費税率アップまで1年間で行うべき事項
https://blog.goo.ne.jp/chuokai-kanagawa/e/cf7b75a7f73a21dacf3641b230513f18

【関連講演】
2018年9月26日に講演「今すぐ実践!Web活用 基礎編~Web活用の基本をマスター~」を東久留米市商工会IT活用セミナーで行います。

【関連記事】中小企業診断士竹内幸次の「消費税」をテーマにした企業ブログ記事一覧


メルマガ・ブログ・コラム等の原稿執筆のご用命も
起業、中小企業のWEB活用、ソーシャルメディア活用、経営革新等をテーマにしたメルマガやブログ、コラム、各種原稿の執筆も請け負います。お気軽にお尋ねください。公的機関への原稿提供も豊富です。中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次https://ssl.spram.co.jp/
Certified Small and Medium Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2018 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士Facebookで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします

2018年10月からの地域別最低賃金の全国一覧

2018年09月09日 08時27分20秒 | 中小企業の財務・資金

おはようございます。経営コンサルタントの竹内幸次です。今日は2018年10月からの地域別最低賃金の全国一覧についてです。

毎年10月に最低賃金がアップされます。2018年10月から以下のようになります。東京が最高の985円です。あくまで最低として賃金なので実際には都内では1,000円以上が多くなることでしょう。

・最低賃金が上がれば消費面からの景気刺激があることを期待する
・最低賃金がが上がっても経営を継続するためにはより一層の付加価値型経営を行う必要がある
・最低賃金が上がってもクラウドやIT技術を駆使すれば短時間労働が可能になり、結果としてトータル賃金を下げられる可能性がある



▲2018年10月からの都道府県別最低賃金(厚生労働省)

地域別最低賃金の全国一覧(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/minimumichiran/

【関連講演】
2018年11月7日に講演「ITツールを活用した魅力発信」を千葉県中小企業団体中央会平成30年度ふさの国商い未来塾で行います。

【関連記事】中小企業診断士竹内幸次の「最低賃金」をテーマにした企業ブログ記事一覧


経営コンサルティングを希望される企業様へ
早朝から深夜まで年中無休で何でも経営相談できる顧問契約をお勧めしますが、公的機関の無料経営相談としてコンサルを受けられる場合があります。お気軽にお尋ねください。メールコンサルティングも可能です。 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次https://ssl.spram.co.jp/
Certified Small and Medium Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2018 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士Facebookで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします

中小企業景況感は販売価格と売上高が好転

2018年09月02日 06時18分01秒 | 中小企業の財務・資金

おはようございます。中小企業診断士の竹内幸次です。今日は東京都豊島区の中小企業のコンサルティングをします。

今日は2018年7月の中小企業景況感は販売価格と売上高が好転についてです。

毎月の中小企業景況感情報が全国中小企業団体中央会サイトで公開されています。2018年7月時点の景況感は以下でした。

・2018年7月のDI(Diffusion Index)は、9指標中4指標が前月比で悪化
・販売価格、売上高等の指標が上昇
・雇用人員DIは前月比0.1ポイント悪化の△8.1ポイント。厳しい雇用環境が続いており、広範な業種において人手不足が深刻な状況となっている



▲2018年7月の全国の景況感(全国中小企業団体中央会より)

2018年7月の中小企業月次景況調査(平成30年7月末現在/全国中小企業団体中央会)
https://www.chuokai.or.jp/keikyou/kei1807.pdf

【関連講演】
2018年9月8日に講演「マーケティングとプロモーション」を立川商工会議所創業応援塾2018で行います。

【関連記事】中小企業診断士竹内幸次の「景況」をテーマにした企業ブログ記事一覧


経営コンサルティングを希望される企業様へ
早朝から深夜まで年中無休で何でも経営相談できる顧問契約をお勧めしますが、公的機関の無料経営相談としてコンサルを受けられる場合があります。お気軽にお尋ねください。メールコンサルティングも可能です。 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次
https://ssl.spram.co.jp/

Certified Small and Medium Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2018 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士Facebookで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします

中小企業の景況感は緩やかに改善

2018年07月02日 05時43分57秒 | 中小企業の財務・資金

おはようございます。中小企業診断士の竹内幸次です。今日は東京都江戸川区の中小企業のコンサルティング、横浜市の中小企業のコンサルティングをします。

今日は中小企業の景況感は緩やかに改善についてです。2018年6月27日に経済産業省は「第152 回中小企業景況調査(2018 年4-6 月期)の結果」を公表しました。主な結果は以下です。

□ 2018年4-6月期の全産業の業況判断DI(Diffusion Index)は、▲14.0(前期差0.1ポイント減)となり、3期ぶりに低下した。

□ 製造業の業況判断DIは、▲8.5(前期差1.6ポイント増)となり、2期ぶりに上昇した。業種別に見ると、鉄鋼・非鉄金属、パルプ・紙・紙加工品、窯業・土石製品、家具・装備品、機械器具、輸送用機械器具、印刷、木材・木製品の8業種で上昇し、化学、電気・情報通信機械器具・電子部品、金属製品、その他の製造業、食料品、繊維工業の6業種で低下した。

□ 非製造業の業況判断DIは、▲15.9(前期差0.6ポイント減)と2期ぶりに低下した。産業別に見ると、卸売業、サービス業、建設業で上昇し、小売業で低下した。


▲過去3年間の業況判断。建設業の改善傾向が著しい

第152回中小企業景況調査(2018年4-6月期)の結果を公表しました(平成30年6月27日)
http://www.chusho.meti.go.jp/koukai/chousa/keikyo/index.htm

【関連講演】
2018年8月29日に講演「IoTとAIを活用した中小製造業の経営戦略」を東京商工会議所足立支部で行います。

【関連記事】中小企業診断士竹内幸次の「景況感」をテーマにした企業ブログ記事一覧


経営コンサルティングを希望される企業様へ
早朝から深夜まで年中無休で何でも経営相談できる顧問契約をお勧めしますが、公的機関の無料経営相談としてコンサルを受けられる場合があります。お気軽にお尋ねください。メールコンサルティングも可能です。 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次
https://ssl.spram.co.jp/

Certified Small and Medium Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2018 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士Facebookで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします

補助金申請書は簡潔に書く

2018年05月01日 06時05分58秒 | 中小企業の財務・資金

おはようございます。経営コンサルタントの竹内幸次です。今日は東京秋葉原の小売店のコンサルティング、横浜市の食品製造業のコンサルティング、東京都の中小企業のコンサルティングをします。

今日は補助金申請書は簡潔に書くについてです。この時期は国関連、商工会・商工会議所関連、都道府県関連の中小企業向け補助金の申請時期です。近くでは2018年5月18日に小規模事業者持続化補助金に申請締切があります。

最近では申請を代行する機関や士業が増えたためどの申請書も素晴らしい仕上がりになっています。あまりにも完璧な申請書を見ると小規模事業者の本心からの申請なのか疑問を持たれることもあるかもしれません。

小規模事業者持続化補助金に限らず、補助金申請書を採点評価するのは中小企業診断士や技術士等士業です。一般に士業が採点する時には以下の観点で採点するものです。

(1)申請内容の整合性(行うことと数値の整合性、行うことと担当者の整合性等)
(2)論理性、合理性、妥当性
(3)申請書ページ数が多過ぎず簡潔に表現されているか
(4)機械的・事務的ではなく、申請者の想いが伝わるか

【関連講演】
2018年6月2日に講演「商品の値段の付け方と創業資金の借入」を川崎市商業振興課・男女共同参画センター共催/商人(あきんど)デビュー塾ーで行います。

【関連記事】中小企業診断士竹内幸次の「補助金」をテーマにした企業ブログ記事一覧


経営コンサルティングを希望される企業様へ
早朝から深夜まで年中無休で何でも経営相談できる顧問契約をお勧めしますが、公的機関の無料経営相談としてコンサルを受けられる場合があります。お気軽にお尋ねください。メールコンサルティングも可能です。 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次
https://ssl.spram.co.jp/

Certified Small and Medium Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2018 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士Facebookで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします

IT導入補助金1次公募開始

2018年04月21日 05時48分01秒 | 中小企業の財務・資金

おはようございます。経営コンサルタントの竹内幸次です。今日は東京都八王子市の製造業のコンサルティング、横浜市のサービス業のコンサルティングをします。

今日はIT導入補助金1次公募開始についてです。昨日2018年4月20日16時に一次公募が開始されました。

IT導入補助金はITベンダー(ソフトウエアを提供する企業)が当事業用に登録したITツール(ソフトウエア、サービス等)を中小企業が使用する費用を補助するものです。

対象は株式会社、有限会社、個人事業、各種中小企業組合のほか、医療法人や社会福祉法人、NPO法人も対象になります。幅広いですよね。

公募は1次公募、2次公募、3次公募とあります。1次公募は2018年4月20日に開始となりました。あくまでIT導入支援事業者(ITベンダー・サービス事業者)が当事業用に登録したITツールを使用した場合の補助金ですが、多くのソフトウエア等が登録されていますので、この機会を逃さないようにしましょう。


▲2018年4月20日に申請開始となったIT導入補助金


▲前年度と異なり、上限額は50万円となったIT導入補助金

IT導入補助金
https://www.it-hojo.jp/

【関連講演】
2018年5月22日に講演「経営に役立つ!インターネット活用セミナー」を横須賀商工会議所で行います。

【関連記事】中小企業診断士竹内幸次の「IT導入補助金」をテーマにした企業ブログ記事一覧


経営コンサルティングを希望される企業様へ
早朝から深夜まで年中無休で何でも経営相談できる顧問契約をお勧めしますが、公的機関の無料経営相談としてコンサルを受けられる場合があります。お気軽にお尋ねください。メールコンサルティングも可能です。 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次
https://ssl.spram.co.jp/

Certified Small and Medium Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2018 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士Facebookで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします

2018年のIT導入補助金を活用しよう!

2018年04月10日 06時32分11秒 | 中小企業の財務・資金

おはようございます。中小企業診断士の竹内幸次です。今日は東京都港区の専門サービス業のコンサルティング、東京都東久留米市の製造業のコンサルティングをします。

今日は2018年のIT導入補助金についてです。2018年4月20日から申請受付開始となります。

IT導入補助金はITベンダー(ソフトウエアを提供する企業)が当事業用に登録したITツール(ソフトウエア、サービス等)を中小企業が使用する費用を補助するものです。

対象は株式会社、有限会社、個人事業、各種中小企業組合のほか、医療法人や社会福祉法人、NPO法人も対象になります。

公募は1次、2次、3次とあります。1次公募は2018年4月20日に開始となります。あくまでIT導入支援事業者(ITベンダー・サービス事業者)が当事業用に登録したITツールを使用した場合の補助金ですが、多くのソフトウエア等が登録されると思われるので、この機会を逃さないようにしましょう。


▲2018年4月20日に申請開始となるIT導入補助金


▲上限額は50万円となったIT導入補助金

IT導入補助金
https://www.it-hojo.jp/

【関連講演】
2018年5月24日に講演「中小商店の販売方法~ITやAIで変わる商業」を千葉県佐倉商工会議所で行います。

【関連記事】中小企業診断士竹内幸次の「IT導入」をテーマにした企業ブログ記事一覧


経営コンサルティングを希望される企業様へ
早朝から深夜まで年中無休で何でも経営相談できる顧問契約をお勧めしますが、公的機関の無料経営相談としてコンサルを受けられる場合があります。お気軽にお尋ねください。メールコンサルティングも可能です。 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次
https://ssl.spram.co.jp/

Certified Small and Medium Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2018 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士Facebookで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします

軽減税率対策補助金を活用しよう!

2018年04月09日 05時35分40秒 | 中小企業の財務・資金

おはようございます。中小企業診断士の竹内幸次です。今日は東京都東久留米市の中小企業のコンサルティング、神奈川県横須賀市の中小企業のコンサルティングをします。

今日は軽減税率対策補助金についてです。軽減税率は2019年10月に予定されている消費税率10%と合わせて導入される軽減税率制度に対応するための補助金制度です。

自店のレジが複数税率に対応していない場合、レジ1台あたり最大20万円の補助金を得ることができます。中小企業・小規模事業者の皆様はぜひ活用を検討ください。


▲販売店等による代理申請も可能な軽減税率対策補助金


▲今日から始める消費税軽減税率対策 「支援制度」(Youtube動画)

軽減税率対策補助金
http://kzt-hojo.jp/

【関連講演】
2018年6月11日に講演「創業者のためのお客様を引き寄せる販路開拓セミナー」を愛知県岡崎商工会議所平成30年度創業支援講座で行います。

【関連記事】中小企業診断士竹内幸次の「軽減税率」をテーマにした企業ブログ記事一覧


経営コンサルティングを希望される企業様へ
早朝から深夜まで年中無休で何でも経営相談できる顧問契約をお勧めしますが、公的機関の無料経営相談としてコンサルを受けられる場合があります。お気軽にお尋ねください。メールコンサルティングも可能です。 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次
https://ssl.spram.co.jp/

Certified Small and Medium Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2018 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士Facebookで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします

平成30年の小規模事業者持続化補助金

2018年02月18日 06時08分32秒 | 中小企業の財務・資金

おはようございます。中小企業診断士の竹内幸次です。今日は川崎市の中小企業のコンサルティング、東京都東大和市の中小企業のコンサルティングをします。

今日は今後の経済産業省関連予算についてです。最近では「ものづくり補助金」(ものづくり・商業・サービス経営力向上支援事業)や小規模事業者持続化補助金の公募開始時期についての話題が中小企業の現場で増えています。

とくに小規模企業にとっては小規模事業者持続化補助金を待ってから店舗改装やホームページ等の改善に取り組もうと考えている経営者も多いものです。

以下は2017年12月22日に公表された平成30年度予算案等です。これを見ると、「持続化補助金」も明記されており、総額は関連事業と合わせて120億円とあります。おそらく近いうちに小規模事業者持続化補助金の概要が明確になることでしょう。


▲2017年12月22日に公表となった平成29年度補正、平成30年予算


▲生産性革命については多額の予算が計上される


▲小規模・中小企業向けには小規模事業者持続化補助金等が予定されている

参考:平成30年度経済産業省関連予算案等の概要(経済産業省)
http://www.meti.go.jp/main/yosan/yosan_fy2018/index.html

【関連講演】
2018年2月20日に講演「IoTと中小企業~IoT・ビッグデータ・AIを企業が経営に活かす方法」を日本電信電話ユーザ協会宮崎支部で行います。

【関連記事】中小企業診断士竹内幸次の「小規模」をテーマにした企業ブログ記事一覧


講演・講師の用命は、高い集客力、確かな講演満足度のスプラム竹内幸次へ
創業塾顧客満足度全国1位獲得。成功する起業、ブログ・SNS・動画活用、中小企業のSEO、経営革新、営業交渉・プレゼンテーション等の講演は2,100回超。お気軽にお尋ねください。>>講演レジュメ例 >> お客様の声 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次
https://ssl.spram.co.jp/

Certified Small and Medium Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2018 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士Facebookで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします

平成29年度補正予算 ものづくり補助金

2018年01月14日 06時38分48秒 | 中小企業の財務・資金

おはようございます。中小企業診断士の竹内幸次です。今日は東京西荻窪の中小企業のコンサルティング、横浜市の製造業のコンサルティングをします。

今日は「ものづくり補助金」についてです。製造業のみへの補助金制度と誤解されることも多いのですが、最近では「ものづくり(サービス含む)中小企業支援」という大枠で説明されています。正式には「平成29年度補正予算 ものづくり・商業・サービス経営力向上支援事業」と言います。

2018年1月5日から1月24日の期間で事務局を公募しているので、その後に正式に中小企業の応募開始となるはずです。

事業概要は以下の通りです。補助予定件数は約1万件です。


▲平成29年度補正予算 ものづくり・商業・サービス経営力向上支援事業

経営サポート「ものづくり(サービス含む)中小企業支援」
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/index.html

【関連講演】
2018年1月24日に講演「地域中小建設業者の経営戦略」を川崎市住宅相談運営委員会で行います。

【関連記事】中小企業診断士竹内幸次の「補助金」をテーマにした企業ブログ記事一覧


経営コンサルティングを希望される企業様へ
早朝から深夜まで年中無休で何でも経営相談できる顧問契約をお勧めしますが、公的機関の無料経営相談としてコンサルを受けられる場合があります。お気軽にお尋ねください。メールコンサルティングも可能です。 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次
https://ssl.spram.co.jp/

Certified Small and Mediam Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2018 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士Facebookで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします

前年比アップに拘らない売上計画づくり

2018年01月04日 05時50分13秒 | 中小企業の財務・資金

おはようございます。中小企業診断士の竹内幸次です。今日は東京都青梅市の中小企業のコンサルティング、横浜市の中小企業のコンサルティング、川崎市の創業者の事業計画の診断を行います。

今日は前年比アップに拘らない売上計画づくりについてです。年初のため、とくに日本企業の2/3を占める個人事業の経営者は売上計画を作っていることと思います。

現場でよくみられることは、「今年の売上高目標はどのくらいですか?」と尋ねると、「んー、昨年並みですかね」という感じで、経営者は昨年比で語るということです。

昨年比で認識した場合、どうしても陥りがちなことは、「昨年を維持する必要がある」という価値観があること。経営ですから売上高アップは好ましいことなのですが、何が何でも、どのような状況であっても売上は伸ばすべきものと考えてしまうことは「無計画」に近いことなのです。

・売上計画は状況に応じて作るもの
・状況も考えずに単に昨年並みと考えるのは無計画と同じ
・時には昨年よりも低い売上高を計画してみる

【関連講演】
2018年1月23日に講演「不動産業者向けIT活用講座」を公益社団法人神奈川県宅地建物取引業協会横浜東部支部で行います。

【関連記事】中小企業診断士竹内幸次の「計画」をテーマにした企業ブログ記事一覧


講演・講師の用命は、高い集客力、確かな講演満足度のスプラム竹内幸次へ
創業塾顧客満足度全国1位獲得。成功する起業、ブログ・SNS・動画活用、中小企業のSEO、経営革新、営業交渉・プレゼンテーション等の講演は2,100回超。お気軽にお尋ねください。>>講演レジュメ例 >> お客様の声 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次
https://ssl.spram.co.jp/

Certified Small and Mediam Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2018 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士Facebookで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします

10月の落ち込みを11月にカバーできたか

2017年12月05日 06時04分22秒 | 中小企業の財務・資金

おはようございます。中小企業診断士の竹内幸次です。今日は東京都のチャレンジショップ入居者へのコンサルティング、東京都江戸川区の中小企業のコンサルティング、川崎市の中小企業のコンサルティングをします。

今日は10月の落ち込みを11月にカバーできたか?についてです。以下のDI(Diffusion Index)のように、ここ数年間は回復傾向にある中小企業の景況感ですが、2017年10月は悪天候によって売上高を落とした中小企業が多かったようです。

ここで問題となるのは、11月には反動で売上高が伸びたのかどうかです。商品にもよりますが、反動で11月に売上高がアップした会社もあれば、まったく伸びない会社もあると思います。私が毎日訪問する中小企業でも二分されています。

以下のように考えていきましょう。

「天候による売上高減少ということは、自社以外の競合企業も売上高が落ちている。売上高が落ちるということは、顧客が買っていない。翌11月には一気に買うはずだ」


▲2017年10月の全国の中小企業の景況感

【関連講演】
2017年12月8日に講演「中小企業のSNS活用2018~収益につなげる便利なWEB活用~」を福生市商工会で行います。

【関連記事】中小企業診断士竹内幸次の「売上高」をテーマにした企業ブログ記事一覧


経営コンサルティングを希望される企業様へ
早朝から深夜まで年中無休で何でも経営相談できる顧問契約をお勧めしますが、公的機関の無料経営相談としてコンサルを受けられる場合があります。お気軽にお尋ねください。メールコンサルティングも可能です。 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次
https://ssl.spram.co.jp/

Certified Small and Mediam Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2017 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士Facebookで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします

スプラムは”戦略的PRと戦略的経営”を表現したコンセプトワードです

中小企業診断士
Strategic Public Relations And Management
〒104-0061 東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5階 TEL 03-5537-7775
経営コンサルタント中小企業診断士事務所スプラム https://www.spram.jp/ 中小企業診断士e-mail

経営コンサルタント竹内幸次/中小企業診断士の講演・セミナーの様子

講演テーマは起業・創業、経営革新、ホームページ等のSEO/MEO、モバイルフレンドリー、ビジネス効果を生む経営ブログ、収益を生むソーシャルメディア活用、中小企業の動画活用、スマホ・タブレット活用、プレゼンテーション、営業交渉、後継者育成、事業承継、街づくり等が可能です。お気軽に問い合わせください。

>>講演満足度の結果はこちら
>>今後の講演予定はこちら 中小企業診断士 竹内幸次メール/即返信

週刊文春掲載「ビジネスの質を高める配送術」

トレンド総研/2014年注目のキーワードを執筆

創業塾の顧客満足度が全国1位に!

中小企業診断士竹内幸次が講師を担当した神奈川県商工会連合会の創業塾ステップアップコースがCS調査で全国ナンバーワン(1位)になりました!今後もよりパワーアップした講演をお届けします!!
>>今後の講演予定はこちら 中小企業診断士 竹内幸次直行メール/即返信
中小企業診断士 講演

日経ビジネスオンラインに竹内幸次取材記事が掲載

トレンド総研 企業ブランディングレポートで竹内幸次がコメント

中小企業診断士竹内幸次の講演の様子

講演テーマは起業・創業、経営革新、ホームページ等のSEO/MEO、モバイルSEO、ビジネス効果を生む経営ブログ、ファンを増やすソーシャルメディア活用、中小企業の動画活用、プレゼンテーション、営業交渉、後継者育成、事業承継、街づくり等が可能です。お気軽に問い合わせください。

>>講演満足度の結果はこちら
>>今後の講演予定はこちら 中小企業診断士 竹内幸次メール/即返信

中小企業診断士竹内幸次のテレビ出演時のコメント

東京MXテレビ「5時に夢中」に出演して美保純さんの餃子店開店に関してコメントさせて頂きました。立地選定、マーケティングリサーチ、資金計画、成功の可能性等についてコンサルティングのようにコメントしております。


>>テレビ・ラジオ出演実績はこちら
中小企業診断士 竹内幸次メール/即返信

中小企業診断士竹内幸次の経営コンサルティングの様子

やる気を引き出す現実的なコンサルティングを提供します。テーマは起業プラン、成長戦略、ウェブサイト・モバイルサイトのSEO/MEO、ビジネス効果を生む経営ブログ、ファンを増やすSNS活用、動画プロモーション、プレゼン営業交渉、後継者育成、事業承継等が可能です。お気軽に問い合わせください。

>>2,400企業のコンサルティング実績はこちら
>>今後の講演予定はこちら 中小企業診断士 竹内幸次メール/即返信

facebook