ブラックファイブ

あのDr.ブラックジャックの半分以下なので、ファイブとします。命燃え尽きるまで、経験と知識からブログをやろう。

オバマ&天皇

2009-11-18 22:05:46 | Weblog
 夕刊に、米国大統領がお辞儀をしながら、天皇と握手をしている写真が載っており、米国から『米国をおとしめるもの』と批判が出ている。日本人から見ると、大統領が一所懸命、年上の天皇との“和”を出そうとしているように見え、何の問題も感じられない。
 こんな批判が出てくるのが、やっぱり米国、自分が上でないと納得できない方々達。勿論、何も問題ない“No problem”も一杯いる。
 何でも意見を言うのが米国と考えたらそんなもん。
 だったら、“H”首相も意見を言ってOKのはず。

 予約外来は結構一杯、10時半位までは順調だったが、飛び込みがあって約30分の遅れ。仕方ないけど、後半追い上げて、結局は15分位になった。
 新型インフルワクチンへの問い合わせが出ても、「あなたの場合は、国が輸入を認めて入ってこないと順番は来そうもない。」が殆ど。
 それでも、後で看護師さんに再度食い下がる方もいたり、政府&マスコミの宣伝効果は十二分過ぎる。
 新型接種を勧めたのは一人だけ。
 若いのから、骨髄穿刺の相談があり、明日の午後実施予定。勿論、言ってきた若いのにやらせる。
 新型インフルワクチン接種順番の決め方には、それぞれ個人差というものが出て、基準の判断はそれぞれ任せは当然の結果。それ以上は無理で、現実的でない。
 それに、それほどのものでもないし。
 
 鎖骨下静脈穿刺かなっと思った方は今日は食欲があり、延期見込み。
 と、思ったら夕方、看護師さんから、点滴が取りにくい(血管が細く、穿刺し難い。)との話から、血管確保目的で再度考え直しになるかも。
 そうなったら、研修医の出番。

※ そういえば、“B”元大統領は『Gebo』したはずで、昔なら“お手討ち”もあり?。
コメント   この記事についてブログを書く
« 普天間・日米閣僚級作業部会 | トップ | インフル迅速診断0勝1敗1分 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事