桜井昌司『獄外記』

布川事件というえん罪を背負って44年。その異常な体験をしたからこそ、感じられるもの、判るものがあるようです。

4百兆円

2013-03-30 | Weblog
小泉純一郎が首相だったとき、郵政民営化すれば、総てが良くなると言い、自民党が圧勝した。
そして、色々な経過があって今だが、今日の東海村集会では、その裏側の話を聞いた。
アメリカの住宅ローンが破綻し、あのときに世界の銀行が負債を背負い、ただ一つ影響がなかったのは、日本の郵便局が持っていた貯金とかんぽ生命の4百兆円だったらしい。その金を自由に使うために郵政民営化だった!
まだあるよ、自民党大好きさん!
今、アベノミックスとかで株価が上がっているのは、今まで行わなかった郵政民営化での郵便局の株式を、安倍政権が売り出して、それを買う外国資本で株価は上がっているのだと。
日本人の財産が売り払われて、今のアベノミックスはあるのだと、今日は知った。
いゃあ自民党大好き人間は大変だねえ。
4百兆円の財産が売り出され、その責任も背負うしかない!それだけじゃないよね。夏の参議院選挙で自民党が勝てば、いよいよ憲法が変わり、国民の人権は奪われる。
まさか、俺のブログを見てる自民党大好きさんは、憲法は国を縛るものだと、知ってるよね?
憲法改正とは、国が守る責任を無くして、日本人の一人ひとりの人間としての権利が奪うということだ。
4百兆円も含めて、良く見ていてね。
コメント (1)

自己責任

2013-03-30 | Weblog
今日は、東海村で行われた、小森陽一氏と東海村、村上村長の対談集会に行って来た。
知性を感じる両氏の話を聞いて、感じることが沢山あったし、教わることもあった。
俺のブログを見てくれる人には、何だか自民党が好きな方もいるらしくて、先日も「自民党は維新と違って誠実」とか書き込みをしていた。俺の自民党観とは違うが、そういう人にも見て貰えるのは嬉しい。
自民党が好きと言うのは右翼も好きなのかも知れないが、この方は「サピオ」とかいう右翼の雑誌をご存知だろうか。
自民党のウルトラ右翼、石破幹事長は、その雑誌で「原発を運転することは、潜在的な核の抑止力だ。だから、原発運転を止めることは抑止力を失うことだから、無責任だ」と語っているらしい。
そう、原発から出る廃棄物には原子爆弾の材料がある。それを作ることが抑止力だと言うわけだ。
日本で原発を稼働させる理由は、そこにあると、前に書いたけど、石破さんは仲間の右翼雑誌で明け透けに語っている。正直だね、石破さん。
原発がなくなると電力不足!そんなのは嘘だ。
核武装したいがための原発なのだ。
自民党大好き人間は、原発を稼働させて、処理出来ない廃棄物を作ることの責任も背負うことになる。
俺は、どんなに長くても、あと20年くらいしか世の中を見ていられないが、ぜひ自己責任を忘れずに、「誠実な自民党」を見守って貰いたいと思う。
コメント

答弁書

2013-03-30 | Weblog

民事訴訟は代理人制度のためか、訴えた原告の俺には訴状が届かない。

国(検察)と県(警察)の反論である答弁書も、今まで読めなかったが、今日、弁護人から送って頂いて読んだ。

いやあ検察の狡猾さは凄い。「乙部竜夫」と言う名前が、その答弁書の筆頭に書かれているが、「法務省大臣官房民事訴訟課 民事訴訟対策官」と名乗る乙部さんも、また検察官職なのだろうが、「答弁書」には、蔭で語る「有罪である」との検察の意向が散りばめられている。

弁護団が提出した訴状に対する反論が「答弁書」になるが、俺たちを有罪とした最高裁判決文などを引用しての「無罪判決は間違い」である如くに語るのは、もっと明確に言えば良いのにと思ったねえ。

乙部さん、それに志布志国賠や氷見国賠で国を代表して来ている岡村佳明さん、こんな答弁書を書くために検察官になったのかと、あなたたちに問いたいけど、唯我独善に汚れた検察官魂では無理ですかねえ。まあ頑張って「桜井と杉山は犯人だ」と言い続けてください。姑息な文章などにしないで、堂々と法廷で語ってください。いくらでも受けて立ちますよ!

多分、何を主張しても、それは知る人ぞ知る、冤罪を認めない検察庁の姿勢は知られずに済むとでも思ているのだろうが、こんな検察庁を社会が許すかだ。

懲りない検察と警察の答弁書を読んで、ますます闘う意欲が湧いてきた!

コメント

大谷翔平

2013-03-30 | Weblog

いやあ凄い選手だねえ、大谷は。

高校卒業の野手が、先発出場した例は、そう多くない。昨年もオリックスの駿太選手が右翼で先発出場したが、残念ながらプロの力に付いて行けずに、すぐに2軍落ちした。

大谷は、昨日、駿太と同じ右翼で先発して、4打数2安打。見事にタイムリーも放って、ファイターズの勝利に貢献した。俺が凄い!と感じるのは、打った投手が、ライオンズの岸だったところにある。

この岸投手は、昔はドロップと呼ばれた大きなカーブを投げる。速球との球速差があって、非常に打ちにくい投手と言われている。それなのに、初めて対戦した大谷は、1打席目に3振。2打席目には速球を打って2塁打。球速差をモノともせずに打ち返した。しかも。ライオンズ1塁手が反応できないほどに強烈な打球だったと言う。

投手との二刀流を宣言し、満足に打者としての練習は出来なかったろうに、この結果。あっさりと岸投手の球速差を読み切った能力、大変な選手の誕生だ。

プロ野球万歳!

 

コメント

維新の会

2013-03-28 | Weblog

飛ぶ鳥を落とすがごとき勢いだった「維新の会」も、その支持率は下降して来たらしい。

まあ自民党政治の先導役、水先案内人的な政治信条を持った集団だから、今のように「自民党で良い」と風が吹けば、その周辺勢力の人気が落ちるのは当然だ。

昨日の東京新聞の「筆洗」欄では、こっぴどく橋下の言動の軽さを指摘していた。

「全職員の思想調査を行ったことを反省した午前中。夜になって一変。組合と弁護士が市長橋下を批判したからと激怒。再び全面的に対決するとした言動を、潔く謝ったのは演技だったのだろう。批判されて乱れるような安っぽい演技ならば、しない方が良かった」と、手厳しい。

橋下が大阪府知事、市長として行って来たことは、実に判り易い。「二重構成の無駄」「税金の無駄」として市民の不便になることばかりだ。地下鉄など、黒字部門も、勿論、大阪経済界のために売り払い、しっかりと財界には奉仕している。

橋下徹は、経済界を相手とした弁護士として金儲けをして来た男だ。やっていることは自分に利益となって還元することばかり。判らないんだよねえ、見た目の良さ、言葉の歯切れ良さ、そんことで投票する連中は。

 

コメント (1)

太陽の季節は終わっ

2013-03-28 | Weblog

先日、電車のつり広告で「太陽の季節は終わった」という見出しを見た。

買ってみようかな、と思う間に、もう次の週になったようで、何が書かれているかは判らないが、自民党総裁も狙った息子、伸晃の環境大臣としての体たらく。慎太郎が一番期待するらしい宏高のギャンブル会社との違法な繋がり。更には、脳梗塞もささやかれる慎太郎の入院を書いていたようだから、その中身は読まなくても判る感じだ。

大体、慎太郎が国会に戻るなんて体力的にも無理だったのだ。都知事としての慎太郎は、週に2.3度しか都庁に出ていなかったのを知る人は少ないだろう。東京都知事は、それで済み、実情を知らない多くの都民の支持で踏ん反り返っていられたろうが、一議員になる国会では、そうは行かない。都知事気分で、何でも思うままになるとでも思ったのだろうが、そうは行かない。

それにしても「太陽の季節は終わった」は、なかなか鋭いリード見出し。因果応報って言葉もある。傲慢にも弱い者、自分の気に入らない者を誹謗して来た慎太郎は、その行いに相応しい落日を味わい知るに違いない。

コメント

もう一丁!!

2013-03-28 | Weblog


昨日、水戸家裁所長にご栄転の志田洋裁判官の顔写真を掲載したらば、信頼する方から的確なご批評のメールを頂いた。
事実を見る眼のない裁判官の歪んだ独善を、その表情に見うると指摘される批評に同感の喜びを感じて、もう一丁!
こっちの方が志田洋裁判官の本質を顕していると、俺は感じる。志田洋が語ったらしいの信条も添えるが、愚直ねぇ。「愚」は正しい選択だろうけど、「直」が付いたんじゃあ、「愚直」の言葉自身が嫌がると思うよ、「アンタに使われたくない」って、志田さん!

コメント (2)

志田洋

2013-03-27 | Weblog
先般、名古屋高裁で福井女子中学生殺人の再審開始決定を取り消した志田洋が、水戸家裁所長として異動して来た。所長なのだから栄転なのだろうか。
裁判官は自由心証だ、好きに判断することを許された職業だが、何をしても良いことにはならない。証人を調べ、事実を調べた再審開始決定を、何も行わないで覆すことなど、絶対に許されて良いはずはない。こんな判断を許していては自由勝手、好き勝手の独善を許すことになるだろう。
志田洋の裁判官としての思いは勝手だが、他の裁判官の判断を傲慢にも変えた志田洋を、俺は許さない。
その顔を見たいと願う人もあると思い、写真を掲載した。
コメント (2)

高校生教科書

2013-03-27 | Weblog

今日の新聞に教科書検定に付いての記事があった。
文科省も保守的と言うか、政治的には保守政治の護り手だ。自民党政権の意志に通じて社会批判の教科書に付いては、かなり口を挟んで改訂させて来た歴史がある。
何時も通りの検定によって、書き替えた中身で気になったのは、代用監獄を冤罪の温床と書かれたモノが消えた件だ。
監獄法が変わり、文字通りに代用監獄と言う施設は無くなったからという理屈だそうだが、パソコン遠隔操作事件で嘘の自白をさせられた人がいるように、今でも警察の留置場は冤罪の温床であることに変わりはない。
このような部分から、今の警察や検察の批判が消されて行くのだろうが、そうはさせない!

コメント

早朝セミナー

2013-03-27 | Weblog

今朝は、、新松戸の駅前ホテルで「倫理研究会」のセミナーで話をして来た。

これで4回目だったろうか。

何時も、早くから来ておられる皆さんの熱心さに驚くし、刑務所時代のことを思い出して懐かしくなるが、今朝も同じことを感じた。

「万人幸福の栞」という本がある。研究会で使用し、輪読したりする教本だ。この冒頭に「「苦しみを喜んで迎え」とあり、「苦難幸せの門である」と書かれたのを読んで、俺のための本のように感じて、今朝は1冊貰てきた」

決して目新しいことは書いてないが、そこに記される「道理」は、いま俺が闘う相手の警察や検察に、何より必要だと思えるが、日夜「悪」と向き合って悪の毒に穢れている両組織には道理求めえない。

朝早くから参加している中小企業の経営者の皆さんに、果たしてどう感じて貰えた話しか判らないが、今朝も自分の経験と汚れきった警察と検察、司法の問題を話してきた。

 

コメント