桜井昌司『獄外記』

布川事件というえん罪を背負って44年。その異常な体験をしたからこそ、感じられるもの、判るものがあるようです。

45年目

2019-10-31 | Weblog
今日は狭山事件が死刑判決から無期懲役刑になった日だ。 
寺尾正二という東京高裁裁判官が、さも部落差別問題に理解があるかのような言辞を弄しながら、いざ判決になると曲解のままの判決だった日で、狭山事件の記念日だ。
俺が日比谷野外音楽堂での集会とデモ行進に参加するようになって何年目だろうか。
被害者の万年筆が、石川一雄さん宅カモイから発見されたという警察の証拠捏造が狭山事件の冤罪を語る最たる事実だ。
袴田事件の味噌タンクから発見されたとするはかまだけ巌さんの衣類と双璧の捏造証拠になる。
しかし、今や石川さんを有罪とした「万年筆」は、そのインクが、事件当日に被害者が書いたノートのインクと科学成分が違うとの鑑定がなされて、却って石川一雄さんの冤罪を示す証拠とされたのだ。
反論する!とした検察も、そのメドが立たないと語るらしいが、腐れ検察に多少の正義が残るならば、ここは素直に科学的な事実を認めるのだろうが、腐れは腐れでしかない。
袴田事件における大島隆明的な存在が現れるまで、きっと引き伸ばすつもりなのだ。
科学の進歩は、更に将来、石川一雄さん無実を示す科学鑑定が成されると恐れないのだろうか。
今や狭山事件の解決のとき!そんな思いを強く感じた。
コメント

可愛がる

2019-10-31 | Weblog
相撲界では、可愛がるというのは、力士としての力量を認めた若者に対して、それこそ血反吐を吐くほどに関取が相手をすることを言う。
無理ヘンに拳骨と書いて兄弟子と読む、と言われたのが相撲界だから、竹刀で殴るのなどは当たり前。ゴルフクラブで殴った春日野親方の事実もあるほどで、ある意味、暴力の世界が相撲界だったが、今は拳骨を振り上げようものならば、即相撲界から追放となる時代だ。
時代は変わったが、神戸の方では学校で先生が集団苛め、暴行を受けていたといっニュースがあって驚いた。
ホントに時代は変わったんだねぇ。
その苛めと暴行の中心だった女性教師は「可愛がっていたのに残念だ」とコメントしたとか聞いて笑ってしまった。
こんなことが子供の教育機関で起きていた事実は、何を語るのだろうか。
人権、道理、真理、正義、真実など、人間社会を人間社会として成立させる根幹が蔑ろにされているということではないのか。
凄い時代になったものだ。
コメント

20万年だって

2019-10-31 | Weblog
ミトコンドリアDNAを解析した研究で、現代の人類は、20万年にアフリカ南部のボツワナ北部にある大きな湖付近で誕生したことが判ったそうだ。
今でもオカバンゴ湿地や塩湖が存在するそうだが、現代人類は、そこに7万年ほどとどまり、今から13万年前から11万年前ごろにアフリカ北東部と南部の海岸地域に移動したのだとか。
化石に基づく研究では、アフリカ北西部のモロッコで30万年前ごろの化石が発見されていたり、北東部のエチオピアでは19万年前と16万年前の現生人類の化石が発見されていることから、今回の発見とは一致しない議論が生まれるということだが、それにしてもDNAの研究で、そこまで判るようになったんだね。
宇宙の歴史は100億年。地球の歴史は48億年だったかな。
その歴史からすれば20万年でも30万年でも瞬時だ。
高々2千年ほどの歴史を神と崇める日本のお目出たさを示す20万年だろうが、現世人類が誕生して30万年だとしても、確かめた放射能の半減期で30万年というのがあったよね。
まだ収束の見込みすらない福島原発事故では、その放射能も、未だに撒き散らされているはずだ。
このところ、外国では福島原発の放射能漏れに就いて、かなり厳しい意見が示され始めたそうだが、福島原発の付き合いの事故が起きるとしたらば、また日本になるとも指摘されているけども、もう福島原発事故を忘れて生活する日本!いいのかねぇ。
人類の歴史を示す報道から、そんなことを考えた。
コメント

無視してください!

2019-10-30 | Weblog
意味のないことをブログに書きました。
明日、大阪への遠征だが、友人に知らせる私信なのに誤ってブログになってしまいました!
パスワードを失念したために自分のブログに入れず、書いたものを消すこともできません。
全く公開する意味のない私信ですので、私のブログを見てくれる皆さん、どうか無視してください!
コメント (1)

晩飯が美味かった!

2019-10-30 | Weblog
明日、玄米のお握りを持って行くことにした。
ネギを焼いて醤油か味噌で食べる!
素材の美味さを味わう食事!
いいよな。
明日な!
コメント

こんなのばっかり!

2019-10-29 | Weblog
政治とは、なんぞや?
そこを理解しないで、ただ先生と呼ばれる権力や金、名誉ばかりを求める政治屋さんが多過ぎる、
文科相が受験方法の理不尽に対して「身の丈に合ったようにしろ」と言っちゃダメでしょ。
それは能力差はある。しかし、受験に差が生じてはならないし、それが経済力で決まるのは差別になると、文科相でなくても判ることじゃないの。
文科相の羽生田は、安倍晋三先生のお友達。安倍晋三先生と一緒に加計学園の大学新設に税金を注ぎ込んだ共犯者だが、安倍晋三の仲間って、こんなのばっかりな。
人の痛みや苦しみに共感する惻隠の情など、小指の先ほども持ち合わせない輩ばかりだ。
一昨日に乗ったタクシー運転手も言って多なぁ、ロクな政治家がいない!と。そして、そんなのを選ぶ方も悪いんだけどよ!とも。
コメント (4)

万歳三唱令

2019-10-28 | Weblog
明治時代に廃刀令、断髪令に続いて、明治12年に万歳三唱令が発布されたという作り話が、まことしやかに通信社会にバラ撒かれ、それを信じて従っている人が多いらしい。
例えば、掌を前に向けるのは降参、降伏になるから掌はアタマの方を向ける、とかだ。
即位の天皇の前で万歳した安倍晋三さんの 掌も、そうだよね。
神話、作り話、デタラメに踊らされ、信じるネットアホたちの親玉である安倍晋三先生ならば、作り話の万歳三唱令を真似る馬鹿さ加減はビッタリ似合うけど、それにしても、こんなデタラメを信じるなんて、どうかしてるよ。
コメント

盛岡

2019-10-27 | Weblog

昨日は盛岡。
前回、盛岡に招かれたときは、有名な石割り桜を見たり、盛岡城、見たり、温泉に行ったりしたが、もう2年前のことだ。
今回は救援会岩手県本部大会に招かれて話と歌。
盛岡城に近い会場に行くときに、盛岡城にある桜山神社の御神体、烏帽子岩を写真に。
何でも盛岡は、山が雪を防ぎ、固い花崗岩の地盤が地震から守り、自然災害の起こりにくい、非常に恵まれた土地らしい。
俺の前に唄った夫婦デュオの写真も1枚。
コメント

仲間の喜び

2019-10-27 | Weblog
昨日、大阪高裁で揺さぶられっ子症候群と呼ばれる事件で逆転無罪判決があった。
強く揺さぶることで幼児の脳が傷つき、障害が残ったり、亡くなったりするらしいが、ある医師たちが幼児の脳などの痕跡を、その揺さぶりや暴行に直結して判断し、虐待と主張するのに乗る警察や検察が、単に幼児の転倒や転落事故を事件に結びつけて逮捕して起きるのが、この揺さぶられっ子症候群冤罪事件だ。
欧米でも同じような冤罪事件はあったらしいが、今では幼児の脳に残る出血痕などは出産時に発症するものだったり、転倒や転落事故でも同じ症状になることが学問的に明らかにされて根絶されつつある冤罪事件だそうだ。
でも、日本は名だたる冤罪王国。何でもかんでも事件にしたがる警察に検察と、それを支援する御用学者が多いことなら、なかなか欧米のようには行かない。今でも多くの人たちが、この揺さぶられっ子症候群冤罪で苦しめられている。
その中の1人が、昨日、救われた。勝った!とメールが来たとき、ホントに嬉しかったなぁ。
コメント

腐れの論理

2019-10-25 | Weblog
湖東記念病院事件の再審が無罪判決になると確定した。
腐れ検察が有罪立証しないと言って来たからだ。
西山美香さんの無罪が、これで決まったが、西山さんも取材に対してコメントしたように「ならば、これまでの抵抗は、何だったのか?」だ。
検察は、例のごとくに「裁判所の判断に委ねる」とかの他人事のようなコメントを発したらしい。
有罪立証はしないが、西山美香さんが犯行を行っての事件だとは主張するとでも言うのだろうか。
もし、有罪立証しないということが、西山さんの犯行ではないと考えるならば、先ずは西山さんに対して詫び、検察の非を詫びるのが人と言う者ではないのだろうか。
腐れ検察の腐れたる所以は、この湖東記念病院事件でも、如実に示している。
こんな輩に司法を担わせていては日本の正義は廃れるばかりだろう。
コメント