桜井昌司『獄外記』

布川事件というえん罪を背負って44年。その異常な体験をしたからこそ、感じられるもの、判るものがあるようです。

これはダメでしょ

2013-10-31 | Weblog
愛読紙、報知新聞に納得出来ない記事があった。
太田倫とある署名記事だが、昨夜のゲーム、宮川投手の寺内選手に対するヘルメットへのデッドボールをとらえて「奮い立て」と巨人ナインを激励したコラムだけども、この内容はダメだ。
昔の日本シリーズで、巨人の土井選手がホームに滑り込み、これをブロックした岡村捕手に弾き飛ばされて「アウト!」と思わせたシーンがあった。
ところが、審判は「セーフ」。阪急は怒って抗議した岡村捕手は退場と大騒ぎになったが、審判の眼は確かで土井選手の足が、弾き飛ばされる前にホームベースを踏んでいた。
この騒ぎのあった1969年当時は、まだ瞬時のビデオもなくて、翌日の新聞1面に土井選手の足がホームベースを踏んでいる写真が掲載されて「さすがに審判!」と称賛された。
このとき、阪急は審判に対する嫌がらせとして、投手の投げた球を捕手が捕らず、審判に当たるようにしたことがあったのだが、それを見た川上監督は「こんなチームに負けるわけにはいかない!」と発奮し、一気に阪急を破って日本一になったのだった。
この阪急のケースと、昨夜の宮川投手のデッドボールを同じようにとらえて「巨人ナインよ発奮せよ」と言いたいらしいが、もし俺が星野監督ならば、こう言うだろう、「新人投手のコントロールミスを取り上げて、日本シリーズの汚点である阪急の行為と同じレベルに論じるような、こんな巨人サイドの悪質な記事に負けて良いか!!」「宮川のためにも、巨人を倒そう!!」とね。
何でも書けば良いというものではあるまい。署名記事として自らの名前を出す以上は、もっと人を唸らせるような記事を書けるように努力して欲しいものだ。
コメント

自分が良ければ

2013-10-31 | Weblog
消費税増税、秘密保護法、国民に痛みとなる法律が問題になるとき、何時も「マスコミは対象外」と報道され、それで良いような論調を書く新聞がある。
自分たちさえ良ければ、それで構わないと思っているような日本のマスコミは、全く外国に存在するマスコミとは意義が違った存在なのだ。
諸外国では権力を監視するのがマスコミの存在価値だと認識されているが、日本の場合は「大本営発表」を垂れ流すだけでしかなかった戦前の名残を留め、今でも権力と結び付いて権力の代弁をするのが使命と思っているようなところがある。
何でも秘密にしたがる官僚に社会を任せだらば、それこそ何で犯罪にされたのか、その内容も判らないままに刑務所に送られたりするだろうし、証拠開示で冤罪を救おう!などの声は、全く無視される時代にもなるだろう。
今、マスコミの存在価値が問われているときだ。
コメント (1)

誰が「ポチ」などを監視するか!

2013-10-30 | Weblog

今朝の朝日新聞などに「日本にはアメリカの盗聴拠点はなかった」とするドイツ誌の報道が掲載されていた。

拠点など、あるわけがない。何でも言いなりになる日本政府など、全く盗聴する必要がないことなど、誰が考えたって判る話だろう。

もっとも、精神までアメリカの奴隷に成り下がってる自民党政府は「アメリカ政府の信頼の証だ」なんて言いかねないかも知れないけどね。

コメント (1)

週刊新潮もエゲツナイねえ

2013-10-30 | Weblog

週刊新潮と言えば、弱きを撃ち、強きを助ける、名うての雑誌。権力の象徴たる天皇家などは、何があっても敬い、奉るものだろうが、意外と違うよね。売るためならば天皇家さえも利用するところがある。

美智子さんが声を失い、苦しんだのも、週刊誌の心無い記事によってだし、雅子さんが未だに病に苦しむのも「跡継ぎを産めない」ということから、無神経な発言をする輩と、それを売るために書く週刊誌などによるだろう。

今度は「ご不満・紀子妃についた不敬なニックネーム」と来た。次は紀子さんがターゲットかい。

俺は新潮はじめ、週刊誌は、ほとんど読まないが、この見出しだけで内容は判るね。

あたかも「不敬なニックネーム」を批判するごとくに装って、天皇好き国民に週刊新潮が売れればいい、だけのことだろう。紀子さんの心など、考えもしないんだ。

俺は生まれながらに生き方が決められる天皇家が気の毒だと思っている立場だが、更に箸の上げ下げまでも人の批判に曝されるのかと思うと、つくづくお気の毒と思うねえ。

秘密保護法が出来たらば、こんな週刊誌は監視され、発刊できなくなる?いやあ、戦前と同じに国家権力の犬となって、ますます強き者のために働くだろうなあ。「国民を監視しろ!正義の戦争に邁進しろ!」とやるのだろうねえ。

コメント

我が故郷へ

2013-10-29 | Weblog


千葉刑務所へ行った。
北陵クリニック事件の守大助に面会だったが、雨に濡れた工場の屋根や、俺も入った南向きの病舎の屋根を眺めながら、実に懐かしい気分になった。
受付にいた職員、面会に立ち会った職員、総てがお世話になった方で「ときどきテレビで見てるよ」と言われ、言葉を交わして見ると、あの頃を思い出して、本当に不思議な気分だったなぁ。
「まだスポーツをやってるの?」と、いきなり聞かれて、「俺が野球などのスポーツで、何時も先頭でやっていたのを覚えているんだな」と思ったし、互いに昔のことを含めて話したが、一緒に行った連れ合いや水戸から行った大名さんは、どう思ったやら。ただ、俺が、塀の中で社会に帰る日を目指して身体を鍛えながら頑張っていたのは、きっと判ったと思う。
大助も元気で安心した面会だったが、俺が俺になった千葉刑務所での歳月を思うと、ここは我が故郷、年に1度は来なければ!と思った。
折角、行ったのだから、何かを買いたいと思ったが、残念ながら売店には、気に入った千葉刑務所製品がなくて、三重刑務所製品らしい「マジック貯金箱」を買って来たが、開かない!
どうしょう???

コメント

野球は面白い

2013-10-28 | Weblog
アメリカではワールドシリーズ、日本てば日本シリーズが行われている。
どちらも接戦の好ゲームが続いているが、審判のジャッジが試合を左右している感じになってもいる。アメリカでは走塁妨害のサヨナラゲームになったし、日本では明らかなアウトがセーフになって決勝点になった。
今日の新聞を見ると、報知新聞が1面で写真を使ったのは、負けた巨人の親会社系だから、まあ仕方ないだろう。これだけハッキリしたアウトをセーフにするのも珍しいし。ただ朝日は写真を載せたけども読売が取り上げなかったのは良かったね。誤審がゲームを左右しては興醒めだが、それも野球だからだ。
終わった結果に拘らすに、誤審を乗り越えた好勝負を行って欲しいものだ。
もちろん、審判には、改めて正確な判定をして貰いたいのは、書くまでもないが。
コメント

結婚披露宴

2013-10-27 | Weblog


久しぶりにお祝いに参列した。
五十嵐弘志さんと言う刑務所生活20年の男がいて、彼は、受刑生活中、神に射たれて改心し、受刑者を救う活動をしている。
初めて会ったのは2年ほど前だったろうか。穏やかな表情に澄んだ瞳をした人で、意志が表情に現れ、信頼出来る人柄は一目で判った。
ときどき若い、しかも可愛い女性か一緒で、誰かと思っていたらば、その方が結婚する相手だった。
五十嵐さんはキリスト者になり、愛される存在と知れば受刑者は生まれ変われる!と、仮釈放で社会に帰り、この2年半、必死に活動しているが、その姿勢が彼女に通じて、彼女も神の意思として結婚すべき定めを夢に見て決心したとか。
美しい結び付きは、見ているだけで、こっちも嬉しいし、楽しいし、清らかになるよね。
五十嵐さんは受刑者のために、俺は冤罪者のために、お互いに頑張ろうとエールを交換した祝う会でもあった。
コメント

再びの大本営

2013-10-27 | Weblog
梯久美子さんの著書「硫黄島栗林中将の最期」を読んだ。
日本を護るために硫黄島で壮絶な戦いがあり、その指揮者であった栗林中将に付いては知っていたが、その戦いの中身は、殆んど知らなかった。
栗林中将に対する自衛隊の屈折した評価はじめ、梯久美子さんの書いた内容は、実に重くて深い。
父島でのアメリカ捕虜人肉事件に見られる、日本軍の異様さは、今の平和に評価出来得るものではないが、その結果の裁判に於いて示した日本軍人の態度には、多くの学ぶべき点があった。見苦しく抵抗する者、罪を否定する者、潔く総ての罪を認めて部下を助け、かつアメリカ軍の行った日本本土空爆の罪を追及した者、人の最期に示される人間性には、深く考えさせらた。
この本にある絶望的な戦いに臨み、硫黄島に死んでいった将兵を思うと、その御霊に頭を垂れて感謝し、祈る気持ちと共に、今、日本に復活しようとしている「大本営」は、果たして、彼らが望むだろうかと考えた。
日本は、あの戦争を国家として、 何も総括していない。再び戦争を行い、戦死者を生むことは、絶対に望まないだろう。
この本にある戦いの中に逝った魂の気高さに較べて、その魂を敬うかのごとく扱いながら、再び大本営を作ろうとする連中が、いかに薄汚い存在かということも教えてくるた書籍だった。
コメント

2013-10-26 | Weblog
人には器がある。
やはり野に置けレンゲ草、と言う言葉があるが、器でない人物が、ある地位、立場を得てもロクなことは出来ない、ということだ。
小泉純一郎元首相の原発廃止発言に対して、自民党や拝金主義者たちから、あれこれの反論がなされているが、安倍首相の国会答弁は反論にもなっていなかった。
「毎年、火力発電燃料費に4兆円は厳しい」
目の前の現実しか考えられないんだよ、この首相は。再生可能エネルギー開発にお金を使い、新しいエネルギーを得て行けば火力発電費は少なくなる。しかも、廃炉技術の開発をすれば、それが新しい産業になるし、原発は人類を脅かす害毒から社会活力に変わるのだ。
そのような展望の欠片も感じない安倍答弁を思うと、この人も、所詮はレンゲ草だね。小泉純一郎元首相の方が、まだしもだ。
コメント

言い訳

2013-10-25 | Weblog

阪急阪神ホテルズと言うグループが食事の使用品表示の偽装をしいていたことが明らかになった。

高級食材と偽り、普通の品を使っていたのだから、呆れたホテルだが、社長の言い訳が素晴らしかったね。顔色も変えずに「偽装ではない、誤表示だ」と、語り続けたところなど、さすがにホテルマンだと感心した。

以前、同じ大阪で「前場吉兆」の偽装行為が明らかになり、音声の前で言い訳を指導した女将がいたけども、あの人が可愛く感じる、今回の言い訳記者会見だったよね。

「放射能の影響は、完全にブロックしている」とかの言い訳もあったね。

放射能の影響はボデーブローだ。人間に影響するころには「ブロックしている」と語った男は死んでいようが、ダダ漏れの放射能は、このままでは止まらないのだから、必ず海と人間に影響しよう。

警察や検察、裁判所も間違いを正しい語って恥じないことが多いけども、言い切ってしまえば勝ち。そんなことが多過ぎるよねえ。いくら偽装じゃないと言っても、安い品物を高級品と偽ったことは間違いない。こんな言い訳も「完全ブロック」の嘘に較べればマシかも知れないかな。

 

コメント