桜井昌司『獄外記』

布川事件というえん罪を背負って44年。その異常な体験をしたからこそ、感じられるもの、判るものがあるようです。

歪んだ眼

2012-06-30 | Weblog
警察には、物事を正しく見る目がない。常に歪んだ視点しか持てなくなるのが警察と言う職業だ。
警察官になると、そうなってしまうようだが、何時も面白いと思うのは、集会などの人数把握だ。
昨夜の総理大臣官邸前のデモについて、警察の発表した参加人数は、1万5千人だとあった。他の発表や把握数を見ると、15万とか20万とか言われている。
この違い、何だろうね。
警察の願望なのだろうが、政府批判の人は少なくあって欲しい!と思うのだろうね、あの組織は。
総てに歪んだ眼しか持たない人たちが、この社会の治安を守る、なんて、ジョークだよねえ。
来週の官邸前、俺も行こうかなあ、東京に泊まるし。
コメント

どうにもならない

2012-06-30 | Weblog
昨夜の総理大臣官邸前のデモは、凄かった。15万とも20万ともいわれる人が集まり、大飯原発の稼働を止めろ、原発を廃炉にしろとの声を上げた。
この自然発生デモは、多分、日本で初めての動きかも知れない。
俺は安保反対デモを知らなくて、その時の人の集まり方も判らないが、今回は労働組合の旗もなければ、政党の旗もない。あるのは、参加した人の手製のアッピールボードだけだ。
この日本を動かすかもしれないデモを、讀賣は、全く報じない。何でも「社の方針と違うことは書かない」と応えたらしい。
馬鹿だねえ、読売新聞は。
社会の動きを、何物にも左右されず、正しく報道するのがマスコミだはないのか。自分の気に入ったことだけを報道するのでは、社会の公器ではあるまい。それでは、単なる利益代弁の機関に過ぎないではないか。
検察や警察など、社会の公的機関が私的な機関に成り下がってしまい、今の日本を歪めているが、新聞社も、そこまで成り下がってしまったと、今日の読売新聞は語っている。
恥かしいねえ、この新聞は。
コメント

無事に終了

2012-06-30 | Weblog
龍谷大学での予定は無事に終了した。
大学の1回生は、まだ成人にもなっていないし、法律のことなども判っていない、純粋な頭脳だ。
その純な頭に、俺の話が、どう受け入れられたか判らないが、将来の生き方に、少しでも参考になれば嬉しい。
若い人たちに話せるというのは、大変にやりがいのある気持ちだし、嬉しい思いになれる。
今回の龍谷大学行きも冤罪になって良かったと思える時間だった。
コメント

授業

2012-06-29 | Weblog
昨日の受講者は、まだ大学に入ったばかりの1回生だったらしい。
別に1回生だから3回生だからで話が変わるわけではないが、もう少し考えて話すべきだった。
もう法律を学んでいる学生たちと思って話していたので、今回は、事前に認識が足りなかったと反省だ。
今日は、残る半分の1回生だとか。
どんなことになるか、楽しみだ。
コメント

何とかセーフ

2012-06-29 | Weblog
昨日は焦った。
土浦駅で停車した特急車内に流れたアナウンスは、復旧には2、3時間必要、急ぐ人はつくばエックスプレスに振替して。
すぐに電車を出て改札口に行くと、長い人の列。駅員に理由を話して、すぐに振替乗車券を貰い、タクシーでつくば駅へ。
つくば駅発11時25分に乗って秋葉原駅。東京駅に着いたのは12時20分ころ。30分発に乗って京都に着いたのが午後2時50分!授業は3時から。タクシーに乗って龍谷大学に着いたのが3時5分だった。俺らしく、授業校舎を聞いてなかったりでドタドタはあったが、それほどに迷惑は掛けずに着けてホッとした。
いゃあ何があるか判らないねぇ。
コメント

前途多難

2012-06-28 | Weblog
今日は、龍谷大学で話をするために京都行き。予定通りに水戸を発って京都に向かったが、電車は土浦駅でストップ。
佐貫、牛久駅間で線路陥没が発生とのこと。
大して雨も降らないのに、どうなってるやら。
授業は15時から。東京駅発12時半辺りので行かないと間に合わないため、急遽、つくばエックスプレスに移動したが、これから秋葉原へ行くのだから、果たしてどうなりますか。
いゃあ、常磐線は、色々あるなぁ。
コメント

本日も検察庁に異常なし!

2012-06-28 | Weblog
東京地検特捜部による捜査報告書捏造事件で、既に報道されている通りに、減給処分、依願退職で一件落着だった。
実に目出度い!
昨日は、その記者会見だったというが、今日の新聞は、まあまあ批判していた。
当然だろう。
田代検事の偽造調書は、1問1答形式だったそうで、これが「記憶違い」とは、普通に調書の取り方を知る人間ならば、絶対にありえないと判るだろう。誰が捜査報告書を書いたとしても、1問1答ならば、その場面を思い出して書くだろう。何か月前のことだとしても、実際に石川議員が言わなかった言葉を、どのような場面として思い出して書いたと言うのだろう。田代検事が、いかに狂った人間だとしても、少なくても取り調べを日常としていた人なのだ。
バカバカしい。
もし、石川議員がこのような供述をしていたならば、「その供述」を求めて調べをしていたのだから、すぐに調書を作ったろうし、捜査報告書も作成したはずで、徹底的に検察庁の弁解は馬鹿げている。
昨年の笠間検事総長の「検察の理念公表」も国民を舐め切っていたが、今回も馬鹿に仕切っている、「どうせ国民など、検察庁が言えば収まる」と。
コメント

国賠

2012-06-27 | Weblog
昨日は、国賠弁護団会議だった。
参加された布川弁護団の弁護士さんは16名。これまでに参加の意思を示された方は、総て来てくださって、いよいよ出発だ。
俺の「10月10日に提訴」と言う意思に沿ってくださって、その日に向けた準備として、書面の作成割振りも決まったので、次の会議からは具体的な提訴内容の検討に入ろう。
楽しみだねえ。
コメント

しぶとく

2012-06-26 | Weblog
今朝の新聞に検察人事が載っていた。
こいつら、公安調査庁まで支配してるんだね。
いゃあ、強大な支配力だぁ。
水戸地検検事正から最高検に異動した粂原。何時、どこへ移るのかと、何時も興味を持って検察人事を注目しているが、まだほとぼりを冷ましているらしい。
まあ検事正が飲み屋で乱心、普通の神経ならば、自ら職を辞するだろうし、公益の代表たる職責を自覚すれば、検察庁としてのなにがしかがあるべきだろうが、こっちも無自覚。
かくして本日も検察庁に異常なし!ってところかもね。
来月辺り、泉町にあるらしい粂原の暴れた店、夜の虫に行ってみようかな。
コメント

恥さらし

2012-06-26 | Weblog
こう題する本がある。元北海道警警察官稲葉圭昭(よしあき)氏の書いた懺悔録題する。
現役警部として覚醒剤使用の罪で逮捕された稲葉氏は、その裁判でも自らが警察官として犯した犯罪行為を告白したが、社会的には、全く黙殺された。逆怨みで嘘の告白をしたかのように受け取られたのかも知れないが、この「恥さらし」に書かれた内容は、底知れない警察の犯罪行為が溢れている。
違法捜査はもちろんのこと、幹部の実績作りのでっち上げ、お定まりの裏金まで、腐敗し切った警察内部の実情が書かれている。
この稲葉氏、千葉刑務所にいて連合赤軍事件の吉野さんと同じ工場にいて、年寄りの受刑者の面倒を見たことも書いているが、その内容は誠実だ。かの金ジュンゾウが宝島社から出版した千葉刑務所は嘘に満ちていて、嘘を描いて面白くして売りたい姿勢が見え見えだったが、稲葉氏は違う。
俺は警察官が嫌いで、この本を読むまでは、稲葉氏も会いたくない対象だったが、今は千葉仲間として、頑張って欲しい思いに変わった。
犯した行為への懺悔と反省。警察官の職務に対する一途な正義感を知り、こういう人の正義感が通る警察にしたいと、改めて思った。しかし、現実の警察を改革するには、警察の犯罪行為を取り締まる法律を作る必要があると思う、これまでに俺が語って来たことの実現しかないと判り、検察改革よりも困難なことだと、認識を深くした。
警察の腐敗は限りなく深い。
コメント