桜井昌司『獄外記』

布川事件というえん罪を背負って44年。その異常な体験をしたからこそ、感じられるもの、判るものがあるようです。

医療過誤

2010-06-30 | Weblog
人工透析をしていて死亡した女性の遺族が訴えて、警察が医療関係者を過失致死罪で捜査!と言うニュースを見た。
こんなニュースを見るたび、俺は怒りのような感情を覚える。警察なんて、こんな捜査をする資格を持っていまい。
警察が冤罪を作り上げる過程で行う不正は、過失ではない。故意だ。
俺たちが犯人にされる過程にあった不正行為を数えて行くと、本当に沢山ある。「自白」テープの改ざん・編集、捜査報告書の改ざん・編集、証人関係書面の改ざん・編集、取り調べ時間書面の改ざん・編集、捜査官の偽証、これらが裁かれ、罪を問われないのは、なぜなのだ!
検察が同じ罪を背負って警察の行為を容認し、更に無罪の証拠を隠して冤罪を作り上げるから、いくら無実になっても警察の罪は問われない。検察の罪も問われない。
何度考えても、俺には納得出来ないし、この警察と検察にも過失罪を作りたいと思う。
コメント

朝?

2010-06-30 | Weblog
熟睡した。
今、起きて、あれ?朝が来た?と思った。
サッカー寝不足を補って余りある昼寝になったようだ。
コメント

監視カメラ

2010-06-30 | Weblog
今朝は、日本社会に溢れ始めた監視カメラのことを放送していた。
今、街頭カメラや私的な監視カメラは3百万台を超えるほど、社会に溢れているらしい。
嫌な話だねえ。
街頭カメラは社会の安全を守る名目があるわけだが、その映像管理に、日本では明確な法律の縛りがない。イギリスなどは、日本よりも多くて4百万台を超えるカメラがあるらしいが、法律の運用規定も明確だし、1台1台のカメラには問い合わせ先が記され、一人ひとりの市民が疑問に感じることがあったらばチェック出来るようになっているらしい。
日本人は、悪いことをしなければ映されても平気と考えるのだろうが、ただカメラの設置が進んでいる現状を伝えていた。特に問題になるのは、その映された映像の流出にある。私的なカメラの電波は透視される危険もあるのだとか。
今、可視化法案は成立も危ぶまれるが、社会を監視するのは好きな警察や検察も自分たちを守る監視化カメラは嫌いなんだな。
取調室を見守るカメラは、ただ調べられる者だけを守る訳ではない。調べる人が言い掛かりで不当な捜査があったと言われるのも防ぐ。調べる人、調べられる人、双方の人権を守る手段なのだ。
これに反対する警察に検察は、何を考えてるのか判らないが、今、好きにやっている街頭監視カメラで、余程悪いことをしてるのではないだろうかと思うよねだから、自分たちは監視されたくない、ね。
もし悪いことさえしないならば、警察署の総て行いが記録されるカメラが設置されても構わないはずだ。まあ無理だけどね。裏金はじめ、警察のやってることは暴力団まがいだからなぁ。監視カメラ社会、恐いし、考えさせられる問題だ。
コメント (1)

眠い朝

2010-06-30 | Weblog
昨夜はサッカーを見た。何時も通りに11時前に眠くなり、寝床に入ったが、試合開始を耳で聞き始めたらば、徐々に眠気が消えてテレビの前に移れた。
試合は残念結果だったが、良くやったし、面白かった。守備は世界レベルに達したが、攻撃は世界に出るには足りないモノがはっきり見えた。
駒野のキック前、攻め上がった駒野のパスキックが、ことごとくヒットしていなかったので、連れ合いに「今日はヒットしてないから、これは失敗するかも知れないぞ。枠を外すかも」と言ったらば、「アナタが言うと当たるから言わないで!不吉は言わないで」と叱られたが、そのそばから外した。本当に残念だったが、しかし選手は全力を尽くした。
俺は野球ファンだが、充分に楽しませて貰った。俺は、最後まで、岡田監督の手腕を認めなかったが、監督はじめ選手一同の健闘に拍手をした夜だった。
人間臭い審判のミスの数々、サッカーは面白いねえ。
コメント

取材

2010-06-29 | Weblog
俺は忘れっぽくて、自分の話したことなど、覚えていないことの方が多い。それが体験や思考によって話したことならば、まあ忘れても尋ねられれば同じ話をするだけだし、困ることもないが、感情的に話したことは忘れてしまうので困る。
あれは再審請求前だったが、連れ合いに再審を止めると言ったことがある。
もちろん理由はある。ここに書けないが主な理由だったが、仕事と活動に疲れ、嫌気がさしたのだった。行事があるたびに、それが重圧になり、気楽に仕事だけをしたかった。金銭的に辛かったこともあって、もう止めたいと思ったが、それは感情的な思いだったせいか、乗り越えて忘れていたが、記者の質問で思い出した。
確か、その後、再審請求が通ったらば、それで止めると言ったこともある。ギリギリの状況で闘い続けた、この14年だったと、取材があるたびに認識が深まり、今、俺の役割は終わったと思う気持ちの底を知らされてもいる。
コメント

萬庵

2010-06-29 | Weblog
水戸、芸術館の近くに、俺のお気に入りの蕎麦屋がある。
たまたま入って食べたのが、もう2年くらい前になるだろうか。香り、仄かな甘さ、喉越し、俺が蕎麦好きに推薦している柏のさとうに匹敵する蕎麦だ。
柏にある幻の蕎麦、さとうは蕎麦だけしかなくて、1日限定10人、完全予約制だが、ここ萬庵は普通に営業している。そして、蕎麦だけではなくてウドンもあり、これだ、また美味い。腰が強くて滑らかさがあり、何時も萬庵に来るたびに蕎麦を食べるか、ウドンを食べるかを迷う。
今日はざる蕎麦。
満足の昼飯だった。
コメント

ウンザリ

2010-06-29 | Weblog
連日、相撲界の賭博騒ぎでワイドショーが賑やかだ。除名だ解雇だと、死刑判決を求める文字の踊るスポーツ新聞も元気に批判してるが、こんな大騒ぎの問題なのだろうか。確かに暴力団と繋がるのは反社会組織に力を貸すことになるのだから、絶対に止めるべきだろう。しかし、こんなに大騒ぎするほでに大きな罪なのだろうか。
前の時津風が弟子を暴行して死なせたとき、あれでも解雇だった。賭博は罰金刑しかない軽い罪だ。棄却何だか知らないが、水に落ちた犬に石を投げているように思えて不快になって来た。
相撲協会と暴力団との付き合いは、昔は常識だった。興行主として暴力団は、相撲界の一員のような存在だった。
そもそも日本の歴史そのものが暴力団と深い繋がりを持っていたのだ。安保条約に反対する国民のデモ隊に対して、ときの政府自民党は右翼、暴力団を頼って対抗させたではないか。茨城県議会など、未だに自民党のボスは住吉会との深い繋がりを持って存在している。
今度の問題を契機に暴力団との繋がりを完全に断たせ、新しい相撲協会として出発させれば良いだけのことだ。大嶽にしろ琴光喜にしろ、解雇して相撲界から抹殺するのは行き過ぎだと、俺は思う。
本当に、日本社会は弱った人には過酷なことをするよね。ウンザリの騒ぎだな。
コメント

セーフ!

2010-06-28 | Weblog
取材場所まで歩き、元の県庁跡で、サッカー遊びをしている小学生になったか、ならないかの子供たちを見ていた。すると、少し年上に見える子供が自転車に乗ってボールに向かってきた。そして、急ブレーキを掛けたらば、後輪が上がり、見事に一回転!
子供は身体が前に投げ出され、腹這いになった上に自転車が回転して乗ったのだが、上下逆さに、しかも前輪と後輪が逆になってかぶさった。
背中に自転車が乗ったときの痛みだけだったようで安心したのだが、子供に「ビデオに撮れば良かったなぁ!投稿ビデオに、絶対に採用されたよね!」と言ったらば、嬉しそうに恥ずかしそうに起き上がり、また自転車に乗って友達らしい仲間のところに行き、僕さ!と顛末を話していた。
怪我がなくて良かったと思ったらば、実際、小さな子供たちのボール遊びを見ていたところだったから、ビデオ、残念だったなぁと、かなり真剣に思ったなぁ。。
コメント

訓練

2010-06-28 | Weblog
新聞の取材に応じるために、その場所へ向かって那珂川堤防を歩き始めた、朝の散歩コースを行くと、まず少年野球場がある。
そこには不埒な成人二人組がいて、外野の芝生を使ってゴルフの練習をしていた。その川側からは、エイサ、エイサの掛け声がする。何事かと堤防に上がって声のする方を見れば、自衛隊の水上訓練だった。15~6人の乗った船が掛け声とともに進み、傍には監督舟らしい緑色っぽい十字旗を立てて動いていた。
どんな若者たちかは見えなかったが、一生懸命に声を出して船を漕ぐ顔と汗を思って不届きなゴルフ野郎たちに感じた不愉快を忘れた。
今日も暑い。さぞかし汗をかいたことだろう。
コメント

ボケ

2010-06-28 | Weblog
もの忘れをしても、まあ昔から忘れっぽい俺だから、大して気にもしないが、今日から3日間の休みだと思っていたけど、やはり忘れていた。取材要請があったんだ。
あれは社会に帰って来て、すぐのことだった。俺たちは仮釈放者として保護観察所に出頭する義務があるが、その約束を忘れてしまったことがある。もちろん、厳しく注意された。
「アナタのために、私は時間を取って待っていました、社会では約束を守ることが大事です、絶対に守って下さい」
伊藤さんとか言った女性だったが、あれは効いた。あれ以来、ずぼらな俺も、色々な約束は守るように努めて来たから、あの出来事は良かった。
もう裁判に決着の見通しを得て、俺も気が弛んでる。でも、いいよね。少しノンビリさせて。
そんな気持ちだ。
コメント