桜井昌司『獄外記』

布川事件というえん罪を背負って44年。その異常な体験をしたからこそ、感じられるもの、判るものがあるようです。

初事務局会議

2019-03-31 | Weblog
今日は冤罪犠牲者の会事務局会議だった。
会を結成したが、何も決めていないし、総ては事務局会議でとなっていた。その会議が開かれて、事務局長や任務担当を決めて、いよいよ本格的に活動を始める。
何が出来るか、どうなるかは、まだ判らない。でも、今日、参加してくれた9名にも、色々な能力者がいて、既存の組織を離れて冤罪犠牲者の会独自の活動は、きっと面白くなると思える会議だった。
「桜井さんが死んだらば、どうなるのだろうと話し合ったらば、凄く不安になった、冤罪犠牲者の会は終わる」と言ってくれた仲間がいたが、大丈夫。事務局長も決まり、色々と能力のあるみんなと話し合い、飲んだらば、闘いはこれから!面白い闘いが出来る!と感じて嬉しくなった。
コメント

墓参りと桜

2019-03-31 | Weblog
昨日は東京から来た人たちも含めて杉山の墓参りだった。
彼岸に行ったときは無かった花が手向けられていて、誰かが参ったようだ。
彼岸のときに発見した酒とタバコは、今年、成人した息子が来て手向けたものと判った。彼の成人の日のインスタグラムには、利根町が第2の古里だのして利根川の写真があるとか。
やはり!だったが、良かったなぁ。
墓参りの後は我孫子市議の松島さん宅へ。布川事件勝利記念で植えられた松島さん宅の畑の桜は、丁度、咲いていた。今までの花見酒は、何時も散った後だったが、今年は花も見られて美味い酒を堪能した!
コメント (1)

凄い!

2019-03-29 | Weblog

今夜は水戸で会議だとのこと。
1度、自宅に帰ってから行く手もあるが、多分、自宅に帰ったらば、そのまま。行く気が失せるだろう。
少し時間を潰すために上野公園の桜を見ることにした。
今日は金曜日。夜は盛大な夜桜になるだろうが、午後3時。もう宴会中の集団はあるし、歩くのも大変な人だった。
さすがに上野公園🎉
コメント

山口敬之の墓穴

2019-03-29 | Weblog
伊藤詩織さんに酒に入れた薬物を飲ませて昏睡状態にさせてレイブした卑劣な犯罪者である山口敬之は、安倍晋三ポチであったお蔭で、その犯罪を首相秘書官をしていた警察官僚の中村に助けられた。
薬物強姦犯罪が警察官僚の一声で揉み消されてしまうのだから、日本も、大した先進国だ。中国や北朝鮮を人権後進国だなどと嗤えない。
その山口敬之が伊藤詩織さんを「性犯罪ビジネスで名誉毀損をした」と訴えたそうだ。
盗人猛々しいとは、このことだろう。
山口敬之は薬物強姦をしても見逃されたことに慢心し、再び社会の表面に識者面を晒したいと思っての名誉毀損訴訟なのだろうが、天が許すだろうか。
山口敬之が昏睡状態の伊藤詩織さんを担ぐようにホテルに入る姿などの防犯カメラ映像があるそうだ。民事訴訟を甘く考えているのかも知れないが、その映像が裁判所で明らかになったらば、どうなるだろうか。
この傲慢は墓穴を掘ることになる。ならなければならない!
山口敬之に天罰を!
コメント

傍聴券

2019-03-29 | Weblog
昨日の松橋事件無罪判決は、直接に法廷で聞いた。
裁判官は過去の過ちを詫びた訳ではないし、冤罪責任にも言及しなかった。自白などを証拠請求しながら、最大の証拠とされた刃物に巻いたと自白したシャツ袖を証拠請求しなかった検察に対して、わざわざ括弧書きて触れて皮肉った程度の判決は、 ほとんど聞くべき内容はなかった。
9時の集合時間に行った俺は、そのまま裁判所門前で取材を受けたりしていたから傍聴券の抽選には、もう終わりころに行った。何人が並んだのかは知らないが、青木恵子さんに「俺は抽選に当たるよ!」と宣言した。ズバリ的中!
青木さんも当たりで一緒に傍聴出来たのは来た甲斐があったけど、やはり冤罪を作る責任者の一角を担う裁判官だ。その責任者たる一言が欲しかったよな。
コメント

熊本城の桜

2019-03-29 | Weblog


昨日は無罪判決後、宮田さんのいる施設を訪問して会って来た。
今回の判決に来ていた俺も青木恵子さんも、宮田さんには初対面だ。認知症を患う宮田さんが、俺たちを判る訳がない。
弁護団の訪問には涙を浮かべた宮田さんだったが、青木さんが渡した花束も怪訝そうに見るだけだった。
奪われたものは大きい。
松橋事件弁護団は熊本城で花見をするというのに青木さんとともにお誘い戴き、午後1時半から生ビール付きの乾杯だった。
熊本城は地震被害から復興中。まだ生々しく惨状を晒している場所がら数多あり、地震の凄まじさを知らされた。
弁護団の先生方と検察の上訴放棄で確定することは喜びながらも、他の再審請求事件のことやら再審の問題など、必要な闘いの話で盛り上がった。
1カ所だけ空いている熊本城の駐車場には、観光バスも含めて多くの車と観光客が来ていた。
コメント

松橋事件無罪判決

2019-03-28 | Weblog


今日は熊本地裁で松橋事件に再審無罪判決があった。
34年の闘いの時間の中で、宮田さんは脳梗塞から認知症になってしまい、今日の喜びを認識出来ない。
再審請求を行っていた長男は亡くなられた。
誰が,どうして償うのだろうか。
冤罪を作らない法制度を作り,冤罪からの救済を速やかに行う法制度を作る必要がある。
コメント

違うよな?

2019-03-27 | Weblog
平成最後の場所だった相撲は、また白鵬の復活全勝優勝だった。
土俵下での優勝インタビューでは、観客を誘って三本締めをしたらしく、それが神事である大相撲の形を乱すとして批判されている。
以前、同じように観客を誘って万歳三唱をして批判されたが、モンゴル人には、神事としての相撲が理解されていないのだろうから、これは相撲文化を教えるしかないし、横綱審議会の批判はイジメのように感じるなぁ。
高校野球でも論議を呼んでいるのが、試合終了後の球児の行動だ。
優勝候補と言われた横浜高校は完敗。終了の整列で礼をした後、握手を求めに来た相手選手に背をむけて帰ったのだ。
非礼だ!スポーツマンシップに合わない!いや構わない!ニュースにもなっていたな。
確かに、勝ち負けに拘った姿のようで見苦しいと思わせるが、神奈川県内の高校野球規則には「試合終了後で握手はしない」とあるらしい。
だから、横浜高校の選手たちは握手をしなかっただけ。
判ってみれば、そうなんだ!だ。
俺も、優勝候補もバッドロッサーか!と思ったが、こういう思い込みは人を傷付くことがある。
自戒したいよね。
コメント

履正社

2019-03-25 | Weblog
あれは何時だったか、獄友が十三の映画館で上映されていたとき、梅田に向かう阪急電車に履正社の野球バックを持った数人が乗車して来た。
練習に疲れたのか、それから傍若無人に席を占領して回りなど、気にも掛けない振る舞いだった。
履正社と言えば大阪桐蔭と並ぶ高校野球の強豪だが、こんな選手がいる高校がノサバルようじゃ駄目だ、と思った。
選抜大会が始まり、履正社も選出されて出場したが、アッサリと負けてくれた。
あのときに目にした選手たちは、たまたま、そういう連中で、他の選手は違うのかも知れないが、負けて当然と思ったし、良かったと思ったな。
コメント

イチロー!

2019-03-24 | Weblog
山形彷徨中にイチローが引退した。
俺はイチローは好きじゃなかった。
何をやっても様になるし、総ての言動が計算ずくのようにやってのけるイチローは、何か好きになれなかった。もちろん、その実力は認識していたし、傑出した天才であることも解っていたが、とにかく好きにはなれなかった。
今回、引退してのテレビ各局の騒ぎは凄かった。今も続いているが、その騒ぎに相応しい選手だし、当然だとも思うが、その中で、特に感じたのは、イチローの得意稀な自制心だ。
プロ野球選手に天才と思う選手はいるが、大体の天才は金満の飽食で体型を崩してしまう。巨人の某捕手などは、その典型だし、若い選手時代の映像を見ると、誰もが引退間近には丸い顔付きになってしまう。
イチローは違った。走ること、守ること、投げることは、今でも現役メジャーリーガーに負けない。躰全体から鋭さを感じるのは、どれだけストイックに努力していたかを示すものだろう。若い時代からの映像を見ても、顔付きを含めて変わらない。
稀に見る天才だったし、素晴らしい野球選手だった。
本当にお疲れさま。そして、ありがとう!
コメント