桜井昌司『獄外記』

布川事件というえん罪を背負って44年。その異常な体験をしたからこそ、感じられるもの、判るものがあるようです。

納得

2017-03-31 | Weblog
森友学園問題では、俺は籠池側の発言に真実を感じているが、資料を小出しするものだから合点の行かないこともある。
その一つが、籠池夫婦が昭恵夫人秘書に送った手紙の経過だ。あれは便箋ではなくてノートみたいなものだそうが、依頼文面は、挨拶も何もなく、いきなり具体的なことしか書いていない。よほど親しいのか、予め話を伝えていなければ書けない内容としか思えなかった。それなのに、「昭恵夫人に電話したが反応がしなかったので秘書に手紙を出した」と言うだけだった。
今日になって、籠池夫婦が昭恵夫人に電話をする、秘書から籠池夫婦に電話が来る、そこで依頼内容を手紙で送れと言われる、それで出したのが、あの封書だと報道された。
ならば、あの挨拶も何もない、具体的な要望しか書かれていない手紙になって当然だ。
やっと納得出来た。
昭恵夫人に電話をして秘書から電話が来たならば、知らぬ存ぜぬは無いよな。安倍昭恵も、これは強かなタマかも知れないなぁ。
あの秘書は、別に高級官僚になるキャリアと呼ばれる女性じゃないのだとか。そんな人に責任を背負わせてしまう自民党、安倍夫婦、それに安倍友たち。醜いなぁ、
コメント (5)

2017-03-30 | Weblog
国会審議の中で、人を嘲るように笑う麻生や安倍晋三、ホントに国の指導者とは思えない人格の未熟さだが、その安倍晋三に取り込まれたのか、取り入ったのかは判らないけど、安倍晋三と食事を重ねるジャーナリストも似るんだなぁ。
「安倍友」の時事通信‥田崎は顔を出さなくなった代わりに、今度は山口とかいう安倍友が顔を出して、安倍晋三弁明、昭恵夫人弁明を重ねている。
安倍友たちは、やれ籠池証言がどうの、籠池夫人がどうの、と語るが、問題は国有地が異常に安く払い下げられた経過に安倍晋三や昭恵夫人の
関与があったか否かだ。これしかない。それなのに矛先を変えようとするから腹が立つ。
籠池夫婦の手紙に依れば、国有地払い下げなどで昭恵夫人秘書に依頼をしたことは明白だ。そして、社会常識で考えれば、 秘書は仕える人に対して依頼内容を報告することも明らかだろう。ここを安倍友たちは「昭恵夫人は否定する、ゆえに秘書は独断で動いて忖度が生まれたかもしれない」などと語るから茶坊主の輩だと言うしかないのだ。
田中角栄さんと早坂秘書だったらば、田中角栄さんに会話を通さずに相談を勝手に処理することもあるだろうが、官庁から出向して首相夫人秘書を務める役人が、仕える首相夫人に話を通さないで依頼を処理するはずはない。ジャーナリストならば、そんなことは判りきっているだろに、素知らぬ顔で 秘書が独断でやったように語るのだから、安倍晋三の撒く餌に腸まで腐れているようだ。
籠池夫婦が昭恵夫人秘書に依頼した内容は、総て実現した。ならば、秘書に実現の力など、あろうはずはないのだから、安倍晋三か昭恵夫人の力があったことも明白だ。有罪だよ、これはは。
このところ、テレビに顔を出す山口とかいう安倍友は、籠池夫婦の主張の矛盾を話すとき、笑う。その顔が麻生や安倍晋三に同類の笑いに感じて、類は友を呼ぶという言葉を思わされる。
コメント (1)

書き間違い

2017-03-30 | Weblog
まだ完全にスマホを扱えていない。ガラ携とは違い、小さな文字盤を指で触って書き、それを、また変換するときに触わるわけだが、俺はおっちょこちょいだから触り間違いをする。ガラ携でブログを書いていたときも変換間違いはあったが、慣れないスマホでも同じように変換ミスをしている。
もちろん、変換ミスをしても投稿前に確認をすれば良いだけなのだが、面倒くさがり屋の俺は、昔から再点検をやらない男だった。
高校入試のとき、紙の両面に問題があったのに、俺は片面だけしかやらないで時間を余らせて終わらせたこともあった。同じ中学校から受験した10名がグランドの砂場付近に集まり、問題内容の解答の話をしたときに、それ知って「もう無理!」と自分のおっちょこちょいを歎いたことがあったっけ。
人間、性格は直らないようだ。今も面倒くさがりは続いていて、ブログを書いてもチェックしないで送信するものだから誤記が発生している。昨夜、書いた「追加」は、それでも珍しく送信する前にチェックしたのに重大な誤記があった。
北陵クリック事件に付いて「筋弛緩剤が発見されませんとして有罪になった」と書かれているが、「筋弛緩剤が発見されたとして有罪になった」が正しい。
されませんとされたは、全く変換ボードに表れる文字が違うのに、なぜ「された」と書いたのが「されません」になったのかなぁ?それに珍しくチェックしたのに、なぜ、こんな間違いが発生したのかなあ?
何度考えても判らない。これが性格というものだろうか。
これを契機にブログを書くときだけは面倒くさがり屋を卒業して、必ずチェックして投稿します。
コメント (2)

世界の鼻つまみ者に

2017-03-30 | Weblog
世の中には多種多才な人々が生きている。何をしてもそつなくこなす人もいれば一芸に秀でた人もいる。
良く頭が良いと評される人もいるけど、この歳になって思うのは、この頭が良いと評される人たちの実状だ。
果たして頭が良いというのは、それだけで人として評価されるべきものなのだろうか。
少し前だけど、櫻井よしこ女史たちが、高速増殖炉・もんじゅに付いて「この技術、捨ててなるものか」とか主張している雑誌の中吊り広告を見た。右翼系の雑誌で語ったか、書いたかだった。
燃料を燃やせば燃えすほど、新しい燃料を生み出して無限に電力を作りだす夢のエネルギー装置として「もんじゅ」は人類の未来を切り開くかのようにもてはやされた。世界各国が完成を目指して研究、開発を重ねたが、実現不可能な技術だとして放棄された。原発は核分裂で発生する熱で蒸気を作り、その蒸気がタービンを回して電力を作るが、核分裂を制御しなければ爆発するし、発生する熱量をコントロールしたり、使い終わっても核爆発に至る熱を発生し続ける燃料棒を冷却するために、大量の水を使う。だから、原発は水の豊富な海岸に建設されている。
高速増殖炉もんじゅは水に代わってナトリウムを冷却剤として使うが、このナトリウムは水に触れると爆発する物質だ。いかにもんじゅとて、総ての冷却をナトリウムで行うことは出来ないから、もちろん水も使う。水とナトリウム、出合えば冷却装置を破壊する爆発を起こしてしまうから厄介だ。冷却装置が破壊すれば、即福島原発と同じ原子炉破壊と放射能飛散の大事故だ。もし福島原発と同じ事故を起こしたならば、そのときで被害は福島原発とは比較にならない。もんじゅに使う燃料棒は、福島原発の燃料棒よりも、遥かに多くの有害放射能を含むからだ。
絶対な技術はない。でも、もんじゅは、人類の生存に関わるから、絶対でなければならない。そこが関門となって世界は開発を放棄したのだ。
それを「桜井よし子先生たちは放棄してはならぬ」と主張する。
まあ主張は自由だ。勝手に言えば良いけども、この研究開発には1千億円とか1兆円とか言われる莫大な税金が使われている。更に無駄金を使えと言われるのは、納得出来ない。安倍晋三に繋がる日本会議に属する連中は、日本の国家財産を私物であるかのように考える輩のようだが、核技術の最先端技術を持つと言われたフランスさもう不可能の装置として諦めたものだ。
「絶対の安全はいらない」として高浜原発の運転許可を与えた裁判官も、いわゆる頭が良いと評される部類だろうが、福島原発事故から、何も学ばない、こんな主張がまかり通る日本は、何時か人類の敵にならないだろうか。
何でも外国では、福島原発事故被害
は、日本国内で報道言われるような放射能汚染よりも、遥かに深刻な汚染状況だとして科学的なデータを示した報告が
コメント (1)

追加

2017-03-29 | Weblog
腐れ検察の袴田事件に対する恥も外聞も忘れた抵抗を書いたが、何時も客観的な感想などを書き込んでくれる佐伯さんは「判りにくい」と言う。確かに、科学的なこと、化学的なことは理解し難い。
北陵クリック事件でも、筋弛緩剤が
、被害者と言われる人たちの尿や血液から検出されたから「筋弛緩剤を投与した」とされ、それが守大助さんの犯行にされたが、その鑑定がでっち上げなのだ。
点滴液に混ぜた酒を血液に投入したらば、その血液を何日か後に検査したとして、果たして酒は検出されるだろうか?
酒は血液中で分解されて、酒が変化した「変化体」として検出されることは、誰でも判るが、筋弛緩剤でも同じだ。筋弛緩剤を血液に投入したらば、それは変化体として検出されるもので、筋弛緩剤そのものが検出ることはないのだ。
ところが、北陵クリック事件では、被害者の尿や血液から筋弛緩剤そのものが検出されませんとして有罪にされた!
科学的にあり得ない鑑定は、では、なぜ作られたのか?
簡単だよね、警察の常套手段である証拠の捏造だ。科学に無知な警察幹部に指示されて、大阪科捜研はでっち上げをしたのだ。
その過ちを検察に正す勇気と力があれば冤罪者は救われるのだが、日本の検察は、ひたすらに警察の言いなり、言うがままになるだけで、警察の悪事を詭弁を弄して言い繕うばかりだ。
俺の能力では良く理解出来ないが、筋弛緩剤が血液に投入されたならば出る変化体が出ないのは鑑定がデタラメな証拠だとして文献などを添えて弁護団が主張したらば、「被害者の血液や尿は鑑定で全量消費した」として弁護団の求める再鑑定を拒否した検察なのに「実は、鑑定で使った残滓があって、弁護団の主張する変化体の存在も確認した」といい訳した。
それだけじゃないよ、腐れ検察の本領は、ここからの主張にこそある。
「弁護団の主張する変化体を確認したが、その鑑定結果は被告人に非常に不利な結果だったので裁判に提出しなかった」のだとさ
凄いでしょ、この弁解!
検察官は並みの神経ではなく、人間の腐れだと俺が言うのは、こういうところだ。
検察は犯罪を究明する任務だ。被告人に極めて不利な鑑定結果とは、それは犯行の証拠でしよ?
だから裁判には出さない?!
あり得ない。
袴田事件でも同じだ。袴田巌さんを釈放した裁判所の決定は、袴田巌さんの衣類だとした、味噌タンクから発見された血染めの「5点の衣類」に付いて「捏造だ」と指摘した。袴田巌さんを有罪にするために、警察と検察は示し合わせて味噌タンクから衣類が発見されたように仕組み、袴田巌さんを犯人に作り上げたのだ。
この衣類は1年2カ月間も味噌タンクには漬かっていない。だから、筑波大の本田教授は鑑定し得たのだ。つまり、1年2カ月間も味噌タンクに漬かった衣類ならばDNA鑑定は不可能かも知れないが、発見を装う直前に仕込んだ衣類ならば鑑定は可能なのだ。検察が主張する「味噌タンク衣類」に対する鑑定での所論は前提を欠いている。まず検察が行うべきは、1年2カ月間を味噌タンクに漬けた衣類の色素沈着変化のデータを公表して、裁判所が指摘した捏造疑惑での反論をすべきだろう。
袴田巌さんも守大助さんも真面目に行きていた人だ。俺のように不良ではなかった。俺は身から出た錆として、その刑務所生活を送り、有意義な歳月となったが、真面目に生きていた人には、そうは行かない。ただ苦痛で苦悩でしかあるまい。
北陵クリック事件も袴田事件も、警察と検察が行った捏造、捏罪の責任は重い。この組織を監督し、裁く法律を作らなければ、残念ながら日本では冤罪は増えこそすれ、減りはしない。
コメント (1)

恐れ入りました!

2017-03-28 | Weblog
稀勢の里の逆転優勝には驚いたねえ。仙台からの帰路、連れ合いがネットニュースで「勝って決定戦!」、「小手投げで優勝!」と知らせるたびに車内は歓声、感嘆だった。
照ノ冨士も左膝の古傷を悪化させていたようだが、それにしても二番も勝っての逆転は相撲史に残る優勝だったろう。地元、茨城県だけではなく、日本中を熱狂させたよなあ。
左腕か左胸か言わないが、肉離れの痛さを体験したので判るけど、稀勢の里って凄いなあ。
俺は、横綱になる前の稀勢の里を罵倒した。真剣勝負に対するとは思えない薄ら笑い、直らない腰高、あと一歩になると負ける精神の脆さなど、呆れて書いたが、ある方からは「何様だ!」とお叱りを受けたほどだ。お叱りを受けようと事実は事実の思いだったが、今度の逆転優勝では、ただ俺の見る目が無かっただけだと知らされたなぁ。
申し訳ありませんでした!
茨城県は、日本全県の中で、毎年、人気は最下位争いだけれども、相撲では稀勢の里と高安が大活躍だし、芸能界ではビヨンセなどの物真似をしてる、巨漢女性の渡辺直美が大人気なんだよね。
茨城県、万歳!
コメント (1)

袴田事件再審開始決定3年

2017-03-27 | Weblog
今日は東京。袴田事件に再審開始決定があって3年目として行われた裁判所宣伝、検察庁と裁判所要請、記者会見などに参加した。
袴田巌を死刑台に連れ戻す!として検察庁が行っている抵抗は常軌を逸する。多分、これを一般社会の人が行ったならば、確実に社会から隔離されるか、抹殺されるだろう。
秘かに味噌1トン以上を準備して衣類の味噌漬け実験を行い、味噌に漬かった衣類の血液からはDNAは検出出来ないとした鑑定書も出して来た。
検察庁が腐れで狂ってることを示す一つは、その事実を弁護団が公表したらば、証拠の目的外使用だとして、弁護団に脅しを掛けて来たことだ。公表されると、また批判されると判るからだろう。裁判所ならば、馬鹿げた鑑定書でも言いなりだと思っているんだろうなあ。
検察庁が馬鹿で腐れの最大の証拠は、衣類の味噌漬け実験を理解していないところが決定的だ。
静岡地裁の再審開始決定は、その味噌漬け衣類を捏造だと指摘した。ならば、衣類に付着した血液のDNA鑑定云々よりも、先ずは1年2カ月間味噌漬けした衣類がどうなるか、不審を突き付けられた点に反論すべきだよね?だって、検察が1年2カ月間味噌に漬かった衣類だと言うのは偽造だと言われたんだもの、「いや1年2カ月間味噌に漬かった衣類は、こうなる、裁判所は間違っている!」と言うのが、正当な反論だからさ。
でも、腐れの反論は違う。1年2カ月間味噌に漬かった衣類からはDNA鑑定は不可能、ゆえに袴田巌さんのDNA鑑定を理由に再審開始決定をしたのは間違い!だと言う。
馬鹿?アホ?気違い?腐れ?
みんな当て嵌まるなあ。
だって、味噌漬け衣類と言われる物は味噌漬けされていない、と指摘されたんだよ?
判る、腐れ検察の皆さん!
実際に1年2カ月間味噌に漬けた衣類からのDNA鑑定が不可能だとして、それが事実でも、袴田事件の再審開始決定には、何も関係ないだろうよ!
検察は税金を使って衣類の味噌漬け実験をしてくれた。この実験データを公表しようじゃないの?
墓穴を掘る!とは、これだよね。だから検察は、味噌漬け実験を公表した弁護団に脅しさ、そんなことをすると証拠は開示しない、見せないよ!って。
こんな検察庁、存在を許していいのだろうか?
死刑冤罪を作った検察官は死刑!死刑冤罪を作って作為を弄した人間は死刑!
そのくらいにしないと日本の冤罪は無くならないかもね。
コメント (1)

ぼったくり都市‥仙台!

2017-03-27 | Weblog
俺、千葉刑務所にいたとき、余り宮城県出身者と良い思い出がない。
キッちゃん、いたなあ。エチールアルコールを使う仕事をしていた俺のところから、俺の相棒に貰って行きながら、桜井に貰った!なんて言うから、俺も保安課に調べられて罰を受けたなあ。俺が相棒を売らず、キッちゃんも攻め込ずに罰を受けたことで、先輩たちから一気に信用された出来事になったけども、悪かったの一言もなかったなあ。工場対抗ソフトボールの練習を妨害して来た岸さん、あの人も宮城県出身者だった。窃盗団の親玉だったと聞くけど、自分の仲間を増やして横やりを入れるのが好きだったなぁ。穏やかで性格の良い人だったけど、どこで何をしているやら。
だからと言う訳ではないだろうが、戦争へ行くと、何時も、何かがありるんだよ。
今回も!
仙台はぼったくりバー並み。アクドイ商売が、堂々と行われている。
泊まる宿に駐車場がないため、各自が駐車場を見つけて駐めるように指示されていた俺は、平日の1日て千円と書かれた駐車場に駐めた。25日の12時54分。土、日なので、まあ高くても、その3倍。高くても5千円未満だろうと思い、26日の13時40分ころに駐車場へ行った。足が悪い人がいたために同乗者は昼飯を食べた近くに待たせていた。
さあ出よう、て駐車券を器械に投入したらばビックリ!
10200円!
あぢゃあ!とは思ったが、待たせていた人もある。1万円を入れたらば、千円しか使えない!だとさ。
アタマに来て、管理者に電話。確かに高いですね、として職員が来たが、土、日は15分で100円。一昼夜駐めたらば1万だってさ。
そのコイン場合の隣には土、日でも一昼夜1500円の屋内駐車場があったんだよ!
駐めた俺が悪かったのだろうけども、皆さん、仙台はぼったくりバー並みの駐車場が営業してますよ!
ご注意、ご注意。
コメント

北陵クリック事件

2017-03-27 | Weblog

この土、日、仙台で開かれた北陵クリック事件支援の、全国集会に参加した。茨城県から行った20数名の
車の運転手として行った。
死刑冤罪の松山事件などの弁護人をされ、日弁連の人権擁護委員会でもご活躍された、地元弁護士会の長老である青木正芳先生の講演、弁護団報告などが中心だったが、参加者は240の座席を超過。北陵クリック事件は、ホントに支援に恵まれている。
青木先生の話は、弁護団や裁判所、検察たちに聞かせたい内容だった。弁護団報告は、何時も通り。筋弛緩剤問題一本槍。確かに、それは問題の中心だが、攻めるべき問題は山ほどにあるのを思うと、隔靴掻痒、
歯がゆさばかりを感じた。
大阪から東住吉事件の朴さんも参加して、初めて言葉を交わした。聞くところによれば、国賠をすると狙われる、と話していたとか。まあ闘うも闘わぬも本人次第だ。あぁして、わざわざ大阪から参加する気持ちは立派だし、彼が出来ることで頑張っていけば良いだけのこと。
俺と同世代のご両親が健在なうちに再審を実現したいものだ。
桜井は悪い役割を果たしている、と北陵クリック事件の「どこか」では囁かれているそうだが、それを感じる部分もあって、人の集まりは難しいと思わされるけども、こんなにも熱い想いが集う闘いだ。勝たなければおかしいし、勝てないはずはない。力を一つに!
そんなことを再確認した仙台だった。
コメント

皆が驚く

2017-03-26 | Weblog
籠池さんの証人喚問以来、その評価に喧しいテレビや新聞だが、敵味方というか、安倍晋三の飲み仲間かどうかで、はっきりと違いがある。
片や偽証罪、片や制約なし。何を語ったとて、比較にならない。
それは、まあ勝手にさせるとして、俺が驚くのは官僚と呼ばれる連中の傲慢さだ。
国会議員が国政調査権として8億円も値引きして国民の財産を売り払いながら、その経過を問われたり、担当者への調査を求めてたりしても拒否していることだ。
当たり前だが国有地は財務省の物ではない。それなのに処分経過を明らかにしないなんて許されるはずがない。これが民進党政権だったらば、自民党や公明党は、今と同じ態度でいるだろうか?
良く「民主党時代の失敗を繰り返すな」とかいう人たちがいるけども、あれは民主党としれだったろうか?
自民党や公明党と利害関係を濃く維持して天下りや税金の旨みを享受した官僚体質が、民主党政権に協力しなかったからの、あれこれの問題だったのではなかろうか。
もちろん、官僚の協力無しに政治を行えなかった未熟な政党だったとは言えるだろうが、民主党政権は民主党政権なりにやったと評価して良いはずだ。悪し様に言うのは、自民党政治である官僚中心の、なあなあ政治が政治だと思い込む人でしかないと、俺は思っている。
警察や検察、裁判官も公務員。日本は公務員が保持していた倫理が、世界に誇る日本を作ったと思うが、今や公務員の倫理など、地に堕ちて腐り果てた。1首相に阿た、官僚どもの国会答弁を思うと、この国は革命を必要としていると思うよ。
コメント (2)