桜井昌司『獄外記』

布川事件というえん罪を背負って44年。その異常な体験をしたからこそ、感じられるもの、判るものがあるようです。

結婚式

2014-03-31 | Weblog



昨日は、親戚の娘の結婚式だった。
従姉の孫だから、そう近い関係ではないが、俺が刑務所から帰って来たとき、毎日のように来てくれ、俺の心を癒してくれた。
あれから月日が過ぎて、晴れの日に案内状を貰って参列した。
最後に花嫁の父親の挨拶が、俺の胸にしみた。誠実で真面目な人間性と、娘を思う心に溢れていて、父親の思いを知ったなぁ。
久しぶりに会った北陸に住む家族は、見違えるように成長していたが、純粋な精神を感じる子供たちで話すのが、ワクワクする思いだったなぁ。
コメント

大いに異議あり

2014-03-31 | Weblog

今、始まった国会中継で、谷垣法務大臣が、隣に座る麻生財務大臣に耳打ちし、ヒソヒソと話した。
冤罪・飯塚事件は麻生太郎の地元で起きた事件だから、谷垣が知らせたと判った。そして、笑った表情から再審は開始されなかったとも判った。
飯塚事件は足利事件と同じ、DNA鑑定のでっち上げ事件だ。足利事件も「当時の鑑定技術が未熟ゆえに起きた」と言われているが、断じて違う。科警研の技士によるでっち上げだ。
飯塚事件では写真の工作など、不正が明らかになった。しかも、不正を隠蔽するために「資料を全量使い果たした」と称して捨ててしまい、でっち上げの隠蔽までしている。これも足利事件と同じだ。
今、マスコミから棄却決定だったと知らされたが、いかに棄却されようとも、飯塚事件の冤罪は変わらないし、久間三千年さんの無実は変わらない。そして、科警研によるでっち上げも変わらない。検察が隠し続ける証拠が明らかになれば、必ず勝利する!

コメント

大川建一に答えて

2014-03-30 | Weblog

今まで「さん」と言っていたが、俺を「玉村さん殺しの単独犯」と書くのでは、こんなアホをさん付けする必要はない。
この頓珍漢は、俺の書いたことをマトモに理解する能力がなさそうだ。
俺が殺人をした後、車に乗って猛スピードで野方に帰れば犯人になる、だって。どうせ本名ではあるまいが、この大川は腐れ検察にも勝る素晴らしい腐れ頭脳の持ち主だね。
俺、免許証、なかったんだよな。その俺が乗った車、どこに落ちていたのかな?それにさ、杉山が「桜井は車で帰ったと言ってる」なんて、どこにある話?ない話が根拠では、反論しても面白くない。
哀れだけじゃなくて、お目出度い頭だなぁ。
青山の名誉なんてことにこだわる、この大川は青山関係者かも知れないが、良くもまあ単独犯と言ってくれたものだ。
警察や検察を盲信し、冤罪が作られる実態に無理解な人は、まあ社会には沢山いるだろうが、やっと冤罪が晴れた者を、今度は「単独犯では」と誹謗するなんて、なかなかいない、得難い人物だよね。
大川建一を相手に名誉毀損の裁判を起こしたいような気分だが、このお目出度さは「桜井、杉山を見た」と嘘の目撃談を語った霊感の持ち主、渡辺にも似ていて笑えて来る。
もう書かない、なんて言わないで、もっと単独犯説を書いて構わないよ。知ってみたいねぇ、大川建一の「桜井昌司の単独犯」の「夢物語」を。
冤罪は苦しいょお。大川自身、そして大川の家族や関係者が冤罪にならないとは限らないのが人生だ。俺は、大川が天にした唾を自らに浴びて、そうはならないように願ってるよ。可哀想だもの。
でも、でも、なるかならないか、それは天のみぞ、知る。

コメント

味噌漬け実験結果

2014-03-30 | Weblog




袴田さんがシャバに帰れて、何だかホッとして気が抜けたようになってる。
1月に静岡に行ったとき、「味噌漬け実験をする。結果は決定日に持って来て公表する」と言ったが、忘れて家を出てしまい、勝利したことで、今朝まで、出して見なかった。
麻袋に入れた布ということで、どのように味噌が染みるのか、興味があったけども、たった2ヶ月弱なのに、完全に染みていた。
ビニール袋から取り出した、味噌に漬けない布とビニール袋。
袋を縛った状態。
取り出した状態。
麻袋の状態。
味噌漬け布と漬けない布の対比。
その順番に写真を並べた。この写真を見るだけでも「1年2ヶ月の味噌漬け」と称する、袴田さんを犯人とした衣類との違いは明瞭だろう。あの衣類は、味噌がまだらに染みているが、あり得ないと判った。
ただ、考えていたのとは違った感じもある。しっかりと味噌に染まってはいるが、思っていたよりは原色が判る。これは使用した味噌が、事件現場の「こがね味噌会社」の味噌とは違うせいかも知れない。もっと色の濃い、名古屋風の赤味噌ならば、もっと黒味を帯びて原色が判らなくなったのではないかと思う。
味噌漬け実験の結果、あの衣類は支援者が語るように「短時間に手揉みして味噌を附けた衣類」であり、裁判官の指摘した「捜査官のねつ造」であることが判った。
腐った検察庁は「決定は、とうてい容認出来ない」として抗告するそうだが、せめて俺が行った程度の実験をするべきだろう。また腐れ切った検察には、所詮は望むべくもない理性かも知れないけど。
「これは味噌に濡れた状態。布が乾けば色素の現れ方は違う」などと、腐れ検察は言いそうなので、また乾いた後に写真は公開します。
コメント

異論あり!!

2014-03-30 | Weblog
袴田決定を報じる中に、捜査の在り方を改革するように求める報道は少ない。特に、冤罪を作り上げる警察の問題を取り上げる報道は、ごく少数でしかない。
前に書いたが、あのパソコン遠隔操作事件で4名が誤認逮捕され、2名が嘘の自白をした事件では、警察首脳は「我々は嘘の自白に騙された。騙されないようにする必要がある」と『反省』しているのだ。犯人でない人が「犯人だ」と認める心理にさせられる「取り調べ」の問題性など、小指の先ほども認識しないのだが、この警察の反省をみれば、警察が自白強要の取り調べを自ら改革することは、絶対にあり得ないと判るだろう。それだけではない。過去も現在も、警察は無実の人に「自白」をさせてしまい、有罪に足りない証拠はでっち上げて犯人に作り、何も反省しない組織だと自認しているということなのだ。
袴田さんを犯人にするために、工作をした元警察官は、今も生きている。俺たちは、この犯罪者たちを黙って見逃すしかないのだろうか。
コメント

悲劇

2014-03-29 | Weblog
袴田巌さんは48年、死刑囚として苦しみを味わった。どんな思いで耐えたのかと考えると、俺も死刑囚の日常の1部を知ってるだけに、胸が詰まる思いになる
そんな今日、あの事件で殺された一家で生き残り、独り身で暮らしていたらしい女性が、自宅で亡くなっていたのが発見されたニュースを聞いた。
独身のままだったところが、彼女の心理を表すのだろうが、ここにも悲劇を見て、冤罪は、誰もよいことがないと思い知らされる。
まだ生き残る当時の捜査官は「袴田は犯人だ」などとホザイテいるようだが、証拠をでっち上げておいて、ノウノウと生き延びて、この戯言だ。
被害の痛みを抱えたまま、密かに生涯を終えた女性の人生を考えると、その悲劇に、深い哀悼の思いを感じ、警察に対する怒りを甦らせた。
コメント

お可哀想に

2014-03-29 | Weblog

「大川」さん、結構、知ってますね、「石段の件」と書くのは。青山の「目撃」ですか、なんだぁ、あれですか。
「終始一貫が信憑性があり、目撃者の名誉を守る」とか、言いますねえ。
「検察の間違ったフェアプレー」だなんて、何を言うやらウサギさん!だね。
角田さんと伊藤さんは、「金曜日」と言い換えたの?そうだったかなぁ、「事件の夜とは明言できない。大宮競輪に行った日だ」とは言ったと思うけど。
青山に名誉があれば、俺にもあるんだけどなぁ。
あのね、「杉山が恐喝をしていて石段の件は知らない」と書いて、結構、詳しく知ってるようだけど、「杉山の恐喝」は、俺の住んでいた中田切に住み、我が家の前に住んでいる木村重雄に対する恐喝であって、それが「9月1日の犯行」なのは知ってますか?
そう、「石段の件」は、この恐喝行為と連動した9月1日の出来事なんだよ。それを青山は「事件の夜」と錯覚してる。それだけのことだね。
そういえば、俺が無罪になった後は、彼女は同窓会に来ないなぁ。同級生には、色々と関係者かいて、それぞれに気にしていたようだが、俺は「冤罪に合ったからこそ、今の自分があるし、幸せもある。誰も恨んでないし、怒ってもいない」と、この前の同窓会で話したらば、ホッとしたと喜んでくれた同級生もいた。
次の同窓会には、青山にも来て欲しいと思ってる。彼女だって悪気で言ったはずないし、もし立場が逆になれば、俺が警察に「勘違い」を言わされたかも知れないからね。
でもさ、言っておくけど、腐れ検察には、どんな形にしろ、「フェアプレー」はないですよ。あの連中がアリバイに触れないようにしているのは、今も俺のアリバイを語れる人が生きているからに過ぎない。
もう少し勉強してください!

コメント (3)

袴田事件決定の報道

2014-03-29 | Weblog

昨夜、帰宅して、録画されたテレビ番組や新聞を読んだ。

「証拠の捏造疑惑」を書いた決定については、どこも厳しく捜査批判をしているが、まだ実態を理解されていないと思う。

当時の警察官の一人で、あの裏木戸から脱出実験をした警官は「間違いない、留め金はかかっていた」と、初めは言っていたのに、次は「木戸を抜けるときに下を見ていたから判らない」と、話を変えたのは笑えた。木戸を抜ける実験をしたとて、視線は全体が見えるだろうが。意識して、「木戸の上部の留め金だけは見なかった」のかな。

不利になると、巧みに言い訳をして、絶対に不正は認めない。警察も検察も同じだ。そして、証拠捏造もやり放題だ。証拠捏造が、どの冤罪にもあって、それゆえに多くのの仲間が苦しんでいる。

証拠の捏造は日常茶飯時な日本の司法であることが認識されなければ、冤罪のままに刑務所に入れられる仲間は救われないのだ。警察や検察に期待しても無理なのだから、ぜひ政治が、この事実を解明する手段を尽くして欲しいものだ。

コメント (1)

「大川建一」さんに応えて

2014-03-29 | Weblog

布川事件の事実関係を、判ってるのかな、この「大川」さん。

「月曜日に事件、桜井を見た、火曜日に強盗殺人事件発覚、そういえば月曜日に桜井と会ったを思い出す、金曜日ではない」だって? 誰、金曜日と言ったと言う人?

玉村さんが殺されたのは月曜日だったの?俺は忘れた。それに、書いたけど、どうして強盗殺人事件が発覚して、すぐに桜井を見た!と、連想することになるのかねえ、俺には理解できないんだけど。

WHY?

俺と杉山を事件の夜に見たと言わされた人は、全部で5人だ。

常磐線我孫子駅での高橋さん、成田線布佐駅での海老原さん、利根川の栄橋での伊藤さん、角田さん、青山さんだ。

事件の現場とは、何も関係ない。普通に東京へ通う経路でしかない、その「目撃」が、「昨日桜井を見た」と思い出すと考える「大川」さんの短絡思考は、警察官の思い込みに似ているかもしれないねえ。

知らないで書いているならば、それはそれでこの程度の「疑問」と判るけど、知って書いているとすれば、喜劇だよ。

なお、加えておくと、俺にはアリバイがある。今も野方に健在の女性(元バーの経営者)は「ショウジさんが8時か、9時に来たの覚えている」と明言しているよ。そして、俺は、杉山の無実を知っている。

「知っている」と書く意味は、「大川」さんは判る?

事件の夜、俺は、兄の勤めるバーに飲みに行った。確か、9時ころかなあ。飲んで帰ると、兄の部屋に杉山がいた。新宿で映画を見て来たと言っていた。その後、恥ずかしい話だが、杉山に言われて隣のアパートへ「果物」を泥棒に入ったんだよ、俺。隣のアパートの女性はバーに勤めているらしかったので、帰宅の時間を気にして時計を見たらば11時前だったなあ。手摺から手摺に足を渡して、下を見たらば、下の部屋の裸電球に下で2人の男がテーブルで内職みたいのをしていたよ。

こんな記憶のアリバイがある。そして、事件後に利根町から野方へ帰る時間は「野方駅下車11時47分」という捜査報告書があるけど、「大川」さんは知ってる?

ところが、バーの女性経営者は「警察が遅い時間だったと、私の言うことを聞いてくれなくて、仕方なく11時半ころにショウジさんが来たと言った」と語る調書があるね。

「大川」さんは若いみたいだね。あの時代は自転車が財産だった。利根町全体で、果たして何台の自動車があったものか。「車で逃げる」なんて、これも喜劇思考。当時を知らなすぎる。

もう一度聞くけど、金曜日と話しを変えたと言う人、誰なのかなあ?

 

コメント

哀れだねぇ

2014-03-29 | Weblog
みんなの党の代表、渡辺喜美が8億の借金をして、選挙に使い、まだ返していないことが暴露され、恥さらしの弁明をしている。
猪瀬の借金問題を鋭く批判した渡辺だが、その批判が自分に降りかかって来たと言うところだ。
商売繁盛を願う熊手があるけれど、あの熊手を買ったのが使い途だと弁明したのは笑えたねえ。
そこで川柳を
「政治家は 8億円で 買う熊手」
みんなの党ではなくて、わたしの党に名称変更をしろ、と揶揄された渡辺喜美、哀れだねぇ。
コメント