桜井昌司『獄外記』

布川事件というえん罪を背負って44年。その異常な体験をしたからこそ、感じられるもの、判るものがあるようです。

偏見

2015-06-29 | Weblog
昨年、学習院大学に呼んで頂き、法学部の若者たちと高田馬場で飲んだ。
学習院大学の学生は、本当に大人しい。懇親会でも、実に穏やかに飲んで話すが、隣の部屋に来た早稲田大学は、今考えても腹が立つくらいに喧しかった。
傍若無人とは、あの連中にあると、今でも思うが、喧しいのは男でなはくて、女のキンキン声だった。
こちらの部屋で会話が成り立たなくなり、解散になったが、帰る通路を塞ぐようにランチ気する奴らを見て、切れた。
突き飛ばし、デカイ声で怒ったなぁ。
今夜も高田馬場で会議があり、終わって店に入ったらば、昨年と同じように女の囃子声。
高田馬場、早稲田大学。学生服を来た男がいても、今はバカな女が騒ぐ時勢なんだと、つくづく早稲田大学のバカさ加減に呆れていたらば、何と、その学生集団は学習院大学だった!
いやはや、こんなを女の箍が外れてしまった時代なんだね。
早稲田大学の皆さん、偏見でした。すみません!でも、学習院大学集団の男子学生は、その箍の外れた女性に乗せられて騒いではいませんでしたよ。
コメント (1)

清水集会

2015-06-29 | Weblog



昨日は、袴田事件の清水集会だった。
大阪駆らない帰路、俺も参加した。
巌さんは、今回も不参加だったが、もう終わったことだと語ることが多い巌さんだが、「清水なんかに、金輪際行かない」とかも言ったそうで、巌さんの中に眠っている事件の記憶は、確かにあるのだと判る情報も知らされた。
古くから弁護団の一員である福地弁護士からは、まだ元気だったころの巌さんの様子も語られたけど、早く回復して欲しいと願うと同時に、未だに「袴田巌を死刑台に連れ戻す」などと嘯く腐れ検察に怒りの募る集会だった。
福地弁護士からは、検察が、味噌タンクかは発見されたとする5点の衣類のうち、袴田さんが履けなかったズボンについて、「B」とあるタッグは、「大きい型を示すものだから、味噌タンクで収縮して履けなくなった」と主張し、それを認めたのが有罪判決だが、実は「B色」と色を示すことを知りながら、その証拠を隠して「B型」と欺いて来たことについて、厳しく検察を批判する言葉が語られた。
この証拠隠しだけでも、袴田事件は無罪だろうに、「死刑台に連れ戻す」などと語って恥じない検察は、犯罪者として裁かなければならない!犯罪者検察を許してはならない!
コメント (1)

池上彰

2015-06-28 | Weblog
その名前を出した冠番組が、良くあるけど、俺は、なぜか池上彰が胡散臭く感じて、全く見ない。
池上彰が語れば真実、といった感じが胡散臭いし、嫌いだからだ。
先般、フジテレビで韓国問題をやったとき、すぐに「間違いだ、誤導だ」と指摘するのを聞いたことがある。池上彰が、韓国内にある反日感情を解説した、その中身が違うと言う指摘だったが、今日、Facebookで、正確な誤りを知った。
韓国の高校生が「日本は嫌いだ」と発言したとされる言葉が、実は違うらしい。「文化が多いですね、そして外国人が多く訪問するようだ」と答えたのを、「嫌いだ、昔、悪いことをしたからだ」とテロップに流したらしいのだ。
これ捏造だよ。
確か、池上彰は、朝日新聞問題のとき、「真実性や正確性」などで、鋭く朝日新聞を批判したのではなかったろうか。
こんな反日感情をでっち上げる捏造は、証拠を捏造して犯人にでっち上げる警察と同じ、絶対に許されない行為だ。マスコミとして、放送法にも違反し、免許取り消し対象にもなり兼ねない問題だろう。
自分の名前を冠とした、この番組の当事者、池上彰は、この問題にコメントはないのだろうか!!
コメント (1)

タンポポの会

2015-06-28 | Weblog

関西地区の冤罪者を支援する、タンポポの会は、昨日、8回目になる集会を開いた。
俺も、大体、予定がなければ参加しているが、これで5回目くらいの参加だろうか。
今年も、ほぼ満員になり、夏には東住吉事件の高裁決定を控えてることもあり、皆さんの熱気に満ちた集会になった。
俺の参加を喜んでくれた人が沢山いて、懇親会からカラオケまで、楽しい集まりだった。
コメント

容貌をからかう訳じゃないが

2015-06-27 | Weblog
作家の百田先生、感動を生み出す小説を、なかなか巧く作り出すようだが、権力にかしずく口も、かなり達者だよなぁ。
辺野古基地建設に反対する沖縄の新聞を潰せ!!と、自民党の亡者たちの前で気焔を上げたそうだけど、流石に言論機関に対する権力を傘にきた脅しは、たちまち反撃を受けたらば「冗談だ」と弁明したらしい。
言うに事欠き、冗談だとは、茶坊主並みだね、百田先生の口は。
こんな輩に囲まれ、おべんちゃらばかりを喜んでる男が総理大臣。警察、検察、裁判所、官僚、会社、何もかもが腐って当然かもなぁ。
コメント

引導

2015-06-26 | Weblog
今夜は布川国賠裁判の会議だったのに、なぜか北陵クリニック事件の話になり、「一切、北陵クリニック事件には関わるな」と引導を渡された。
合わない事件に、合わない人物、「お前」と呼ばれて、俺は、今夜も切れた。
お前、なんて、俺は子供にも言わない。上から目線の言葉。看守に言われても腹が立つのに。
いゃあ、今夜の腹立ちは疲れた。
コメント (1)

死刑

2015-06-26 | Weblog
今朝は死刑執行のニュースがあった。
ネットで人を集めて若い女性を拉致。キャッシュカードの暗証番号を聞き出して絞殺。母娘、二人暮らしだった母親の嘆き、傷み、聞くのも辛い事件だった。
その主犯が死刑執行された。自業自得であることは間違いない。そして、一人娘を失った母娘の想い、明日を奪われた若い女性の苦痛は、本当に良く判るけど、それでも俺は死刑に反対だ。
たとえ、絶対に許せない犯罪者であろうとも、その命は守る、そういう国になってこそ、日本は人の命が大切にされる国になると思うからだ。
死刑執行を聞いた母親は「これで一つの区切りがついた」と言う。しかし、自分が死ぬまで、苦しみは終わらないとも語る。
そうなのだ。愛する人の命を奪われた悲しみ、苦しみは、絶対に消えない。消えない傷み、癒しようのない苦痛は、これを社会的なシステムとして回復策を講じるべきなのだ。その上に、犯罪者も生きさせる中で自分の命を思い、奪った命への思いを及ばせ、消えない罪を自覚させることこそ、国家だろうと思う。
その死刑執行ニュースの中に「130名の死刑囚」とあったが、その中には袴田巌さんも含まれているらしい。怖い国家だよねぇ、日本は。
コメント (12)

これはアウトでしょ

2015-06-26 | Weblog
トヨタの外国人の女性役員が、アメリカから麻薬を密輸したと、連日、ニュースになってるね。
「膝の鎮痛剤として送った」と弁解してるらしいが、この言い訳は苦しいなぁ。鎮痛剤用ならば、「鎮痛剤」として持参すれば良いのに、この女性役員、アメリカから戻るときら持参せず、後から送らせて、しかも鎮痛剤を隠して、他の品物だと書いたと言うもの、怪しい品物だと自白したと同じだよ。
こういうケースも「無罪推定」が原則だろうけど、俺は「素直に認めろよ」と言いたくなるなぁ。
コメント

再審請求

2015-06-25 | Weblog
また1つ、再審請求の仲間が出来た。
千葉刑務所に服役中の伊原さんという人が、日弁連の支援を得て「DNAの違い」を証拠に再審請求をすると報道された。
全く変わらないよなぁ。
昔も今も、警察は怪しいと目星を付けたらば、ひたすらに自白を迫り、証拠んでっち上げたり、ネジ曲げたりして犯人にでっち上げる。そして、検察は、その尻拭いで、無実の証拠を隠して有罪を主張する。更に、裁判所は、警察と検察の言うがままを信じて有罪認定をする。
どうにかならないのか、と思うけど、ならない。何があっても責任を取らないで済むのだから、昔も今も、そして将来も、警察神話、検察神話、裁判神話は続くよな。
この再審仲間の勝利を願いながら、何とか、この現実を変えるために頑張りたい。
コメント

慣れないよ

2015-06-24 | Weblog
もう肉離れした足に痛みはなくなり、縄跳びや反復跳びの運動をしても、ほとんど違和感を感じなくなった。でも、電気治療とマッサージの治療に行ってる。
前にも書いたかも知れないけど、その店、人が入ってくると、全員が「こんにちわ!何何さん!」と大声で言うんだよ。カーテンをしてマッサージをしてる人も、他の人に続けて名前を言い、こんにちわと言うから、コンビニと同じ教育をされてるんだろうね。
昨日など、同じ人が、俺の名前を4回も呼ぶから、3回目からは返事をしないで無視した。
気持ち悪いってか、恥ずかしいってか、こんな店、増えているんだろうか。
コメント