桜井昌司『獄外記』

布川事件というえん罪を背負って44年。その異常な体験をしたからこそ、感じられるもの、判るものがあるようです。

前川彰司さん

2011-11-30 | Weblog
開始決定を知らせる弁護士さんと、 長く支援している救援会の金子さんと一緒に、前川さんの入院する北陸病院へ行った。
前川さんは刑務所生活で精神を痛めてしまい、統合失調症になっている。それらでの措置入院なのだが、最高裁で刑が確定して以来になるので、病院に行くのはワクワクする思いだった。広大な国立病院敷地に入ると職員が立ち並び、弁護士さんの車を誘導してくれた。体育館での会見と言うことで行ったらば、約50人くらいの報道陣が、既に準備をして待っていた。
会いに行った弁護士さんと一緒に体育館に入って来た前川さんと目が会うと、彼は笑った。それを見ているうちに、最高裁が確定して別れた日のことを思い出して涙が湧いて来てしまい、彼と握手したときは、もうダメだった。
彼の月日に自分の月日に重なってしまい、嬉しさが涙になってしまった。
会見の最後に俺も話したが、狂った検察の抵抗を許さないようにしたいものだ。別れるとき、前川さんは、あの最高裁で刑が確定したときと同じように俺に抱き付いて来た。ホッとした喜びが彼の身体から伝わり、本当に嬉しかった。
コメント (1)   トラックバック (1)

泣けた

2011-11-30 | Weblog
開始決定を知り、みんなで万歳をした後、弁護団や前川さんの父親が出て来て、裁判所前で記者会見になった。
その前に、何人かに勝利を知らせていたとき、グーっと喜びが沸き上がって来て涙が出て来た。
勝つのはいいな!
自分のときとは、また違う喜びだ。
今回の決定に対するマスコミの対応は、なんか今までと違う気がする。勝っての騒ぎの他に、勝って当たり前の感じと検察に対する厳しい眼、批判が加わっていることだ。
これからだ、これからこそ、検察が罪を問われる時代になる。
前川さんの入院する病院に来て、今、記者会見の始まるのを待っている。
コメント

やった!

2011-11-30 | Weblog

福井女子中殺し事件で再審開始決定が出された。
当たり前日なっただけだが、良かった。嬉しかった。
コメント (2)

金沢へ

2011-11-29 | Weblog
今日は金沢へ。明日の福井女子中殺し事件再審決定に行くのだが、いよいよだと思うと、自分のときを思い出した。
勝つと思っているし、常識が通じれば負けるはずはない。暴力団員の虚言に乗った警察と検察の暴走で作られた冤罪であることは、 先に開示された捜査報告書類で明白だ。明白だが、それでも事実を歪める裁判官がいることを思うと、少し不安も生まれている。
再審開始決定書を持った前川さんのお父さんと固い握手をする場面を思いながら、今から羽田を経つ。
コメント

飲み会

2011-11-29 | Weblog
昨夜は、氷見事件国賠を支援している狭山関係者と会い、氷見事件国賠の資料を頂き、飲み会だった。
氷見事件国賠は傍聴に行ったこともあるが、真犯人が出た事件なのに検察側の抵抗は凄まじい。
弁護団が求めた証拠書面は、ことごとく黒塗りされて日付さえも判らない始末だ。それから考えれば布川国賠は、もっと抵抗するだろうが、どんな展開になるか、その時が待ち遠しい気持ちだ。
コメント

利根町映画会

2011-11-28 | Weblog
昨日の映画会は2百名ほどの人が来てくれた。
地元利根町は、 関係者が多く存在して無罪になっても複雑な心理を持っている人が一杯だ。同級生は8名、同じ地区の人は3名しか見なかったのも、そんな感覚の現れだろうが、とにかく皆さんの力で成功した結果に安心した。
これで布川事件としての利根町での活動は終わりだと思うと感慨がある。こんな日が来ることを願っていて実現した昨日、これからも自分の闘いの明日を願い、目指して頑張って行きたい。
コメント

危ういなぁ

2011-11-28 | Weblog
大阪で橋下が勝った。
橋下の危うさ、感じる人も多いが、選挙結果は違い、彼の手法を支持した。
東京の石原、名古屋の河村、大阪の橋下。みんな自己中。市民のためにはならない人ばかりなのに、それが判らない。
危ういなぁ、日本は。
小泉によって貧乏人が増やされ、若者が困らされり時代になったように、これで何年か後、また貧乏人たちが嘆くことになるんだろうなぁ。
コメント

世田谷の集い

2011-11-26 | Weblog
今日は救援会世田谷支部の総会だと思って行ったらば、これが違った。
布川事件の勝利を祝い、世田谷国公法違反事件の勝利を求める集会だった。
なんだよぉ!って、聞かない俺が悪い?
何時も世田谷の集いはお手製の料理。これが美味いんだなぁ。
昼間から飲んで気持ち良くなり、二次会は欠席して帰って来たが、世田谷は布川事件守る会の歴代事務局長8名のうち、4名を出している縁の深さだ。
代表世話人の北林谷栄さん、俺の今がある支援をしてくれた、救援会都本部の高橋さんも世田谷。不思議たねぇ。
コメント

検察意見書

2011-11-26 | Weblog
東電OL殺人事件再審で、また検察が馬鹿げた意見書を提出した。
「新たなDNA鑑定決定を踏まえても、無罪を言い渡すべき新たな証拠はない」だと。
この連中の腐れ切った感覚は理解しているが、こんな妄言で事を乗り切れると思っているところが、この連中の限界だ。
「室内に入れたのはカギを持っていたマイナリ受刑者しかいなかった」と言うのだから、呆れる少ない。
被害者の体内に遺された体液と、殺害現場で採集された体毛のDNAが一致したのだが、それは「犯行現場以外の場所で女性に付着した体毛が、室内で採集された可能性がある」と考えるのが検察なんだと。
ここまで来ると、この連中の馬鹿加減に付き合う虚しさを感じる。
先般、検察の反省を示した笠間検事総長の見解は、完全に社会の批判を逃れる虚言どあったことが、これでハッキリした。検察は有罪だとして起訴した事件は、何があっても有罪だと主張し続けるつもりなのだ。
身体の中に体液があり、同じ人の体毛が部屋にあれば、そこで性交渉がなされたことは、誰が考えたって明らかだろう。胸の唾液はどうしたの?
検察は、マイナリさんが所持していた部屋カギ、それ1本で犯人だと言い続けるつもりだのようが、裁判は科学的に、証拠に基づいて行わなければダメでしょうが。
マイナリさんがカギを持っていたのは、その部屋を借りようとしていただけのこと。それは借りないことになり、返却すべきカギを返せなかった経過は、総て合理的に説明される話だ。では、出稼ぎ労働者のマイナリさんに土地勘がない、大塚に被害者の所持品が捨てられていた事実はどうなるのだ。
ゴビンダ・プラサド・マイナリさんの無実を示す証拠は、今回明らかになった体液や体毛のDNA鑑定だけではない。その他、アリバイも含めて存在したからこそ、彼は1審で無罪になったのだ。
それらを見ない、見ようとしない検察が許されるのかどうか、俺も検察相手に闘う当事者として、この東電OL殺人事件でも重ねる検察の虚言を語り、社会に問いかけるつもりだ。
コメント (1)

これはどっちが正しいかな?

2011-11-26 | Weblog
茨城県議選で候補者の叔父が、選挙事務所に突入したトラックに轢き殺された事件があった。
被告は山口組員。県議選になれば、住吉会や松葉会などの名前が公然と囁かれ、俺の身辺でも「選挙事務所に行って応援していた」と語る暴力団員も過去にいたことがある茨城県議選だ、とうとう山口組もお出ましかと思った事件だった。
あれから月日が過ぎて、この被告は犯行を否認している。昨日の公判では、「犯行車から採集された指紋は捏造ではないか」と、本人が鑑識課員に尋問したと知った。もちろん、鑑識課員は「仕事に誇りを持っている。それは絶対にない」と強く反論したらしいが、さて、どっちが正しいねぇ。布川事件では捜査幹部が指紋を捏造しようと画策した。幸いにも、これに対応した桐原さんの良心で捏造は行われなかったが、今はどうか?決して警察官の質が向上したと思えないし、この鑑識課員に良心があれと願いたいねぇ。
コメント