桜井昌司『獄外記』

布川事件というえん罪を背負って44年。その異常な体験をしたからこそ、感じられるもの、判るものがあるようです。

何故だ!

2011-01-31 | Weblog
あれは何年前になるだろうか、清水誠先生が千葉刑務所に面会に来て下さったことがある。
先生は都立大学の教授をなさっていたが、布川弁護団に加わると言って来て下さった。それまでは手紙のやり取りだけだったが、誠実なお人柄は、そのお手紙だけでも判ったけど、面会後、立会人看守の遠藤さんが「素晴らしい人格者だなぁ」と感服したように言った。
俺も、遠藤さんと同じように言葉、会話から人格を感じたので、全くと思ったが、遠藤さんは「桜井は幸せだなぁ、あんな人に支援されて」と言い、弁護士なんって言ったって、ひどい奴がいると、面会で体験したと弁護士への不満に話を変えたのだった。遠藤さんは、常に批判的に人を見る方だったから、清水先生への賛辞が凄く嬉しかった思い出がある。
清水先生は仮釈放で社会に帰った後も、私たちの私生活の支援までしてくれた守る会の代表世話人として、本当にお名前と同じに誠実にご支援の力を貸して下さっていた。
昨年、ドイツに旅行されて帰国された後、少し体調を崩されたと、会議や集いを欠席されていたが、何年か前のご病気ゆえと軽く考えていたらば、今日、突然にご訃報を知らされた。
言葉を失う思いで、先生との月日を考えていたらば、せめて無罪判決を聞いて欲しかったなぁと、ただただ残念だ、悔しかった。
先生、もう少しでしたのに!
コメント (1)

違うんじゃないかなぁ

2011-01-31 | Weblog
郵政不正でっち上げ事件で逮捕された、大坪・佐賀両検事が釈放になった。
二人は自分の名誉のために戦うと言った。それは好きにやればいい。真実を明らかにすることが大事だし、二人の真実を語り、裁判をすれば良いと思う。
だけど、検察庁のコメントは違うと思う。淡々と、とか、粛々と、とか言うが、そうかなぁ。検察庁が組織としては無関係だと思っているから、こんな冷めた言葉しか出ないのだ。この事件は大坪さんと佐賀さんだけの罪でない。
郵政不正事件の村木さんに対する冤罪は、一度有罪と決めたらば、もう後戻りしない、出来ない組織ゆえに作られた冤罪だ。神のごとくに間違いない人は存在しない以上、人の集まりたる検察庁も間違う。その間違いないを認めないところから、数多の冤罪も生まれているのに、そこには目を閉ざして一度も冤罪を作る誤りがなかったかのように振る舞っているところにこそ、検察庁の罪の根があるのだ。
このコメントを見る限り、検察庁改革など、有り得ない、夢のまた夢だろう。
コメント (1)

墓参り

2011-01-31 | Weblog
昨日は、俺の住む中田切地区の祭りの一つである「初ばやし」だと思い、参加するつもりでいたが、もう終わっていた。何でも、15日に一番近い日曜日に行われるらしく、今年も16日に行われていたのだ。
祭りの後、水戸に帰るのに連れ合いが迎えに来る予定だったが、祭りがないので早目に来て貰い、墓参りに行った。
例年ならば正月でも、少しは草が伸びたりしているものだが、今年は寒さが厳しいせいか、殆んど草が無かった。
地区の墓は、総てが立派な石造りになった中、我が家だけは木の墓標に土饅頭だ。墓標を守るように育った椿。その前にある沈丁花があるが、墓標の左に根ついた菊も咲くようになった。総てを再審の活動第一に生活して来たゆえだが、もうすぐ墓を造ることが出来るだろう。地下の両親がどう思っているか判らないが、きっと俺の重ねた月日を良しとしているだろうと思っている。
コメント

マサト

2011-01-30 | Weblog
初めてマサトに会ったのは、もう8年ほど前になる。偕楽園の梅祭り宣伝行動のおり、両親に連れられてマサトは、俺に会いに来た。まだ4才にならなかったマサトは、露店で買ってあげた大飴玉も舐められないほどに小さかった。
何でも、その飴玉を家族が舐めてしまったところ、マサトは「ショウジに買って貰ったんだ!」と泣いたらしい。
そのマサトも、今年は中学生になる。買った制服を試着したからと写メールが届いた。
少し恥ずかし気に、そして、少し誇らし気に写るマサトは素直な性格が表れ、少年らしい生き生きとした顔をしている。マサトの思いを受けて過ごした月日を思うと、彼がどんな月日を重ねて成長するのかが、とても楽しみになる写メールだった。
マサト、頑張れ!人生は楽しいぜ!
コメント (2)

中田直人先生

2011-01-30 | Weblog

中田先生は布川弁護団の一員だった。
先生は東京で弁護士をされていて松川事件や狭山事件などの弁護をされた後、茨城大学教授になられたのを機会に居を水戸に移され、茨城大学を定年退官後は、そのまま水戸に住まわれて関東学院大学教授をされた。その茨城県に住まわれたのを機に国民救援会会長をされて布川事件にも力を貸して下さっていた。
昨日、その先生の論文著述を書籍にした出版パーティーと亡くなられて3年になる偲ぶ会が開かれた。
綺羅星のごとくに参加された学者、弁護士さんたちは、今の司法界にある問題と戦われて来た方ばかりで、その先生方のお話を伺って、改めて中田直人先生の偉大さを教えて頂いた。
その先生に愛され、ただ独り「ショウジ」とファーストネームで呼ばれた俺の幸せも感じた集いだった。
コメント

2011-01-29 | Weblog
春は花の季節。社会に帰って河津桜を知り、春の魁けとして咲くことを知ったが、何しろフリージアと言う名前さえも知らなかった。花には、全く疎い男で、今でも知らない花ばかりだ。毎日、寒くて冬らしい日か続いているが、東京減ったぁ出掛けるために道を歩いていたらば路傍に黄色い花を見つけた。
タンポポにしては、少し花と葉の形が違うようだし、福寿草ではなさそうだし、良く判らない。でも、春が顔を覗かせ始めたと思ったらば嬉しくなった。
俺の春が始まる。
コメント

三多摩守る会

2011-01-28 | Weblog
布川事件には、全国に幾つかの守る会がある。
一番古いのが東京守る会。作られて38年くらいになり。次は、三多摩守る会だ。約30年になる。
三多摩守る会の中心になって下さったのは、松川事件で被告として闘った岡田十良松さん。ご自分が苦しんだから闘いには厳しい。支援のお願いに行った父が、やる気に対する鋭い追及を受けて涙を流したエピソードがあるらしい。
でも、今日は勝利が決まった新年会。皆さんが明るい思いを語って下さり、手作り料理で楽しい時間だった。
有難いのは人様の善意。ただただ感謝だ。
コメント (1)

詐欺師

2011-01-28 | Weblog
こんな題名の付けられたブログが保存されていた。詐欺師の題名で、何を書きたかったのか覚えていないのだが、きっと何かあったのだろう。
人はみな、詐欺師的なところはある。何時も真実に生きられるはずはなくて、どこかで装い、本来の自分とは違う自分を演出している。そのバランスを崩してしまうと心を病んでしまう。でも、時々、病まずに自分を偽り、相手も偽る輩がいて、それが詐欺師だ。
俺も昔は詐欺師に近い一人だった。良くもまあ、あんな荒んだ生き方をしていたものだが、何とか立ち直り、社会人として生きて見ると、なぜか詐欺師よりも、それを見抜けずに騙される人に呆れることが多い。
人を見抜くことは簡単ではないのかも知れないが、目の前で見抜けずにいる人を見ると、俺は人に厳しいのかも知れないが呆れるよりもウンザリする。
騙すよりも騙された方が良いけれども、少しでも騙されない目を養いたいものだ。昨夜来、そんな思いばかり浮かんでいる。
コメント

幸福の科学

2011-01-28 | Weblog
こんな名前の宗教集団がある。
幸福は科学かぁ?
名前からしてウロンだよね。
この宗教集団の教義を見ると、色々な宗教の教えを寄せ集めて、それらしく書き表しているだけで、その全く独創性のない教義を読むだけでまやかし、ペテンと判るが、命の哀しさや生きる悩みに行き当たり、宗教に、縋るワラを求める人は、そのインチキを見抜けない。
強きを助け、弱きを挫くハイエナマスコミ、週刊新潮の釣り広告を見たらば、幸福の科学教団総裁夫人が離婚されたことを揶揄した見出しがあった。
人の不幸、嗤う記事で売る週刊新潮は、本当に日本の害悪だと思うが、幸福の科学総裁(だっけ?)の大川隆法、やるねえ、一夫多妻とは!
宗教集団の教祖には、こんな奴が多い。オウム真理教の麻原も女性をはべらせていたし、創価学会の会長だった人にも同じ影があった。まやかし宗教トップには、みんな女問題がある。
幸福を科学で説く宗教の親玉が、自分の妻さえも幸福に出来ないで、社会に幸福を説くなど、全く笑い話だが、これでも立派に宗教として通用するのも日本社会。
面白い国だよね、日本は。
コメント (1)

人は面白い

2011-01-27 | Weblog
人間は、みな自分が一番好きなんだ。
あの人が好き、この人が好き、好みを言ったりするが、一番好きなのは自分を愛してくれる人、自分の思いを大事にしてくれる人なんだよ。
俺は自分の思いを的確に話す能力がある。だから、厳しく批判も出る。批判されたと思う立場は、やはりイヤだよね。何も言わない人が良い!
難しいねぇ、生きるのは。でも、俺は俺。自分を貫くだけ。
そんな夜を過ごした。
コメント