桜井昌司『獄外記』

布川事件というえん罪を背負って44年。その異常な体験をしたからこそ、感じられるもの、判るものがあるようです。

初体験

2011-09-30 | Weblog
今までに何回、飛行機に乗ったか、もう数えられないくらいになった。
北海道から九州まで、かなりの空港も体験したが、今日は宮崎空港から羽田空港に着き、更に千歳空港に乗り継いで行く体験をした。荷物も乗り継ぎは、そのまま引き継がれるのだと知ったし、待ち時間は長いが気楽なことも判った。
社会に帰って15年、この間に体験したことの数々は、奪われた歳月を取り戻して余りがあるだろう。
コメント

宮崎の夜

2011-09-30 | Weblog
昨日は、志布志事件の川畑さんも参加した。川畑さんがおいでになっては、夜がある。
懇親会で乾杯した後、代行でホテル駐車場に行くとき、川畑さんは、しっかりと代行運転手に夜の店をリサーチしていた。
さすがに先輩!
川畑さんは宮崎にも来ることが多いらしく、何年か前に行ったとかの店から、代行運転手に聞いた店へと、スナックでのカラオケを楽しんだ宮崎の夜だった。
コメント

バスの旅

2011-09-30 | Weblog
昨日は天神バスセンター発、8時25分の宮崎行き高速バスに乗り、宮崎に入った。
市内のデパート前で降りて、迎えに来てくれた人の車で会場へ。
大崎事件守る会第二回総会だったが、参加者は70名になり、会場一杯だった。俺は2部で話したが、皆さんが元気を貰ったと言ってくださり、懇親会も予定以上なりの人が来てくれた。自分の体験を話すだけなのに、皆さんが元気を貰ったと喜んでくださるのだから、本当に有り難い限りだ。原口さんも元気に参加したが、1日も早く再審を実現して、原口さんにも安らぎの時間を送って貰いたいし、そのために俺も全力で支援をさせて貰うつもりだ。
コメント

福岡巡り

2011-09-29 | Weblog
昨日は、片岸さん宅に迎えに来てくれた人の車を運転し、福岡に移動。まずは裁判所っ契約社員の差別を訴える宮崎さんの裁判激励をし、その後は、福岡でお世話になった団体を訪ねてお礼を言って歩いた。
昼には、あかつき印刷九州営業所で話をしたが、東京のあかつき印刷と同じとは思わないで、同じ名前の違う会社だとばかり思って行ったらば、その営業所だと知った。
昼飯後も何団体かを回り、ホテルに入ったときは、少し疲れ、洗濯をして昼寝をしてしまった。
夜は、農民会館で集会。
25名くらいの参加者だったが、久留米大学の若者が4名参加して熱心に聞いてくれていたのが嬉しかった。
8時半に終了した福岡は、暑い1日だった。
コメント

カプリ

2011-09-28 | Weblog
片岸さん宅には犬がいる。俺は気が小さいから犬は苦手なもので、今までカプリとも触れ合わなかったが、運動をすすめられていることもあり、カプリの散歩をした。
カプリは何歳だろ?
中型犬で、役所に捕獲された捨て犬だったらしいが、一緒に散歩して見ると、こっちの気持ちを探りながら走り、散歩するのが判り、ついつい走っての散歩になってしまった。
俺も走っていたことはあるが、それも10年くらい前。カプリに付き合って朝夕、4回の散歩をしたらば、脚は筋肉痛!!でも、心地良くて、やはり運動をしなければと思ったし、犬を飼うのもいいなと思わせてくれたカプリだった。
コメント

北九州の1日

2011-09-28 | Weblog
昨日は、北九州でお世話になった法律事務所、第一法律事務所で昼休み集会を開いて頂いた。
当番以外の方は、全員が集まってくださったようだが、これまでのご支援にお礼を込めて話をした。
それと、少しの方を訪問しただけで、昨日の任務は終了し、片岸さん宅に帰った。
夜は、黒崎駅に近い食堂で鉄板餃子とビール。8時からは小倉へ行き、娘さんと食事にエステをした。
オイルマッサージをしたいと言うが、80分も必要な上、女性に全身をマッサージされるのに抵抗があったので、とりあえず足裏マッサージをしたが、これが気持ち良かった。癖になるかも知れない感覚だった。
コメント

浜岡原発

2011-09-27 | Weblog
停止された浜岡原発で、津波に備えた防波堤を作る作業が始まったニュースを聞いた。昨日は、浜岡原発の再稼働は認めない市議会の決議があったニュースもあった。
福島原発事故は津波が原因で起きたと思わされているが、嘘だ。福島原発の事故は地震で起きてしまったのに、津波が原因だとされるのは、もし地震が原因だとなれば、全国、総ての原発の稼働は難しくなってしまうからだ。
東京電力は事故以来、嘘に嘘を重ねて社会を欺き続けているが、その一番が津波を理由とした原発の暴走を言い続けることだ。
マスコミが、この嘘を暴きもせずに唯々諾々と発表に乗って報道するのは、原発マネーに犯されているせいだから、哀れだよねぇ。
コメント (1)

龍造寺検事

2011-09-27 | Weblog
龍造寺という苗字の漢字が、この文字がどうかは知らない。でも、こういう検察官がいて、鹿児島県志布志市で起きた冤罪事件、「志布志事件」で指揮者の検事だった男だ。
志布志事件で大失敗した龍造寺は、その後、青森の方に転勤したらしいが、何時の間にか東京に舞い戻り、今朝のテレビに顔を出したらしい。
小沢一郎さんの献金に絡む秘書たちの裁判で、昨日、有罪判決が出されたが、その検察官席に座っていたのが龍造寺だと、今朝、志布志市から連絡が入った。
何がどうなって東京地検に戻されたのか知らないが、有りもしない選挙違反事件を作り上げるような検察官が出世するのが検察なんだと、再認識するような人事だね。まあ今の検察には、龍造寺みたいな検察官が相応しいのだろうが。
コメント (1)

外山一郎さん

2011-09-27 | Weblog
北九州に、長く支援してくださった方がいた。3年前に亡くなられたが、もし生きておられれば、今年91才になる。
何時、初めて手紙を頂いたのか、全く覚えていないが、1971か72年ころだから、もう40年だ。
北九州から東京拘置所に面会に来てくれたり、仮釈放の祝賀会に参加してくださったり、何十万円分もの切手を送ってくださったり、本当にお世話になった。
亡くなられたとき、葬儀に参列も出来なかったから、墓前にお礼に行きたかったが、今まで機会がなかった。それが、やっと昨日、墓参りに行けた。
ご自宅に伺い、仏壇に挨拶したが、やはり泣けた。
きっと喜んでくださっていよう。
形見分けにネクタイを頂き、お墓にまいって帰った。
コメント

救援会福岡県大会

2011-09-26 | Weblog
昨日は、戸畑にある生涯学習センターで救援会福岡県大会が開かれた。
参加者は50数名。
思えば10年前、北九州の響ホールで佐藤光政コンサートが開かれ、それが切っ掛けで福岡でも布川事件支援運動が活発になったのだが、勝利の報告で終われ、皆さんも喜んでくださった。
コメント