桜井昌司『獄外記』

布川事件というえん罪を背負って44年。その異常な体験をしたからこそ、感じられるもの、判るものがあるようです。

給費金裁判

2016-11-30 | Weblog
司法修習生に修習中に資金が支払われなくなり、無収入で学び、研修する修習生たちの実情は大変なものがある。
一昨日に続いて、今日も裁判傍聴に行って修習生だった当時の話を聞いたが、思わず涙が湧いて来ることが、たびたびあった。
何百万もの借金をしなければ修習出来ないのは、全くおかしい。
そもそも修習は、実際に検察や裁判所に行って指導担当に教えられながら、実務を行う。これが無賃金とはブラック企業なみではないか。国家が、こんなことをして良いのか。
弁護士になって4年、未だに修習中の借金を返せない不安を抱えながら、子供も産まれて弱い者のために活動する若い弁護士の話には、胸が詰まった。
日本は変えなければ駄目だ。
コメント (1)

ある1日

2016-11-30 | Weblog
昨日は地域を散歩した。と言っても、ただ歩くのも勿体ない。地域へのチラシ配りをしながらだ。
もう晩秋。取り残された柿は鳥や烏が啄み、大輪の菊を咲かせている家もある。一軒、一軒、ポストにチラシを入れながら歩くこと、5時間余り。午前10時に始めて、終わったのは午後3時過ぎだった。
終わって風呂に入り、明日のラジオ番組録音に備えた準備をしていたが、もう今日は夕飯を食べて寝るだけのつもりでいたらば、連れ合いから「少し会議には遅れます」とメールが来た。今夜が会議とは聞いていないなぁ、と思って携帯の予定を開くと、今夜は法律事務所友の会の事務局会議が記録されていた。
パジャマを脱いで着替え、近所から同じ会議に参加する人の車に迎えに来て貰って遅刻しなかったなが、焦ったなぁ。
散歩に始まり、会議で終わった1日。
コメント

子供は可愛い

2016-11-29 | Weblog
昨日、給費金裁判を傍聴しての帰り道、日比谷公園を通ったらば、噴水の脇で落葉と戯れる子供がいた。
余りに可愛いので、傍にいた母親と祖母に「写真を撮らせてください」と頼んで撮った。
声を掛けたらば、しっかりとこちらを見て笑ってくれたよ。
コメント

カストロ

2016-11-29 | Weblog
キューバ革命の英雄が死んだ。
社会主義国家を成立させて、貧しいながらも平等社会を作って来たカストロは、偉大な思想家であり、政治家だった。
もちろん、社会主義国家を維持するためには、資本主義国家を求める国民を力で抑え付けたのだから、資本主義国家から見れば弾圧者となろうが、あれだけアメリカに経済封鎖される中で体制を維持し続けたのは、圧倒的に国民の支持があったからだろう。
医療、教育、生活などを平等にして個人の能力差を尊重することは、なかなか難しいことだ。能力差を生活差にする資本主義国家から見れば悪平等社会と評価するのだろうが、個人の能力差を育成するためには、絶対に教育の平等は不可欠だ。求める誰もが、求める教育を受けられる社会にすることは、人間社会の到達点であり、必ずや、そうなるだろう。何故ならば、この世に産まれ出た命によって社会や国家が形成される以上、その個々の能力を育成して生かすことこそ、この世界を維持する力だからだ。
革命家カストロは、その意味でも先覚者であり、偉大な人物であったろう。
コメント

給費金裁判

2016-11-28 | Weblog
焦ったあ、と題して書いたのに、なぜ焦ったかを書かないで送信した。
俺は、予定を確認しないで来るから、今日も法廷や開廷時間を探して右往左往だった。
今日の裁判は応えた。
法治国家日本を支える若者が、勉強することもならず、必死に法律家になろうと頑張った体験を聞いて涙が出たよ。
政治家は、何をしてるのかねぇ。
裁判に行って驚いたのは、志布志国賠裁判に判決を書いた吉村が出て来たこと。相変わらずににこやかで穏やか。この腐れに法治国家日本を守る判決が書けるか!!
コメント

焦ったあ

2016-11-28 | Weblog
今日は給費金裁判。
法治国家日本ならば法律家を育てるのは、国家としての責務だ。若者たちを育てるのと同じに、それなりの費用を使うことは当然だ。そのための税金だろうが、日本は違う。
アメリカ軍には年間に7千億もの税金を支払うくせに、法律家を育てる費用は出さない。
大事な裁判なので出来る限りに傍聴に来ていて、今日も予定がないので来た。
今日は、実際に司法修習生として自費で頑張った人が証言する。
コメント

救援会茨城県本部大会

2016-11-27 | Weblog


昨日は茨城県本部の大会だった。
午前中に青木恵子さんを招いて話をして貰う予定がダメになり、テレビ番組を見て貰ったあと、俺と救援会中央本部の人が話をした。午後は大会。
終わった後は懇親会。
前日の銀座での忘年会も、余り食べないで飲んだが、昨夜もだった。
師走が近くなり、人手の足りない店は飲み物が出るまでが一騒動。何だか大会より印象的な懇親会だった。
コメント

師走

2016-11-25 | Weblog
今日は銀座で忘年会の予定だが、俺は予約をしなかったかも知れない。
で、返事待ちでブラブラしていたらば、交通会館と周辺が、もうクリスマスバージョンになっていた。
こういう街になると独りで歩くのは味気ないんだよなぁ。
コメント

上野の銀杏

2016-11-25 | Weblog
買い物があって上野駅で下りて、少し時間があったので西郷隆盛像のところへ行ったらば、近くの銀杏が見事な色々付きを残していた。他の銀杏は、殆ど散っていたのに。
コメント

2016-11-25 | Weblog
昨日は関東でも降雪とのニュースを見ていたが、新幹線から見えた富士山は裾野も白くなっていた。
残念ながら山頂は雲。写真を諦めていたが、富士市辺りから山を越えた地点では、真っ白になった山頂が見えた。
急いで携帯のカメラを設定したが、残念ながら撮影出来なかった。
冬が始まったなぁ。
コメント