桜井昌司『獄外記』

布川事件というえん罪を背負って44年。その異常な体験をしたからこそ、感じられるもの、判るものがあるようです。

救援会川口支部

2015-02-28 | Weblog
今日は、救援会川口支部の大会に招かれた。
川口支部には、早船さんという方がいて、多くの事件を支援され、救援活動に熱心な方がいる。布川事件も、本当に熱く支援して下さって、今でも川口支部が大会に呼んでくれるのは、早船さんがあればこそだ。
少し体調を崩されて、もう活動を少な目にされている早船さんは、「桜井さんに会いたかった」と、今日も来てくれた。
お会い出来た喜びの中で、国賠裁判や自分の思いを話した。
救援会があればこそ、真実があればこそ。
これは俺が色紙などに求められたときに書く言葉の1つだが、今日も救援会に出会って得た喜びと幸せ、我が人生を語った。
コメント

ロシア帝国

2015-02-28 | Weblog
反プーチンの野党指導者が射殺されたニュースが流れた。
アメリカも暗殺や陰謀が渦巻く、大変な国だが、ロシアには負けるなぁ。反対する人物は殺してしまうんだから凄い。
人間って、何だろうね。
歴史の中で、やがてスターリンのようにプーチンも裁かれるだろうが、人権が尊重され、民主主義世界になったと言われても、その世界を構成する主要国家では、公然と独裁者が存在して反対する人を殺してしまう。そして、平然と割れ関せず顔で表舞台に出て来ては正義や真実を語る。
中国の人権不在も明らかだし、人間は哀しい存在だと思わされるニュースだ。
もしかすると、人類が死に絶えた後に、やっと地球は地球の営みに従っての平安を取り戻すのかも知れないなぁ。
コメント

何も変わらない

2015-02-28 | Weblog
この前に書いた、大阪で発覚した強姦事件の冤罪に付いて、再審開始決定があったと報道された。
被害者だと言った、当時14才の女性は「嘘だと言い出せなかった」と語るらしいが、思い出すのは御殿場事件だ。この冤罪も自称被害者は「やられた」と訴えたが、その申告した時間には彼氏と一緒だったことがバレてしまい「実は違う日」と変更した。でも、その日は台風襲来日。女は、その雨の中で強姦されたことになるが、全く濡れなかった。
大阪の事件は、「被害者」が真実を告白したことから無実が明らかになったが、御殿場事件では、未だに平然としている。
大阪の事件では「14才の女性が嘘を言うはずがない」として有罪にされたそうだが、何時も通りに検察の重大な不正行為がある。
被害者は「病院で診察して貰った」と言ったことから、弁護士は「診察記録を」と要求したらば、「ない」と返答したのだ。この診察記録が、今度の再審公判に提出されたのだが、そこには「強姦された痕跡はない」とあったと言う。
今日の新聞には、この診察記録を提出させないで「嘘を言うはずがない」て有罪判決を下した裁判官を批判する記事はあったが、証拠を隠した検察を批判する記事がない。
いくら警察や検察が無能だとは言え、強姦被害が申告されて、ただ話を聞くだけの捜査を行うはずもない。当然「3回、診察を受けた」の事実に付いて裏付け捜査をしただろう。もちろん、診察記録をも見ただろう。
ここからが、昔も今も変わらない警察と検察のやり方だ。警察は「申告」の事実に合わない証拠は無視し、検察は、その証拠を隠して「犯人だ」と主張し続ける。変わらないよなぁ。
御殿場事件でも、高橋詳子とか言った裁判官は、女の言葉だけを信用して、色々な矛盾を退けて有罪とした。真実を見抜く感覚を持たない裁判官は悪いが、証拠を隠す検察こそ、悪の最たる存在ではないのか。
客観的な証拠を隠した検察を、証拠隠滅罪で裁く法律は、絶対に必要だ。
そのことを改めて教える、大阪の再審開始決定だった。
コメント (1)

知らなきゃ構わない

2015-02-28 | Weblog
国から税金で補助を貰った会社から政治家が献金を受けてはならない法律があるけど、知っていて貰えば違法だか、、知らなければいいんだって。
今、安倍内閣の閣僚たちが追及されている違法献金問題は「知らなかったのだから違法ではない」と答えているけど、返せば良いと同じで、どう考えても納得が出来ない。
大体、知っていて貰えば違法になるのだもの、金に糸目をつけない政治屋どもが「知っていた」と認めるはずもない。
良く「政治には金がかかる、よって金を集めるしかない」と言われる。これは政治家が有権者と付き合いを親密にしないと当選出来ないゆえ、その付き合い活動に金が掛かるということらしいが、そんな付き合いが政治活動だとされるところが、政治家も有権者も含めた中世国家の日本たるゆえんだろう。
俺は資本主義社会で利益活動をする会社に対して、色々な名目で補助金を出すこと自体が間違いだと思う。そこから官僚の天下りや金を仲立ちとした癒着が生まれるのだ。会社は自己資金で活動をすべきなのであって、政治が関わるべきものではないだろう。
政治家が企業に凭れて金を貰い、企業は政治家を用心棒のように抱えて税金から金を得る、この輪廻を断ち切らなくては、日本は、国民のために正しく税金が使われる国にはならないだろう。
安倍内閣の違法献金問題は、多くの問題を国民に突き付けている。
コメント

ボロ

2015-02-27 | Weblog
安倍内閣のボロが、ぼろぼろと出て来たねぇ。
西川が辞任したらば、 次は安倍のお友達と評される下川文科相。お次は望月環境相の記事が出たらば、今日は上川法相も追及されたらしい。
いやはや出て来るねえ、次々と。
自民党の議員は、多かれ少なかれ政治を金にしている政治屋ばかりだ。誰が大臣になっても違法な金の問題は抱えている。
この政治屋を利用して金儲けする連中がいる限り、浜の真砂と同じに尽きることはあるまい。
何時まで、こんな連中が政治の表舞台に居座り続けるのだろう。こんな連中を一掃して人を大事にする政治が行われるように改革したいよなぁ。
コメント

稲田朋美

2015-02-27 | Weblog

自民党の稲田朋美は、何度か取り上げたが、弁護士資格も持つこの女性は、人の痛みや苦しみには無頓着だ。法務委員会にいたとき、死刑再審を実現した免田さんたちに特別に年金を支給しようとした法案に徹底的に反対した。同じ思想仲間の安倍に抜擢されて党務に着いたことから、何んとか免田さんたちの年金法案が成立したという。

今日の新聞で東京裁判について「判決は受け入れるが、中身を再検討したい」とかのコメントをしたと報道された。

大賛成だ!

俺も稲田と同じに、あの裁判は日本人自身が行うべきだったと思っているから、再検討すべきだと思っている。珍しく稲田女史と意見が一致した。もちろん、稲田は、安倍のおじいちゃんたる岸信介などの犯罪行為を「無きモノ」としたいための再検討だろうが、俺は違う。国民を戦禍に曝した行為を、改めて日本人自身の手で裁くためだ。

戦争を指揮したり、命令する輩は、絶対に戦闘には行かなくて、何も被害のないところで、戦争で得る利益を貪るのだ。そこも含めて裁かなくては、あの戦争責任を、真に問うことにはならないだろう。

どのような三百代言で戦争犯罪者たる岸信介たちの罪を言い逃れるか、弁護士稲田朋美の巧言に注目だねえ。

コメント (2)

触れたくない話だが

2015-02-27 | Weblog
「人を殺してみたかった」と言う、命の価値を知らない若者による殺人事件があったが、今度は中学1年生が無惨に殺された。犯人は不良グループらしくて、非行仲間に加わったことから殺害されたようだ。
仲間を抜けたいと言ったことから暴行が始まり、友人に助けを求めるメールがあったとかの報道もあるが、首の頸動脈を斬っての殺害だそうで、そこまで行える精神を思うと慄然とする。これは学校教育とか、家庭教育とかの問題ではなくて、この日本社会の問題なのではないだろうか。
なぜ殺害された子の周辺にいた大人たちは、そのSOSに手を貸せなかったのだろう。明るく人望のある子供だったと報道されるのを知るたび、なぜ救ってやれなかったのだ!と思い、この子の奪われた未来に傷みを感じて仕方ない。
犯行を犯した子供たちは、何を考えているのだろう。人の命のかけがえなさを知らないのだろうが、命が粗末にされる社会になっている、今の日本が、こういう若者を育てているのではないだろうか。俺には、そう思えてならない。
「人を殺してみたかった」と言う犯人の命も、またかけがえがない命だ。それを知る日が来て欲しいものだけど。
コメント (3)

老犬

2015-02-26 | Weblog

今朝、ゴミ出しに玄関を出たらば、我が家の方に向かって犬が、軽く走る感じで向かって来た。

見ると、頭の辺りの毛は、何か月も風呂に入らない人の髪の毛のようで、カリブ海辺りの「レゲエ髪」のようだった。足も、僅かにびっこを引いているようだ。

俺が座って、「お出で!」と声を掛けたらば、ふっと頭を上げて止まった。

「大丈夫だよ、お出で!」と声を掛けたが、クルリと向きを変えて戻って行った。そして、ゴミ置き場と反対方向の南側に行ってしまった。

我が家の前の道路は一周する道路で、外に抜ける道はない。ゴミ置き場の方向に抜ける道だけで、南に向かうと元に戻ってしまう。きっとぐるりと回ってしまい、ゴミを出して戻る俺に出会うだろうと思って帰ると、案の定、我が家の前の家の垣根辺りで、塀に伝う蔦の匂いを嗅いでいる。

また、座って「お出で!ご飯を上げるから!」と言ったが、俺の顔を見て、また向きを変えて行ってしまった。

野良犬は珍しい。穏やかな表情が印象的で、降り出した雨の中、どこへ行ったのかと、妙に気になる犬だった。

 

コメント (1)

木鶏たりえず、だって

2015-02-26 | Weblog

相撲の歴史上、最も優れた横綱だったと評される双葉山が、安芸の海に敗れて、その連勝記録が止まったとき「我、未だ木鶏たりえず」と口にした。何事にも動じない象徴としての「木鶏」らしいが、その言葉を、昨日の国会で安倍が語って「日教組!」と野次った自分の反省としたらしい。

国会で質問を受けたり、批判されると、すぐの顔色を変えて反論する底の浅い人間が、よくもまあ双葉山の言葉を語れたものだと、その無神経さに感心した。こういう鉄皮面でなくては、世界に向かって「放射能はコントロールされている」なんて嘘も言えないかも知れないね。

安倍の嘘には、ほとほと愛想が尽きるけど、こういう人間として重要な問題だろう部分を、全くマスコミは批判しない。なぜなのだろう。

政治は嘘がつきものと思っているのだろうか。国家を動かす政治こそ、誠実で真実でなくてはならないと、俺は思っているが、こんな点も日本は中世かも知れないよなあ。

 

 

コメント

bomboo3011@yahoo.co.jpから

2015-02-25 | Weblog

今日は東京で裁判員経験者の話を聞く集まりがある。

俺も参加するために出て来たが、早いので事務所で書き物をするため、パソコンをを持って来た。

事務所で開いて、メールをチェックしたらば「元判事から」として、口汚い罵りのメールがあった。

俺のパソコンンメールは、携帯よりも知る人は少ない。「元判事」とか言うけど、「懲役の目から見ても何とか」と書いてあったり矛盾してる。どこかで俺の話を聞いた人なんだろうね「心が折れたと言うけど、涙を流して自白したろ、あの涙は何だ!」とか「アリバイがないだろ」とか書いてあった。裁判では無実を主張したから、もしかすると警察関係かも知れない。

面白かったのは、「チビで早口で、チョコマカして目障りだ」と書いてあったことだ。その通りなんだよなあ。俺も自分で、そう思うから笑ってしまった、どこで会ったか知らないけど、良く見てるなあって。

どこかの集会で俺の話を聞いた人なのだろうし、権力大好きな人間か、権力は嫌いでも、俺の言動も嫌いな人なんだろうね。

この男だろうメールの発信アドレスが「bomboo3011@yahoo.co.jp」だった。

もしかすると顔を出さないで勇ましい発言をする輩の一人かも知れないが、俺の存在が目障りに感じるほどになって来たのからこそ、こんなメールも届くようになったのだと思うと、少し嬉しくなってきたよ。

コメント