漂着の浜辺から
囁きのような呟き。
 



 ぼくが最初に彼女を目にしてから一分も経った頃には、言わば行き過ぎた動揺のようなものは徐々に冷めて、落ち着いていると言っていい状態になった。地球はずっとぼくのものだった。ぼくはそう感じていた。この生き物は単なる奴隷なのだから、慌てたりむきになったりすることはない、ぼくは自分の意志のままにすればいいのだ。しばらくの間ぼくは立ち尽くし、何をすべきか、冷静にじっくりと考えた。
 ぼくは自分の腰帯に、銀の取っ手がサンゴの外皮で覆われた、六インチの長さのカミソリのように鋭い、反り返った刃を持つ、金のダマスク模様の小さなcangiar(訳注:匕首?短刀?)を差していた。地獄中の悪魔の中でも、最も腹黒く浅ましい悪魔が、ぼくの胸に粘り強く穏やかに語りかけていた。「殺せ、殺せすんだよ――それから、食っちまえ」
 「なぜ」ぼくが彼女を殺しておくべきなのか、自分にも分からなかった。ぼくは自分自身に問いかけた。そうとも、ひとりぼっちになってしまった人間にとって、それが「良くない」ことは、自明の理には違いない。かつて、「社会主義」と呼ばれていたものを信じる人々がいた。そこでは、人は社会的であることこそが最高かつ最上であり、孤独であるときが最低かつ最悪であるということが真実であるとされていた。そのため地球はすべての孤独を掴み、引き寄せ、スルタンや貴族たち、あるいはそのような人々のように、それを根本的で、物質主義的で、熾烈なものにしあげた。だが、天国は、二人あるいは三人が互いに手を取り合うところなのだ。それは、そうなのかもしれない。ぼくには分からないし、どうでもいい。だがぼくは、この惑星上で孤独の二十年を過ごしてきた果てに、人間の魂というものは、他者が自分の秘密の王国の中にずかずかと踏み入ってくることに怯えて、繊細な神経のように小さくなっているような人生よりも、孤独の方により心を奪われるということを知った。そしておそらくはそれ故に、苦々しさを伴いつつ、その世捨て人というカースト、バラモン、貴族、上流階級の人々は、彼らが長い時間をかけて手に入れた特権である領地を侵そうとするあらゆる試みに、常に抗ったのだ。あるいはやはり、あるいは、あるいはだ、二十年に及ぶ唯我独尊の果てに、人は、それを疑うことがなくなるというのが、真実かもしれない――ゆっくりと変化してゆく舞台には全く気づかないのだ――リアルで、真実の獣、恐ろしい、胸の悪くなるような獣、狂い、バビロンの王のように徘徊しながら、その爪は鳥の如く、その神は鷹の羽毛の如く、燃え上がる、獰猛な本能とともに、暗闇の中で、そして彼ら自身の利益のために、喜びながら、罪を重ねるのだ。ぼくには理解できないし、気にもしない。だがぼくには分かっている、ぼくがcangiarを引き寄せたとき、卑劣で狡猾なあらゆる悪魔が、からかい半分にぼくに囁けかけていたのを。「殺せ、殺すんだよ――それで結婚というわけさ」
 氷河の歩みのようにとてもゆっくりと、風にそよぐ葉のように柔らかく、足を忍ばせて、背後にナイフを隠し、彼女の方へと遠回りをしながら茂みの壁に沿って進んだ。一度だけ、妨害による制止があった。自分が引き戻されるのを感じたのだ。ぼくは思わず立ち止まった。というのは、それは、ぼくの二つに分けた顎髭の片方の先が、トゲだらけの梨の木の枝に引っかかったのだった。
 ぼくは一生懸命にもつれを解き始めた。そしてもう少しで解けそうだという時になって、初めて小川の細長い水面を横切る空の状態に気がついた。一分かそのくらい前には、空は極めて晴明だったのに、今では雲がせわしく流れていた。不吉な雷鳴がゴロゴロと響き、ぼくは上に目を向けた。
 再びそこに座っている人影に視線を戻したとき、彼女は阿呆のように空の方を見つめていたが、それはかつて一度もそのような雷鳴を耳にしたことがないか、あるいは少なくともそれが何の前触れなのかが分からないか、そうした表情であることは明らかだった。ぼくは彼女の動きの一つも見逃さないように意識をしながら、少しづつ、息を殺して、注意深く身体のバランスを取りながら、這うように進んでいった。そしていきなり、ぼくは開けた場所に飛び出して、彼女に襲いかかっていった……
 彼女は飛び上がった。おそらくは二、三歩飛び退いたと思う。それから、じっと立ち尽くしたまま動かなかった――ぼくの四ヤード以内だ――小鼻で喘ぎながら、問いかけるような顔をしていた。
 ぼくはそれを一目で見て取り、そして一瞬の内に全ては終わった。立ち尽くす彼女のもとに走る勢いを弱めることなく、振り上げたナイフを今にも彼女に振り下ろそうとしたその時、突然恐ろしい暴力に打たれて、制止させられた。目を眩ませる閃光が、ぼくが手にしていた鋼に引き付けられ、骨に痛みが響き、そして同時に最も強烈な落雷が、哀れな人間の耳をつんざいて、ぼくを地面に打ち倒した。cangiarがぼくの手から飛び出して、少女の足元に落下した。
 ぼくは完全に意識を失ってはいなかったが、しかし、まちがいなく、その「力」はもはやぼくから隠そうともしておらず、その密接な接触は、哀れな限りある生命の人間にとっては、手に負えないほどに荒っぽく、強烈なものだった。おそらくは三分か四分ほどの間、弱者に対する虐めともいえる天の声にぼくは肝を潰して横たわり、指の一本も動かすことができなかった。ようやくぼくが起き上がったとき、少女はぼくの傍らに立っていて、微笑みながら、土砂降りの雨の中、cargianをぼくに手渡してくれた。
 ぼくはそれを彼女の手から受け取ると、震える指で、それを小川の中に落としてしまった。

*******

++++++++++++++++


One minute after my first actual sight of her my extravagance of agitation, I say, died down to something like calm. The earth was mine by old right: I felt that: and this creature a mere slave upon whom, without heat or haste, I might perform my will: and for some time I stood, coolly enough considering what that will should be.
I had at my girdle the little cangiar, with silver handle encrusted with coral, and curved blade six inches long, damascened in gold, and sharp as a razor; the blackest and the basest of all the devils of the Pit was whispering in my breast with calm persistence: 'Kill, kill―and eat.'
Why I should have killed her I do not know. That question I now ask myself. It must be true, true that it is 'not good' for man to be alone. There was a religious sect in the Past which called itself 'Socialist': and with these must have been the truth, man being at his best and highest when most social, and at his worst and lowest when isolated: for the Earth gets hold of all isolation, and draws it, and makes it fierce, base, and materialistic, like sultans, aristocracies, and the like: but Heaven is where two or three are gathered together. It may be so: I do not know, nor care. But I know that after twenty years of solitude on a planet the human soul is more enamoured of solitude than of life, shrinking like a tender nerve from the rough intrusion of Another into the secret realm of Self: and hence, perhaps, the bitterness with which solitary castes, Brahmins, patricians, aristocracies, always resisted any attempt to invade their slowly-acquired domain of privileges. Also, it may be true, it may, it may, that after twenty years of solitary selfishness, a man becomes, without suspecting it―not at all noticing the slow stages―a real and true beast, a horrible, hideous beast, mad, prowling, like that King of Babylon, his nails like birds' claws, and his hair like eagles' feathers, with instincts all inflamed and fierce, delighting in darkness and crime for their own sake. I do not know, nor care: but I know that, as I drew the cangiar, the basest and the slyest of all the devils was whispering me, tongue in cheek: 'Kill, kill―and be merry.'
With excruciating slowness, like a crawling glacier, tender as a nerve of the touching leaves, I moved, I stole, obliquely toward her through the wall of bush, the knife behind my back. Once only there was a restraint, a check: I felt myself held back: I had to stop: for one of the ends of my divided beard had caught in a limb of prickly-pear.
I set to disentangling it: and it was, I believe, at the moment of succeeding that I first noticed the state of the sky, a strip of which I could see across the rivulet: a minute or so before it had been pretty clear, but now was busy with hurrying clouds. It was a sinister muttering of thunder which had made me glance upward.
When my eyes returned to the sitting figure, she was looking foolishly about the sky with an expression which almost proved that she had never before heard that sound of thunder, or at least had no idea what it could bode. My fixed regard lost not one of her movements, while inch by inch, not breathing, careful as the poise of a balance, I crawled. And suddenly, with a rush, I was out in the open, running her down....
She leapt: perhaps two, perhaps three, paces she fled: then stock still she stood―within some four yards of me―with panting nostrils, with enquiring face.
I saw it all in one instant, and in one instant all was over. I had not checked the impetus of my run at her stoppage, and I was on the point of reaching her with uplifted knife, when I was suddenly checked and smitten by a stupendous violence: a flash of blinding light, attracted by the steel which I held, struck tingling through my frame, and at the same time the most passionate crash of thunder that ever shocked a poor human ear felled me to the ground. The cangiar, snatched from my hand, fell near the girl's foot.
I did not entirely lose consciousness, though, surely, the Powers no longer hide themselves from me, and their close contact is too intolerably rough and vigorous for a poor mortal man. During, I should think, three or four minutes, I lay so astounded under that bullying cry of wrath, that I could not move a finger. When at last I did sit up, the girl was standing near me, with a sort of smile, holding out to me the cangiar in a pouring rain.
I took it from her, and my doddering fingers dropped it into the stream.

*******

++++++++++++++++++++++++++++++

"The Purple Cloud"
Written by M.P. Shiel
(M.P. シール)
Translated by shigeyuki




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 跪いた彼女は、手のひらをそっと地面について、身体を支えていた。小川のほとりに跪いた彼女は、驚いた様子で、静かな褐色の水に写った自分の顔をこわごわと見つめていた。そしてぼくは、目を疑いながら、たっぷり十分ほどもかけて、彼女を観察した。

*********

 ぼくが耳にした、彼女が発作的に笑ったりすすり泣きしたりした声は、水に映った自分の姿を見て驚いたせいだったのだろう。彼女の表情を読む限り、自分の姿を目にしたのは、それが初めてだったに違いないとぼくは確信した。

**********

 じっと佇んで見つめていた眼差しは疑いに満ちていたとは思うが、ぼくはそれほどまでに魅力的な生き物を、この地球上で見たことがなかった(けれども今、落ち着いて検討してみると、彼女の美貌については、注目に値するようなものなど何ひとつなかったと、はっきりと言い切れる)。彼女の髪は、赤褐色よりも少し明るい色彩で、縮れており、衣服のように裸の肉体をおしりの下まで覆っており、また、幾筋かは房になって、水の中に垂れ下がっていた。彼女の瞳は、暗い青さで、なんとも愚鈍な、落ち着かない様子で、見開かれていた。さらにじっと観察していると、彼女はゆっくりと立ち上がった。そしてすぐにぼくには、それからいったいどうしたら良いのか分からずに途方に暮れている、この世界に馴染めない彼女の様子がすっかりと見て取れた。彼女の瞳孔は、光に慣れているようには思えなかった。それでぼくには、彼女が木や小川を目にするのは今日が初めてなのだと、確信を持って言えた。
 彼女の年齢は、十八から二十歳くらいのように見えた。ぼくには彼女が、チェルケス人か、少なくともその血を引いているのだろうと思われた。彼女の肌は、白褐色、あるいは古い象牙色をしていた。

*********

 彼女はゆっくりと立ち上がって、途方に暮れていた。そしてもつれた髪の毛を手に取り、それを唇へと持っていった。彼女の瞳の中にいくらか見えたもの、それが今ではぼくにはっきりとわかったが、森の中には食べ物がいっぱいあるというのに、どういうわけかひどくお腹を空かせているようだったのだ。

 口から髪の毛を離した後は、彼女は再び気が抜けたように、間抜けのように首を傾けながら立ち尽くしていた。その姿は、ささやかな同情心にほだされたというわけではなかったが、とても不憫に見えた。目に映るものを、いったいどう判断したらよいのか全く分っていないということは、はっきりとしていた。ついには、彼女は苔だらけの河岸に座り込み、手を伸ばして麝香バラを手のひらの上に乗せると、所載なくじっと見つめていた。

**********

++++++++++++++++++++++++++++++++++

She was on her knees, her palms lightly touching the ground, supporting her. At the edge of the streamlet she knelt, and she was looking with a species of startled shy astonishment at the reflexion of her face in the limpid brown water. And I, with sullen eye askance regarded her a good ten minutes' space.

******

I believe that her momentary laugh and sob, which I had heard, was the result of surprise at seeing her own image; and I firmly believe, from the expression of her face, that this was the first time that she had seen it.

******

Never, I thought, as I stood moodily gazing, had I seen on the earth a creature so fair (though, analysing now at leisure, I can quite conclude that there was nothing at all remarkable about her good looks). Her hair, somewhat lighter than auburn, and frizzy, was a real garment to her nakedness, covering her below the hips, some strings of it falling, too, into the water: her eyes, a dark blue, were wide in a most silly expression of bewilderment. Even as I eyed and eyed her, she slowly rose: and at once I saw in all her manner an air of unfamiliarity with the world, as of one wholly at a loss what to do. Her pupils did not seem accustomed to light; and I could swear that that was the first day in which she had seen a tree or a stream.

*****

Her age appeared eighteen or twenty. I guessed that she was of Circassian blood, or, at least, origin. Her skin was whitey-brown, or old ivory-white.

*****

She stood up motionless, at a loss. She took a lock of her hair, and drew it through her lips. There was some look in her eyes, which I could plainly see now, somehow indicating wild hunger, though the wood was full of food. After letting go her hair, she stood again feckless and imbecile, with sideward-hung head, very pitiable to see I think now, though no faintest pity touched me then. It was clear that she did not at all know what to make of the look of things. Finally, she sat on a moss-bank, reached and took a musk-rose on her palm, and looked hopelessly at it.

*****

"The Purple Cloud"
Written by M.P. Shiel
(M.P. シール)
Translated by shigeyuki




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 あるいは、それは半分が笑いで、半分はすすり泣きのようなものにも思われた。そして、一匹の遠ざかってゆく昆虫の羽音の中に消えていった。
 笑い、すすり泣き、そして馬鹿馬鹿しい幻覚、かつて何度も聞いた、歩いていると後を付いてくる音だ。そして、さらにその音を耳にした時でさえ、ぼくにはそれが何でもないものなのだと分かっていた。だが、この感覚を一言で言えば、それはやはりとてもスリリングな”現実”であり、このちっぽけな心臓に与えた衝撃は、いわば殺人的な衝撃であり、ぼくは左手で鼓動を打つ胸を押さえ、右の手の平で身体を支えて、後ろの苔の山の中に倒れた。そしてそこで、なんとか息を整えながら、ぼくはじっと横になったまま、全ての神経を耳に集中させた。だが今では何の音も聞こえず、ただ世界の沈黙という唸り声が、大きく聞こえていただけだった。

 けれども、そこには足跡があった。もしも耳と目が共に謀ってぼくを欺こうとしているのだとしたら、それはずいぶん酷い話だとぼくは思った。
 ぼくは同じ格好でじっと横になったまま、動かなかった。気分が悪く、口の中がカラカラに渇き、あれこれと思いつめて、消え入るような呼吸をしていた。だが、神経を研ぎ澄まして――伺っていた。
 待とう、とぼくは自分に言い聞かせた、蛇のように狡猾に、たとえどうしようもなくうんざりとして、弱り果てようとも。音は立てるまい……
 数分が過ぎて、ぼくは自分が横目を使っている――ある一つの方向にじっと狙いを定めて横目を使っているということに気がついた。そしてほどなく、確かに「実際に」何かの音を耳にして、自分の方向感覚が正しかったということがはっきりした!ぼくは懸命に――何とかして――体を持ち上げようとした。そして力無くふらふらと揺れ動きながらも、まっすぐに立ったが、それは死の恐怖が胸の中にあるせいばかりではなく、支配者としての威信があったせいだ。
 ぼくは移動した。力が戻ってきていた。
 そっと忍び足で、音を立てないように歩いて、ぼくは苔の山へと移動し、空地から薮の中へと、曲がりくねった道に沿って段差を下りながら、音のする方向へと進んで行った。漂い始めた小川のサラサラと流れる音を聞きながら、ぼくは苔むした小径を辿り、いつしか自分の頭よりも二、三フィートだけ高い、苔に覆われた低木の茂みへと入り込んだ。そこを通り抜け、泥棒猫のようにうろつきながら、どうにかこうにか骨の折れる道を歩いてゆくと、長い草の生えた開けた場所に出たが、そのときぼくが面していたのは、三ヤード前の、アカシアの木、トゲだらけの梨の木、それにpichulasの壁で、それとぼくが超えてきた森との間には、流水のきらきらとした輝きが見えた。
 手と膝で這うようにしてぼくはアカシアの茂みの方へと向かい、そこに少し入り込むと、ぐっと前の方へと身を乗り出して、じっと眼を凝らした。そしてそこに――すぐに――十ヤード右手に――ぼくは見た。
 その興奮について、言うべきことは一つ、卒倒して死んでしまう代わりに、そうして実際に現実の光景を前にしてしまうと、いくらか落ち着いたかのように思えた。悪意を持った、不信感に満ちた眼差しを投げかけながら、ぼくは立ち尽くし、確かにそこにいる彼女をじっと見つめていた。

*********

++++++++++++++++++++++++++++

Or it seemed half a laugh, and half a sob: and it passed from me in one fleeting instant.
Laughs, and sobs, and idiot hallucinations, I had often heard before, feet walking, sounds behind me: and even as I had heard them, I had known that they were nothing. But brief as was this impression, it was yet so thrillingly real, that my poor heart received, as it were, the very shock of death, and I fell backward into a mass of moss, supported on the right palm, while the left pressed my working bosom; and there, toiling to catch my breath, I lay still, all my soul focussed into my ears. But now I could hear no sound, save only the vast and audible hum of the silence of the universe.
There was, however, the foot-print. If my eye and ear should so conspire against me, that, I thought, was hard.
Still I lay, still, in that same pose, without a stir, sick and dry-mouthed, infirm and languishing, with dying breaths: but keen, keen―and malign.
I would wait, I said to myself, I would be artful as snakes, though so woefully sick and invalid: I would make no sound....
After some minutes I became conscious that my eyes were leering―leering in one fixed direction: and instantly, the mere fact that I had a sense of direction proved to me that I must, in truth, have heard something! I strove―I managed―to raise myself: and as I stood upright, feebly swaying there, not the terrors of death alone were in my breast, but the authority of the monarch was on my brow.
I moved: I found the strength.
Slow step by slow step, with daintiest noiselessness, I moved to a thread of moss that from the glade passed into the thicket, and along its winding way I stepped, in the direction of the sound. Now my ears caught the purling noise of a brooklet, and following the moss-path, I was led into a mass of bush only two or three feet higher than my head. Through this, prowling like a stealthy cat, I wheedled my painful way, emerged upon a strip of open long-grass, and now was faced, three yards before me, by a wall of acacia-trees, prickly-pear and pichulas, between which and a forest beyond I spied a gleam of running water.
On hands and knees I crept toward the acacia-thicket, entered it a little, and leaning far forward, peered. And there―at once―ten yards to my right―I saw.
Singular to say, my agitation, instead of intensifying to the point of apoplexy and death, now, at the actual sight, subsided to something very like calmness. With malign and sullen eye askance I stood, and steadily I watched her there.

*********

"The Purple Cloud"
Written by M.P. Shiel
(M.P. シール)
Translated by shigeyuki



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 おお、何たる神の御心か!計り知れない天の狂気か!これから書くことは、これまでに書いておくべきだったのだ!ぼくはそれを、どうしても書く気にはならない……

****************

 くだらない!それは狂った夢だ!髪の毛を根元から引き抜き、サトゥルヌスの荒れ狂う嵐に撒き散らす夢にすぎない!手が、それをどうしても書こうとはしないのだ!

*****************

 神の名に於いて――!炎が吹き荒れたあとの四夜、ぼくが眠った家は――本などで見たことのあるような、フランス風の、おそらくは大使の家で、とても広い庭と美しい海の眺望を持っており、坂道の多い、ペラの街の東の下り坂に位置していた。ぼくはミナレットの近くに立っている、避難所にしていた数少ない大邸宅のひとつを離れたが、そこから眺められたミナレットは、ペラの町とフォンドゥクリの間のタクシムの高台の、古いムスリム居住区のいちばん高いところに存在していた。丘のふもとのファウンドゥクリの港とトファナの港の両方に、安全のための保険として、二隻のカイークを安全な場所に係留しておいたが、一隻はサルタンの金メッキを施した船で、船首に金の拍車がついており、もう一隻はzaptiasのボートで、水上警察として、かつてはゴールデン・ホーンをパトロールしていたものだった。そのどちらかの船を使ってスペランザ号に戻るつもりだったが、その時スペランザ号は、少し離れたボスフォラス海峡の沿岸に、安全に錨を下ろしていた。そうして五日目の朝、ぼくはトファナ湾を出た。柔らかい雨が一晩中降っていて、まるで消火するときの蒸気のような微かな灰色の煙が新たなる興奮を生み出したが、それには多少アバッドンの地区の強い悪臭があり、炎の気配はもう影も形もなかったが、黒い焦土と化した何マイルもの広大な区域からは、いまだに蒸気が立ち上っていた。そのせいで涙が止まらず、喉は締め付けられるようで、道も平坦ではなかったから、そうしたあらゆる種類の『残滓』を超えてまで前に進むことはしなかった。すぐにぼくは言った。「引き返そう、墓の領域とペラの背後に広がる荒廃した不毛の土地を横切って、丘を下り、ファウンドゥクリの港でzaptiaボートに乗り込んで、スペランザ号に向かおう」
 というわけで、ぼくは歩みを煙の立ち込める領域の外へと向け、荒廃と死の煙る場所の先へと進んでゆき、ほどなく豊かな森林地帯に入ったが、最初こそはやや焼け焦げてはいたものの、すぐに緑が繁ったジャングルになった。涼しくなって一息付くと、のんびりと船へとたどり着いたら、やや北西の方角に向けて、どこまでも向かおうと考えた。どこかこの辺りに「甘水」と呼ばれる場所があったと思い出したぼくは、そこに行きあたることを漠然と考えながらその日を過ごし、午後になるまで森の中にいた。ここの自然は、たった二十年で溢れんばかりの野生を取り戻していて、今では暗く鬱蒼とした谷に、逞しい植物、繊細なミモザ、大きな垂れ下がったフクシア、椰子、糸杉、桑、黄水仙、水仙、ラッパスイセン、シャクナゲ、アカシア、イチジクなどが生い茂り、その木陰の間に、小川がせせらぎの音を奏でていた。一度ぼくは、完璧に草に隠れて見えなくなっていた、金箔を貼った古い墓がいくつもある墓地で躓いて、そして三度、むせ返るような森の中で、小さな格子のあるヤリを垣間見た。アーモンドやオリーブをモグモグと食べながら、のろのろと疲れた足を引きずるようにして進んだが、そうしながらも、もともとオリーブはこんな北の大地には自生してなかったんだがな、と悪態をついていた。けれども今ではここに豊富に実っていて、単純なものではあったけれども、それゆえに遺伝子が変異したものであり、ぼくにはあらゆるものが確かに進化しているとは判断できなかったが、その日に見た糸杉のいくつかは、かつてぼくが目にしたどれよりも大きかった。そして記憶では、ぼくの考えていたことは、もし小枝あるいは葉っぱが鳥に変化するのなら、あるいは魚が翼を得て、目の前を飛ぶのならば、いったいどうすればいいのだろうかということであり、ぼくは訝しむように枝をじろじろと眺めた。随分と長い間、陰気な林の中を見つめていた。その日の森の外は明るくて暖かく、とても静かで、葉や花は全く動かなかった。まるで世界の虚ろな静寂を聞いているような気がして、ぼくは小枝の上を踏んで歩き、ピストルの発射音を響かせた。やがて茂みの中にぽっかりと開けた場所に出たが、八ヤードほどその場所を横切った辺りで、ライムとオレンジの香りが漂ってきた。そこには充分な薄明かりがあって、古い骨をいくつかと頭骸骨を三つ発見したが、花をつけた野生のトウモロコシの茂みからはタムタムの端が覗いていて、そこかしこに金色の金香木と麝香バラの群生が周りに咲き誇っていた。ぼくは足を止めた――”なぜ”気持ちが落ち着かないだろう――おそらくは、もし「甘水」に近づいているのでないなら、真剣に出口を探すべきなんじゃないかと思っていたからだろう。そうしてぼくは立ち尽くし、周りを見渡しているうちに、何かふらふらと飛びまわる昆虫が、耳元でブンブンと羽音を立てていたということを思い出した。
 ハッとして、ぼくは我に返り、息を呑んだ。
 空想だ――夢だ――苔とスミレの生い茂っている中に、押しつぶされた跡があったのだ、「作られたばかり」の!この思いがけない出来事に、ぼくはほくそ笑みながら立ち尽くした。空想だ――夢なんだ――狂ってしまったんだ!――ぼくは笑い声を聞いたのだ……!なんてことだ、人間のものだ。

+++++++++++++++++++++++++++++

O wild Providence! Unfathomable madness of Heaven! that ever I should write what now I write! I will not write it....

*****

The hissing of it! It is only a crazy dream! a tearing-out of the hair by the roots to scatter upon the raving storms of Saturn! My hand will not write it!

*****

In God's name――! During four nights after the burning I slept in a house―French as I saw by the books, &c., probably the Ambassador's, for it has very large gardens and a beautiful view over the sea, situated on the rapid east declivity of Pera; it is one of the few large houses which, for my safety, I had left standing round the minaret whence I had watched, this minaret being at the top of the old Mussulman quarter on the heights of Taxim, between Pera proper and Foundoucli. At the bottom, both at the quay of Foundoucli, and at that of Tophana, I had left under shelter two caiques for double safety, one a Sultan's gilt craft, with gold spur at the prow, and one a boat of those zaptias that used to patrol the Golden Horn as water-police: by one or other of these I meant to reach the Speranza, she being then safely anchored some distance up the Bosphorus coast. So, on the fifth morning I set out for the Tophana quay; but a light rain had fallen over-night, and this had re-excited the thin grey smoke resembling quenched steam, which, as from some reeking province of Abaddon, still trickled upward over many a square mile of blackened tract, though of flame I could see no sign. I had not accordingly advanced far over every sort of débris, when I found my eyes watering, my throat choked, and my way almost blocked by roughness: whereupon I said: 'I will turn back, cross the region of tombs and barren waste behind Pera, descend the hill, get the zaptia boat at the Foundoucli quay, and so reach the Speranza.'
Accordingly, I made my way out of the region of smoke, passed beyond the limits of smouldering ruin and tomb, and soon entered a rich woodland, somewhat scorched at first, but soon green and flourishing as the jungle. This cooled and soothed me, and being in no hurry to reach the ship, I was led on and on, in a somewhat north-western direction, I fancy. Somewhere hereabouts, I thought, was the place they called 'The Sweet Waters,' and I went on with the vague notion of coming upon them, thinking to pass the day, till afternoon, in the forest. Here nature, in only twenty years has returned to an exuberant savagery, and all was now the wildest vegetation, dark dells, rills wimpling through deep-brown shade of sensitive mimosa, large pendulous fuchsia, palm, cypress, mulberry, jonquil, narcissus, daffodil, rhododendron, acacia, fig. Once I stumbled upon a cemetery of old gilt tombs, absolutely overgrown and lost, and thrice caught glimpses of little trellised yalis choked in boscage. With slow and listless foot I went, munching an almond or an olive, though I could swear that olives were not formerly indigenous to any soil so northern: yet here they are now, pretty plentiful, though elementary, so that modifications whose end I cannot see are certainly proceeding in everything, some of the cypresses which I met that day being immense beyond anything I ever heard of: and the thought, I remember, was in my head, that if a twig or leaf should change into a bird, or a fish with wings, and fly before my eyes, what then should I do? and I would eye a branch suspiciously anon. After a long time I penetrated into a very sombre grove. The day outside the wood was brilliant and hot, and very still, the leaves and flowers here all motionless. I seemed, as it were, to hear the vacant silence of the world, and my foot treading on a twig, produced the report of pistols. I presently reached a glade in a thicket, about eight yards across, that had a scent of lime and orange, where the just-sufficient twilight enabled me to see some old bones, three skulls, and the edge of a tam-tam peeping from a tuft of wild corn with corn-flowers, and here and there some golden champac, and all about a profusion of musk-roses. I had stopped―why I do not recollect―perhaps thinking that if I was not getting to the Sweet Waters, I should seriously set about finding my way out. And as I stood looking about me, I remember that some cruising insect trawled near my ear its lonely drone.
Suddenly, God knows, I started, I started.
I imagined―I dreamed―that I saw a pressure in a bed of moss and violets, recently made! And while I stood gloating upon that impossible thing, I imagined―I dreamed―the lunacy of it!―that I heard a laugh...! the laugh, my good God, of a human soul.

++++++++++++++++++++++++

"The Purple Cloud"
Written by M.P. Shiel
(M.P. シール)
Translated by shigeyuki



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





 久しく心の底まで楽しんではいなかった。ぼくの人生を守ってくれているのは「白」なのかもしれない。だが、ぼくの魂を支配する「黒」は確かに存在した。
 
 古都スタンボウル、ガラタ、トファナ、カシム、壁を超えてファナとイヨーヴに至るまでが、盛大に火の手に包まれ、燃えさかった。ガラタのほんの一部の地域を除けば、あらゆる場所が午後八時から午前一時までの五時間で燃え尽きてしまった。ぼくは城壁の外に広がるオスマンリリスの墓の周りに鬱蒼と広がる糸杉の先や、カシムの墓地の中、イヨーヴの神聖なるモスクの周りなどが、まるで炎に捉えられたか細い髪の毛のように、あっと言う間に溶けるように消えるのを目にした。ガラタのジェノアの塔が、ロジャー=ド=カヴァリー卿のように、野生のハナダイコンのように、曲線を描きながら斜めに頭をもたげ、大音響とともに砕け散るのを見た。一組、そして三組、四組と、十二あるいは十四の青いキューポラ(訳注:円屋根)を持つ巨大なモスクが耐え切れずに陥没するのを、あるいは舞い上がって降り注ぎ、巨大な尖塔が首をもたげて倒れるのを見た。そして手を伸ばした炎が、がらんとしたエソメディアンの全幅――三百ヤード――を横切って、その外にある、中央に赤いエジプトの花崗岩のオベリスクを抱いている六つのアクメットのモスクの尖塔に届くのを見た。炎はセライ・メイダーニの中を横切って、セラグリオとサブライム・ポルトに達した。それから館と巨大な壁の間に広がっている、漠然とした荒廃した土地を横切った。そして七十、あるいは八十の、大きな天蓋のあるバザール(市場)を横切り、全てを包み込んで、火の手が伸びていった。火の精霊はぼくには手に負えなくなってきた。なぜなら、ゴールデン・ホーン湾自体が炎の舌のようになっていたからで、ガレー船の港の西は、爆発する戦艦、トルコのフリゲート船、コルベット艦、ブリッグ船でひしめきあっており――そして東は、ものすごい数のファルーカ船、カイーク、ゴンドラ、そして真っ赤に燃え上がった商船で、込み合っていた。左手では、スクタリの全土が焦土と化していた。そしてその夜の六時から八時の間には、彷徨う炎でマルモラ海を輝かせるために、三十七隻の船に導火線と午後十一時に合わせた時限装置をつけて、空力の弱いところに送りだした。真夜中までには、ぼくは巨大な竈と炎の湾が一体化した中に取り囲まれ、海と空は燃え上がり、大地は焦土と化していた。左手の方向のそれほど遠くはないところに、巨大なトファナのカンノニアスの兵舎と、砲台が見えたが、随分と粘った後に、名残惜しそうに、ともに消え去った。そして三分後には、砲兵の兵舎と兵士学校が共に、ゆっくりと、水面下に沈んだ。それから右手の方には、カシムの谷の中に、アーセナル(武器庫)があった。日の光が煙ったような空が広がっていて、海と陸からは、何マイルにも渡って、昼間の明るさというものが抜け落ちていた。ゴールデン・ホーンの上に浮かんだバーグ・ブリッジとラフト・ブリッジのあたりに、二つの赤く燃え上がるラインが見えたが、あっというまに焼け落ちた。その広大な光景はまたたく間に、どんどんと速度を増して――熱を帯び――激しさを増し――一斉に狂水病にとりつかれたかのように、燃え尽きた。そしてその無限の空間に吹き荒れた赤い唸りと、燃え上がるような心の力には、重力、存在感、興奮があり、そしてぼく、その従順な妻は――そのまま頭を垂れ、唇をゆがめて、まるで最後の吐息のようなため息をつき、力なくよろめいて、仰向けに倒れ込んだ。

**************

**************

 おお、何という神の御心か!計り知れない天の狂気か!今から書くことを、ぼくはこれまでに書いておくべきだったというのか!そんなもの、書くつもりはない……

****************

 そのシューッという音!それは狂った夢にすぎない!サトゥルヌスの荒れ狂う嵐の上にまき散らすために、根元から髪の毛を引き抜くような!ぼくの手が、それを書くことなどない!

*****************

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

It is long since I have so deeply enjoyed, even to the marrow. It may be 'the White' who has the guardianship of my life: but assuredly it is 'the Black' who reigns in my soul.

Grandly did old Stamboul, Galata, Tophana, Kassim, right out beyond the walls to Phanar and Eyoub, blaze and burn. The whole place, except one little region of Galata, was like so much tinder, and in the five hours between 8 P.M. and 1 A.M. all was over. I saw the tops of those vast masses of cemetery-cypresses round the tombs of the Osmanlis outside the walls, and those in the cemetery of Kassim, and those round the sacred mosque of Eyoub, shrivel away instantaneously, like flimsy hair caught by a flame; I saw the Genoese tower of Galata go heading obliquely on an upward curve, like Sir Roger de Coverley and wild rockets, and burst high, high, with a report; in pairs, and threes, and fours, I saw the blue cupolas of the twelve or fourteen great mosques give in and subside, or soar and rain, and the great minarets nod the head, and topple; and I saw the flames reach out and out across the empty breadth of the Etmeidan―three hundred yards―to the six minarets of the Mosque of Achmet, wrapping the red Egyptian-granite obelisk in the centre; and across the breadth of the Serai-Meidani it reached to the buildings of the Seraglio and the Sublime Porte; and across those vague barren stretches that lie between the houses and the great wall; and across the seventy or eighty great arcaded bazaars, all-enwrapping, it reached; and the spirit of fire grew upon me: for the Golden Horn itself was a tongue of fire, crowded, west of the galley-harbour, with exploding battleships, Turkish frigates, corvettes, brigs―and east, with tens of thousands of feluccas, caiques, gondolas and merchantmen aflame. On my left burned all Scutari; and between six and eight in the evening I had sent out thirty-seven vessels under low horse-powers of air, with trains and fuses laid for 11 P.M., to light with their wandering fires the Sea of Marmora. By midnight I was encompassed in one great furnace and fiery gulf, all the sea and sky inflamed, and earth a-flare. Not far from me to the left I saw the vast Tophana barracks of the Cannoniers, and the Artillery-works, after long reluctance and delay, take wing together; and three minutes later, down by the water, the barrack of the Bombardiers and the Military School together, grandly, grandly; and then, to the right, in the valley of Kassim, the Arsenal: these occupying the sky like smoky suns, and shedding a glaring day over many a mile of sea and land; I saw the two lines of ruddier flaring where the barge-bridge and the raft-bridge over the Golden Horn made haste to burn; and all that vastness burned with haste, quicker and quicker―to fervour―to fury―to unanimous rabies: and when its red roaring stormed the infinite, and the might of its glowing heart was Gravitation, Being, Sensation, and I its compliant wife―then my head nodded, and with crooked lips I sighed as it were my last sigh, and tumbled, weak and drunken, upon my face.

O wild Providence! Unfathomable madness of Heaven! that ever I should write what now I write! I will not write it....

The hissing of it! It is only a crazy dream! a tearing-out of the hair by the roots to scatter upon the raving storms of Saturn! My hand will not write it!

"The Purple Cloud"
Written by M.P. Shiel
(M.P. シール)
Translated by shigeyuki



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





 三日のあいだ、ぼくはサンジャクの地方長官、あるいは首長の宮殿のある、スタンブールで眠ったが、それはどちらかといえば微睡んでいたのであり、シンドバット、アリババ、老アルーンら、ぼくの元への訪問者たちが、いかに眠り、微睡んでいるかを見るために、夢うつつな瞳を片方、開いておこうとしていたのだ。なぜなら、地方長官がトルコ人たちの夜を徹した言葉なき訪問を受けた小さく豪奢な小部屋の中にいたからで、ロマンスの香り漂う長いバラのような時間、夢想の酩酊、けだるき幻想は、明け方近くになって、さらに深い、夢も見ない眠りの静けさの中に沈んでいった。そしてそこにはそっと、足を組んで座り、白昼夢に耽り、最終的には気を失って崩れ落ちてゆく客人のために、白いヤタグ(訳注:琴のような楽器)が用意され、銅の火鉢にはまだバラの香気が残っており、クッション、ラグ、掛け布、壁の上のモンスター、ハッシシ・チボークシ、水キセル、青白い麻薬性のタバコがあり、ドアの向こうの秘密の格子窓には、木と鳥が描かれていた。そしてその空気は、ぼくが燃やした芳香錠と、吸った良い香りのタバコのせいで、麻酔性を帯びて、青白かった。意識は完全に朦朧となり、言語はもつれ、左目は、微睡んでいるはずのアリ、シンドバット、老アルーンらの姿を捉えることが困難となった。そしてぼくが眠りから覚めて、正面に張り出している格子造りのバルコニーの近くの部屋の中で身体を洗うために立ち上がったとき、目の前には、陽光の中に古都ガラタが北に広がっていて、急勾配の広い通りがペラの街に向かって上っていたが、いったん厳しいダルウィーシュ(訳注:イスラムの神秘主義教団の修道者)たちが水キセルを吸っていたそれぞれのソファベッドの上に夜陰が満ちてしまうと、そこにあるのは通路としての空間ではなく、すべては、ソファベッド、たくさんの寝椅子、アーモンドの木、天にも届くざわめき、森の中の長ギセル、修道僧、数え切れない人数のポーター、トファナから馬を連れてきた馬丁、カシムからの武器商人、ガラタからの商人、そしてトファナからの砲兵らであった。そしてその家の別の側面の南端には、屋根付きの橋が、大部分が二枚の大きな目隠しの壁としてある通りを横切っており、大きな、絡まりあった野生の花の中へと続いていたが、そこはぼくが何時間もの時間を過ごしたハーレムの園だった。ここで何日も、もしかしたら何週間も、そうしていたのかもしれないが、しかしその想像上の人びととともにかつての日々の中で微睡んでいたとき、まるでどこかで笑い声が響いたかのように、何かが言った。「だがこの街は完全に死んではいない!」その声はぼくをやすらぎの深みから一瞬にして覚醒させた。そしてぼくは想った。「もし完全に死んでいないとしても、それはまもなくだろう――あっという間だ!」そして翌朝、ぼくはアーセナルにいた。

******

++++++++++++++++++++++

Three nights I slept in Stamboul itself at the palace of some sanjak-bey or emir, or rather dozed, with one slumbrous eye that would open to watch my visitors Sinbad, and Ali Baba, and old Haroun, to see how they slumbered and dozed: for it was in the small luxurious chamber where the bey received those speechless all-night visits of the Turks, long rosy hours of perfumed romance, and drunkenness of the fancy, and visionary languor, sinking toward morning into the yet deeper peace of dreamless sleep; and there, still, were the white yatags for the guests to sit cross-legged on for the waking dream, and to fall upon for the final swoon, and the copper brazier still scenting of essence-of-rose, and the cushions, rugs, hangings, the monsters on the wall, the haschish-chibouques, narghiles, hookahs, and drugged pale cigarettes, and a secret-looking lattice beyond the door, painted with trees and birds; and the air narcotic and grey with the pastilles which I had burned, and the scented smokes which I had smoked; and I all drugged and mumbling, my left eye suspicious of Ali there, and Sinbad, and old Haroun, who dozed. And when I had slept, and rose to wash in a room near the overhanging latticed balcony of the façade, before me to the north lay old Galata in sunshine, and that steep large street mounting to Pera, once full at every night-fall of divans on which grave dervishes smoked narghiles, and there was no space for passage, for all was divans, lounges, almond-trees, heaven-high hum, chibouques in forests, the dervish, and the innumerable porter, the horse-hirer with his horse from Tophana, and arsenal-men from Kassim, and traders from Galata, and artillery-workmen from Tophana; and on the other side of the house, the south end, a covered bridge led across a street, which consisted mostly of two immense blind walls, into a great tangled wilderness of flowers, which was the harem-garden, where I passed some hours; and here I might have remained many days, many weeks perhaps, but that, dozing one fore-day with those fancied others, it was as if there occurred a laugh somewhere, and a thing said: 'But this city is not quite dead!' waking me from deeps of peace to startled wakefulness. And I thought to myself: 'If it be not quite dead, it will be soon―and with some suddenness!' And the next morning I was at the Arsenal.

******

"The Purple Cloud"
Written by M.P. Shiel
(M.P. シール)
Translated by shigeyuki




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 夥しい数の誇り高きトルコの民が、ピクリとも動くことなく、死んでいた。カシム・パシャの通りで。ペラの高台の上の密集しているタクシムで。そしてスルタン・セリムの長いムーア風のアーケードの下に、屋外床屋のカミソリと床屋の骨、それに髭を半分沿った信徒の頭骸骨と、長い二時間用の水キセルが、tembakiとハッシシの燃え跡と一緒にまだ鉢の中に残っているのを目にした。今ではなにもかもが灰と乾いた黄色い骨になっていた。だがファナルと喧騒に満ちたかつてのガラタ、そしてプリ・パシャのユダヤ人居住区の家の中ではでは、その黒い靴とギリシャの頭飾りは、まだヘブライの青色と区別できた。ここでは、ブーツと帽子に宗教的な色彩が混ざっていた。ムスリムは黄色、赤い靴と黒のカルパックはアメリカ、知識人は白いターバン、ギリシャ人は黒。タタール人の頭骨は高く先の尖ったカルパック(訳注:トルコやイランを中心とした地域の男性が被る、高く先が尖った帽子。通例フェルトや羊皮で作られる)の下で、Nizain-djidの頭骨はメロン型をしたヘッドピースの下で、輝いていた。イマーム(訳注:イスラム教の導師)とダーヴィシュ(訳注:イスラムの修道僧)は灰色をした円錐型のフェルトの下でだ。そしてあちらこちらに、ヨーロッパのボロ布に包まれた西欧人がいた。ぼくはバシブズーク(訳注:トルコの傭兵)のターバンとその長い剣が山になっているのを見た。そしてスタンボウルの大きな城壁の上のドームの中に何人かのソフタ(訳注:イスラム寺院の宗教活動に関係する人びと)を、乞食を、スイカを、砂糖菓子を、干しぶどうを、シャーベットなどが載った大きな盆を持った行商を、熊の見世物を、バーバリーオルガンを、さらには、長いランタン、二丁のピストル、短刀、木製のジャベリン(訳注:槍)を手にして、いつでも「火!」と叫んでいる夜警を、目にした。不思議なことに、かつての生活が今のぼくの夢想へと入り込んできたが、極めて鮮やかで、最近何度かここに来ていたが、初めてのことだった。ぼくは城壁を超えて、どちらかといえば単調な峰の連なる光景の見える平原に出かけたことがあるが、街は黒い糸杉の先から付き出したミナレットしか見えず、ぼくにはどこかの頂上にいる興奮した祈祷時刻の告知係が、正午の祈祷を呼びかけているのが見えるかのように思われた。「モハメッドはアッラーの使徒なり!」――その男は熱を帯びた声で叫ぶのだ。そしてそのスクタリの墓地を横断している糸杉の大通りから、スタンボウルの城壁に囲まれた街が、ぼくの前の糸杉の森の中にあるファナとEyoubにまでずっと広がっていたが、その街全体が今では木々に覆われており、道は複雑に入り組み、暗い裏通りには貼り出したバルコニーを持った、かつてのビサンティン風の家が並んでいて、その下では乗り物に乗った人は頭を屈めなければならず、年を重ねたトルコ人でさえ、その絵のように美しい迷路の中では道に迷うであろう。そして陰影のあるボスフォラス海峡沿岸のフォウンドウクリ、そしてさらにその彼方には、いくつかのいくつかのヤリ(注:ボスフォラス海峡特有の家のタイプ)と、雪のように白い宮殿、あるいは古いアルメリアの小屋が垣間見えた。そして海辺には、街の中の街ともいうべき、セラグリオ(注:イスラムの後宮)があった。そして南のマルモラ海は、碧く白く、巨大で、生まれたばかりの海のようにみずみずしくて、誕生と陽気な太陽に歓喜しており、爽やかに、抜け目なく、幻の島々の彼方へと広がっていた。そうして見つめていたとき、荒々しい狂った言葉が、神よ、野蛮で狂人のような言葉が、地獄に向かって哄笑する狂った人間の金切り声ののように、口を突いて出た。何かがぼくの舌を借りて、言ったのだ。「この街はまだ完全に死んだわけではない!」

***************
***************

++++++++++++++++++++++++++++

These proud Turks died stolidly, many of them. In streets of Kassim-pacha, in crowded Taxim on the heights of Pera, and under the long Moorish arcades of Sultan-Selim, I have seen the open-air barber's razor with his bones, and with him the half-shaved skull of the faithful, and the long two-hours' narghile with traces of burnt tembaki and haschish still in the bowl. Ashes now are they all, and dry yellow bone; but in the houses of Phanar and noisy old Galata, and in the Jew quarter of Pri-pacha, the black shoe and head-dress of the Greek is still distinguishable from the Hebrew blue. It was a mixed ritual of colours here in boot and hat: yellow for Mussulman, red boots, black calpac for Armenian, for the Effendi a white turban, for the Greek a black. The Tartar skull shines from under a high taper calpac, the Nizain-djid's from a melon-shaped head-piece; the Imam's and Dervish's from a grey conical felt; and there is here and there a Frank in European rags. I have seen the towering turban of the Bashi-bazouk, and his long sword, and some softas in the domes on the great wall of Stamboul, and the beggar, and the street-merchant with large tray of water-melons, sweetmeats, raisins, sherbet, and the bear-shewer, and the Barbary organ, and the night-watchman who evermore cried 'Fire!' with his long lantern, two pistols, dirk, and wooden javelin. Strange how all that old life has come back to my fancy now, pretty vividly, and for the first time, though I have been here several times lately. I have gone out to those plains beyond the walls with their view of rather barren mountain-peaks, the city looking nothing but minarets shooting through black cypress-tops, and I seemed to see the wild muezzin at some summit, crying the midday prayer: 'Mohammed Resoul Allah!'―the wild man; and from that great avenue of cypresses which traverses the cemetery of Scutari, the walled city of Stamboul lay spread entire up to Phanar and Eyoub in their cypress-woods before me, the whole embowered now in trees, all that complexity of ways and dark alleys with overhanging balconies of old Byzantine houses, beneath which a rider had to stoop the head, where old Turks would lose their way in mazes of the picturesque; and on the shaded Bosphorus coast, to Foundoucli and beyond, some peeping yali, snow-white palace, or old Armenian cot; and the Seraglio by the sea, a town within a town; and southward the Sea of Marmora, blue-and-white, and vast, and fresh as a sea just born, rejoicing at its birth and at the jovial sun, all brisk, alert, to the shadowy islands afar: and as I looked, I suddenly said aloud a wild, mad thing, my God, a wild and maniac thing, a shrieking maniac thing for Hell to laugh at: for something said with my tongue: 'This city is not quite dead.'

*************
*************

"The Purple Cloud"
Written by M.P. Shiel
(M.P. シール)
Translated by shigeyuki




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 ゴールデン・ホーン(金角湾)にはたくさんの船がそのままの状態で残され、ひしめきあっていたが、その多くははほとんど海藻に覆われていなかった。これは小さなアリ・ベイとカザト・ハナのせいに違いない、その流れが先端にあるホーンへと流れ込み、きっと一定の潮流を作り出したのだとぼくは想像した。
 ああ、ぼくはその場所を覚えている。随分と前に、ぼくはここに数カ月、それとも数年だっただろうか、住んでいた。それは魅惑的な街で――最高にすばらしかった。イングランドのロンドンは、もっと大きいに違いない。だがどんな都市も、はっきり言って、それほどまでに大きいと”感じられた”ことなどなかった。だがその街は脆く、導火線のように燃えるであろう。家々は軽い木材で作られていて、隙間には土とレンガ詰められているが、その一部は既に完全に破壊されているようで、美しい色あせた緑、金、赤、青、黄色といった色彩は、まるで萎びた花のような風合いになっていた。つまりそこはペンキと木材で作られた街であり、これを書いている現在、小さな曲がりくねった通りの中には、燃えやすいアーモンドの花と、白と紫の松楓の花が混じって咲いている。最も豪華なスルタンの宮殿でさえ、そういった可燃性の材質でできていた。ガラタでどっしりとした石造りの家を何軒か見たことがあるとはいえ、彼らは石造りの家は不遜であるという概念を抱いていたのだろう。ぼくはこの宮殿に、夜ごと燃え上がるような狂乱状態になりながら、住んでいたことを憶えている。既にぼくはいくつかの場所で、火災を受けた地域に出くわしていた。かつてその地域では公司がその鎮火にあたり、もし鎮火できなければ、火消しを勇気づけるため、スルタン自身がそこに赴くことを余儀なくされたものだった。今ではそのまま良く燃え上がることだろう。
 ぼくはここに六週間滞在していたが、まだ火を放ってはいなかった。この場所が余りにも魅力的であり、ぼくに慈悲を乞うているかのように思えたからだが、そのせいでぼくはなぜ自分がここに住もうとしなかったのか分からなくなって、十六年間の悪夢のような苦しい労働を惜しんだ。ニ週間に渡って、放火への衝動はずっと収まっていた。そしてその時から、ぼくの耳へとこう囁きかけてくる声に、イライラさせられていた。「お前の振舞いは、偉大なる王のすることではない、ここを燃やそうとするのは、花火を見ることが好きな愚かな子供か、野蛮人がすることだ。それでも燃やさずにはいられないというなら、せめて、哀れなコンスタンチノーブルは燃やすな、コンスタンチノープルはどこまでも魅力的な、古い都市だ。バルサムのような香りが漂い、そして白と淡い紫の花をつけた木々が、俗世間から隔離された、鮮やかな家々の塀の上から覗いている。苔むした墓の上には――そこにある御影石の墓石と古代の大理石の墓の区分は、ギリシャの墓、東方正教会の墓、ユダヤの墓、ムスリムの墓と四つに分かれており、それぞれの奇妙で宗教的な銘が刻まれている――糸杉と巨大なプラタナスが波打ちながら寄り添っているのだ」そのせいで、何週間にも渡って、ぼくは何もする気になれなかった。ただ自分の中に二つの心を抱えたまま、日中は熱帯の眩しい空の下を歩き回った。そして途方もない夢のようなこの地の夜は、青色を帯びたガラスを通して見た夜のようであり、しかもそれぞれの夜の中にあるのは一つの夜ではなく、千と一夜の、長い夢想と魅惑が群れ集う夜だった。そしてぼくはセラスキエラトの広大な空地に座って、あるいはスルタン・メフメトの大きなモスクのポーチにある灰色の石に座り、その大きな階段から古いスタンボウルの全景を眼下にしつつ、何時間も何時間も月を眺めたが、情熱的に輝く月は澄んだ空と雲を突き抜けて高く上り、ぼくは自身のアイデンティティが覚束なくなって、自分が月なのか地球なのかあるいはまた別の人間、それとも他の何かなのか分からなくなるほどに心を奪われたが、全ての存在は、ぼくを除いて一様に静寂に沈んでおり、セラスキエラト、スレイマニエ、スタンボウル、マルマラ海、地球、そしてこれらの月の銀色の大地は、全てがぼくに比べると一様に大きく、広大で、尺度と空間は失われて、そしてぼくはそれらとともにあった。

************

++++++++++++++++++++++++++

I found that great tangle of ships in the Golden Horn wonderfully preserved, many with hardly any moss-growths. This must be due, I suppose, to the little Ali-Bey and Kezat-Hanah, which flow into the Horn at the top, and made no doubt a constant current.
Ah, I remember the place: long ago I lived here some months, or, it may be, years. It is the fairest of cities―and the greatest. I believe that London in England was larger: but no city, surely, ever seemed so large. But it is flimsy, and will burn like tinder. The houses are made of light timber, with interstices filled by earth and bricks, and some of them look ruinous already, with their lovely faded tints of green and gold and red and blue and yellow, like the hues of withered flowers: for it is a city of paints and trees, and all in the little winding streets, as I write, are volatile almond-blossoms, mixed with maple-blossoms, white with purple. Even the most splendid of the Sultan's palaces are built in this combustible way: for I believe that they had a notion that stone-building was presumptuous, though I have seen some very thick stone-houses in Galata. This place, I remember, lived in a constant state of sensation on account of nightly flares-up; and I have come across several tracts already devastated by fires. The ministers-of-state used to attend them, and if the fire would not go out, the Sultan himself was obliged to be there, in order to encourage the firemen. Now it will burn still better.
But I have been here six weeks, and still no burning: for the place seems to plead with me, it is so ravishing, so that I do not know why I did not live here, and spare my toils during those sixteen nightmare years; for two whole weeks the impulse to burn was quieted; and since then there has been an irritating whisper at my ear which said: 'It is not really like the great King that you are, this burning, but like a foolish child, or a savage, who liked to see fireworks: or at least, if you must burn, do not burn poor Constantinople, which is so charming, and so very old, with its balsamic perfumes, and the blossomy trees of white and light-purple peeping over the walls of the cloistered painted houses, and all those lichened tombs―those granite menhirs and regions of ancient marble tombs between the quarters, Greek tombs, Byzantine, Jew, Mussulman tombs, with their strange and sacred inscriptions―overwaved by their cypresses and vast plane-trees.' And for weeks I would do nothing: but roamed about, with two minds in me, under the tropic brilliance of the sky by day, and the vast dreamy nights of this place that are like nights seen through azure-tinted glasses, and in each of them is not one night, but the thousand-and-one long crowded nights of glamour and fancy: for I would sit on the immense esplanade of the Seraskierat, or the mighty grey stones of the porch of the mosque of Sultan Mehmed-fatih, dominating from its great steps all old Stamboul, and watch the moon for hours and hours, so passionately bright she soared through clear and cloud, till I would be smitten with doubt of my own identity, for whether I were she, or the earth, or myself, or some other thing or man, I did not know, all being so silent alike, and all, except myself, so vast, the Seraskierat, and the Suleimanieh, and Stamboul, and the Marmora Sea, and the earth, and those argent fields of the moon, all large alike compared with me, and measure and space were lost, and I with them.

*********

++++++++++++++++++++++++++

"The Purple Cloud"
Written by M.P. Shiel
(M.P. シール)
Translated by shigeyuki


----------------------------------

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 船の方へ行こうと基底の東の階段を下り、もう少しで半ば辺りに差し掛かろうという時、ツルツルとした金の上で足を滑らせた。落下は不注意に歩いていたせいではなかったから、ぼくはその転落という暴力は、押されたせいだと毒づいた。ぼくは頭を打ち、それから転がるように落ちて行って、気を失った。意識が戻った時には、一番下の階段に横たわって、ワインの波に身体を少し洗われていた。もう一転がりしていたら溺れ死んでいたに違いない。ぼくはそこで一時間ほど座り込んで、呆けたようになっていたが、それから舗装道路を横切り、自動車に乗ってスペランザ号の方へと下っていって、船に乗り込むと、その日は一日中働き続け、船上で眠り、翌日もまた、船とタイム・ヒューズ(ぼくはヒューズを700個だけを持って出たが、ガラタ、トファナ、カシム・パシャ、スクタリなどは数に入れないとしても、スタンブールだけでも8000戸の住宅があるだけに違いない)の両方の場所で四時まで働くと、五時三十分に船出した。そして午後十一時現在は、マルモラ島の北海岸の二百マイル沖で横になっているが、月の光が海の面でほくそ笑み、一陣の北風が吹いていて、小さな薄っぺらい陸地が、厳かにそして偉大に、まるでそれこそが世界の全てであり、他には何もないかのようにずっと広がっているのが見えていた。小さな島は広大で、スペランザ号は巨大だが、ぼくはちっぽけだった。明日の午前十一時にスペランザ号をゴールデン・ホーンの湾内に係留する予定であるが、そこには海軍雑誌の後ろの方のページに載っているような低俗な薄暗い売春窟があり、丘にはキャピタン・パシャの宮殿がある。

**************

+++++++++++++++++++++++++++

Descending to go to the ship, I had almost reached the middle of the east platform-steps, when my foot slipped on the smooth gold: and the fall, though I was not walking carelessly, had, I swear, all the violence of a fall caused by a push. I struck my head, and, as I rolled downward, swooned. When I came to myself, I was lying on the very bottom step, which is thinly washed by the wine-waves: another roll and I suppose I must have drowned. I sat there an hour, lost in amazement, then crossed the causeway, came down to the Speransa with the motor, went through her, spent the day in work, slept on her, worked again to-day, till four, at both ship and time-fuses (I with only 700 fuses left, and in Stamboul alone must be 8,000 houses, without counting Galata, Tophana, Kassim-pacha, Scutari, and the rest), started out at 5.30, and am now at 11 P.M. lying motionless two miles off the north coast of the island of Marmora, with moonlight gloating on the water, a faint north breeze, and the little pale land looking immensely stretched-out, solemn and great, as if that were the world, and there were nothing else; and the tiny island at its end immense, and the Speranza vast, and I only little. To-morrow at 11 A.M. I will moor the Speranza in the Golden Horn at the spot where there is that low damp nook of the bagnio behind the naval magazines and that hill where the palace of the Capitan Pacha is.

*************

"The Purple Cloud"
Written by M.P. Shiel
(M.P. シール)
Translated by shigeyuki




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 ぼくはずっと、自分の人生のことについて、考えてきた。そこには何か、ぼくには理解できないものが存在しているのだ。
 暗い過去、時の深淵の中で、かつて出会った、一人の男がいた。そのときぼくはまだ青二才だったにちがいない――英国にある学校か大学にいた時のことだった思う。そして彼の名前は、今では記憶の中からこぼれ落ちて、過去の出来事の広大な深淵の中に失われてしまっている。だが、彼は事あるごとに「黒」と「白」の力について、そしてこの世界に対するその二つの力の争いについて、語ったものだった。彼はローマ風の鼻をした、背の低い男だったが、太鼓腹が成長してゆくのを心配していた。彼の額の額の一番出ている部分は、横を向くと鼻の先端よりも高く、髪の毛を真ん中で分けており、そして男は女よりも美しい容姿を持っていると信じていた。彼の名前は忘れてしまった――ぼんやりとした、透明で曖昧な存在として。彼の言葉は、とても深く心に残ったが、それにも関わらずぼくはそれを嘲笑ったものだった。この男は常に「黒」が最後には勝利を収めると断言していた。そう彼は信じていた、信じていたのだ。
 この「黒」と「白」の力が存在すると仮定するなら――そしてもしぼくの北極点への到達と人類の破滅に関連性があるとするなら、あの常人離れしたスコットランド人の牧師の考えによると――そのとき「黒」の力があらゆる障害にも関わらず、ぼくを北極点にまで連れていったに違いないのだ。そこまではいい。
 だが、ぼくが北極点に到着したその”後”は、「黒」と「白」のどちらがぼくにより強く作用したのだろうか?「黒」と「白」の――そのどちらが――氷上の長い帰路のあいだ、ぼくの生命を保たせてきたのか――そして、それは”なぜ”なのか?それが「黒」であるはずは”ない”!なぜなら、ぼくが北極点に到着した時こそが予め準備されていた、「黒」の唯一の望みである以上、その瞬間に役目は終わり、殺されてしまっていたに違いないと容易に推測できるからだ。つまりそれは「白」であったに違いなく、戻るために長い時間をかけさせたのは、ぼくに毒の雲の中を通らせないためであり、それから忽然と、ヨーロッパへとぼくを帰すためのボレアル号を、目の前にまで運んできて渡してくれたのだ。だが、その動機はなんだ?そしてその沈黙の果てに、この再び溢れ出した争いの意味は?これがぼくには理解できないのだ!
 呪わしい、忌まわしい、その狂気の混乱が!ぼくは彼らのために何一つ心を砕くまい!そもそもが、どんな「白の阿呆」や「黒の阿呆」がいるというのだ――?あるいは、ぼくが耳にしたそうした「声」は、自分自身の張り詰めた神経の叫び以外の何者でもなく、そしてぼくはすっかりとおかしくなって病み果てている、病的で狂気、狂っているというのか、神よ?
 この怠惰さ、この場所はぼくのためにならない!この宮殿の周りを歩き回ることは!そして「地球」と「天国」、「黒」と「白」、「白」と「黒」、そして星々の彼方のものについて、思い悩むことは!ぼくの脳はまるで、哀れな頭骨を破って飛び出してしまいそうだ。
 明日は、そう、コンスタンチノーブルだ。
 
*****************

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

I have been thinking, thinking of my life: there is a something which I cannot understand.
There was a man whom I met once in that dark backward and abysm of time, when I must have been very young―I fancy at some college or school in England, and his name now is far enough beyond scope of my memory, lost in the vast limbo of past things. But he used to talk continually about certain 'Black' and 'White' Powers, and of their strife for this world. He was a short man with a Roman nose, and lived in fear of growing a paunch. His forehead a-top, in profile, was more prominent than the nose-end, he parted his hair in the middle, and had the theory that the male form was more beautiful than the female. I forget what his name was―the dim clear-obscure being. Very profound was the effect of his words upon me, though, I think, I used to make a point of slighting them. This man always declared that 'the Black' would carry off the victory in the end: and so he has, so he has.
But assuming the existence of this 'Black' and this 'White' being―and supposing it to be a fact that my reaching the Pole had any connection with the destruction of my race, according to the notions of that extraordinary Scotch parson―then it must have been the power of 'the Black' which carried me, in spite of all obstacles, to the Pole. So far I can understand.
But after I had reached the Pole, what further use had either White or Black for me? Which was it―White or Black―that preserved my life through my long return on the ice―and why? It could not have been 'the Black'! For I readily divine that from the moment when I touched the Pole, the only desire of the Black, which had previously preserved, must have been to destroy me, with the rest. It must have been 'the White,' then, that led me back, retarding me long, so that I should not enter the poison-cloud, and then openly presenting me the Boreal to bring me home to Europe. But his motive? And the significance of these recommencing wrangles, after such a silence? This I do not understand!
Curse Them, curse Them, with their mad tangles! I care nothing for Them! Are there any White Idiots and Black Idiots―at all? Or are these Voices that I hear nothing but the cries of my own strained nerves, and I all mad and morbid, morbid and mad, mad, my good God?
This inertia here is not good for me! This stalking about the palace! and long thinkings about Earth and Heaven, Black and White, White and Black, and things beyond the stars! My brain is like bursting through the walls of my poor head.
To-morrow, then, to Constantinople.

********

"The Purple Cloud"
Written by M.P. Shiel
(M.P. シール)
Translated by shigeyuki




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 そいつらはぼくとの関係を絶ったのだと思っていた!何もかもが、すべて、みんな、終わったのだと!ぼくはこの二十年、声を耳にしたことなどなかったのだ!
 だが今日――はっきりと――騒々しく争いながら、ぼくの意識の中にいきなり割り込んでくるのを……ぼくは聞いたのだ。
 このごろはファー・ニエンテ(訳注:イタリア語で「憂いがない状態」の意)で、虚しい怠惰が、ぼくの魂をだめにしてきていた。この地球上で、生気もなく、気が滅入っている。空虚な生、破裂しそうな頭!今日の昼、食事の後、ぼくは自分に語りかけた。
 「ぼくは宮殿のせいで騙されていた。心のやすらぎを求めつつ宮殿を建てることで、自分自身をすり減らしてきたが、そこにはやすらぎなどなかった。だからもう、ぼくはそんな場所から旅立つべきなのだ――もっとほかの、もっと甘美な仕事へと――建てるのではなく壊す仕事へと――天国ではなく地獄へと――自己を否定するのではなく、赤い狂騒の中へと。コンスタンチノーブル――覚悟するがいい!」ぼくは椅子を脇に放り投げ、音を立てて立ち上がった。そして立った時に――再び、そう再び――ぼくは聞いたのだ。驚くほどに唐突な口論を、荒々しく品のない放言と、弁舌さわやかな争論を、それはぼくの意識がそれを聞き取れなくなるまで続いた。片方は煽り立てていた。「やれよ!やっちまいなよ!」そしてもう片方は「そこはだめだ!ほかの場所ならともかく……そこはだめだ!身の破滅だぞ!」
 ぼくは行かなかった――行けなかったのだ。ぼくはそれで打ち勝った。ぼくは震えながら長椅子の上に崩折れた。
 明らかに昔なじみのように感じたこうした声、あるいは衝動は、今ぼくの中で目新しい率直さで口論をする。最近では、自分の習性的な科学的思考のせいで、かつて自分が「二つの声」と呼んでいたものは現実のものではない二つの強い本能的な衝動であり、ほとんどの人びとが、もしかしたらずっと小さな力ではあるかもしれないが、感じていたようなものなのかもしれないと考えることもあった。だが今日、疑惑は去った、疑惑は消え失せた。そうではなかったのだ、もしぼくが狂っているのなら、ふたたび疑うことができたはずはない。

************

++++++++++++++++++++

I thought that they were done with me! That all, all, all, was ended! I have not heard them for twenty years!
But to-day―distinctly―breaking in with brawling impassioned suddenness upon my consciousness.... I heard.
This late far niente and vacuous inaction here have been undermining my spirit; this inert brooding upon the earth; this empty life, and bursting brain! Immediately after eating at noon to-day, I said to myself:
'I have been duped by the palace: for I have wasted myself in building, hoping for peace, and there is no peace. Therefore now I shall fly from it, to another, sweeter work―not of building, but of destroying―not of Heaven, but of Hell―not of self-denial, but of reddest orgy. Constantinople―beware!' I tossed the chair aside, and with a stamp was on my feet: and as I stood―again, again―I heard: the startlingly sudden wrangle, the fierce, vulgar outbreak and voluble controversy, till my consciousness could not hear its ears: and one urged: 'Go! go!' and the other: 'Not there...! where you like, ... but not there...! for your life!'
I did not―for I could not―go: I was so overcome. I fell upon the couch shivering.
These Voices, or impulses, plainly as I felt them of old, quarrel within me now with an openness new to them. Lately, influenced by my long scientific habit of thought, I have occasionally wondered whether what I used to call 'the two Voices' were not in reality two strong instinctive movements, such as most men may have felt, though with less force. But to-day doubt is past, doubt is past: nor, unless I be very mad, can I ever doubt again.

*****

"The Purple Cloud"
Written by M.P. Shiel
(M.P. シール)
Translated by shigeyuki



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 だがこの記述はしていなかった――何一つ!
 この宮殿に備え付けた家具のことを、ぼくは何一つ書いていない……だが、なぜぼくが自分が「知っている」ことを明かすのをためらうのかは、はっきりしない。もし「神々」がぼくに話しかけるなら、ぼくは間違いなく「神々」のことを書くように思う。なぜならぼくは「神々」を恐れているのではなく、「神々」と対等な者なのだから。
 島のことをぼくは何一つ書いていない。その大きさ、気候、形状、植生……。ここには二種類の風が吹きつける。北風と南風だ。北風は冷たく、南風は暖かい。南風は冬の数カ月の間に吹き、そのおかげで時にはクリスマスの期間は本当に暖かい。冷たい北風は五月から九月に吹くから、夏が耐え難いということはめったになく、気候はまるで王の為にしつらえたかのようだった。南の広間にあるマンガル・ストーブに火を入れたことは一度もない。
 島の全長は、十九マイルほどのはずだ。幅は十マイルか、そのくらいだ。最も高い山は二千フィートにも達するほどだが、登頂したことはない。島の大部分は深い森に覆われており、明らかに野生化した小麦と大麦が伸び邦題に生育していて、スグリ、イチジク、バロニア、タバコ、様々な蔓植物、それに二箇所の大理石の採石場があった。日当たりの良い、美しくスロープを描く高原の草地には、十五本の巨大なヒマラヤスギ、そして七本のプラタナスの投げかける円形状の影が点在していて、そこに建っている宮殿からは、森の際の側面と、北へと広がる湖の微かな輝き、そして小渓谷には東へと流れてゆく小川と小さな橋、それに少しばかりのこじんまりとした茂みと花畑が見えた。ぼくはまた、じっと眼を凝らした――

**********

 今こそぼくは書くべきだろう。
 今日、ぼくは自分の中で「声」が争うのを聞いたのだ。

*****

++++++++++++++++++++++

But it was not to write of this―of all this―!
Of the furnishing of the palace I have written nothing.... But why I hesitate to admit to myself what I know, is not clear. If They speak to me, I may surely write of Them: for I do not fear Them, but am Their peer.
Of the island I have written nothing: its size, climate, form, vegetation.... There are two winds: a north and a south wind; the north is cool, and the south is warm; and the south blows during the winter months, so that sometimes on Christmas-day it is quite hot; and the north, which is cool, blows from May to September, so that the summer is hardly ever oppressive, and the climate was made for a king. The mangal-stove in the south hall I have never once lit.
The length, I should say, is 19 miles; the breadth 10, or thereabouts; and the highest mountains should reach a height of some 2,000 ft., though I have not been all over it. It is very densely wooded in most parts, and I have seen large growths of wheat and barley, obviously degenerate now, with currants, figs, valonia, tobacco, vines in rank abundance, and two marble quarries. From the palace, which lies on a sunny plateau of beautifully-sloping swards, dotted with the circular shadows thrown by fifteen huge cedars, and seven planes, I can see on all sides an edge of forest, with the gleam of a lake to the north, and in the hollow to the east the rivulet with its little bridge, and a few clumps and beds of flowers. I can also spy right through――
It shall be written now:
I have this day heard within me the contention of the Voices.

*****

"The Purple Cloud"
Written by M.P. Shiel
(M.P. シール)
Translated by shigeyuki



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 今ぼくの目の前に聳えているこの宮殿の、壮麗で素晴らしい光景は、ペンと紙とで書き表すことなどできないが、とはいえ、言語の語彙の中にはそうした単語があるの「かも」しれず、もしぼくが建設のために費やした十六年という歳月と同じ歳月を、インスピレーションを受けたウィットを持ってそれを探し求めていたなら、ぼくの考えを紙の上に鮮やかに表現できたかもしれない。寄せ集められて構築されたそれを、目に映るままに表現する、賢者の石のように。だがそのような仕事や技能は、他の人間がいて、そしてその天啓とも言えるような繊細な観念を伝えようとする努力をしないのなら、衰えてゆくものだろう。
 その構造物は疑いもなく、太陽にも比するほどに清々しく、月にも劣らぬほど美麗だ――人の手で作られた、コストという抑制に囚われていない唯一の仕事である。階段ひとつだけをとっても、ニムロデ(訳注:ノアの曾孫)の時代とナポレオンの時代の間に建てられた全ての寺院、モスク、バザール(besestins)、宮殿、仏塔、大聖堂などよりもずっと経費が注ぎ込まれているのだ。
 居住部そのものはとても小さい――四十フィートの奥行き、三十五フィートの差し渡し、二十五フィートの高さしかない。だがその建造物全体は相当に巨大で、高く聳えていた。その容積の大部分を占めるのは基底であり、底の一辺がそれぞれ四百八十フィート、頂上から底までの高さは百三十フィート、頂上部は四十八平方フィートの正方形になっており、そこまではちょうど三十階ほどの階層があって、周囲の四辺から頂上へは、滑らかな溶解金でしっかりとコーティングされた、百八十三段の低くて長い階段が伸びていた――連続的なひと続きの階段ではなく、三、五、六、九の数字のつく段には踊り場があり、頂上からの眺めは、まるで大いなる黄金の階段状のバルテール(花壇)のようだった。その建造物は、アッシア人の宮殿をモデルにした。ただし、基底の階段は一面だけではなく、全ての面に作った。その基底の上、縁から住居の黄金の壁までは、一辺が二フィートの、ガラスのように磨いた金の正方形のタイルと磨いた黒玉の正方形のタイルのモザイクでできていた。基底の四十八平方フィートの頂上部の縁周りにある各辺のプレートのうちの十二枚は二フィートの高さがあって、上に向かって先細りになっており、先端には純金のノブがあって、そこに空いた穴には大体一インチ半ほどの色あせた銀の鎖が通り、その鎖には、そよ風でさえカチカチと触れ合う、小さな銀の玉がぶら下がっていた。この大邸宅には、海へと続く東方に面した外庭と、そしてその住居に似合った中庭があった。外庭は、幅が三十二フィート、長さが八フィートの長方形の窪地で、その三枚の壁の頂上部は銃眼付きの胸壁になっていた。胸壁は18と1/2フィート、あるいは8と1/2フィートの高さで、住居よりも低かった。その黄金の側壁の周りには、内側にも外側にも、天井から三フィートのところに、幅が一フィートで三分のニインチ突き出した、簡素で平らな銀の帯が走っていた。そして東に面した簡素なエジプト風エントランスのゲートのところに、下底よりも上端がニと二分の一フィートほど細くなった、四十五フィートのの高さの、閉じた蓮の柱頭、そして細い柱礎を持った、どっしりとした純金製の二本の巨大な方角柱が立っていた。外庭の中、門のすぐ反対側には、3×12フィートの長方形の井戸があって、庭の形を小規模に再現していたが、その井戸の側面には金の裏打ちがあって、下に向かうにつれて次第に細くなりながら、基底の底近くにまで伸びており、そこには1/8インチの直径の導管があって、年間に湖水が蒸発する平均的な値の量を自動的に充填できるようになっていた。その井戸には、ほぼ満たした状態だと105,360リットルのワインが貯められるようになっており、湖は直径が980フィート、深さが3-1/2フィートで、基底の周りを囲んでいた。井戸の周りには、小さな玉の付いた銀の鎖によって結合された柱形が並んでおり、井戸からは1/8インチの導管によってワインが中庭に導かれていたが、これは八本の背が高く細い金製のタンクから供給されているもので、そのタンクは上の方が次第に周囲が細くなっており、それぞれに異なった種類の赤ワインが満たされていて、ぼくの一生分の、あらゆる目的のためには十分に足るものだった。またその外庭の地面には、黒石と金のモザイクが敷き詰められていた。だがその時から黒石の方石は銀の方石に、そして金の方石はオイルを固めたかのような透明な琥珀の方石に、完全にその場所を譲った。入り口はエジプト風の戸口に倣って、内開きの、金メッキをしたヒマラヤスギの折れ戸で、三と二分の一フィートの幅の極めて単純なラインを持つ、純銀のとても大きく突き出した笠石によって囲まれ、隅々に至るまで、物質的に極めて豊かに見える効果を倍増していた。その装飾は、アーシリア風やエジプト風の家というより、ホメロス風だとぼくは考える――ただし、”回廊”だけは、純粋にバビロン風であり、古代ヘブライ風だ。ワインのプールと貯水槽がある中庭は、9×8フィートの小さな長方形をしていて、その上には開いた同じ比率の四つの銀メッキの格子窓、そして二枚のドアがあり、前のドアも後ろのドアも、同じ比率の長方形だった。この周りには、その住居にふさわしい八枚の壁が続き、外と内とは十フィートの間隔で、それぞれ並行する二枚がひとつの長い小部屋のような回廊を形作っており、正面(東)の二枚を除いて、三つの区画に分かれていた。住居のそれぞれ側面には、巨大な純銀製のパネルが六枚あって、真ん中の空間が半インチ薄く、そこには絵が貼られているが、そのうちの二十一、二枚はパリを焼き尽くしていたときにかつては「ルーブル」と呼ばれた場所から持ってきたものであり、ニ、三枚はイギリスから持ってきたものであった。羽目板が額縁のように見えるようにと、ぼくが見つけ出したいちばん淡い色のアメジスト、トパーズ、サファイア、トルコ石を卵型の花冠にして周りを飾ったが、それぞれの花冠は、側面では二フィートの幅を持ち、天地で一インチにまで細くなっている一種類の宝石だけで作った単なる輪にすぎず、デザイン性に欠けたものだった。回廊には五つの窪みが別個に、屋根の下の外壁に穿たれてあり、東のファザード(建物の正面)には二つ、そして北、南、西のファザードには一つづつあって、パープル、ブルー、ローズ、そしてホワイトの、リングと金のロッドの付いたシルクの天幕が張られ、金の柱形と手すりがあって、それぞれ屋上から四つの階段で入るが、そこへ導くのは、北と南の、二本のヒマラヤスギの螺旋階段である。東の屋上の上には、阿舎があって、その中には小さな月望遠鏡があった。そしてその高所から、回廊から、この地域の明るい月明かりの、まさにライムのような光の下で、マケドニアの永遠の静寂の青い丘、サモトラキ島、レムノス島、テネドス島が、エーゲ海に浮かぶ紫の妖精のように、まどろんで見えているのを眺めることができた。大抵は、ぼくは日中に眠って、夜は長い不寝番を続けていたが、しばしば真夜中に下へと降りていって、ワインの湖の中に入り、色付きの風呂を浴びたが、それは鼻孔、眼、毛穴の奇妙な陶酔で自分自身を楽しませるためで、その底で、長い時間大きく開いた瞳で夢見ていたが、放心して戻ると、力無く酔っ払っていた。あるいは再び――これら六ヶ月の空虚と怠惰の中で二度――ぼくは自分の派手なボロ服を引き裂いて、吠えながらこの豪華絢爛な神殿から突然走り去り、岸辺の小屋に身を隠して、強烈な一瞬で滅ぼされたこの地球の過去を理解して、嘆き続けた。「一人だ、一人だ……完全に一人きり、一人きり、ひとり………ひとり、ひとり……」その出来事はまさに、ぼくの脳内で生じた爆発のようだった。そしてある光り輝いていた夜には――ああ、何と輝いていたことか!――ぼくは屋上に崩れるように跪いて、顔を上に向け、大きく手を広げ、「永遠なるもの」への愛を込めながら、畏れに打ちのめされていたかもしれない。その次には、ぼくは雄鶏のように気取って歩き回り、罪にも等しい奔放さで街を燃やすことへの強い欲望を抱きながら、ゴミの山を転げ回り、まるでバビロンの狂人のように、自分を天にも等しい者とみなしていたのかもしれない。

*****

+++++++++++++++++++++

It is a structure positively as clear as the sun, and as fair as the moon―the sole great human work in the making of which no restraining thought of cost has played a part: one of its steps alone being of more cost than all the temples, mosques and besestins, the palaces, pagodas and cathedrals, built between the ages of the Nimrods and the Napoleons.
The house itself is very small―only 40 ft. long, by 35 broad, by 27 high: yet the structure as a whole is sufficiently enormous, high uplifted: the rest of the bulk being occupied by the platform, on which the house stands, each side of this measuring at its base 480 ft., its height from top to bottom 130 ft, and its top 48 ft. square, the elevation of the steps being just nearly 30 degrees, and the top reached from each of the four points of the compass by 183 low long steps, very massively overlaid with smooth molten gold―not forming a continuous flight, but broken into threes and fives, sixes and nines, with landings between the series, these from the top looking like a great terraced parterre of gold. It is thus an Assyrian palace in scheme: only that the platform has steps on all sides, instead of on one. The platform-top, from its edge to the golden walls of the house, is a mosaic consisting of squares of the glassiest clarified gold, and squares of the glassiest jet, corner to corner, each square 2 ft. wide. Around the edge of the platform on top run 48 square plain gold pilasters, 12 on each side, 2 ft. high, tapering upwards, and topped by a knob of solid gold, pierced with a hole through which passes a lax inch-and-a-half silver chain, hung with little silver balls which strike together in the breeze. The mansion consists of an outer court, facing east toward the sea, and the house proper, which encloses an inner court. The outer court is a hollow oblong 32 ft. wide by 8 ft. long, the summit of its three walls being battlemented; they are 18-1/2 ft. in height, or 8-1/2 ft. lower than the house; around their gold sides, on inside and outside, 3 ft. from the top, runs a plain flat band of silver, 1 ft. wide, projecting 2/3 in., and at the gate, which is a plain Egyptian entrance, facing eastwards, 2-1/2 ft. narrower at top than at bottom, stand the two great square pillars of massive plain gold, tapering upwards, 45 ft. high, with their capital of band, closed lotus, and thin plinth; in the outer court, immediately opposite the gate, is an oblong well, 12 ft. by 3 ft, reproducing in little the shape of the court, its sides, which are gold-lined, tapering downward to near the bottom of the platform, where a conduit of 1/8 in. diameter automatically replenishes the ascertained mean evaporation of the lake during the year, the well containing 105,360 litres when nearly full, and the lake occupying a circle round the platform of 980 ft. diameter, with a depth of 3-1/2 ft. Round the well run pilasters connected by silver chains with little balls, and it communicates by a 1/8 in. conduit with a pool of wine let into the inner court, this being fed from eight tall and narrow golden tanks, tapering upwards, which surround it, each containing a different red wine, sufficient on the whole to last for all purposes during my lifetime. The ground of the outer court is also a mosaic of jet and gold: but thenceforth the jet-squares give place throughout to squares of silver, and the gold-squares to squares of clear amber, clear as solidified oil. The entrance is by an Egyptian doorway 7 ft. high, with folding-doors of gold-plated cedar, opening inwards, surrounded by a very large projecting coping of plain silver, 3-1/2 ft. wide, severe simplicity of line throughout enormously multiplying the effect of richness of material. The interior resembles, I believe, rather a Homeric, than an Assyrian or Egyptian house―except for the 'galleries,' which are purely Babylonish and Old Hebrew. The inner court, with its wine-pool and tanks, is a small oblong of 8 ft. by 9 ft., upon which open four silver-latticed window-oblongs in the same proportion, and two doors, before and behind, oblongs in the same proportion. Round this run the eight walls of the house proper, the inner 10 ft. from the outer, each parallel two forming a single long corridor-like chamber, except the front (east) two, which are divided into three apartments; in each side of the house are six panels of massive plain silver, half-an-inch thinner in their central space, where are affixed paintings, 22 or else 21 taken at the burning of Paris from a place called 'The Louvre,' and 2 or else 3 from a place in England: so that the panels have the look of frames, and are surrounded by oval garlands of the palest amethyst, topaz, sapphire, and turquoise which I could find, each garland being of only one kind of stone, a mere oval ring two feet wide at the sides and narrowing to an inch at the top and bottom, without designs. The galleries are five separate recesses in the outer walls under the roofs, two in the east façade, and one in the north, south, and west, hung with pavilions of purple, blue, rose and white silk on rings and rods of gold, with gold pilasters and banisters, each entered by four steps from the roof, to which lead, north and south, two spiral stairs of cedar. On the east roof stands the kiosk, under which is the little lunar telescope; and from that height, and from the galleries, I can watch under the bright moonlight of this climate, which is very like lime-light, the for-ever silent blue hills of Macedonia, and where the islands of Samothraki, Lemnos, Tenedos slumber like purplish fairies on the Aegean Sea: for, usually, I sleep during the day, and keep a night-long vigil, often at midnight descending to bathe my coloured baths in the lake, and to disport myself in that strange intoxication of nostrils, eyes, and pores, dreaming long wide-eyed dreams at the bottom, to return dazed, and weak, and drunken. Or again―twice within these last void and idle six months―I have suddenly run, bawling out, from this temple of luxury, tearing off my gaudy rags, to hide in a hut by the shore, smitten for one intense moment with realisation of the past of this earth, and moaning: 'alone, alone ... all alone, alone, alone ... alone, alone....' For events precisely resembling eruptions take place in my brain; and one spangled midnight―ah, how spangled!―I may kneel on the roof with streaming, uplifted face, with outspread arms, and awe-struck heart, adoring the Eternal: the next, I may strut like a cock, wanton as sin, lusting to burn a city, to wallow in filth, and, like the Babylonian maniac, calling myself the equal of Heaven.

*****

"The Purple Cloud"
Written by M.P. Shiel
(M.P. シール)
Translated by shigeyuki




コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




************

 今から六ヶ月前、それは完成した。建設に携わっていた十六年間よりも、孤独や苦しみに苛まれた六ヶ月。
 一人の男が――他の男だ――例えばシャー(訳注:イラン国王の尊称)、あるいはツァー(訳注:旧ロシア皇帝の称)のような、遠い過去の人間が、今のぼくを見たら何と言うだろうかと想像する!畏怖とともに、この眼差しに宿る荒々しい威厳を前にして、間違いなく縮み上がるだろう。そしてぼくが狂人ではないにも関わらず――違う、ありえない――そいつはぼくに向かって何と感嘆の声を上げるだろうか。「ここにいるのは、真の狂気に犯された『尊大なる者』だ!」
 彼にはそう見えるだろう――そうに違いない――ぼく自身が、ぼくの周りにあるものが、何か途方もなく高貴で、戦慄を禁じえないもののように。ぼくは太って、胴回りには今ではたっぷりと肉が付いているが、そこには銀と銅と東洋の金の硬貨がぶら下がっている、細かい金刺繍が施された幅の広い真紅のバビロン風の布の腰巻きを巻いている。まだ黒々としている顎髭は、二つに分けて束ねているが、それが腰にまで伸びていて、風が吹く度に揺れていた。この宮殿の中を歩くときには、その琥珀と銀の床の深みに、ぼくの着ている胸元の開いて袖の短いローブの、紫と青そして深紅の色彩が、光り輝く宝石とともに映り込んだ。ぼくは十倍もの戴冠をした君主であり、皇帝だった。ぼくは百倍もの正式な王位についた、でっぷりと肥えたいにしえの王族だった。ぼくに挑戦したければするがいい――ぼくに挑戦するだけの勇気があるなら、誰であろうと!ぼくが夜毎に考えを巡らせているこの無数の世界の中に、ぼくは自分と『同等の者』、『仲間』、『永遠の住人』たちを持てるのだろうか……だが『ここ』には、ぼくはたったひとりだ。地球は、ぼくの古来よりの支配と伝来の笏を承認した。地球はぼくを魅了する、今なお、飽きることなく、ぼくは地球のものなのかもしれないが、地球はぼくのものだ。ぼくには、多かれ少なかれぼくに似ている他の人間たちが、今では正式にぼくのものであるこの惑星上を、明るい太陽の光の中、我が物顔に歩いていた時から、少なくとも永劫の時が経ったように思える――ぼくには実際、もはや想像できないだけではなく、認めることも難しい――余りにも空想的で、有り得そうもない、ひたすら滑稽な、そのような状態が存在し得るなどということは。だが心の奥底では、それが本当にそうであったに違いないということはわかっているのだと思う。十年前に遡れば、実際、ぼくは他の人間が生きているということをしきりに夢見たものだった。彼らが通りを幽霊のように歩いているのを見るのではないかと不安になり、驚いて目を覚ましたものだ。だが今では、夢の中でさえ、そんなことはあるはずがないとぼくは考えている。なぜなら、荒廃した環境は確実にぼくの意識を打ちのめし、そしてすぐに、夢は夢なのだと思い知ることになった。今では、少なくとも、ぼくは一人きりで、王なのだ。ぼくが建てたこの宮殿の黄金の壁が、最高級の、これ以上ないほどの深い紫色のワインの湖にその壁が映り込んでいるさまに魅了され、見下ろしている。
 湖をワインにしたのは、貴重品だからではない。壁を金にしたのも、貴重品だからではない。それは余りにも子供じみていることだろう。そうではなくて、他の人間の手による仕事に匹敵するような、美しい、人の手による仕事をしようとしたのだ。それゆえに、この地球の不屈の変人が、一般的に最も美しいものとは、最も貴重で高価なものであると考えるに至ったから、選んだのだ。

+++++++++++++++++++++++++

******

Six months ago to-day it was finished: six months more protracted, desolate, burdened, than all those sixteen years in which I built.
I wonder what a man―another man―some Shah, or Tsar, of that far-off past, would say now of me, if eye could rest upon me! With what awe would he certainly shrink before the wild majesty of these eyes; and though I am not lunatic―for I am not, I am not―how would he fly me with the exclamation: 'There is the very lunacy of Pride!'
For there would seem to him―it must be so―in myself, in all about me, something extravagantly royal, touched with terror. My body has fattened, and my girth now fills out to a portly roundness its broad Babylonish girdle of crimson cloth, minutely gold-embroidered, and hung with silver, copper and gold coins of the Orient; my beard, still black, sweeps in two divergent sheaves to my hips, flustered by every wind; as I walk through this palace, the amber-and-silver floor reflects in its depths my low-necked, short-armed robe of purple, blue, and scarlet, a-glow with luminous stones. I am ten times crowned Lord and Emperor; I sit a hundred times enthroned in confirmed, obese old Majesty. Challenge me who will―challenge me who dare! Among those myriad worlds upon which I nightly pore, I may have my Peers and Compeers and Fellow-denizens ... but here I am Sole; Earth acknowledges my ancient sway and hereditary sceptre: for though she draws me, not yet, not yet, am I hers, but she is mine. It seems to me not less than a million million aeons since other beings, more or less resembling me, walked impudently in the open sunlight on this planet, which is rightly mine―I can indeed no longer picture to myself, nor even credit, that such a state of things―so fantastic, so far-fetched, so infinitely droll―could have existed: though, at bottom, I suppose, I know that it must have been really so. Up to ten years ago, in fact, I used frequently to dream that there were others. I would see them walk in the streets like ghosts, and be troubled, and start awake: but never now could such a thing, I think, occur to me in sleep: for the wildness of the circumstance would certainly strike my consciousness, and immediately I should know that the dream was a dream. For now, at least, I am sole, I am lord. The golden walls of this palace which I have built look down, enamoured of their reflection, into a lake of the choicest, purplest wine.
Not that I made it of wine because wine is rare; nor the walls of gold because gold is rare: that would have been too childish: but because I would match for beauty a human work with the works of those Others: and because it happens, by some persistent freak of the earth, that precisely things most rare and costly are generally the most beautiful.

"The Purple Cloud"
Written by M.P. Shiel
(M.P. シール)
Translated by shigeyuki



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 四日間は何もする気になれず、ただ横になってぼんやりと眺めながら、余りにも大きな重圧から逃げていた。だが五日目の朝、ようやく重い腰を上げて作業にとりかかった。仕事に夢中になるのには、一時間もかからなかった――やり遂げるんだ、やり遂げてやる――そんな気持ちが、短い中断を三度挟んだだけで、七年近くも持続した。もしも四つの平らな屋根の水はけという予測していなかった難題が持ち上がり、東にある屋根の一つを半分下げなければならなくなったりしなければ、終わるのはもっと早かっただろう。最終的には、一と四分の一インチの厚さの金の厚板を作り、両面を滑らかにして、ビームにはそれぞれ、フランジの先端の各側面に沿って二重の溝を彫り、接合部にはスレート用セメントを満たして、どんな水漏れも受け止められるようにした。厚板は鋼鉄の鋲で突縁の先端に固定したが、そこに穿った穴はパリの漆喰を使って補修した。留め具の長さは、一と二分の一インチ、十七分の三インチ、そして十七インチとさまざまだった。屋根はわずかに先端に向かって傾斜しており、水が鍛造鉄でメッキされたブラケットの上の金の鋼の樋の中に流れ込むようになっていたが、接合部の溝をすっきりと見せるため、ビームの先端から持ち上がった厚板の片面は、ブロックの上できらきらと輝いていた……ここでもぼくはまた下働きの苦しさについて述べているが、忘れようとしてもできはしない。あらゆる寸法、ボルト、リング、それはぼくの脳の中に、まるで重荷のように存在しているのだから。だがそれは過ぎたことだ、過去の出来事だ――それは虚しいことだった。

************

For four days I would do nothing, simply lying and watching, shirking a load so huge: but on the fifth morning I languidly began something: and I had not worked an hour, when a fever took me―to finish it, to finish it―and it lasted upon me, with only three brief intervals, nearly seven years; nor would the end have been so long in coming, but for the unexpected difficulty of getting the four flat roofs water-tight, for I had to take down half the east one. Finally, I made them of gold slabs one-and-a-quarter inch thick, smooth on both sides, on each beam double gutters being fixed along each side of the top flange to catch any leakage at the joints, which are filled with slaters'-cement. The slabs are clamped to the top flanges by steel clips, having bolts set with plaster-of-Paris in holes drilled in the slabs. These clips are 1-1/2 in. by 3/17 in., and are 17 in. apart. The roofs are slightly pitched to the front edges, where they drain into gold-plated copper-gutters on plated wrought-iron brackets, with one side flashed up over the blocks, which raise the slabs from the beam-tops, to clear the joint gutters.... But now I babble again of that base servitude, which I would forget, but cannot: for every measurement, bolt, ring, is in my brain, like a burden: but it is past, it is past―and it was vanity.

************

"The Purple Cloud"
Written by M.P. Shiel
(M.P. シール)
Translated by shigeyuki




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ