goo

週末




9月24日
二人展のカタログレイアウトの為に友人のグラフィックデザイナーを訪ねた。
大まかな方向を話し合った後、友人が借りている庭に行くことになった。市が経営している貸し庭システムで、小さく区切られた土地をそれぞれの借主が思い思いに工夫を凝らして庭を作っている。庭小屋が埋もれそうに緑の茂る庭があった。どんな植物でも見つかりそうだ。この庭の主は夜にしか現れない。彼女は暗闇の中で種蒔きをするという。そんな話を聞いてもう一度眺めれば、魔女の庭という景色があった。黒魔女か白魔女かしかと区別はつかない。
欠けた小さな如雨露が傷んだ芝生に放り出されているきりの庭を管理するのは何処かの劇場の役者で最近は滅多に来ないらしい。
その隣の盛り盛りと湧き上がる様な茂みが友人の庭だった。蔓の間に見過ごしてしまいそうな木戸が入り口ですべてが野性的な勢いで繁っている。庭の様子はその持ち主を反映する。マルメロの実がたわわに実っていた。
このような景色は我が家の箱庭では望めない。猫の額ほどの庭で良いから欲しいものだ。(所で、猫の額とはどんな大きさを示すのか?)
豊かな秋のひと時を過ごした後、家路につく。景色が金色の夕陽に染まって眩しかった。このところ珍しく天気が良いのだ。

9月25日
今日も良い天気だ。(おかげで台所側の窓ガラスの汚れが目に付くのは、今日の所見ない振りをする事にした)
昼過ぎに知人のアトリエオープンドアを訪ねた。アトリエハウスは廃校になった校舎だ。いっとき過ごした後、時々歩く森へ行ってみたが、この所雨の少なかったせいでカラカラに乾いた様子だ。キノコも極端に少ないのでちょっと残念だ。

今朝からカズオ・イシグロの「充たされざる者」を読み始めている。
夢の中の様な物語の進行。あちこちにちりばめられた意図的な違和感によって、度々ページを逆に辿って確かめつつ、なかなか先に進めないのだった。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

願い事



今夜はこんな夢を見てみたい。











コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

思考錯誤







夕飯を済ませてテラスで本を読む。今日も素敵に良い天気だった。
最近ではeBookを利用することも覚えて辺りが暗さを増しても本を読み続けることができる。
首を反らせて見上げれば白い雲がもやもやと解けて、空の高みに小蝿の様な飛行機が私の視界を横断して行く。
もうすぐ去って行く夏が引く長い裾を握りしめる気持ちで薄暗がりの中に座っている。まだ働き続ける虫達がサルビアの花に潜っている様子や、月見草の花がホロリと開くのを見られる事、そういう他愛ない事が嬉しい。
近所から賑やかな笑い声が、お皿やコップが軽くぶつかり合う音が聞こえている。見知らぬ人の生活音が私の領域に流れ込んでくる。こんな気持ちの良い夜に部屋の中に閉じ籠るのは勿体無いのだ。
私の直接参加していない賑やかな泡が私の泡と接触している。

夕暮れはどんどん景色を変えて、影が闇に飲まれる。このまま暗闇の中で星を数えていたいと願った時、隣家のテラスにパチっと明かりが灯り、それは幾つかの星を消した。

夜闇の魅力は薄れて、バタンとドアを閉めた。










コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

野の草


朝の散歩で野の草を摘む。

07-12

07-15

07-17

07-18

07-19

07-20

07-22

07-23

07-24

07-24

07-24

07-25

07-26

07-29

08-01

08-02

08-03

08-04

08-12

08-13

08-17

08-20

08-23

08-24

08-25

08-26

08-27

09-03

09-05

09-06

09-07

09-08





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

新しい使命





使い勝手が悪いので引き出しの奥に眠っていた手製の急須。
モヤシ製造器という新たな使命を
受けた。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

月見草






夜更け涼みに外へ出ると月見草や柑橘類の花の香りが
重たい空気に乗って行ったり来たりしていた。
花色はもう見えない。
遠くで雷光が踊って、音も次第に聞こえはじめたと思っていると、
蒸した空気が突風に掻き混ぜられて吹き飛び、大粒の雨がばしゃばしゃと落ちてきたので
慌てて部屋に飛び込んだ。よく見れ小さな雹も降り始めてばちばちと窓を叩くが
その賑やかさは間も無く去った。さきほどぼんやり花開いていた月見草は
どうなっただろうかと暗闇に目を凝らすと、案外折れる事無く
不思議な程に傷めつけられもせず相変わらずぼんやりと言う感じに
立っている。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

思考錯誤







先日(6月27日)在外投票にでかけた。
投票用紙を持って記載台に乗せ思い切り大きな字でガリガリと名前を書き込む。どうも力が余分にこもってしまい、文字がいちいちあらぬ方向に跳ねてしまうのだが、読めないというものでは無い。一文字一文字書く度に組み立て式の記載台はギコギコと音を立てる。
用紙を封筒に入れて封をする際も少し斜めに張り付いてしまったが、許される範囲だ。

今回の選挙ではいろいろいろな事を考えさせられている。






コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

今年のシロップ




まだ白いエルダーの花が咲き残っているのを見て少しだけ収穫した。
夏の清涼飲料水を作るためのシロップを作るためだ。花の時期に留守をするから、今年は諦めていたのだ。でも、間に合った。
檸檬が手元に無かったのでテラスで育っているLimequatとCalamondinという柑橘類の実が色づいているので幾つか放り込み、ついでに苺も入れた。
うまくいくかどうかは賭けで、それがまた楽しい。

シロップを仕込み終えて、窓の外に沢山のポプラの綿毛が空中遊泳をしているのを見る。
それぞれがまるで意志を持って飛び回っているかのようで、眺め続けていると私の頭の中にも舞い込んできて真っ白にみっしりと降り積もる。


(昨日は霧で、今日は綿毛で一杯)






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

霧の中




朝、窓の外に霧がたゆたゆと湧いていた。
見慣れた景色に霧が足されるだけなのに、何故こんなにもわくわくするのだろう?
見えない場所には想像の余地があるからなのか?
此の地には珍しいほど強い湿気のせいか呼吸が重い。

カッコウカッコウと鳴き声が遠くから近づいてくるのに気がついて見上げると一羽の郭公がまっしぐらに飛んで来た。鳴きがやけにせわしない。
頭上を通り過ぎてその姿が見えなくなっても鳴き声は聞こえ続けた。
郭公が飛びながら鳴くとは知らなかった事で、ちょっと面白く思った。



ーーーーーーーーーー


もう梅雨に入ったと日本から知らせが入った。
つい数日前に見ていた場所をまだハッキリと思い浮かべられる。
朝自分が何処に居るのか不確かで、目を開けば違う景色が見える筈だと思えて、奇妙な気分になる。

時差で狂ったリズムを無理に取り戻す努力は放棄したのだけれど、お陰で夕方如何にもコントロール不能な睡魔に襲われる。
絵を描きながらふうっと意識が消える。
鼻の頭にグラファイトの粉が付いている。

頭の中にも濃い重たい霧が湧いている。









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Japan
































3.5 - 2.6 2016

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )












歩くことで道は出来上がる
歩くことで目標は定まる
































コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

水の形

2016年1月19日

この冬は暖冬で凍てつく日が少ない。
久しぶりにちらついた雪もあっという間に溶けてしまった。
凍った水の模様を探しに出た。
アスファルトの道には羽根の様な形に模様が現れ、落ち葉や草が氷の中に、まるで寒天寄せのかなにかの菓子の様で、美味しそうに見えた。
枯れ草の茎を芯にして面白い形に薄く白い氷が張っていて、軽く足を乗せると崩れ、パリンパリンと良い音がする。
その音がもっと聞きたくて、数歩踏みしだいたけれども、美しい絵を壊している様で忍びなく引き返す。
このパリンパリンという音を聞きながら思い出したものがある。
子供の頃家の近所に飴細工のおじさんを何度か見かけたことがあった。
自転車の後ろの箱の中に飴やら道具やらを詰めていて、棒の先に絡めとられた飴はちょきちょき切られたりひっぱられたりしながら、あっという間に鳥や動物になってゆく。筆でササッと色が入るとセロファンの袋が被せられて、動物達は買われるのを待っている。私はそのハサミ使いや筆使いに見惚れて立ち尽くした。
ストローを使って飴に息を吹き込み膨らませて可愛らしい小鳥も現れる。その小鳥はの肌は薄く薄く筆で描かれた羽根と顔が愛らしく、買ってもらった記憶があるが、持って遊んでいるうちに間もなくパリンと音を立てて粉々に壊れて蟻の餌となった。
美しい飴細工であったが、大人たちは「食べてはいけません、きれいじゃないのだから」と言った。割り箸も使い回しだったかもしれない、膨らんだ鳥のお腹の中はおじさんの息が閉じ込められている。そんな事から大人たちは不衛生だという理由で食べてはいけないといったのだろう。
その辺りでは商売にならなかったのだろうか、その後飴細工のおじさんを見かけることはなかった。
薄い氷が足の下でたてる音は、あの飴細工がこわれたときの音と、その時の残念な気持ちを蘇らせた。





























コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

朝起きて窓の外の景色は薄っすらと白く染まっていた。
夢を思い出そうと苦労しながら、髪を梳かす。
はらはらと白髪みが雪に溶ける。






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

一月七日のメモ




散歩の途中での事だ。
左目の中に冷たい氷のかけらのような物が飛び込んできた。
痛みでしばらく片目をつむったまま、厄介な物が通り過ぎるのを待つように、立ち竦む。
そろりそろり目を開く。
左に右に上に下に眼球を動かして異常が無いか確かめてみる。
左、右、左、右、上、下、左。。。。チカリと光った。光はすうっと伸びて畑の上空に飛んで行った。
それ以来、左目で見えているものと右目で見えているものが同じでは無い様に思う。





昔、皆んな同じ物を見ていると信じていたら、そうで無いのだと気が付いた頃の戸惑いは、相変わらず今でも起こるけれど、それだから面白い。




コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

私風春の七草






日本で春の七草と言えば「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ これぞ七草」である。この中でナズナとハコベラは見つかる、スズナとスズシロは八百屋で買うことも出来るが、いつもあるわけではない。
そんなわけで、私の七草を集めることにした。
ナズナ
ハコベラ
ミチタネツケバナ
オオバコ
フキタンポポ
スカンポ
シロツメクサ
というところでどうだろうか?

今年は私の七草粥を作ってみようと思う。

そう言えば、話は変わるが昨日黒鶴が小さな編隊を組んで飛んでいるのを見た。
時期外れの様に思うけれど、桜やレンギョウも一部咲いてしまう暖冬だから、いろいろ具合が変わっているのかもしれない。
独特の鳴き声と共に頭上を飛んで行いった。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ