漂着の浜辺から
囁きのような呟き。
 



 「怪我したやつはいるか?」ジャンボは煙の立ち込めている部屋の中に向かって叫んだ。室内は通常の落ち着きを取り戻していたが、念を入れたのだ。その間も、小部屋の屋根の上を二等航海士が狂ったようにドンドンと蹴りつけており、耳障りな音を立てていた。そしてメインデッキでは船長の大きなわめき声が上がっていて、そしてついには、一等航海士が口を開いて何かを言っていた。
 「もっとランプの明かりを大きくして」ラリーが言った。「誰も怪我はしてないね。良かった!はっきり言って、あれは殺人未遂だよ。すぐに通風口を塞がなきゃ」
 通風口の上にある寝台の外の底板のひとつを利用して、穴を塞いだ。その作業中に、船尾のブレークの下から興奮した声高な会話か聞こえてきたが、やがて一等航海士の声がした。「お断りします、サー」彼は言っていた。「あなたの船の中ですから、もちろんあなたはお好きなようにできるでしょう。ですが、わたしはそれには何ひとつ関わりを持つつもりはありません。いいですか、サー、それにあなたもです、ミスター、もしあなた方が彼らに対して態度を軟化しなければ、後悔しますよ。きっと悲しい思いをすることになると思います。もしやめなければ、警察裁判所の世話になって、絞首刑ということになるでしょう。さあ、忠告はしましたよ。どうかご自身の判断でなさってください。ですが、わたしはそれには関わるつもりなんてありません」
 「さすが航海士さん!」ラリーは興奮して言った。「航海士さんは使えるよ。彼が見張りの夜には、用事でちょっと出れるかもしれないな。きっと、ぼくたちが見たこともないような素晴らしい配慮をしてくれるという方に賭けるよ」
 その途端、船長の声が聞こえてきた――
 「見張りにつけ、ヘンリックセン。それからガントリング(訳注:引き上げ索)を用意しろ。古いミズン・ロイヤル・ヤード(訳注:後檣帆桁)を持ってこい。パーレル(訳注:マストの上部の軽帆桁をマストに寄せ付けている索、鎖、鉄帯など)を使ってそれを飛ばして、ドアを強打しろ。battering-ram(破城槌)のように使うんだ。前のドアがいちばんいい。あのガキどもに教育を施してやらなきゃな!」彼はぞっとする命令をした。
 「さて」とジャンボは言った。「おれたちは止めなきゃならない。今あいつらを中に入れたら、誰かが殺されるに決まってる。そのでっかいピストルをいつでも撃てるようにしておけよ、トミー。だがそのBB弾は使うな。砕いた岩塩か何かを代わりに使うんだ。顔を撃たないように心しておけ。さもないと、命に関わる失明をさせることになる。足を狙え。幸い、すぐ近くにいるだろうから」
 「さあ」と彼は立ち上がりながら続けた。その顔色は青白く見えたが、決然としていた。「ランプを持って出るんだ。お前は反対の左舷側だ。おれは小屋の端の右舷側のひとつを見張る。おれに止められないような突入がされない限りは撃つなよ。やむを得ない場合には、低い所を狙え。それで十分だ。硝石は、恐ろしい混乱を招くからな」(ここで説明しておいた方がいいだろう。岩塩はスチュワードが空にしていた牛肉の缶詰から取り出したのだ)
 ランプを消し、それからこっそりと、二人は二つの前部の左舷の鉄の覆いのネジを緩め、外を覗いた。彼らの目に、ガントリングが既に艤装され、水夫たちがそれを、パーレルの近くの帆桁の回りに巻き付けているのが見えた。これが終わると、二等航海士はヤードを寝室のドアの真ん中辺りになるまで、半尋ほどデッキから持ち上げるように命令した。
 「急いで組み立てろ!」彼は叫んだ。「みんなここに来い、それで握ってろ。両サイドに、ガキどもは――両サイドにいる。固定しろ!」

+++++++++++++++++

'Anyone hurt?" shouted Jumbo, through the smoke that filled the place. There was a general instinctive feeling-over, to make sure, whilst overhead the Second Mate's feet beat a mad tattoo of pain upon the decked roof of the house; and from the main-deck there was loud shouting in the Skipper's voice, and, finally, the First Mate singing out something.
"Turn up the lamp more," said Larry. "No one's hurt, thank goodness! That's what I call a rank attempt to murder, if you like. We ought to block up the ventilator right away."
This was done, by screwing one of the bottom boards out of a bunk over the opening. Whilst they were doing this they could hear a loud and excited talk under the break of the poop, and presently the First Mate's voice: "No, Sir," he was saying; "you can do what you like in your own ship, of course; but I'll have nothing to do with any of it. You mark my words, Sir, an' you, too, Mister, you'll have sad cause to rue, if you don't ease up on them boys. You'll have a police-court case, an' there's going to be some hanging done, if you don't drop it. There, I've had my say. Please yourselves; but I'm out of it."
"Good old Mate!" said Larry, enthusiastically. "I'll bet we find him useful. We may be able to slip out for things at night in his watch. I'll bet he'll take good care never to see us."
At this moment there came the Captain s voice:-
"Take your watch, Mr. Henricksen, and rig a gantling. Take the old mizzen-royal yard; sling it by the parral, and bash the door in. Use it as a battering-ram. The for'ard door'll be best. I'll teach the young beggars!" and he swore horribly.
"Well," said Jumbo, "we've got to stop that. They'll just murder some of us if they get in now. Get that big pistol of yours finished loading up, Tommy. Don't use those bb's; fill her with some of that broken-up rock-salt instead, and mind you don't shoot at their faces, or you'll blind them for life. Aim at their legs. They'll be close enough, goodness knows.
'Now," he continued, standing up and looking rather pale but very determined, "out with the lamp. You take the other port; I'll take the one in the starboard end of the house. Don't you shoot unless there's a rush that I can't stop. And, for Heavens sake, aim low. You'll be glad afterwards. It makes a horrible mess, that saltpetre." (I had better explain here that the rock-salt had come out of a beef-barrel which the Steward had been emptying.)
The lamp was turned out, and then, very silently, the two of them unscrewed the iron covers of the two forward ports and peered out. They saw that the gantline was already rigged and the men were bending it on round the yard, near the parral. This was done, and the Second Mate gave orders to hoist away until the yard was about half a fathom off the deck and about level with the middle of the berth door.
"Make fast, there!" he shouted. "Come here, all of you, and get hold; on both sides, lads-on both sides. Steady her!"

"Prentices Mutiny"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Translated by shigeyuki



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 2

 二等航海士がわめき散らした時、ジャンボは指を一本立てて、じっと黙っているようにと皆を制した。二等航海士はさらに汚い言葉で命令の言葉をわめき散らし、さらには激しく蹴りを入れて、それを強調してみせた。ジャンボは完全に黙りこんで、予想していたかのように、じっと聞いていた。それからまもなく、二等航海士は叫んだ。「お前がそこにいるってことは聞いてるんだ――!五分待ってろ、殺してやるからな!」それから、二等航海士は近くにいる誰かに向かって、「甲板長のロッカーから、ブラックスミスのそりを持ってきます。すぐにあいつらを引っ張り出しますんで、サー」明らかに彼はビーストン船長と話をしている最中だった。「あいつらに、生まれてこなけりゃよかったって思わせてやるぜ!」低い声色で彼は付け加えた。「しくじりました、サー。あいつら、どうやって貯蔵庫から逃げ出せたのか、さっぱりでわかりません!」
 「高みの見物をしててください、サー」やや間があって、彼は言った。それから凄まじい打撃が鋼鉄製のドアに打ち込まれ、小部屋の中に激しいドラムのような音が鳴り響いた。だが怒り狂った二等航海士がいくら殴打を繰り返そうとも、ただのくたびれ儲けで、丈夫な鋼鉄製のドアにはほんの少しの凹みができただけで何の効果もなかった。
 彼は打つのを止め、デッキの上にハンマーを投げ出すと、息を切らせながら罵りの言葉をわめいた。そのあとですぐに、水夫の一人に命じた。「船尾の方にあるホースを持ってこい――さっさと行きやがれ!そいつをいちばん近くのノズルに突っ込んで、二人がかりでポンプを動かすんだ」
 「今度は何をするつもりなんだろう?」エドワーズは囁いて、寝室を隅から隅まで見回した。
 彼には何が行われようとしているのか、見当もつかなかった。どんな攻撃をするつもりなんだろう。ジャンボとブラードがそっと後部のドアに行き、つま先立って、耳を澄ませた。キニックスとハロルド・ジョーンズは恐怖と興奮が奇妙に入り交じった顔を、それぞれ見あわせた。静寂は耐え難いほどだった。
 突然、ラリーの脳裏にひらめくものがあった。彼は飛び退いて、上をじっと見上げた。デッキの屋根――その真鍮の合わせ梁の小さな換気口から、何かが降ってきた――ホースの先が寝室の中へと垂れてきたのだ。
 「見ろよ!」エドワーズが息を切らせながら声を上げた。彼が話している間にも、船首上甲板のポンプには人が派遣されており、凄まじい水の噴出が部屋の中へと押し出されてきた。
 「やりやがった」ジャンボは叫んだ。「あいつら、ここを水攻めにするつもりだ」彼はさっと鞘からナイフを抜くと、闇雲にホースを切断しようとしたが、もちろんまるで上手くゆかなかった。
 「だめだよ!」トミーが叫んだ。「捻り上げて、結ぶんだよ。それで水は止まると思う」それはすぐに行動に移された。それでも水夫たちは一生懸命にポンプを動かし続けたため、帆布の管は膨らんで、結んだ場所の手前の方は、破裂しそうになった。「今だ、力いっぱい引っ張れ」ラリーは言った。それで彼らはぶら下がっている結ばれた帆布の尾にとりついて、引っ張った。
 突然何かが起こった。彼らは寝室のデッキの上に折り重なるようにして投げ出され、外のデッキの上では、叫び声と罵る声が飛び交った。「引っ張れ!おい、引っ張るんだ!」ジャンボは飛び起きて、叫んだ。ホースを両手でたぐり寄せ、水夫たちが言ううちに、すぐに反対側の先端が彼らのもとにやってきて、あらゆる方向に水をまき散らした。
 「破裂して、向こうの結合部の連結が外れたな」ジャンボはそう言うと、その最先端の部分を持ち上げて調べていた。「おれたちはうまいことをしたな。全部手に入れたぞ。ラリー、お前はすごいヤツだな!ここには予備のホースはない。他のは腐っているからな。帆を使って別のものを作るには、一週間はかかる」
 表のデッキ上では、二等航海士とビーストン船長の間で、怒りに満ちた話し声が、大きく響いていた。「やってやろうじゃないか!待ってやがれ!」プレンティスたちの耳に、二等航海士が何度も興奮した怒りに満ちた声で言っているのが聞こえた。そして彼が船尾へと向かい、サロンの中に入って、それから彼の足音が引き返してくる音を聞いた。彼は小さな物置へと飛び込み、小さなスチール製の梯子を持って現れると、デッキのルーフにかける音を聞いた。通風口から彼の声が聞こえた。
 「てめえら、すぐにドアを開けやがれ――さもなきゃ、海の真ん中で反乱を起こしやがったことにして、ブッ放すぞ!」
 「たわごとを言うな」ジャンボは通風口をじっと見つつ、右手を伸ばしてライフルを掴み、答えた。そいつが何をするつもりなのか、言わなかったからだ。「おれたちを犬みたいに扱うのを完全に止めると約束するか?事を収束させるには、まずはそれからだ」
 「開けろって言ってんだ!」と二等航海士は繰り返すばかりだった。「お前の背中の皮をひん剥いて、思い知ったかどうか見てやる。開けやがれ――」
 「こいつ」ジャンボは腹を立てて言った。「くたばりやがれ!」
 冷やかすような笑いが他の少年たちの間からざわざわと起こり、これが二等航海士の逆鱗に触れたようだった。彼は大声で絶叫し、それから彼の大きな手と腕が通風口から入ってきた。「閃光弾!閃光弾!閃光弾!」彼は狂ったように叫びながら、少年たちの中に見境なくぶっ放した。彼は三度発砲した。そして四発目の発砲。だがそれはジャンボのサルーン・ライフル(射的場用小銃)からのものだった。二等航海士はリヴォルバーを取り落とし、自分の方は空手になったので、通風口から腕を引きぬき、わめき声を上げながら罵り続けた。


+++++++++++++++++++


II

As the Second Mate shouted, Jumbo held up his finger for absolute silence, and the officer bawled the order again, with foul language, and punctuated by heavy kicks. Abruptly he was silent, listening, as they supposed; for directly afterwards he shouted: "I hear you in there, you-! Just wait five minutes, and we'll murder you!" Then, to some man near him, "Bring the Blacksmith's sled out of the Bo'sun's locker. We'll soon have 'em out, Sir." Evidently he was now speaking to Captain Beeston. "I'll make 'em wish they'd never been born!" In a lower tone he added: "I'm blowed, Sir, if I can understand how they got loose out of the lazarette!"
"Stand clear, Sir," was his next remark, after a few seconds' quietness. Then came a tremendous blow upon the steel door, making the whole of the interior of the little steel-house ring like a monstrous drum. But, though the furious officer struck blow after blow, until he was exhausted, he produced no effect upon the strong steel door beyond slightly denting it.
He stopped and hove the hammer onto the deck, swearing breathlessly. Immediately afterwards he gave an order to some of the men: "Bring the hose aft-smartly, now! Shove it on the nearest nozzle, and two of you man the pump."
"What's he going to do now?" whispered Edwards, staring round and round the berth.
He could not conceive just what was going to be done; how the attack was to be made. Jumbo and Bullard tiptoed silently to the after door and listened. Kinniks and Harold Jones stared at each other, with a queer mixture of terror and nervous excitement. The silence was unbearable.
Suddenly Larry felt something touch his head; he jumped back and stared up. Something was coming down the little ventilator in the decked roof\\the brass-coupled end of the hose was being pushed down it into the berth.
"Look!" called Edwards, breathlessly. As he spoke the pump on the fo'cas'le head was manned and a great jet of water came pulsing down into the place.
"Great Scot!" cried Jumbo; "they mean to flood the place!" And he whipped out his sheath-knife, with some vague intention of cut- ting the hose, which, of course, would have done no good at all.
"No!" shouted Tommy; "twist it up, put a turn in it; that'll stop the water." Which it did at once, the canvas pipe swelling up, above the twist, to bursting point, with the strain of the checked water in it, for the pump-men were working furiously. "Now pull for all you're worth," said Larry; and they tailed onto the hanging length of twisted canvas and pulled.
Abruptly something gave, and they went down in a muddle on the deck of the berth, whilst a confused shouting and cursing sounded out on deck. "Pull! Oh, pull!" shouted Jumbo, getting to his feet with a jump. The hose came in hand over hand, as the sailormen say, and in a few moments the end came switching down on them, slat- ting water in all directions.
"It's bust clean away from the lashing on the other coupling," said Jumbo, picking up the final part and examining it. "We've done em proper; we've got the whole lot. Good boy, Larry! There's no spare hose; the other's rotten; an' Sails will take a week to make another."
Outside on deck there was loud, angry talking between the Second Mate and Captain Beeston. "I'll match them! I'll match them!" the 'prentices could hear the Second Mate saying, time after time, in an excited, furious voice. They heard him go aft into the saloon at a run, and then the sounds of his footsteps returning. He ran to the little house, and they heard him spring up the small steel ladder, and so to the decked roof. Then his voice sounded at the ventilator:-
"Open the doors at once, you Young-, or I'll shoot you down for mutiny on the high seas!"
"Don't talk rot," replied Jumbo, staring quietly at the ventilator~ but reaching out his right hand until he held his rifle; for there was no saying what the man would do. "Will you promise to stop treating us all like a lot of dogs? That's the first thing to settle."
"Open that door!" was all the Second Mate's reply. "We're going to take the flesh off your backs and see if that won't learn you. Open that--s"
"Oh," said Jumbo, angrily, "go to the deuce!"
There was a burst of nervous laughter from the other lads, and this seemed to set the Second Mate off like a light to powder. He literally screamed something, and his great hand and arm came down the ventilator. "Flash-bang! flash-bang! flash-bang!" He was shooting madly and indiscriminately among the lads! Three shots he fired. There was a fourth; but it was from Jumbo's saloon rifle. The Second Mate dropped his revolver and ripped his hand out of the ventilator, screaming and cursing as only a man shot in the hand can.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





 この前の日曜日は随分と暖かく、まさに小春日和だった。それで、夫婦で自転車に乗り、多摩自転車道を走って、多摩湖へと出かけた。
 多摩自転車道は、武蔵野市の関前から多摩湖へと続く自転車道。とはいっても自転車専用道路ではなく、歩行者も多い。恒川光太郎の「風の古道」は、この道がモデルになったものだろうと思う。読みながら、この道のことしか思い浮かばなかった。
 今までこの道は、小平あたりまでの道なら断片的に通ることはよくあったが、最初から最後まで走ったことはなかった。多摩湖までゆくのは、今回が初めて。暖かい陽射しの中を、話をしながら走り続け、途中で小平のふるさと村のような場所に寄り道しながらも、拍子抜けするほどあっけなく終点の多摩湖に到着。最短距離で最後までまっすぐに貫かれているだけあって、まさに高速道路。そこで波ひとつない鏡のような湖面を見ながら、途中で買った弁当を食べた。湖面に浮かぶ取水塔はなんだかかっこよく、ムーミンの水あび小屋を思い出した。だけど、冬には相当寂しい場所だろうな。
 帰りには、となりのトトロのお母さんの病院があったという七国山のモデルとなった八国山緑地を通って帰った。緑地は山道だが、なんと自転車でも通れる。緑地の隣には、病院と介護施設があった。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 「さあ、急がなきゃ」ジャンボがマッチを擦ると、トミーは囁いた。「十一時を二十分過ぎてるよ。あいつらはここにあと十分か、それより前に下りてくると思う」
 彼らは次々にマッチを擦りながら、大急ぎでその辺りのものを引っ掻き回したが、船に火が燃え移らないように気をつけた。三四分後には、ジャンボはフルサイズのコンビーフの缶を六缶とピローケースいっぱいのハードビスケットを手に入れた。彼はナイフベルトを外して缶を一緒に結びつけて、準備を整えた。その間、トミーはピローケースの一つにいっぱいのシップスビスケットを、そしてもうひとつには砂糖、キールのソルトバターの缶をひとつ、それにさまざまなお茶を一握り、開いたお茶箱から素手ですくい集めた。ブラードはビスケットとモラス(訳注:スコットランドのはちみつから作る蒸留酒)の詰め合わせ、ライムジュースを一瓶、それにソルトバターを二缶、ケースに詰めた。
 そうして持て余すほどの見付け出した収集品を持って彼らは梯子を上り、ハッチを押し上げて、少し耳を澄ませた。トミーが先頭だった。そして彼が梯子の上で一呼吸を置いたとき、はっきりと鋭く、七点鐘が夜の中に響き渡った。
 「おっと!」トミーは囁いて、ハッチを持ち上げた。「鐘が鳴り終わる。急がなきゃだめだ。うわあ、アイツらがやってくる!」
 彼は脇に立っているブラードとジャンボにそう言うと、急いで、けれども静かに、蓋を下げた。それから三人が慌てて、いつものように素足で狭い通路を上ったとき、ちょうど船長の足が昇降階段のステップの下についた音を聞いた。ほんの一瞬遅かったら、彼らは捕まってしまっていただろう。彼らは船長が二等航海士に、二人ほど人手を船尾の方に送るようにと呼びかけ、そして甲板長を呼んで、二尋の長さの縄梯子――薄めのタールを塗ったロープで、外周が三インチから半インチあった――を持ってくるようにと言うのを聞いた。
 三人の少年たちはデッキ上から姿を消して寝室にたどり着き、ドアを三度引っかいて、キニックスにドアを開けてくれるように頼んだ。
 「あれを君に使うつもりだったんだ!」エドワーズは、彼らが入ったときに囁いた。「あの野獣たちはあの縄梯子のラインを使って、本気できみを切り刻むつもりだったんだ!」
 「待って」とトミーは、ブラードが再びドアに閂を掛けたとき、言った。「ジョーンズが甲板長のために前の方に行ってる。彼を中に入れなきゃ!考えがあるんだ」彼は優雅に付け加えた。「甲板長は、ぜんぜんお呼びじゃないからね」
 彼は頭を戸口の外に出した。
 「ジョーンズ!」彼は静かに呼んだ。「ジョーンズ!」だが呼ぶまでもなく、ハロルド・ジョーンズはすでにドアのところにいて、興奮で震えていた。
 「ラリー」彼は言った。「あの野獣どもは今から行動に移すつもりだよ。あいつらぼくを甲板長のところに送って、縄梯子をいくつか運ばせたんだ。あいつら――」
 「中に入って」エドワードが言葉を遮って、彼の肩をつかんだ。「あいつら、何ひとつできやしないさ。おいで!」そして彼はジョーンズを洗い場の向こうに引っ張ってゆき、ドアに閂をかけた。
 「すごい!」ジョーンズは叫び、驚いた。「ジャンボ!それからブラード!コンノートはどこ?どうやったの?何をするつもりなの?神さま!きみはあいつらがリギングの上で君を鞭打つつもりだって知ってるの?」
 「つもりだった、だろ」ジャンボは落ち着いた口調で、けれどもぞっとするような奇妙な歯の軋む音を立てながら、答えた。「コンノートは寝台だよ。ラリーがおれたちを外に出してくれたんだ。今度はアイツらが手を出す前に、ぶっ殺すべきだとおれは思うぜ」彼は自分の寝台へと向かい、ひと巻きのマットレスを持ち上げて、一丁のウィンチェスター式の射的場用小銃を取り出した。「名誉にかけて」と彼は張り詰めた声で言った。「おれは、もし船長がおれに触れようとしやがったら、ぶっ放してやる――ケダモノの二等航海士や甲板長でも同じだ!」
 「ぼくもこんなものを持ってるよ」トミーはそう言うと、船長のリヴォルバーを寝室のテーブルの上に放り投げた。「ただ、カートリッジが見つけられなかったけどね。だけどぼくは、素敵な古式のマズルローダー(前装式銃)とたくさんの火薬と銃弾をチェストの中に持ってるんだ」
 彼はチェストの中を引っ掻き回して、銃とその死と破壊の補佐役となるものを探し始めた。そして銃を取り出すと、そのごつい古式の火打ち石銃を誇らしげに見せびらかしたが、それはディック・ターピン(訳注:18世紀の英国に現れた伝説的な美男の大泥棒。ブラック・ベスという馬に乗っていた)のホルスターの中に入って運ばれていたようなシロモノだった。「マーケット・ストリートの右手のガン・ショップで手に入れたんだ」彼は説明した。「一ドルだって言われたけどさ、ぼくは七十五セントしか持ってなかった。だけど「それでいい、持ってけ」って。かつがれてるのかと思ったよ。店のおやじは弾と火薬もつけてくれた。そして言ったよ、葬式の時には埋葬の辞をいつでもタダで読んでやるよ、って」
 トミーは歯を見せて楽しそうに笑うと、ずっしりとした銃を装填し始めた。「ぼくは……」
 だが彼の言葉はたち消えになった。遠く船尾の方から、いきなり大声で叫ぶ声が聞こえたからだ。「あいつら、俺たちがいなくなったことに気付いたみたいだぜ!」ブラードはそう言うと扉へと向かい、それからもうひとつの扉へと行って、閂がかかっていることを確かめた。「船長の様子に耳を澄ませ!あいつ、スチュアードを叩きのめしてるぞ!」
 「舷窓の鉄のカバーは――気がきいてるよね、あっ!」ラリーは叫び、さっとピストルを置いて、窓にとりついた。「二等航海士がいる!思い知らせてやるぞ!」
 少年たちはそれぞれ、大急ぎでそれぞれの役割をこなし、後ろのドアの外に向かって大声で叫んだ。すぐにドアが揺さぶられ、蹴とばされた。それから二等航海士の吠える声が聞こえてきた。
 「すぐに開けやがれ、このクソガキども」彼は叫んだ。「さもなきゃ、どうなっても知らねえからな!」

++++++++++++++++++++++++++++++

  "We'll have to be quick," he whispered, as Jumbo struck a match. "It's twenty past eleven; they'll be down here in ten minutes per- haps before."
  They rummaged round with all speed, striking matches constantly, and it was a mercy that they did not set the ship on fire. At the end of three or four minutes Jumbo had secured six full-sized tins of corned beef and a pillowslip full of hard biscuit. He took off his knife-belt and strapped the tins together, and so was ready. Mean- while, Tommy had filled one of his slips with ship's biscuit and the other with sugar, a tin of Kiel salt butter, and several handfuls of loose tea, scooped up bodily out of an opened tea-chest. Bullard had filled his slips with biscuit and an assortment consisting of a tin of molasses, a bottle of lime-juice, and a second tin of salt butter.
  With this bulky collection they fumbled their way up the ladder and pushed up the hatch a little way to listen. Tommy was first; and as he paused there at the top of the ladder, clear and sharp up in the night came seven bells.
  "Goodness!" whispered Tommy, heaving up the hatch. "The bell's gone. We must just scoot. My gracious, they're coming!"
  As he said the last word Bullard and Jumbo stood beside him, and he lowered the trap into place swiftly but silently. Then all three of them ran quietly, barefooted as they were, up the alleyway, just as they heard the Captain's foot on the bottom step of the companion-way. Another fraction of a second and they would have been caught. They heard the Master call up to the Second Mate to send aft a couple of the hands, and to call the Bo'sun and tell him to bring aft a couple fathoms of ratlin-line-- a thinnish tarred rope, from a third to half an inch in circumference.
  The three lads vanished out on deck and reached the berth, where they scratched on the door for Kinniks to open to them.
  "That was for you!" whispered Edwards, as they entered. "Those brutes would have just cut you to pieces with that ratlin-line!"
  "Stop," said Tommy, as Bullard made to bolt the door again. "There's Jones going for'ard for the Bo'sun. We must get him in! I've a notion," he added, quaintly, "that Mr. Bo'sun won't be needed after all."
  He put his head out of the doorway,
  "Jones!" he called quietly, "Jones!" But Harold Jones needed no calling for he was already at the door, trembling with excitement.
  "Larry," he said, "those brutes are going to do it naw, they've sent me for the Bo'sun, and he's to bring some ratlin-line. They're-"
  "Come inside," interrupted Edwards, catching him by the shoulder. "They're just going to do nothing at all. Come in!" And he hauled him in over the wash-hoard and bolted the door.
  "My goodness!" cried Jones, in astonishment. "Jumho! And Bullard! Where's Connaught? How did you manage? What are you going to do? Good Lord! Don't you know they're going to lash you up in the rigging and haste you?"
  "Were going to, you mean," replied Jumbo, calmly, yet with a curious grim gritting of his teeth together. "Connaught's in his hunk. Larry got us out. I guess there'll be murder done before they touch us now." He went to his hunk and, lifting the coil mattress, brought out a Winchester saloon ride. "On my honour," he said, in a tense voice, "I'll pot the Skipper if he tries to touch me-or that hrute of a Second Mate or the Bo'sun either!"
  "I've something, too," said Tommy, and threw down the Captain's revolver on the berth table. "Only I couldn' t find the cartridges. But I've got a good old muzzle-loader in my chest, and heaps of powder and shot."
  He proceeded to rummage for the weapon and its adjunct of death and destruction. He produced the weapon and exhibited it with pride a big, old-fashioned flint-lock pistol, such as might well have been carried in Dick Turpin's holster. "I got it in that gun-shop on the right-hand side of Market Street," he explained. "They wanted a dollar for it, but I only had seventy-five cents, so they let it go for that, and seemed to think it a good joke. The boss of the shop made me a present of the shot and the powder, and said he'd come and read the burial service any time for nothing.
  Tommy grinned cheerfully and began to load the ponderous weapon, "I'd like to-- "
  But he never finished his remark, for away aft there suddenly arose a loud shouting. "They've discovered we're missing!" said Bullard, going to first one door and then the other to examine the bolts. "Hark to the Old Man! He's hammering the Steward!"
  "Iron covers over the ports smart, you chaps!" cried Larry, quickly, at this moment, leaving his pistol and springing to the near- est. "There's the Second Mate! Screw 'em up hard!"
  As each lad jumped to do this job there came a loud shout out- side the after door, and immediately it was shaken and kicked. Then came a roar from the Second Mate.
  "Open at once, you young devils," he shouted, "or it'll he all the worse for you!"

"Prentices Mutiny"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Translated by shigeyuki



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 エドワードは鞘付きのナイフを使って、何本もマッチを擦りながら、なんとかジャンボの縄を切った。それから手枷の鍵を開けた。そうして作業を続けながら、七点鐘時(真夜中近く――ちょうど午後十一時半)にデッキに彼らを連れてゆき、そして親指でミズンリギングに結びつけて殴り倒すつもりであるという、キニックスが立ち聞きした内容を話した。
 「おれが先に殺ってやる」ジャンボが静かに言った。それから彼は暗闇の中でラリーに触れて、力いっぱい抱きしめた。「命ある限り、おれは忘れないからな、ラリー。みんなで力を合わせようぜ」
 二人は残った二人の縄を切り、あっという間に枷を外した。そしてコンノートを揺さぶって、彼らの言葉が意識に上るようになるまで、手や膝や肘を刺激した。それから彼らは梯子の方へと向かった。エドワードが最初に上がり、ハッチをほんの少しだけ持ち上げて、外を覗いた。それからハッチをもう少し高く持ち上げて、耳を欹てた。音はなく、あるのは木の軋む音と、船長と二等航海士の立てる見張りの足音だけだった。
 「行こう」彼は囁いて、ハッチを完全に持ち上げた。ジャンボが最初に出てきた。それからコンノートが、下のブラードに助けられ、促されて出てきた。それから二人の年長の少年たちはコンノートを支え、そっと配膳室の外の通路に出た。トミーは音を立てないように先を走って行き、そして戻ってくると、誰もいないと報告した。彼らは船尾楼のブレーク(船桜端)の下に来ると、船長と二等航海士の足音が船尾のデッキに沿って船首方向へと去ってゆくまで待った。それから彼らはコンノートを半分抱えるようにして走り、後ろのドアから寝室へと入った。
 彼らはドアを閉じると、閂をかけた。前の一つは開いていて、ちょうどキニックスがブレーカーのための水の最後のバケツ一杯の水を持って入ってきた。
 「お前はスゲエな、ラリー!」ジャンボが言った。「包囲攻撃にちゃんと備えてるんだな」
 「そうさ」ラリーは言った。「ぼくはランプ用の灯油も五ガロン持ってきた。ストーブと寝台のランプに使うためだよ。ウォーターポンプは寝室の中に持ってきているし、予備のウォーターポンプは積んでないんだ。あいつら、泡吹くよ。君が戻ったらドアに閂をかけるつもりだから、戻ってきたときに、三度引っかいてくれ」
 キニックスは闇の中に出ていった。エドワードはドアに閂をかけた。そのとき彼は衣装箱の中をひっかきまわして、ピローケースを二つ作った。
 「貯蔵庫の中に降りて行って、コンビーフの缶と船のパンをいくつか手に入れてくる」と彼は告げた。「それからライムジュースも必要だね。砂糖も欲しい。船長がぼくたちを犬の群れみたいな扱いをすることをやめて、普通の礼節を持って扱ってくれるという取引に応じてくれるまで、ぼくたちがここに踏みとどまるためには、充分な食料が必要なんだ」
 「ひとりで全部抱え込むな」ジャンボがすぐに言った。「おれがいるだろ。ブラードもだ。今夜のお前の役目はもう終わったよ。お前はここにいて、あとはおれたちにまかせろ」
 だがラリーはきっぱりと断った。そしてようやくキニックスがポンプを持って戻ると、彼ら三人はそれぞれ二つづつピローケースを持って、寝室の外に忍び出た。彼らは船長と航海士が規則的な歩調で船首方向へと戻ってゆくまで待ち、それから船尾のブレークの下へと大急ぎで駆けてゆくと、静かに配膳室へと向かう通路を降りて行った。ここでトミーは、最初にスチュワードのドア、そしてその後で航海士のところで聞き耳を立て、彼らが眠っていることを確認すると、ハッチを開けるように二人にサインを出した。
 トミーがしんがりを努め、ゆっくりとハッチを頭上に下ろしていった。それから二人の年長の青年たちに続いて梯子を手探りで下りた。

++++++++++++++++++++++++++++

Edwards drew his sheath-knife and, by the light of several matches, managed to cut Jumbo's lashings; he was then able to get at the irons to unlock them. Whilst he worked he told them that Kinniks had overheard that they were going to be brought on deck at seven bells (near midnight ―― eleven-thirty, to be exact) and tied by their thumbs in the mizzen rigging and thrashed.
"I'll do murder first," said Jumbo, quietly. Then he caught young Larry in the dark and hugged him savagely. "I'll never forget, kid, while I live. Come on with the others."
Between them they cut out the other two, and in less than an- other couple of minutes had their irons off. They shook Connaught and rubbed his hands and knees and elbows until he began to take some notice of them; then they went for the ladder. Edwards felt his way up first, lifted the hatch ever so slightly, and peeped out. He lifted it higher and listened; there was not a sound, save the creak of the woodwork and the steady footsteps of the Captain and Second Mate overheard on the deck.
"Come on," he whispered, and lifted the hatch fully. Jumbo came first; then Connaught, helped and urged by Bullard from below. Jumbo stooped, caught him under the arms, and hove him up bodily. Bullard followed, and Edwards lowered the hatch noiselessly into place. They next went quietly Out of the pantry into the alley-way, the two bigger lads supporting Connaught. Tommy ran on noiselessly ahead, corning back to report that all was clear. They came out under the break of the poop, waited until the sound of the Captain's and Sec- ond Mate's footsteps had gone aft along the poop-deck; then they made a run, half-carrying Connaught, and so got into the berth through the after door.
They shut the door and bolted it. The for'ard one was open, and Kinniks was just entering with the last bucketful of water for the breaker.
"Good for you, Larry!" said Jumbo. "You seem to have enough for a siege."
"Yes," said Larry; "I've brought in five gallons of lamp-oil, too, for our stove and the berth lamp. Unship the fresh-water pump,
Kinniks, and bring it into the berth; that'll give them beans. We'll bolt the door after you; scratch three times when you're back again."
Kinniks went out into the darkness and Edwards bolted the door. Then he rummaged in his chest and produced two of his pillow- cases.
"I'm going down into the lazarette for some tins of corned beef and some ship's bread," he announced. "Then we'll have to get some lime-juice, and we'll want some sugar. We've got to have enough grub to enable us to hang on in here until the Old Man makes terms and agrees to treat us with ordinary decency, and nor like a lot of dogs."
"You're not going alone, my son," said Jumbo, quietly. "I'm coming; so's Bullard. You've done your share tonight. You stay here and open for us.
But this Larry refused flatly to do, and finally, when Kinniks had returned with the pump, the three of them, each with a couple of pillow-cases, stole out of the berth. They waited until the Captain and the Mate had turned to go aft in their constant pacing, then bolted in under the break of the poop and ran silently down the alley-way to the pantry. Here Tommy listened, first at the Steward's door and afterwards at the Mate's, and, finding them fast asleep, signed to the others to open the hatch.
Tommy went last, and lowered the hatch silently into place above his head; then groped down the ladder after the two big lads.

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





「ねじまき少女」上・下巻 パオロ・バチガルピ著
ハヤカワ文庫SF 早川書房刊

を読む。

 タイトルは村上春樹の「ねじまき鳥クロニクル」を連想させるし、下巻の内容紹介には「エコSF」という訳のわからない言葉があるし、多少うさんくささを感じさせるものの、ヒューゴ賞、ネビュラ賞、ローカス賞、キャンベル賞と、主要なSF賞を総なめにした作品だという。タイトルの「ねじまき少女」というのは、登場人物?の一人である、日本製の遺伝子改造人間エミコのこと。
 一読して思ったのは、この作品を映像化すれば21世紀版「ブレードランナー」になりうるということだった。けれども、「ブレードランナー」的な世界観という言葉でくくれるものではなく、そうしたブレードランナーに影響を受けた作品群を通過した上で、さらにアップデートされた新しい世界観という印象。物語自体は、誰にでも勧められるようなものではない。上下巻に別れているが、その上巻を読み通せるかどうかが、まず問題だろう。いったい何を書きたいのかわからないと読むのを止める人も多いのではないかと思う。下巻に入ると、物語は一気に流れ始めるのだけれど。
 舞台は石油の枯渇した未来のタイ。世界は繰り返された遺伝子改造によっておかしなことになっている。基本的にはそのタイでの政変を描いた物語。ただ、そこに様々な人々の思惑が絡み、物語に深みを与えている。作品中に描かれる日本についての情報には、日本人ならやや違和感を感じる部分はあるだろうが、それはご愛嬌。この小説で描かれた世界観から、また新しい物語世界の潮流が生まれるような気がする一作だった。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 彼はわざわざ鍵の束を戻そうとしたりはしなかった。だがハロルド・ジョーンズが首尾よく水を手に入れたのを目にすると、また寝室から抜け出して、サロンの戸口へと向かった。ここでしばらく聞き耳を立ててから船尾のスチュワードの部屋へと向かい、彼が鼾をかいていることを確かめた。次に一等航海士のジェンキンズの部屋に行って、眠っていることを確認した。それから昇降階段の下に立ってちょっと耳を欹て、計画を行動に移した――まっすぐに船長専用のキャビンの個室の中に入るとデスクの引き出しを開き、鉄の鍵の束を取り出したのだ。そこには一丁のリヴォルバーもあり、掴んで持ち上げたが、急いでいたからカートリッジは見つけることができなかった――それはおそらく神意によるものだったのだろう。その部屋には二丁のウィンチェスター・ライフルが棚に据付けられており、急いでライフルの下のラックに転がっていた非常用の斧をそれに向かって鋭く確実に二度振り下ろし、使えないようにした。
 打撃の音はそれほど大きくはなかったが、本当に誰かの耳に届いたりはしなかったか確かめようと、また走って最初に航海士の部屋のドアへと向かい、それからスチュワードの所へと行った。二人とも静かに眠っているのが見えたが、ふと耳に、窓の方から船長と二等航海士のしっかりとした歩調の足音が聞こえた。それでとりあえずは大丈夫だということがわかった。そしていよいよ彼の計画の中で最も難しい局面に入った。彼は足音を殺して走り(彼は裸足だった)、また昇降階段の下でしばらく耳を澄ませていたが、やがて配膳室の中へと忍び込んだ。ここで彼は食料貯蔵庫の中に降りるためハッチを持ち上げ、梯子に足をかけた。そして降りながらハッチを用心深く下ろし、もとの通りに戻した。彼は梯子を降りて貯蔵庫の床に辿り着くと、囁いた。「ジャンボ!ジャンボ!」
 「ウウッ!誰だよ?」ブラードの声がした。
 「シーッ!」エドワードは囁いた。「ぼくだ――ラリーだよ。鍵を手に入れてきた。勝負はこれからだよね!」
 彼がマッチを擦ると、ざわざわと興奮したような感嘆の声が闇の向こうから聞こえてきた。彼は音のする方へと向かって歩き、もう一本マッチを擦ったところ、三人のプレンティス仲間たちはみんな、野蛮にも枷がはめられていた。手には手枷がはめられ、足はひとつに結ばれていた。彼らは前屈の姿勢で二つ折りになっており、肘は膝よりも下にあって、箒の柄が膝の下側と肘の上側にしっかりと固定されており、その窮屈な姿勢のままでいることを強いられていた。
 「ラリー、お前は小さいが頼りになるやつだぜ!」ジャンボが言うと、ブラードもまた別の賞賛の言葉を付け加えた。枷をはめられている最後のひとり、コンノートだけは何も言わなかった。彼は投げ出されたままの位置に、ときどき体をよじるだけで、静かに横たわっていた。彼は余りにも酷い扱いを受けたため、精神が完全に折れてしまっているようだった。

++++++++++++++++++++++++

He did not bother to return the keys; but, having seen that Harold Jones was managing all right with the water, slipped out of the berth again and away in through the saloon doorway. Here, after listening awhile, he made his way aft to the Steward's room and listened to his snoring; then to the room of Mr. Jenkins, the First Mate, and made sure that he was asleep. Finally, after standing a moment at the foot of the companion-way, listening, he did the thing be was planning ―― walked right into the privacy of the Captain's own cabin, opened his desk, and took out the keys of the irons. There was a revolver there, which he grabbed up, but failed, in his hurry, to find the cartridges ―― perhaps a providential failure. There were two Winchester rifles locked in a rack, and these he quickly put Out of action by bashing the hammers, which he did with two sharp steady blows from one of the emergency axes, which lay in their rack below the rifles.
The blows had not made much sound, but he was acutely anxious to make sure no one had heard, and so ran again, first to the Mate's door, and then to the Steward's; but both appeared to be sleeping quietly, whilst overheard, to wind'ard, he could hear the steady pacing of the Master and the Second Mate; and so he knew that, for the present at any rate, he was safe.
And now came the most desperate part of his scheme. He ran lightly (he was barefooted, remember) again to the foot of the companion way, listened a moment, and then stole into the pantry. Here he lifted the hatch that led down into the lazarette and felt for the ladder with his feet; then down he went, lowering the hatch cautiously back into place over his head. He felt his way down the ladder, reached the deck of the lazarette, and whispered: "Jumbo! Jumbo!"
"Halloa! Who's there?" said Bullard's voice.
"'S―― sh!" whispered Edwards. "It's me ―― Larry. I've got the keys. We'll beat them yet!"
He struck a light, and a murmur of muttered exclamations of excitement came from out of the darkness. He walked over towards the sounds, striking another match, and so found his three fellow- 'prentices, all ironed brutally. Their hands were handcuffed and their feet lashed together; then they had been doubled forward until their elbows were below their knees, and broomsticks had been thrust in over the elbows and under the knees and lashed securely, thus forcing them to remain always in that one constrained position.
"Larry, you're a little brick!" said Jumbo, and Bullard added an- other word of praise; Connaught, the third one in irons, said nothing. He just lay silent, partly on his side, where he had fallen. He had been so roughly used that all the spirit seemed to have been knocked out of him.

"Prentices Mutiny"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Translated by shigeyuki




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )