鈍想愚感

何にでも興味を持つ一介の市井人。40年間をサラリーマンとして過ごしてきた経験を元に身の回りの出来事を勝手気ままに切る

40代美女同士ががっぷり組んだ不倫の損害賠償裁判はあっさりと棄却される可能性が強そうだ

2019-06-20 | Weblog

 20日は東京・霞が関の東京地裁へ行き、午後2時からの616号法廷での神奈川県在住の40代の女性が夫の不倫相手に損害賠償請求した裁判を傍聴した。夫はラーメン店のチェーンを都心に出店したため、平成16年以ほとんど家に寄り付かなくなってしまい、家事や相次いで患った義父母の面倒を原告に任せきりにしている間に東京に別の家庭を築いていて、子供まで作っていたことが判明し、夫とは離婚する意思を固め、こんな事態に追い込んだ不倫相手にその責任を問いたい、という週刊誌の記者なら飛びつきそうな不倫裁判。40代の美女ががっぷり4つに組んだ応酬に続いて渦中の夫も証人に立つ展開となった。

 まず証言台に立った原告はいまは19歳と21歳になった子息を抱えて夫の留守を守って悪銭苦闘してきた日々を語った。子育てしながら夫のラーメン店の材料仕込みなどの後方部隊としての苦労、それに加えて夫の両親が相次いで脳梗塞、認知症になり、平成18、9年に亡くなったことを訴えた。その間、夫は週末には帰ってくるものの子供の面倒を見るくらいで、基本は仕事中心の生活を変えようとはしてくれなかった。そんなときに夫の弁護士から手紙を送られてきて、実は東京にいる隠れ妻との間に男の子がいて、その養育費をめぐって交渉が行われていることが書いてあり、ずっと別宅に一緒に住んでいたことが判明した。そんな夫とは離婚することを決めており、それでケリをつけようと思っているが、許せないのは相手の女性ということで、提訴に踏み切った、という。

 続いて証言台に立った被告は原告の夫とは平成17年4月以来の知り合いだ、と打ち明け、22年から六本木のクラブに通い始めた原告の夫に熱心に口説かれ、割りない仲となり、数か月後には子供ができた、という。それで仕事を辞め、高輪のマンションで同居することとなった。後日「実は結婚している」と打ち明けられたが、「妻とは離婚するつもりだ」といも言われ、それならと同居を続けることにした、ともいう。その後、相手が会社の秘書と浮気していることを知り、別れることを決意したが、子供のためには養育費を払ってもらうことを持ち出し、弁護士を通じて交渉を進めた、という。

 最後に原告の夫が証言台に立ち、被告に子供ができたとき、被告から「1人で産んで育てる」と言われたので、なにか助けにんることでもできればと思った、と語った。被告に経済的余裕があるからできるのだろう、とも言った。また、被告は理解ある女性だと思っていた、とも語った。また、原告側の弁護士からの質問で、東京・銀座には多くのお店で飲んでおり、被告と同じように付き合った女性はほかにも複数いる、とも答えた。ただ、被告には「妻と別れる」とは言ってない、とも言明し、被告と食い違いを見せたのが気になった。

 原告の夫は最後には「どうしてこんなことになっているのかわけがわからない」と言明していたのは疑問が残った。今回の事態を招いたのはどう見ても原告の夫の軽率な行いなのに、当の本人が少しも反省していないからで、証人尋問を終えて裁判長は原告、被告双方の弁護士をみて、いずれも和解に応ずる構えがなさそうな様子から、直ちに判決のスケジュールを伝えたところからして、原告の訴えはあっさりと棄却される可能性が強そうだ。

コメント

渦中の栗を拾いにイランへ行った安倍首相はタンカー爆撃で改めて世界に米国追随外交を見せつけることとなった

2019-06-16 | Weblog

 安倍首相がイランを訪問して最高指導者ハメネイ師と会談したが、その直前に日本のタンカーを含む2隻がそのお膝元のホルムズ海峡で爆撃を受け、注目の米国・イラン関係はさらに炎上することとなった。渦中の跳んだ会談となってしまい、安部首相はすっかり「中東関係の初心者」と世界中の笑い者となってしまった。もともと大した実績もないのに米トランプ大統領の”ポチ”として使いっ走りしただけなのに思わぬ事態に追い込まれてしまったわけで、外交の安部の看板もすっかり色おちてしまった。そんな安部首相を韓国の朝鮮日報も「安倍首相、手ぶらで帰国」と皮肉まじりで伝えている。来週から日本で開かれるG20で各国首脳からどんな迎え方をされるのか。

 安倍首相の突然のイラン訪問は先月のトランプ大統領との日本での会談に発する。具体的にどんなやり取りがあったのかは明らかとなっていないが、トランプ大統領との親密さを内外にアピールしたい、との安倍首相の方から持ち掛けたのだろう。当事者間でにっちもさっちもいかなくなっている米イラン関係の間に日本が入っていって、米国とイランの間を取り持つようなことができるとしたら、それは素晴らしいことだが、そんなことができるだけの背景、もしくは実力が日本にあるのか、というと専門家でなくとも首をかしげることだろう。それをおだて屋でもあるトランプ大統領から言われてホイホイと乗せられてしまう安倍首相の頭の中は一体どうなっているのか、見てみたい気もする。

 それより所詮政治家なんて存在はなんでも首を突っ込みたがる輩であるから、なにかやろうとする時には周りの専門家に状況なり、ことの背景を聞きただしたうえで、実現性を確かめようとするだろう。直下の外務省にはその道のプロフェッショナルが複数人はいるはずだから、聞くことはできるはずである。それをせずに自らの判断だけでイランに乗り込むことを決めたとしたら、それだけで安倍首相は首相失格である。外務官僚のなかにはこれ以上安部首相の下でこき使われるのはごめん、という人が出始めているのかもしれない。官僚や周囲の取り巻きから敬遠されているのは安倍政の末路を示しているのだろう。少なくとも今後は外交の安倍の看板は外した方がいいだろう。

 そして外交のプロに意見を聞いたうえでイランに行くことを決めたとしたら、いかようにその決断に至ったのかを明らかにすべきだろう。外交のプロから何と説明を受けたのか、成否の可能性はどのくらい見込めたのか、で行くと決めた理由は何だったのかも明らかにすべきだろう。

 日本の首相としての訪問は41年ぶりのことで、ハネメイ師との会談は初めてのことという事実にまず飛びついたのだろう。とにかくパフォーマンスをすることだけが重要、との思いが優先したのだろう。あとはG20を前になにか諸外国首脳をうならせる材料になる、との夢でも頭をよぎったのだろう。安倍首相が小人であることの証左でもある。確かにハメネイ師は「核兵器を製造も、保有も使用もしない」」と言明した。しかし、そのあとで「トランプ大統領はメッセージを交換するに値しない」と会談を姜妃することもはっきりと言明したと外電は伝えている。当初、安倍首相は肝心なそのことを伝えていなかった。それだけでも安倍首相は外交マンとしても失格である。

 政府専用機でテヘランに乗り込み、早々に帰国したようだが、今回のイラン訪問にどれだけの国費を使ったのだろうか。財政事情が厳しい折り、そんなことにも目が向くのは仕方がないところだろう。今回の2隻のタンカー襲撃は一体どこが行ったことなのか、真相も明らかにしてもらいたい。米国は「イランの仕業」としているが、イスラエル、もしくは他の中東国が仕掛けた、との説もあるようだ。安部首相が訪れているのにイランがそんなことをするとは考えにくいし、改めて米国の追随外交だけをしている日本の醜態をこれ以上見せつけられたくもない。

コメント

G20で安部首相は「Trumpochi(トランプ大統領のポチ)」であることが明らかとなり、世界に恥をさらすことになる

2019-06-01 | Weblog

 先月25日から28日までの米トランプ大統領の訪日は滅茶苦茶のスケジュールで、安部首相が先頭に立ってまさに国をあげての歓迎ぶりを示した4日間であった。テレビは毎日トランプ大統領と安部の満面の笑顔を画面いっぱいに写し出し、まさにトランプ狂騒曲を奏でたといった具合いであった。たまたま令和元年最初の国賓とあって、新天皇がお迎えする初めての国賓と触れ込みで、天皇主催の晩餐会に」主賓としてお招きしたのをはじめ、国技である大相撲の土俵際の升席に応接セットの椅子を持ち込んで観戦し、土俵上にスリッパ履きで上がり、優勝力士に米大統領杯を手渡すなど前代未聞のことまで行った。国をあげてのトランプ様々のおもてなしは作家の池澤夏樹氏がいう「Trumpabe(トランペイブ)」ならぬ「Trumpochi(トランプのポチ)」ではなかろうか。今月末の大阪でのG20で海外の首脳のいい笑いものとなるのは避けられないことだろう。

 今回、米トランプ大統領は安部首相と事前に約束していたかのように「8月には貿易交渉でおおいなる前進が図られるだろう」といかにも米国農産物に対する関税引き下げが行われるだろうとの観測をぶち上げた。トランプ大統領はお得意のツイッターでそのことを暴露し、そのなかで7月の参院選の後の8月に明らかにされる、と書き込み、そのなかで選挙を表す「election」の綴りを複数形のsをつけた「electionns」と表記し、安部首相がトランプ大統領に衆参同時選挙を行うことを事前に打ち明けたのではないか、との憶測まで呼んだ。トランプ大統領の言うこと、成すことに一切の反対はしない、唯々諾々と従って追随する安部首相らしいパーフォーマンスであると見る向きが多かった。

 そんな観測が出るのも無理からぬ統計が1日明らかとなった。2018年度の貿易統計がそれで、輸出額が156奥円で前年比2.9%増なのに対し、輸入額は91兆円で同11.2%も増えている。なかでも原油は409万リットルで前年比50.9%増、金額に梅雨して前年の2.25倍に、LNG(液化天然ガス)は282万トン前年の2倍強、金額でも1704奥円で同1.95倍となっている。石炭も同じような伸びを示している。原油とLNGは明らかに米国からの要請で増えたもので、対米貿易収支を是正するように求められたのは間違いない。このほかにも防衛省が購入する戦闘機を大幅に購入しているのも米トランプ大統領からの要請うお受けて、莫大な金額にのぼっているのは周知の事実である。

 安部首相はトランプ大統領とのこうしたやりとりについてはほとんど明らかにしていない。国会でm追及されても森友学園や加計学園問題についての国会での追求」の際に安部首相はAについて問われるとBと答え、B]について問われるとCと答える、といった具合いで、常に論点をずらし、関係のないことをダラダラとまくし立てることで、逃れてきた。そんな首相を菅官房長官はじめ官邸の輩があの手この手を使ってなんとかしのいできたのが実態である。

 安部首相が新天皇の就任のお言葉を述べる重大な場面で、官僚が書いたお祝いの言葉のなかに「云々」という言葉があるのを「でんでん」と発音し、「已む(やむ)」というべきところを「いむ」と全く反対の意味と聞こえるように発音してしまい、麻生財務相が首相のころ初歩的な読み間違いを連発し、顰蹙を買ったのと同じ間違いを犯した。麻生財務相のような大々的な取り上げ方をされなかったようで、ひそかに伝わっただけであったようであるが、基本的には麻生財務相とどっこいどっこいであることが改めて認識された。

 こんな安部首相がまもなく史上最長の総理大臣になる、というのだからなんとも不思議な現象である。安部首相頼みのアベノミクスも目標の」成長率2%は一体いつになったら達成されるのか、アベノミクスの失態は公然の事実である。そんな首相が取り仕切る今月末、大阪でのG20が安部首相の偽りの実像が明らかにされるのは間違いないところだろう。

コメント