鈍想愚感

何にでも興味を持つ一介の市井人。40年間をサラリーマンとして過ごしてきた経験を元に身の回りの出来事を勝手気ままに切る

家族の幸せを考えさせてくれたアンドロイドが次から次へと登場した演劇「プライムたちの夜」

2017-11-11 | Weblog

 11日は東京・初台の新国立劇場で、浅丘ルリ子主演の演劇「プライムたちの夜」を観賞した。浅丘ルリ子が新国立劇場の舞台に出演するのは初めてのこととあってか、会場は超満員で、なかにはパイプ椅子の特設座席で観賞する人もいたほどで、米国の新進作家、ジョーダン・ハリスン原作の難しい演劇を静かに見つめていた。時代は西暦2065年の近未来で、亡くなった人がアンドロイドとして登場し、かつての家族と交流するという設定で、どこまでが虚構か見極めが難しいセリフ回しに四苦八苦させられたが、観終わって考えさせられる演劇であったのは事実だった。

 「プライムたちの夜」は亡くなった夫のウオルターが30代だった頃のアンドロイドとして登場し、浅丘ルリ子扮するマージョリーと思い出話に花を咲かせるシーンから始まる。話が細部にわたると食い違いが出てきて、戸惑うマージョリーを絶妙な間で表現する。そこへ外出から帰ってきた娘のテスとその夫のジョンがやってきて、あれこれマージョリーの世話を焼くが、時として正体をなくすようなことがあり、どう接していいのか、迷うような場面もみられる。飼っていた犬の話や、テスの弟のデミアンが自殺してしまった話になるとそれぞれの思いが交錯し、マージョリーが取り乱すようなことも出てくる。

 第2幕となって、マージョリーが舞台の中央のソファに座り、娘のテスと昔ばなしを始めると、マージョリーの声の調子がまるでアンドロイドのような調子となっていて、マージョリーもいまやプライムの仲間入りしたことが明らかとなる。そして、そのマージョリーの世話をしていた娘のテスがある日、突然プライムの仲間となってしまう。ジョンによると、かねて行きたいといっていたマダガスカルへ2人で行った際に、テントのなかで3日間寝て暮らし、ある朝、テスがいなくなっていて、探し回ったら、木にぶら下がって死んでいた、という。そこで、ジョンはテスが言っていたことが正しかったことを思い知り、涙声で「テス、君は正しかった」と絶叫する。

 いまや家族4人のうち3人がアンドロイドとなり、マージョリーとウオルター、それにテスの3人のアンドロイドが食卓に座り、楽しかったかつての日々のことを語り合うところで幕となる。家族の幸せとは一体どんなところにあるのだろうか、を考えさせる一幕ともいえる終わり方だった。

 プライムたちの夜というタイトルの”たち”というのが3人ともなるという意味を持っていたことが幕を閉じてからわかった。浅丘ルリ子が年に似合わない大きな声を出したり、機械的な発声をしたりして熱演ぶりを見せていたのが感動的だった。普通、演劇では大きな事件や出来事があって、それを中心に物語が展開していくことが多いのに、この「プライムたちの夜」は一貫して家族の思い出話を綴ることに終始していて、聞いていて堪えがたいような感じもあった。それでもアンドロイドが次から次へと登場することで話を進めていて、その点が斬新といえば斬新だった。

コメント

神奈川県座間の9人殺害の異常な事件を起こさないためのネット対策を講じることが必要だ

2017-11-04 | Weblog

 先月末に事件が明らかとなった神奈川県座間での男女9人の殺害事件は4日経ったいまも被害者の身元がわからないなど不思議な事件である。被害者は10代、20代の男女9人でこの3カ月の間に白石隆治なる27歳の男によってSNSメールで呼び出され、犯人の誘導するままに犯人の部屋に行き、そこで殺害され、バラバラに解体され、クーラーボックスのなかに放置された状態で見つかったなんとも残酷で、かつ猟奇的事件である。都会のど真ん中でかくも悲惨な事件が起きたということはいままで聞いたことがないし、事件はこの他にも犯罪が隠されているかとか、まだ知られていない犯人がいるのかとか、広がりがあるのかも明らかとなっていない。いずれにしろ一刻も早い警察の捜査が急がれるのは間違いない。

 事件は最後に殺された23歳の女性のお兄さんが警察に行方不明となっている妹さんの捜索願いを出したことから発覚した。防犯カメラの映像から犯人の白石が浮上し、警察官が白石のアパートを訪れ、職務質問しながら家宅捜査し、部屋に複数のクーラーボックスがあるのを見つけ、なかから殺害され切り落とされた生首が2つと240ものバラバラにされた合計9人の人体が見つかり、即刻逮捕された。その前から白石の住むアパート周辺では異様な匂いがする、と話題になっていたが、こんな異常な犯罪が進行していたとはだれも気付かなかったようだ。

 それで明らかとなったのは白石はSNSサイトで自殺願望の女性を見つけ、「一緒に死のう」などと言って巧みに近づき、数回デートするうちに親しくなり、アパートに誘い込んでは殺害し、包丁でバラバラにし、クーラーボックスに蔵し、次から次へとこうした犯罪を繰り返したいた。白石がこのアパートに引っ越してきたのはことし8月22日だというから、わずか2カ月ちょっとの間に8人もの10代、20代の女性を殺していたことになる。もう1人男性がいるが、これはいなくなった女性の行方を追って白石に近づいてきた彼氏で、これも言葉巧みにアパートに誘い込んで口封じをねらい殺してしまったようだ。

 白石はかつて路上で女性をスカウトする仕事に就いていたことがあり、女性に対する扱いには慣れていたようで、こうした犯罪に詳しい犯罪心理学の長谷川博一氏によると、「女性の身体に興味があったのだろう」と分析している。警察の調べでは被害女性に対し暴行もしたようであるが、長谷川氏によると「それは警察の質問に対し、そうだろうと答えた程度のことで、いろいろなことを考えながら犯行に及んだ結果だろう」としている。

 テレビでみる限り、逮捕された当初はふてぶてしく見えていた白石の表情は警察の車両に乗り込んでいる時は両手で顔を覆って表情をうかがえないようにしているところを見ると、大変なことをしでかした恥ずかしい思いがしていると思っているような感じがした。9人も殺して、身体をバラバラにしてこれらをクーラーボックスに入れたままにして、その側で寝て暮らしているのは正常な感覚ではない。まして、それらをどうする積もりだったのか、残虐な犯罪の割りには計画性がない幼稚な面もうかがえる。

 それに4日経っても9人の身元が明らかとなっていないことにも驚かされる。いくら都会で1人暮らしをしているといっても消息を絶てば、家族の誰かが警察に届けるかして騒ぎ出し、追及の手が及ぶと考えるのは普通だろう。それが全く反応がない、というのはどこか変である。昨年1年間で全国の行方不明者は8万4850人、このうち10代は1万7228人、20代は1万6038人もいる、とされているにしてもこの事件は異常である。犯人の白石はことし5月に女性を売春をするところと知りながら斡旋したとして有罪判決を受けている、というから、もっと早く捜査線上に浮かんでいても不思議ではない。

 犯人の白石9人の殺害以前にももっと凶悪な犯罪を重ねているのではないか、という気もしないでもないし、周りで犯罪に関与していた人物がいないかどうかも気になる。事件の解明とともに白石の精神鑑定を進めることで、なぜこんな犯罪を起こすに至ったのかを突き止めることが急がれる。それとSNSはじめネットが事件の発生に大きく寄与している点が大きな関心を呼んでいるが、すくなくとも白石のような悪魔の誘いに乗らないため、ネット上ではどうしたらいいかを関係者間で対策を講じることが必要だと思う。

コメント