カシメルマンはBARにおるんちゃうか

≪旨い酒、いい肴、いいプラモ≫


(小さい写真はクリックで拡大)

「デススターⅡ《LEVEL3》」

2018年09月20日 | 製作日記 デススターⅡ
↓これは南半球の建造中部分の向って左側のパーツ。
棚の集合体で奥の壁を隠すようにした。

↓一番下の外壁パーツ。
建造中側の張り出しの裏部分(矢印部)にプラチップ追加。
その右側辺りは組立後状態でも裏側の平面が広く見えていたので
やはり凸凹を追加するようにした。

↓この矢印のパーツは中心軸付近の穴に突き刺して付ける大きな棚なんだけど、
金型抜きの関係から凸凹が一方向に平行になってしまってるのが目立つ感じだ。

↓円周方向に伸びたプラ板でこの平行線を目立たなくしようと。
計ってみるとR20~R25位の円弧形にすればだいたい合う。

↓こんなプラ板を切り出して…。
厚みは0.3mm。できれば0.2mmのプラペーパーにしたいんだけど
くにゃくにゃ過ぎてすぐ折れそうな雰囲気。塗装後まで触れない自信がない。

↓適当に法線方向と円周方向を意識した形を周囲に着ける。
下側は左写真、上側のようすは右写真。だいぶ平行線が気にならなくなった。

↓本体に戻すとこんな具合だ。

↓やってるうちにいろいろとアイデアが出てくる。
矢印は0.5mm径の真鍮線を使って後ろの壁にモールドされてるような
シャフト(エネルギーパイプ?)を空中に浮かせたようにしたもの。

↓えー、この外壁パーツの下に三角に飛び出た部分の裏もしかり。

↓…こんなふうな(矢印部)。芸コマ感が出ていいんじゃなかろか。
こんなトコにも何十人も人が居る、みたいな。
とにかく、スケールで云うとあのスーパースタデが
全長7mmになってしまう程の縮小率である。どんなに細かくやっても
オーバーディテールには程遠い(^0^;。

↓北半球の方も更にこんなのを付けてみる(矢印部2ヶ所)。
…全然話しにならないくらい荒いんだけどな。

ってな具合でかなりプラチップ追加したけど、
細い突起が増えただけでそうも細かくはならない感じ(笑)。
とりあえず「平面丸見え」は無くなったけど(^^A。


コメント

「デススターⅡ《LEVEL2》」

2018年09月13日 | 製作日記 デススターⅡ
↓前回残っていたプラボード部分の上に構造物を積み上げます。
3mm厚のプラボードでなんとなくの形に“芯”を作っておく(矢印部)。

↓スーパースタデの時の要領で構造物を貼り付けました。
因みに“棚”の厚みは0.3mm、棚と棚の間に0.5mmのスペーサーを
噛ませています。ときより中心軸のメインパーツに組み合わせてみて
他と干渉しないか要注意。

↓これでおおよそ北半球、というか上半分の穴の中が繕えた感じ。

↓今作った階段状の構造物の上奥あたりの壁(矢印部)にも棚らしきものを接着。
その他にもマジマジ覗くとまだ平面が見えるけどその辺りはもう
ブラックを塗ることで“空間”として誤魔化すかぁ…。

↓さっきのエリアを“北半球”と称するなら、次は“南半球”へ移行。
ぱっと見、気になるのは矢印部分の荒い階段のような部分。
先ずココをもう少し細かくギザギザした感じにできないかと。

↓…なんか、こんな風に不定形な棚を沿えてみたり、
円周に合ったRが付いた突起を生やしてみたり。
この奥の垂直面のモールドも“浮き彫りの絵”みたいなんだよなあ(^^;。

↓これは北半球と南半球を仕切る真ん中の円盤の下面部分。
北半球のあのツンツルテンの面に比べるとこっちは随分いいモールドが付いている。
更にプラチップ等で凸凹を増やしてみる。特に矢印部の放射線に沿って
伸ばしランナーを付けた所は凹みのせいでパイピングが浮いた風になって立体感アップ。

↓また組み立てて雰囲気をみるとこんな。
なんかこう、穴の端からじわじわ触手みたいのが伸びてきて
塞がっていく感じでいいんじゃないかと。

このままもう少し南半球攻めていきたいと思います。
コメント

「デススターⅡ《LEVEL1》」

2018年09月07日 | 製作日記 デススターⅡ
関西ではいつものようにやり過ごせない程暴風な台風に恐怖しました。
とその矢先に北海道で大地震。30年くらい以前はこんなに自然災害を
意識するような事は無かったように思います。風なのか、揺れなのか、洪水なのか、
自分もいつどんなパターンの災害にみまわれるか分からない時勢になってきましたね。

↓めげずにプラモは続けてます、体力的に不可能になるまでやるんだろうなー。
今度ごそごそいじってるのはコレです。バンダイビーコレデススター。
1/2700000だって…(^^A。ヘタすると天体サイズと言っていい物体が
手のひらに載る大きさに縮まっている。プラモ史上最大の縮小率じゃないのかな?

↓“デススターⅡ”なので当然建造途中の姿だ。これがいいのだ。
単なるまん丸のモールドボールじゃァつまらなかったかも知れない。
部品を見ると内部には撮影プロップにも無いような巨大な構造物もモールドされている
(矢印部)。この円盤状の物体だけで直径何キロあるのやら。

↓一先ず全部組み立ててみる。
…素晴らしい出来である。バンダイさんの金型技術に感服してしまう。
「EP.6」を観た時点ではこんな物体を手に出来るなんて夢にも思ってなかったし。

↓あーでもデススターの未完成部分を覗くとありゃー(xx)。
…全くモールドが無い部分が見えているのな(矢印)。
もう1パーツここに貼る部品があれば… ビーコレでそこまで求めてはいけないかー、
「そんなに中まで覗くなよ」とか言われてる気分。DUはこの辺りの攻めに徹するか。

↓最初に“外皮”にスジ彫りを追加した。
特にこのレーザー主砲の凹の中はちょっとのっぺりした感じに見えた。
ここだけで放射状の線を20本くらい追加。その他はおいおいやっていこうと。

↓さっきのモールドが無い面のパーツはこれ。
いきなりDU後の写真だけど、金型で外周の構造物(写真上側)のモールドを成形する為に
水平の板部分は手前方向に引き抜いてるので形がつけられなかったのだ。
DU内容で考えたのは、中央のメインリアクターから配分される
エネルギーチューブ群っぽい形状。その周辺に建造中の構造物が絡まってる感じ。
先に製作したスーパースターデストロイヤーの時に比べると放射状ラインと
円周Rに沿った形を意識しないとらしく見えないのでプラ板のカットがやや面倒。
写真右側の白いプラボード部分には少しボリュームのある構造物をつくる予定。

↓これはさっきの大きな未完成部分の向って右縁の部品。
外側のモールドは素晴らしいが、当然裏側は細工ナシなのでそこに
こんな具合の形状をつける。手前の端面部分もいきなりストン、と
切れてる感じがするので所々細い棚を生やす。
あんましデリケートなのを付けると組立時に折れるかもな。

↓…出来たとこまで組んでみるとこんな。
この穴の中を「覗いて楽しい」感じにしていこうと(^^)。

次回へ続く…。
コメント

「震電《八》」

2018年08月29日 | 製作日記 震電
↓塗装の剥げ剥げを表現。
まあでもこの機体をあんまり使い込んだ感じにすると
「いつまで太平洋戦争やっとんねん」ってなるけど。
使ってる金属ももう鍋やヤカンの再利用どころでは済まん状態かもなあ(^^A。

↓舷灯は片側で3ヶ所あり(矢印部)。
右側クリアーブルー、左側クリアーレッド。
理由は判らないけど、他の機体にもこんなに付いてたっけか?

↓搭乗員に着色ー。
よく見たらこのヒト、ゴーグルをオデコに上げてるなあ。
どっちかというと目に装着してて欲しかった。
そしたらオデコに「必○勝」とか書いた風な布をつけたのに。
最初にも書いたけどマスクはしてるので高高度戦闘機らしくてグッジョブ。

↓矢印は震電量産型に搭載されていた筈と思われる“四式射爆照準器”。
後ろの透明が照準の反射板で、前側のオレンジっぽいのは出し入れできる
遮光フィルターだそうである。

↓例の造形村製の細かく再現してあるモデルを見ると矢印の4ヵ所が
どうやらエグゾーストらしい。なので煤け汚れをつけた。

↓デコパの上に回転プロペラと雲で連結して完成ー!

↓デコパはこんな具合。ニスは塗らない方が和風でいいかなと。
ネームはPCプリントで済ませた。うーん、あえて「十八試…」と書いたけど
この場合「震電11型」とすべきなのかも。
因みに帝国海軍の局地戦闘機は「紫電」「雷電」「震電」などみんな名前に“電”がつき、
特攻目的の機体は「橘花」「桜花」「藤花」とみんな“花”の名がついたそうである。

↓アンテナ線(矢印)は「紅の豚」ん時買ってきた0.2mm真鍮線でやった。
ちょっと太目だけどもう気にしない。

↓回転プロペラも思ったよりリアルで一応自己満足。
写真では分らないけど塗ってない所の光の反射がややうっとうしいかな。
でもフラットクリアーを吹くともっと白くなって透明感がなくなる気がして…。
こんくらいでやめとこう。




今夜はまた冷酒の肴にしてます。
今回は太平洋戦争時代では珍しいエンテ型のヒコーキを作ったワケだけど
もしこの飛行機が実戦に投入されていたらB‐29にとってはもの凄い脅威になっていた?筈である。
本当に高度10000m位を飛んでくる敵機をうまく迎撃出来たのだろうか。

攻撃方法としては先ずB‐29より高い高度まで上昇しておいて、
上から30mm機関砲で襲い掛かる。編隊を通過したところでもう一回大回りに
旋回しながらまた高度を上げて同じ攻撃。でもその2回くらいが限度らしい。
機銃弾も一丁に対し60発しか積んでないので合わせて10秒くらいしか発射できないのだ。
でこの間、敵のP‐47かなんかにケツに着かれるとマズイ。
震電は爆撃機の迎撃専用設計なので空中戦には向かないのだ。何がネックかって
旋回半径が大きくて振り切れない。まあそもそも通過速度が速いので敵はケツに着けないかもだけど。
とにかく敵の護衛機は四式戦とかに蹴散らしてもらって自分は爆撃機に専念しなくてはいけないのだ。
だから常にフツーの戦闘機隊とコラボして行動するのが基本運用だった筈だ。
もう少し早めに実戦投入されてたら民間人の犠牲者ももうちょっと少なかっただろうし、
味のある古い建物ももうちょっとあちこちに残ってただろうなあ…。

このカタチはその後に架空戦記やアニメなんかにも多少姿を変えて登場するのを見かけた。
荒巻義雄氏の「紺碧の艦隊」では後継機の“蒼莱(そうらい)”がそれ。
ここではプロペラが二重反転式になってる。で武装が凄くて57mm機関砲2門搭載。
57mmって…(^^A もしかして当時の陸軍の戦車砲より口径でっかいね(笑)。
犬村小六氏の小説「とある飛空士への追憶」では“真電”っていう字が違うだけの名前で登場。
プロペラも同じ二重反転式で、なんと主翼が逆ガル形になっててスタイリッシュ。
…もうなんだかSFに出てくる宇宙戦闘機っぽい感じがしたりと。
震電ってインパクト濃かったんだなー。
コメント

「震電《七》」

2018年08月21日 | 製作日記 震電
↓三十粍機銃は機体色と異質感を出したいので
少しゴールドを混ぜた黒鉄色で塗装。

↓スミイレは基本Mr.ウェザリングカラーのマルチブラック使用。
ここで後付けのリベット穴がくっきりしてきてエエ感じ(^^。
実際よりピッチはだいぶ荒いんだけどな。

↓次にデカール貼り。
この辺りの細いデカールはニスで一体になってるので透明部分がめっちゃ広い。
空気が抜けずに乾いたあとで白くなるのを避ける為、小さく切り離すのがよさそうだ。

↓…それでも残ったニス部分が目ざとく白くなるなー(xx)。
赤線の太さ的に透明部分全くナシは辛いのだ。
サイズ的にどうしてもスジ彫りの上にのっかる部分があったりして、
マークソフターでも入り込まない。ちょっと失敗。

↓ンでハセガワさんの日の丸はなんとなくピンクっぽく見えるのが気になる。
タミヤの紫電のヤツはもっと“あずき色”っぽかった。
どっちが正確なのかは知らないけど前者は濃緑色の上では結構浮いた感じに見えるんだ。
…で、付いてたデカール以外にもいろんな所から流用(矢印部)。
“17”は「シュコダPAⅡ」から、“341S”は「紫電11型」から。
量産機っぽい演出のつもりで。

↓プロペラの黄色いマーキングは塗装で処理。
どうせ回転中の方にも同色を塗らないとイカンので。

↓ああ、遂に来た(笑)、風防のマスキング。
まぁ今回は“閉じたまま”作っちゃっていいし窓枠の数も紫電のそれより少ない。

↓まず下地にフラットブラックを吹いておいて上からシルバーをかける。

↓こうすると内側が黒くなって外がシルバーになる。
他作例で誰かがやってたのをパクったってのはココだけのハナシ(^^;。

↓…まあまあエエ感じだね。



あと一踏ん張りくらいまで来たな。
コメント