カシメルマンはBARにおるんちゃうか

≪スケールモデルからアニメキャラクターまで、
幅広い分野の模型製作を詳しく解説!≫
(小さい写真はクリックで拡大)

「ジェットブルドーザー《10》」

2022年10月05日 | 製作日記 ジェットブルドーザー
↓基本塗装に入ります。
ボディーの色はまたこれがピンキリで、本編の画像ではオレンジに見えたり
フツーの黄色に見えたり。写真写りのバラツキで正確な色が判らない。
ただ言えるのは磁力牽引車はオレンジで、ジェットブルドーザーは
それよりは黄色いという事。結局写真の塗料の調合で作った。
シックリ来た配分はクレオス58番が3:329番が7。
食玩の色よりもやや黄色方向に振った感じだ。

↓う~、黄色は隠ぺい力が無いのでグレーの
サーフェイサーの影響がなかなか消えない(汗)。

↓仕方なく一度ホワイトを吹き付けた。
すると効果覿面、みるみる思った発色になった。
やっぱり黄色や赤は下地を白くしとかないとダメだなあ…f(^^;。

↓次に赤い帯をつけます。
重機のクセにレースカーみたいな暴走ラインがあるのだ。
実物写真を見ながら位置を割り出し、鉛筆で描き込む(矢印)。

↓吹き込みで余計な所に着くのが恐くて、がんじがらめのマスキング。
黄色という塗料の性格から赤を先に吹いてその部分をマスキング、
というワケにはいかないんだよなあ。

↓帯の色はクレオス3番に59番のオレンジを若干加えた色。

↓赤を吹いて乾いてもまだマスキングはそのままで。
赤帯の縁に黒い線があるのな。メンドクセエ。

↓縁から1mmくらい残して真ん中をマスキングし、
上からブラックを吹きつけ。…マスキングを取るとこんな。
この前辺りのヘッドライトのトコだけは黒線は無しでOK。

↓運転席の窓の色は本編写真見たマンマの感じでグレーと判断。
矢印部分にやや明るい色でハイライトっぽい処理。
メリハリを強調するのに周囲にブラックの線を入れた。

↓ジェットブルドーザーは現地語版では「FIREFLY」と呼ばれている。
強力耐熱ブルドーザーの名前がなんで「ほたる」なのかワケが解らないけど。
で、キット付属のデカールは残念な事にこれが赤い文字だ(矢印)。
ホントはこの文字は黒でないといけない。
横に「THUNDERBIRD」ってのが黒文字であるけどコレじゃあなあ。
配色が逆だったらよかったのに、と暫く悔しがる。
…ンでなんか無いかと物色したら、写真上方にあるインスタントレタリングの
ストックを発見。文字のサイズも似たようなもんだ。

↓あー、これで充分充分。
なんとなく文字がキレイに並んでない所も実物そっくりである(笑)。

↓ボディー色は一応艶があるのでクリアーでコーティング。
自動車みたいにテカテカにする必要はないけど、「艶があるな」くらいの。
どうせスス汚れだらけになるので最終はどうなるかワカランけどな。
一応こんな感じにボディー塗装終了。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「展覧会 岡本太郎」

2022年10月02日 | イベントなど

今年、自分がよく散歩する中之島地区の外れに「大阪中之島美術館」がオープンした。
「何か興味のある展示内容にでもなったら見に来よう」と思っていたら、
いつのまにやら岡本太郎関連の展示になっている事に気がついた。
岡本太郎の作品は昔から好きだったし、しかも期間終了まじかだったので
慌てて見に行った感じだった。

ド平日なら空いているだろうと昼一からチャリンコ漕いで行ったら、
思ったよりギャラリー多し。駐車場も車の列が出来てたのでチャリンコは正解だ。
当日券を買おうとしたら、なんと夕方からの入場券しか残っていなかった。
「ひェー、時間までどうやって暇潰そう…」岡本太郎人気恐るべし。

↑エントランス辺りに置いてあった欄干越しの太陽の塔。…なんだかオチャメ。

↑先ずは館内の空間の使い方が贅沢で驚く。殆ど吹き抜け。
無造作にフロア面とエスカレーターが配置してあって建物自体でも楽しめた。

↑展示室に入ると思った通りの“太郎節”が爆裂。
以前、東京青山にある「岡本太郎記念館」で見たものもそのまま
持ってきてある。…ってことは地元の方は現在スッカラカンなのかな。

↑岡本太郎氏は初期の頃は人間のヌードとか、そこら辺のフツーの芸術家が
描くような画を描いてたみたいなんだけど、ある時期から晩年までは
こういう曲りくねった図形のような画ばかりを描くようになった。
多分、現実に存在するモノを描くのは単なる写生であって芸術とは云えない、
みたいな思想なんじゃないかと…。
自分の中から染み出した、現実には存在しないものを描く。
当然他人にはそれが何なのか判らない。でもそんなイメージが
爆発するように染み出てくる…。 そんな作品の数々を眺めていると
「なんだこれは!?」とか「芸術は爆発だ」の意味が解る気がするのである。
こういうヒトじゃなければ「太陽の塔」なんてベラボウなものは作れないだろう。
2025年の大阪万博にはあれを超えるシンボルは現れないんだろうか…。

↑休憩所のような場所に置いてあったのは、これは確か
「坐ることを拒否する椅子」。座って構わないんだろうけど誰も座らない。
座ると痛いのだ。お尻のツボが刺激されて健康にはなるかも知れんけど(笑)。
椅子は普通、心地よいモノである。「心地よくあるな」というのはこの事なのか。

↑館内にヤノベケンジ氏の巨大作品も。
このヒトの作品も過去に他のイベントで幾つか鑑賞した。
デカいだけに作るのも大変そうだ。

↑レストランの前に「タローマン」の展示あり。
こちらはミニチュアセットの中に入ってタローマンと記念撮影が可能。
自分は独りだったのでなんだか恥ずかしいし撮影してない。…残念。
売店にはこれも残念ながらタローマンフィギュアなどは置いていなかった。
タローマンのフィギュア欲しいよな。「マイナスに飛び込め!」

↑観終って外に出るとこれもヤノベケンジ氏の「シップス・キャット」が。
黄昏時に電飾がキレイだったのな。夕暮れまで居てある意味正解。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「ジェットブルドーザー《9》」

2022年09月21日 | 製作日記 ジェットブルドーザー
↓いい感じのサイズの木製デコパージュを買って来た。
これでこの化け物ブルドーザーが活躍しているシーンを再現できればと。

↓要は瓦礫の山と履帯の跡を作ればいいワケなのな。
先ずパテの量を節約したいのでおおよその凸凹をプラ板でやってしまう。
ブルドーザーが通った後の轍とか、瓦礫の山の水増しである。
こんな時はプラボードの使った残りカスが役に立つ。
切った残りの、不定形な形で使い勝手が悪くなっても捨てずに残しておく。
殆どもうその形を利用して凸凹の位置をイメージする感じだ(左写真)。
次にエポキシパテでプラボードの段差を滑らかに均す。
ルータで特に凹んだ場所とかも付けてみたりと(右写真)。

↓履帯の跡は作った履帯を固まる前のパテに押し付けて作る。
その周囲に排除された土の盛り上がりも付けておく。

↓固まったらタミヤパテをヘラでそのまま盛り付け、
歯ブラシで叩いて土や灰らしい表面にする(左写真)。
その上にまんべんなくプラボードのカケラを配置。
コンクリート片等に見えるよう、ペンチでバキバキ割った断面を利用。
プラ板の細切りで鉄骨みたいなのも置いとくかな(右写真)。

↓その他各種残骸。
ジェットブルドーザーが登場する「世界一のビルの大火災」の回で
瓦礫を観察すると砂利とコンクリート片、細長い曲がった鉄骨、
そしてひょろ長い長方形の歪んだ板のようなのが目立つ。
なんかそんな風に見えるようなのを作ってみた。
写真左下の、コンクリート片から鉄筋がむき出しになったようなのは
アドリブで考えついた自分のオリジナルである。

↓ベースの上に置くとこんな具合だ。

↓ブルドーザー本体を配置するとこんな。 …まァいい感じじゃないっスか?
ホントはドーザーブレードで山のようになった瓦礫を押しているところが
作りたかったけど、瓦礫がマジはんぱ無い量作らんとイカンので
やっぱりこんな風にした(^^)。



↑…ココまで作ったらなんだか気が抜けてきた(萎)。
でも色塗らないとなあ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「ジェットブルドーザー《8》」

2022年09月16日 | 製作日記 ジェットブルドーザー

以前本ブログで紹介した“後継猫”のその後である。
ウチに来て5ヶ月余り経ち、もうすっかり家族ズラしている。
相変わらず朝昼晩と餌もよく食うし、なんだかちょっとでっかく
なったような気もしないでもない。
よく足にスリスリしてきて可愛いものの、先代猫とは違って一緒に昼寝はしてくれない。
掴んで膝の上に載せてもすぐ降りて距離をとる。
写真のような状態の時はアゴや背中をナデナデすると気持ち良さげだが
あんまりながく擦っていると引っ掻かれる。う~ん、気難しい猫だ。

↓で、ジェットブルドーザーは前回に続き、小物を付けていってます。
運転席側面にはご覧のような形が。丸いのはプラユニットにプラ棒の
ブツ切りを追加したもの、ギザギザしたのはモールドプレートから。
ギザギザが斜めになってるのでそういう切り出し方をしたものである。

↓コトブキヤのプラユニット等のお助け部品とプラ板の組み合わせで
右写真のような部品を2個作る。これは設定的には“ウォータータンク”だそうだ。

↓その他、工具箱のようなもの2種。
この辺りは本編スチルにも形がよく判る画が無いので食玩を参考にした。

↓ウォータータンクは白矢印部、工具箱っぽいのは黄矢印部に配置。

↓更にその前辺りに細か目のゴチャゴチャが…。
これも食玩のを見て同じような雰囲気に。白矢印は左右で形が違ってて
多分は工具か交換ユニットなんかをここに積んでいるような感じである。
黄矢印はアンテナ基部である。塗装後に真鍮線を立てる予定。

↓目立つのでこれも付けた。
写真はシャシーの後端部で、ヴィガー・トラクターの形がそのまま
残っているもの。他の車輌を牽引する継ぎ手のような出っ張りだ(矢印)。
これは食玩にもしっかり付いている。

↓そしてここにも物々しいアンテナ基部。
なので最終、計3本のアンテナが立つ形になる。

↓再びドーザーブレードのステー。
矢印部に伸縮の為のシリンダーを動かすオイルホースらしきものあり。
これは鉛線で再現。…しかし高温にさらされる場所にホースはマズくないかい?
ブレインズ設計のことだからめっちゃ耐熱ホースになってるんだろう(^^;。

↓…以上で形の方はほぼ終了になる。




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「ジェットブルドーザー《7》」

2022年09月07日 | 製作日記 ジェットブルドーザー
↓これは1.2mm径の真鍮パイプを瞬着で3本束ねたもの。

↓…それをココに突っ込む。
この前作った円筒形から排気管みたいなのが出っ張ってるのだ。
ついでにその他の詳細形状をつける(矢印部等)。

↓その他の背中の中央部にある形状を追加。
写真の「A」は早くから工作してあった円形の蓋のような形。
「B」はそれを保護するように付けられたフレームのような形。
「C」は後端にある、バンパーのような物体一組。

↓前項目の円筒形と「A」の蓋全体を覆うように被さった
梯子状のフレームがある。ただこれ、キットの付属パーツは
異様に長く、添えてみると後端から飛び出す程。

↓基本的には間をはしょって前後を短くする改造を行い、
追加工作でプロップモデルの雰囲気に近付ける。

↓更に詳細にするとこんな。
多分、鋼材がチャンネル型(断面が“U”の字)をしていると思われる。
所で自分は昔から、この右側の湾曲した部分はドーザーブレードを使わない時に
載せておく為の形だと思っていたけど、どうも違うみたいだ。

↓“ワーニングクラクション”と称される、運転席上部のラッパ状のパーツ。
オリジナルパーツはこんなの。…うーん、これもなんか違う。実際はもっとひょろ長い。

↓3mm径のランナーをもろラッパ型に削るしかないかと思った時、
火で炙って伸ばしたランナーの両端部分がその形っぽいのに気が付いた。
つまり写真の寸法線で示した部分を使うワケだ。

↓ちょっと削り込んで形を整え、断面に凹を加工するといい感じになった。
まぁ大体こんな形である。

↓ヘッドライトとは別に、運転席サイドの車体上面にもドロップ型のランプがある。
キット付属のものはややサイズが大きめだ(矢印)。

↓でもこの後ろの丸みのある形は利用したいのでその部分を切り出し、
追加工作で実際の形状に近付けた。

↓運転席の脇に添えるとこんな雰囲気。まだちょっと大きめかな。
ココには塗装後、透明のレンズパーツを付ける予定。
矢印部のヘッドライトはお助けパーツを利用。
こっちはランプらしからぬ複雑な凹凸のイメージだ。

↓以上を全て配置するとこんな感じになる。
残りは主にフェンダー上面にある小物なのな。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする