♪ラジオ放送・文字版「世の光」

   1952年以来、キリスト教会が協力して全国民放ラジオで放送して70年、
PBA『世の光』を文字で 

■聖書の最も大切な戒め / 岩井基雄

2021年09月30日 | Weblog

2021/4/15放送

 世の光の時間です。お元気ですか? 岩井基雄です。
 木曜日と金曜日はマルコの福音書から学びましょう。今日は「聖書の最も大切な戒め」についてです。

 私たちの人生は決して長くはありません。できるだけ重要なことに心も時間も用いたいですし、優先順位を考えさせられますね。

 旧約聖書の中心にある律法には、全部で613の神の命令があると考えられており、律法の専門家たちはそのすべてを人々に守らせるべく教え、強いていたのです。

 ある時、その律法学者の一人がキリストのもとに来て、「神の律法の中で、どれが一番大切な戒めなのか」と聞きました。それはとても重要な質問でした。

 キリストはこう答えたのです。
 「第一の戒めはこれです。『聞け、イスラエルよ。主は私たちの神。主は唯一である。あなたは心を尽くし、いのちを尽くし、知性を尽くし、力を尽くして、あなたの神、主を愛しなさい。』 第二の戒めはこれです。『あなたの隣人を自分自身のように愛しなさい。』これらよりも重要な命令は、ほかにありません。」
       新約聖書 マルコの福音書12章29節~31節

 キリストは、神の律法で最も重要な命令は神を心から愛することであり、第二は隣人を自分自身のように愛することである、と語りました。すなわち神と人を心から愛することが、神の戒めのすべてを網羅するのだと教えたのです。

 多くの戒めを守ることに心を配っていた律法学者にとってキリストの答えは重要でした。彼はキリストを語ったことばの意味を受け止め、キリストも彼の賢さを評価します。

 しかし彼はさらに自分の姿を知る必要がありました。神と人を心から愛するためには、罪深い自分を認め、そして神の恵みの愛を受け取る必要があったからです。自分の心の汚れ、高慢さや偽善性を認め、罪人に注がれる神の愛を受け取るときにこそ神を心から愛し、自分が神に愛されているように他の人を心から愛する者へと変えられていくからです。
 あなたも神の前に自分の罪を認め、最も大切な神の愛と罪の赦しを受け取り、神と人を愛する者へと変えられ続けていきませんか? 神様はあなたのすべてをご存じで、あなたを愛し、あなたを内側から造り変えて下さるのです。

   (PBA制作「世の光」 2021.4.15放送でのお話より ) 


*** 

このサイトは URL名として 
 http://yonohikari.biblica.info  
が使えます。。。携帯からもこのURLでどうぞ。 

*** 

東海福音放送協力会へのお問い合せは、 
 464-0044 名古屋市千種区自由ケ丘2-10 自由ケ丘キリスト教会内 電話052-762-2196 へ 

***  

 

 

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ■神の圧倒的勝利 / 岩井基雄 | トップ | ■気を付けるべき高慢 / 岩... »