♪ラジオ放送・文字版「世の光」

   1952年以来、キリスト教会が協力して全国民放ラジオで放送して66年の
「世の光」を文字で 

■み国が来ますように / 羽鳥頼和

2018年03月03日 | Weblog
2018/1/27放送

 世の光の時間です。お聴きくださりありがとうございます。羽鳥頼和です。今日は新約聖書コロサイ人への手紙3章1節から11節で教えられている救われた者の生き方についてお話しします。

 ここにはキリストを信じて救われた者の生き方として、二つのことが教えられています。それはまず、「上にあるものを求めなさい。」(1節)ということです。そして二つ目は、古い人を脱ぎ捨てる(9節参照)ということです。この二つの教えは、救われた者にふさわしい新しい生き方を教えています。救われた者はキリストによって新しいいのちをいただいているので、その生き方も新しいものとなるのです。

 それでは「上にあるものを求めなさい。」とはどのようなことでしょう。聖書はあなたがたは「天にあるものを思いなさい。」(コロサイ3章2節 新改訳旧版)とも勧めています。この教えは、今は天におられるキリストの支配を求めることを勧めているのです。キリストに支配されることは堅苦しいものではありません。キリストの支配は神の守りがあるということです。たとえ災い・危険に遭っても神の守りの中で新しいいのちを失うことはありません。ですからキリストの支配のもとで安心してまた喜んで生きることができるのです。

 二つ目の教えである、古い人を脱ぎ捨てるとはどのようなことでしょう。古い人とは救われる前の古い性質です。その古い性質とは「不品行、汚れ、情欲、悪い欲、そしてむさぼり」であるとまず教えられています。更に「怒り、憤り、悪意、そしり」も捨てるべき古い性質であると教えられています。これらの古い性質はキリストの支配を拒絶して自分が自由に好きなように生きようとする時に出て来る悪い思いや行いです。これらのものはその人自身を滅ぼしてしまうのです。キリストの支配は人を束縛するものではありません。むしろ罪の支配から解放し、本当の自由を与えるのです。

 そしてキリストによって与えられた自由の中で自分の意思で、キリストの支配のもとに入り罪を捨てる決断をしなさい、と聖書は勧めているのです。キリストに信頼しキリストの守りと導きの中に生きていきたいと思います。

(PBA制作「世の光」 2018.1.27放送でのお話より )
 
***

このサイトは URL名として
 http://yonohikari.biblica.info 
が使えます。。携帯からもこのURLでどうぞ。

***

東海福音放送協力会へのお問い合せは、
 464-0044 名古屋市千種区自由ケ丘2-10 自由ケ丘キリスト教会内 電話052-762-2196 へ

***

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« ■み国が来ますように / 関... | トップ | ■キリストにある慰めときよさ... »