♪ラジオ放送・文字版「世の光」

   1952年以来、キリスト教会が協力して全国民放ラジオで放送して66年の
「世の光」を文字で 

■この人による以外に救いはない / 板倉邦雄

2018年11月06日 | Weblog
2018/10/2放送

 世の光の時間です。いかがお過ごしですか? 板倉邦雄です。
 今日は「この人による以外に救いはない」という題でお話ししましょう。
 
「この人」とはナザレ人イエス・キリストのことです。このイエス・キリスト以外に救いはない、と使徒ペテロは法廷で証言しました。

 さて使徒ペテロとヨハネが留置されたあくる日です。ユダヤの最高議会が召集されました。最高裁判所も兼ねていました。使徒ペテロとヨハネは議員からの尋問を受けることになりました。
 「あなたがたは一体何の権威また誰の名によってこのことをしたのか。」
 その時ペテロは聖霊に満たされて言いました。
「私たちが今日、取り調べを受けているのは病人に対して行なった良いわざについてです。この生まれつきの足の不自由な男が元気になってみんなの前で立っているのは、神が死人の中からよみがえらせたナザレ人イエス・キリストの御名によるのです。」 

 さて、この説教の前日のことです。使徒ペテロは宮殿の門で物乞いをする男に言いました。「金銀は私にはない。しかし私にあるものをあげよう。ナザレ人イエス・キリストの名によって歩きなさい。」 するとこの足の不自由な男は歩き出しましたねえ。ですから、権威は主なる神様からであり、誰の名によって癒したかはイエス・キリストの名によってしました、とペテロは弁明しているのです。

 そして使徒ペテロは続けて議場に向かってこう宣言しました。「この人イエス・キリストによる以外に救いはない。私たちを救い得る名はこれを別にしては天下の誰にも与えられていないからです。」

 イエス・キリストの名は私たちを三つの領域に於いて救ってくださるのです。
 まず病苦からの救いです。次に経済的な貧困からの救いでもあります。この男がまさにそうでしたねえ。そして三つ目は、罪の赦しという救いです。使徒ペテロのことばを思い出してください。

 そこで、ペテロは彼らに言った。「それぞれ罪を赦していただくために、悔い改めて、イエス・キリストの名によってバプテスマを受けなさい。そうすれば、賜物として聖霊を受けます。」 使徒の働き2章38節  (新改訳2017)

  (PBA制作「世の光」2018.10.2放送でのお話より )

***

このサイトは URL名として
 http://yonohikari.biblica.info 
が使えます。携帯からもこのURLでどうぞ。

***

東海福音放送協力会へのお問い合せは、
 464-0044 名古屋市千種区自由ケ丘2-10 自由ケ丘キリスト教会内 電話052-762-2196 へ

***
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« ■敵の真中で治めよ / 岩井... | トップ | ■わたしの近くにある者たちに... »